手作り マスク プリーツ 作り方。 マスクの作り方【立体・プリーツ・平面】ハンドメイドに挑戦しよう

手作りマスクの簡単な作り方|立体とプリーツや子供用布やガーゼは?

手作り マスク プリーツ 作り方

まいにち花粉飛散情報をチェックし、マスクがかかせない方も多いのではないでしょうか。 わわわー・・・見るだけで辛い写真ですね、ごめんなさい…! 以前、を紹介しました。 こちらのマスクは立体プリーツなので、鼻と口元にちょうど良い空間ができて息がしやすいマスクなのですが、花粉症の方によると「上側のプリーツのところに花粉がたまっちゃうから、プリーツは下を向いていてほしい…」とのこと。 そういうことか…!! 確かにそうかも! というわけで、今回作るのはズバリ、 花粉症に負けないマスク、花粉症の方のためのマスクです! テーマソングは、「プリーツは下を向いて歩こう」で。 分かりますでしょうか…?スタッフも下向いてますが、よーく見ると、マスクのプリーツが下を向いています。 先にアップを。 合印同士が合わさるように、表布と裏布を中表で重ねます。 中表で重ねた表布と裏布の上下をぬいしろ1cmで縫い合わせます。 縫うときにずれそうな方は、まち針などでとめてから縫い合わせてくださいね。 表に返してアイロンをかけます。 2.プリーツを作る 上から3cm、下から4cmのところにチャコペンで印をつけます。 印をつけたところを山にして折り、山から1. 5cmのところを2cmだけ縫います。 4か所とも縫ったら開いてアイロンをあて、プリーツの折り目をつけます。 この時、プリーツが下向きになるようにしてくださいね。 花粉症用マスクが完成! 自分のサイズに合わせてマスク用ゴムを結んだら、結び目をくるっとゴム通し口の中に隠して、花粉症用マスクの完成です。 ミモザのスワッグの横で、ミモザ柄のマスクをつけてみました。 ちゃんとプリーツは下を向いていますよね…!これがポイントなのです。 よかったー。 すっきりとしたデザインながらも、あごのラインをすっぽり覆えるのでゴムにひっぱられにくく、耳が痛くなりにくいマスクです。 せっかくなので、マスクを入れる小さな巾着袋も同じ布で作ってみました。

次の

快適なプリーツマスクを作るコツ|作り方と型紙 OHARICO

手作り マスク プリーツ 作り方

タテサイズを少し小さく改正し、普通サイズと小さめサイズを同一にしました。 普通サイズと小さめサイズはヨコのサイズが違います。 (2020年3月27日改正) 【材料】 緑の数字は普通の大人サイズ、カッコの中の 赤の数字は少し小さめの女性用です。 見本で使った生地は、下記の通りになります。 こちらの商品はオックスの中では薄手の方なので、マスクにちょうどよさそうです。 楽天で購入 裁断と印付け 生地を裁断していきます。 型紙なしの作り方なので、のところに記載したサイズに生地をカットします。 縫い代はすほとんど1cmなので、印はつけなくても大丈夫ですが、縫う時に自信がない方はチャコペンで印をつけておくと縫いやすいです。 縫い方の手順 1. 外側の布と内側の布を縫い合わせる 外側の布と内側の布を中表に合わせて、上下を端から縫い代1cmのところで縫います。 縫い代を開いて、アイロンをかけます。 上下2か所とも。 ステッチをかけることで、生地を落ち着かせる役割がありますが、糸色を変えてアクセントにするなど、装飾の役割をさせる場合もあります。 プリーツを作る 下記の図のところにチャコペンでプリーツの印をつけます。 この時、一番上の部分は、大きめサイズは5cm、小さめサイズは4cm取ってから、プリーツの印をつけます。 生地の厚さをみこして、プリーツ幅を2. 3cmにしているので、生地の厚さにより2. 3~2. 5cmくらいで調整してください。 上記画像に説明があるように、 1cmは後ろ側に折りたたむようにプリーツを折りたたみ、待ち針で押さえます。 これが仕上がりのタテの長さになるので、 8cmあるか確認しましょう。 生地の厚さにより、プリーツを指定通りの寸法に折っても仕上がり寸法にずれが生じてしまうことがあるので、ピッタリになるように、プリーツの部分で調整してください。 ジグザグミシンやロックミシンなどの代わりにほつれにくくさせたりさせるために縫う場合は、 捨てミシンと言うほうが正しいですが、ややこしいので今回は押さえミシンで統一して表現します。 ゴム通し部分の布を縫い合わせる ゴム通し部分の布の上下をほつれ留めのために、押さえミシンをかけておきます。 ジグザグミシンやロックミシンをかけてもOK マスク本体とゴム通し部分の布を中表に合わせます。 ポイントは、• ヨコの端を合わせる• ゴム通し部分の方の布を上下1cmずつ出るように置く 上下のはみ出た1cmの部分を折って、待ち針で押さえ、端から1cmのところを縫います。 反対側も同じように。 ゴム通し部分の布をクルっと返して、上下を折ってステッチをかけます。 1cm折ってさらに1. 5cm折って三つ折りにし、本体の縫い代がきれいに隠れるようにして待ち針で留めます。 外側を上にして、ステッチをかけて、ゴム通し部分の布を縫い留めます。 外側から縫うのが難しかったら内側から縫っても大丈夫です。 このステッチは表から見える部分なので、頑張ってきれいに仕上げましょう。 どうしても難しかったら、手縫いで細かく縫い留めてもOK。 反対側も同じように仕上げます。 ゴムを通したら完成! ゴム通し部分の布にゴムを通したら完成です。 ゴムの長さは28~30cmを目安にしていますが、長めに切って、ちょうどいい長さに合わせて結んでください。 結び目は見えないように中にいれましょう。 マスク関連グッズの作り方紹介 使い捨てマスク、布マスク、マスクポーチの作り方をご紹介しています。 使い捨てマスクの作り方.

次の

簡単・布マスクの作り方!平面も立体もプリーツも!手作りのコツ・ガーゼ生地の扱い方を徹底解説!

手作り マスク プリーツ 作り方

マスクの裏地がはみ出さないように作るには 型紙を表地用、裏地用共通にして作っていますが、作り立てはきっちりと綺麗にできていても、洗ったりアイロンをかけたりしてマスクを使い込んでくると裏地のほうが伸びてきてはみ出してくることってありませんか? 裏地と表地を同じ生地でつくっていたらあまり問題ないかもしれませんが、表地は濃い目の生地で、裏地は白いガーゼで作っていると白いガーゼが少し見えてくるようになるとあまり美しくないですよね。 そんなマスクの型崩れを防ぐための裏技として、表の生地のカットが終わったら、型紙を裏地用に細工します。 図のように青い線で型紙を切り落として、残った白い部分だけを裏地用の型紙として使います。 横方向の3cm切り落としたのは、マスクの紐を通す穴を作るときに三つ折りの端を少しでも薄くするためにカットしています。 縦方向1cmを切り落としたのが今回のポイントで、裏地のほうが1cm短いから表地と裏地のつなぎ目が裏地側に引っ張られるんです。 裏地を短くした場合、表地と裏地の長さに差があるから、つなぎ目が裏地側に回ってきた結果、右側の下の図のように裏地が控えられた出来上がりになります。 マスクの縦方向は若干小さくなりますが、プリーツマスクはタックをとっているぶん大き目に作ってあるので、気になるほどの差はありませんでした。 実際のマスクの裏側はこんな感じです。 裏から見て上下の表地が少し回り込んでるのがわかりますでしょうか。 テクノロートの幅よりも少し広めの幅になるように縫うとスムーズにワイヤーをいれることができます。 縫い代が1cmだと縫いづらい場合は、生地を切るときに縫い代を多めにとるか、縫い合わせる時に縫い代を多めにして縫ってください。 この平行の2本線のあいだにテクノロートをいれます。 マスクを表に返したあとにテクノロートの下側にステッチをいれる場合もあります。 いれなくても特にズレないので私はいれていません。 もし、テクノロートが短いのしかなくて、中心部分だけに使う場合はズレないように縦方向に5㎜くらい縫い留めておくといいと思います。 ティッシュをはさめる快適プリーツマスク私はまだ花粉症デビューはしていないはずだけれど、やはり花粉が多い日は鼻炎もちなのでなかなか辛いです。 (これって、花粉症なのかな?)マスクの中で鼻がズルズルなってくると不快だし、すぐに取り換えたくなるけれど外出中などそんなにたくさんの予備マスクがあるわけじゃないときにティッシュを挟みます。 鼻炎がひどくない日でも、化粧をしてでかけるときなど、マスクの内側に口紅がつくのがイヤでそんなときもティッシュを挟んでいました。 しばらくするとティッシュがずれてきて、マスクの下の方にたまってしまうとさらに不快なのでどうやったら快適になるかをかんがえたところ、挟めるようにすればいいやん!と思いついて作ってみました。 ティッシュを4分の1くらいに折って、上側に挟みます。 ティッシュの下側をマスクの下側に挿し込みます。 プリーツを開くとこんな感じになります。 プリーツなのでそれほど口に密着はしませんが、口紅が直接マスクにつかないのは快適です。 ティッシュが汚れたらとりかえればいいし。 そんなこともあり、このポケットティッシュを入れられるマスクケースも開発しました。 めっちゃ便利です。 ティッシュ、口紅、予備マスクをいれられて、使用済みマスクを入れる場所もあります。 形としては裏地がこのように3分割されています。 端はガーゼだとボロボロになってきてしまうので、ロックミシンで始末しています。 パーツと処理するところが多いので、普通のプリーツマスクを作るよりだいぶ手間がかかるので、販売するかどうかと、もし販売するとしたら価格をどうするかについて検討しているところです。 もうひとつこのマスクのいい使い方があって、喉が痛い時や寝る時に、湿らせたティッシュやコットンを真ん中の裏側に入れておくと濡れマスクになるんです! 乾燥しやすいのでこの使い方も気に入っています。 このマスクの作り方で表地を吸汗速乾のスポーツニット生地で作ってみました。 これもすごく快適。 もしこれからの季節もマスクが手離せなくて、ガーゼのマスクだと暑くなってくる場合はこういうポリエステル生地を使うのはいいかもしれません。 マスクを作っている間に生地の端がボロボロになりにくい対策 洋裁初心者さんから質問があり、手ぬぐいでマスクを作っていると生地を裁断した端がつくっているうちにボロボロになってきてしまうとのことで、解決法を考えてみました。 手ぬぐいやガーゼなど、織りが甘いというかふんわり織ってできている生地はどうしても端がほつれやすいです。 ある程度洋裁に慣れている人なら生地の端をさわりすぎず、ほつれる前に縫ってしまえるので問題ないのですが、試行錯誤しているうちにボロボロになってきてしまいますよね。 裁断する道具はハサミよりもロータリーカッターのほうがおすすめです。

次の