バキ アン チェイン。 龍書文(ろん しょぶん) ‐バキの館

オーガとアンチェイン

バキ アン チェイン

宿禰! 加藤と戦おう! あいつ、何でもありならけっこう強いから…… ドリアンより弱いけど。 三度場面が切り替わってブラックペンタゴンへと移ろう。 当然、そこにいるのはミスターアンチェインことオリバ! 眼鏡にイメチェンしたオリバに東京からの連絡が入る。 相撲をやらないかという誘いだった。 「神話同然のキャラクターではないか」 オリバはスクネ・ノミという名前に覚えがあった。 宿禰の名は(信用できるのかできないのか怪しい)オリバブレインにはしっかりと刻まれているようだ。 まぁ、刃牙も知っていたくらいですからな。 格闘家にとってはわりと知名度が高いのかも。 オリバは宿禰は力持ちだと聞かされていたようだった。 力自慢のオリバに力持ちの話を聞かせる…… 明確な挑戦状である。 オリバは得意の力むことで服を破る技を見せる。 宿禰の話を聞かされて滾っている。 アニメ版バキでも登場したばかりなのでジャストタイミングですな。 宿禰がオリバの力を凌駕するのか、あるいは古代より伝わる相撲の技で力を押さえ込むのか…… 宿禰の本領が試される初回からビッグカードの実現である。 次回へ続く。

次の

【刃牙道】ビスケット・オリバの強さと戦績!Mr.アンチェインのモデルや名言も紹介

バキ アン チェイン

大擂台賽における海王勢の不甲斐なさに憤りを感じた郭海皇によって急遽チームメンバーとして召集された人物。 日頃から郭海皇とは交流があるようで、海王の称号こそもっていないがその実力は並の海王を遥かに上回る。 15歳から19歳まで出場した全台湾擂台賽で全て優勝しその後、台湾黒社会から格闘しとしてスカウトされ、以来ルールなしの地下試合で25年間無敗を誇った。 つまり15歳以降、人前でやる試合では一度も敗れておらず事実上「生涯無敗」の使い手だと言える。 大擂台賽でのチーム戦では先鋒を努めビスケット=オリバと対戦した。 オリバと同じく「Mr. 不可拘束(ミスター・アンチェイン)」との異名を持っており、真のアンチェインを決める勝負でもあった。 基本情報• 年齢:45歳以上• 身長:170cm以上 予測• 体重:60kg以上 予測• 国籍:中国 戦闘スタイル 居合の使い手でポケットに手を入れた状態で相手と戦う。 通常居合使いであっても構えた状態からのほうが迅速に攻撃出来る為、一旦構えてしまえば再び居合の形に戻すことはないのだが龍書文のハンドポケットは少し勝手が違い、ポケットの中で攻撃動作のほとんどを終えてしまうため通常の攻撃に劣らない速度で技を繰り出す事が出来る。 生涯無敗ということもあって本人はこの技に絶対の自信を持っているようでオリバの頭突きを喰らって敗れても尚、ポケットから手を出さなかった。 人間関係 長い間、闇社会に属していたためそっち系の人とはある程度つながりがあるだろう。 また郭海皇が自分の友人として連れてくるくらいなので中国拳法界の中でもある程度知られた人間だと思われる。 ちなみに範馬勇次郎やビスケット=オリバも彼のことを知っていた。 ステータス・チャート• 身体能力 7点。 オリバや勇次郎に比べると体格面では大きく見劣りするが、実際にはかなり鍛えられた使い手である。 弾丸や日本刀でさえ傷を付けることの出来ないオリバの体に貫手でダメージを与えていた。• 経験 9点。 25年もの間ルールなしの地下試合を行ってきている。 公式の試合では考えられないようなダーティな技を使う敵を幾度も相手にしているはずだ。• 知識 7点。 20年近く中国拳法界に所属しその後裏社会へと転身した。 二つの世界を渡り歩いたことでより多くの知識を得たことだろう。• 性格 6点。 自分の姿勢を貫き姿勢は見事なもので、敗北後の姿を見たオリバも彼に対して敬意を払っていた。• 戦闘技術 9点。 ハンドポケットからの居合の技術は見事。 敗れはしたもののオリバですら初めは全く対応出来ていなかった。• 発想力 5点。 オリバとの試合を見る限り不利になっても新しい戦術に切り替えるようなことはしていなかった。 自分の技術への信頼の裏返しなのかもしれないが、発想力という点では乏しく見える。

次の

【2020】バキ最強ランキングTOP17 徹底考察まとめ【最新版】【刃牙強さ議論】

バキ アン チェイン

刃牙シリーズ強さランキング 長年連載しているので、多くのバトル漫画に見られるように、初期の登場人物達は完全にデフレ化。 相対的にみて、弱くなっていますが、それでも魅力を保っているのが、この漫画の素晴らしいところ。 例えば、ドラゴンボールでいうと、ヤムチャなどは、当初は悟空のライバルとして登場しますが、徐々にモブ扱いとなって、完全に、弱者の立ち位置に陥ってしまいました。 刃牙シリーズでも同様のことは起こっています。 ただ、人気のある漫画なので、「この作品における最強は誰だ」ということは、ファンの間でもよく語られます。 そこで今回は、刃牙シリーズを読んでいる方向けに、勝手に強さランキングを作ってみました。 似たような記事もあるため、できるだけ差別化を図るべく真剣に考えてみました。 これは鎬兄弟をあげます。 最近はまったく登場しませんが、兄の鎬紅葉は、最強の名高い、範馬勇二郎をして、一度手合せしてみたいと思われた人物。 弟に地下トーナメント編で敗れたといえ、勝ちを譲ったような勝負だったため、紅葉の強さはいまだに若干未知数です。 その点を考慮して11位に位置づけました。 それは愚地独歩。 当初はこの漫画での最強の誉れたかい範馬勇二郎を翻弄したりと、大きな活躍をみせていましたが、最近はめっきり、強者の引き立て役に回されています。 地下トーナメント戦で、渋川剛毅熱戦を繰り広げたのは良かったですが、その後がマズイです。 「刃牙道」においては、宮本武蔵に簡単に敗れるなど、完全に弱者扱いです。 拳神の名が泣いています。 彼は、ピクルに片腕を食われてしまい、現在は、隻腕の空手家として登場していますが、それをハンデにしない強さを身につけています。 地下トーナメント編では、伝説の喧嘩師花山薫に勝利するなど潜在能力の高さを見せつけています。 これは列海王でしょう。 刃牙シリーズの中で主要キャラクターとして位置づけられ様々な活躍をみせてきた列も刃牙道において、宮本武蔵にあっさり、切り殺されるという衝撃的な終わり方を見せてくれました。 ファンとしては彼の死は残念で仕方ありません。 これは母違いの刃牙のお兄ちゃんジャックハンマー。 彼は、主人公と同じ、範馬の血を引いています。 彼は父である範馬勇次郎と同じように3メートルクラスの白熊を素手で葬り去っております。 地下トーナメント編では決勝で兄弟対決を演じましたね。 刃牙とも互角の闘いを広げて血みどろになりながら負けております。 ピクルとも対戦しておりますがお互い野獣のように噛み合いをして見事に負けております。 ジャックハンマーはなぜか本当の強者と戦う上で負けてばかり。 肉体改造が趣味のジャックですが、刃牙道では本部以蔵にあっさり敗れるなど、強さのデフレ化が目立つ・・・と言ったところでしょうか。 作者の板垣恵介先生もジャックの扱いには苦慮しているのでしょう。 フィジカルモンスターとして描かれるジャックですが、フィジカルの点でその上を行く、オリバやピクルといった更なるモンスターたちの登場によって、その強さのランクを下げざるを得ないという感じになってきたのでしょうか。 これはアメリカ最悪の刑務所ブラックペンタゴンの王様アンチェインことビスケットオリバ。 主人公の刃牙が、父親勇二郎と対決する際の前哨戦の相手として選んだのがオリバです。 刃牙は、戦闘中に、「違いが分からないほどの戦闘力の差がある」と言っているので、その強さはかなりのもの。 あと、実はビスケットオリバの戦闘シーンは刃牙と勇次郎以外には負けておりません。 セカンと呼ばれるブラックペンタゴン2番目の使い手も彼には負けております。 また、元NY市警の犯罪者がビルを日本刀、ショットガンで入念にジャックした際も彼はショットガンの攻撃を至近距離にて防ぎ切ります。 アニメ特別版でオリバが登場した際は南米の麻薬組織の構成員、麻薬カルテルの連中も素手で殺しております。 これは本部以蔵。 まさかのランクインと思う人も多いかもしれませんが、「刃牙道」において宮本武蔵へ勝利。 ジャックに勝つなど、意外なほどの強さを発揮し、ファンの間で議論を巻き起こしました。 警官隊を敵に回して暴れまわる宮本武蔵ですが、本部以蔵を連れてくれば一発解決だと思うのは僕だけではないでしょう。 ただし、動物を葬り食し格闘士を倒した実績した表現を見るにピクルをあげます。 ピクルは塩ずけされた原始人のこと。 徳川公が蘇らせました。 ピクルを第4位にあげる根拠としてはシベリアトラを軽く倒し、原始時代に生きていた際にはティラノサウルス、ヴェロキラプトル、トリケラトプス等の現代の野生生物とは桁違いの野獣共を食していた過去。 また、ピクルは刃牙に負けている事も踏まえても第4位です。 ここで登場・・・主人公の範馬刃牙。 彼は父である範馬勇次郎を越える為に強くなります。 勇次郎以外の人間、動物(夜叉猿含む)を全て倒しておりますが・・・正直言って強いのか弱いのかわかりません。 笑 なぜなら、周囲が強すぎるし負けるシーンが多々あるから。 範馬の血を引いており、勇二郎と殴り合える唯一の人物かと思えば、宮本武蔵にあっさり敗れるなど、最近ではその存在が軽視されがち。 そのため、本来は2位にしたいところを第3位として紹介させて頂きました。 今後も刃牙シリーズが継続していくならば、その成長が最も楽しみなキャラクターですね。 ここからは正直、本当に迷います。 迷いながらもここで浮かんだのはピクルと同じように徳川公に甦らされた宮本武蔵をあげます。 本部以蔵に敗れたとはいえ、本部の言葉を借りれば、「武蔵は練習試合をしていたのであって本気ではなかった」ということです。 また、刃牙が負けたピクルにあっさり勝利、彼は烈海王を簡単に葬ったこと、警察の特殊部隊 SAT)だか機動隊を簡単に葬り去るなどその強さはずば抜けています。 少し関係ないですが街闘術のプロフェッショナルの花山薫にはかなり追い込まれはしたものの倒し退けました。 ドス相手に闘いまくった花山をも本物の人斬りには全く刃が叩かなかったのが最高でした。 板垣恵介先生の真骨頂の表現だと思います。 同じエモノでも使う人間が違うと全く威力が違う。 日本刀で言えばヤクザと本物の人斬りの違い、拳銃で言えばヤクザと特殊部隊の違い。 この表現がうまいんです。 ちなみに宮本武蔵はピクルとの違いを表現するようにDNAを通じてクローン人間らしいです。 これはもう始めから何も言うこともありませんね。 物語を通じて最強の地上最強の生物。 そして、全世界のフィクション作品を含めた最強の生物。 これはだれの文句もなくあの方・・・範馬勇次郎で決定でしょう。 この漫画の神に位置し、この漫画だけではなくフィクションの世界において神の存在かもしれません。 彼は地上最強の生物といわれるように、ヤクザ、動物、格闘家、軍隊そんなもんは関係なしで素手で全部葬り去ります。 彼の最強たる所以を表現したのはグラップラー刃牙にて、3メートル以上の白熊を素手で殴り、身体から骨が飛び出るくらいのパンチとキックで白熊を殺します。 人間はライフルを持ってこそ、やっと野生動物とまともに相手できるというのに・・・。 また、マンモスクラスのアフリカゾウを素手で葬ったことも心に響きました。 彼の強さは宇宙に匹敵するくらいに毎日毎秒拡大していきます。 彼に関しては最強は揺るぎません。 宮本武蔵をもってしてもまったく相手にならないといったところから、この人物の強さが分かるでしょう。 またアメリカと個人で不可侵条約を結ぶなど、その強さは国家レベルを凌駕しています。 アメリカ大統領として登場してくるトラムプ氏も、どんな最新の兵器よりも、間違いなく、強いであろうと認めています。 以上が漫画「刃牙シリーズ」にて僕が考察する強さのランキング。 強さのランキングはおおよそこれで異論はないのではないでしょうか。 今後は漫画界・アニメ界での強さランキングとかもやってみたいですが・・・数が膨大過ぎて大変そうです。

次の