カルビー 株主。 カルビー (2229) : 株価/予想・目標株価 [CALBEE]

カルビー(Calbee)の株主優待・隠れ優待とは?お菓子/詰め合わせ

カルビー 株主

決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 現預金等 22,784 23,961 23,559 12,992 42,909 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 68,141 73,923 80,797 98,866 76,790 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 70,159 70,835 73,096 72,552 71,718 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 5,559 4,483 3,391 7,704 13,034 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 8,235 8,809 11,191 10,636 10,516 総資産 資産合計。 174,878 182,011 192,034 202,750 214,967 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 53,513 53,531 52,390 48,674 51,400 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 437 348 261 141 325 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 120,928 128,132 139,383 153,935 163,242 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 98,866 93,339 92,639 100,737 76,790 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 72,552 - - - 71,718 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 7,704 7,104 6,805 13,688 13,034 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 10,636 82,739 82,153 83,126 10,516 総資産 資産合計。 202,750 196,475 204,449 213,653 214,967 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 48,674 30,717 34,356 36,170 51,400 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 141 8,069 8,190 8,326 325 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 153,935 157,689 161,903 169,157 163,242 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 139,095 140,847 142,671 137,534 140,852 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 34,085 34,291 34,950 36,179 35,432 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 22,540 25,957 9,358 27,621 40,447 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -14,270 -13,404 -6,258 -28,347 -13,462 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -2,859 -14,711 -5,450 -6,227 -6,278 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 16,241 5,102 20,052 -11,342 26,635 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -9,177 666 -11,233 6,695 -9,590 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -2,834 -5,979 -146 4,942 -5,095 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 436位 420位 742位 375位 総資産 資産合計。 685位 692位 682位 674位 現預金等 698位 742位 776位 1,157位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 526位 528位 522位 500位 現預金等増減 393位 3,369位 3,322位 3,443位 164位 1935年2月13日生 1958年4月 キッコーマン㈱入社 1979年3月 同社取締役 1982年3月 同社常務取締役 1985年10月 同社代表取締役常務取締役 1989年3月 同社代表取締役専務取締役 1994年3月 同社代表取締役副社長 1995年2月 同社代表取締役社長 2001年6月 東武鉄道㈱監査役 現任 2003年6月 ㈱フジテレビジョン 現㈱フジ・メディア・ホールディングス 監査役 現任 2004年6月 キッコーマン㈱代表取締役会長CEO 2009年6月 当社取締役 現任 2011年6月 キッコーマン㈱取締役名誉会長取締役会議長 現任 2016年6月 ㈱オリエンタルランド取締役 現任 1944年1月17日生 1974年1月 アーサーヤング東京事務所入所 1980年1月 アーサーヤング東京事務所と朝日監査法人 現有限責任あずさ監査法人 の事業統合に伴い朝日監査法人に転籍 1980年7月 公認会計士登録 1990年7月 朝日監査法人より業務提携先であるアーンストヤング及びアーサーアンダーセンロンドン事務所へ出向 1996年7月 日本マクドナルド㈱に転籍経理・財務担当上席執行役員 2003年5月 同社代表取締役副社長 CFO 2005年4月 ㈱セガサミーホールディングス専務取締役 CFO 2010年4月 日本CFO協会主任研究委員 2011年1月 当社常勤監査役 2019年6月 当社監査役 現任 決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 従業員数(単独) 1,685人 1,726人 1,737人 1,735人 -人 従業員数(連結) 3,728人 3,860人 3,798人 3,763人 -人 平均年齢(単独) 39. 7歳 39. 7歳 39. 4歳 39. 5歳 -歳 平均勤続年数(単独) 15年 15. 2年 15年 14. すべて• powered by 訂正有価証券報告書や大量保有報告書等の内容を確認するにあたっては、当サイト内の「EDINET提出書類一覧」ページ、あるいはをご参照頂きますようお願い致します。 『Ullet』では投資に関連する情報を提供しておりますが、投資の勧誘を目的とするものではありません。 当サイトを利用しての情報収集・投資判断は、利用者ご自身の責任において行なって頂きますようにお願いいたします。 また、当サイトは、相応の注意を払って運営されておりますが、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。

次の

業績・財務データ|カルビー

カルビー 株主

6月にライザップ取締役を退任する松本晃氏(写真:東洋経済/アフロ) RIZAPグループ(以下、RIZAP)は6月の株主総会で中井戸信英(のぶひで)氏を取締役会議長として選任し、創業経営者である瀬戸健社長を強力にバックアップする体制に入る。 外部から再びプロ経営者を招聘したかたちだ。 瀬戸社長が昨年、「プロ経営者」の 松本晃氏を招聘し、COO(最高執行責任者)として経営の建て直しを委嘱したことは記憶に新しい。 中井戸氏の前に短期間在任した松本氏の去就を振り返り、RIZAP改革の道に横たわる困難を概観してみる。 【前編はこちら】 拙速果断な招聘とプロ経営者が直面した3つの困難 松本氏はジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人の社長在任9年の間に年間売上を4倍に伸ばし大幅な黒字を達成、続くカルビーでは8期連続で増収増益を続けるなど、「カリスマ経営者」との呼称をほしいままにしていた。 私はこの時点でカルビーでの松本経営が限界点に来たことを指摘し、「外に出て次の機会を見出したら」と提言した(18年2月16日付記事)。 この拙記事が松本氏の目に留まったとも仄聞しているのだが、同氏が唐突にカルビー退任を発表したのがその翌月のことだった。 そして松本氏の退任報道に即応したのが、RIZAPの瀬戸社長だった。 瀬戸社長は即日、松本氏に直接電話を入れ、RIZAP経営陣への参加を懇請した。 松本氏は瀬戸社長の迅速な要請に打たれるところもあって、RIZAPへの入社を受諾したという。 松本氏は昨年6月の株主総会でRIZAPの代表取締役COO(最高執行責任者)に着任した。 松本氏の主要な業務管掌は、多数・多岐に渡ってしまっていたRIZAPの子会社群の経営建て直しということだった。 着任した松本氏はカルビー時代同様に、それぞれの事業所(子会社)を自ら回って現場の社員の声を聞くことから始めた。

次の

カルビー【2229】の大株主

カルビー 株主

スポンサーリンク 数日前に、 カルビーからどっさりとお菓子の入ったダンボールが届きました。 「めちゃくちゃ嬉しい!!!なんだこれ!?なんか頼んだっけ!?」 と、驚きつつ歓喜しましたが、そういえば去年も同じようなものが届いていたことを思い出しました。 実はこれは、カルビーの 「隠れ優待」なんです。 では中身を解説していきましょう。 何が入っていたかといと、 ・かっぱえびせん ・堅あげポテト ・じゃがりこ ・じゃがビー ・フルグラ(ミニサイズ含めて3袋) と、ざっとこんなにあります。 嬉しいボリュームです。 ちなみにこの写真は、先日、僕が仕事でいないうちに、家に届いたダンボールを妻が開けて撮影したものなので、実際はもっと入っていた可能性もあります(撮影前にこっそり妻が食べていた場合)。 だとしても、 嬉しいボリュームです。 男子二人を抱える我が家にとっては、食べ物・お菓子はとにかくありがたい! カルビーの株を持ってて良かったー・・・と思ったひとときです。 「隠れ優待」は素晴らしい企業戦略 株式投資をやっている人なら知ってると思いますが、株主優待というのは、株主に送られてくる商品券や割引券、あるいは自社商品などです。 会社四季報を読めば、どの会社がどんな優待を実施しているかがわかります。 そして、カルビーは 表向きは株主優待は無いことになっています。 でも、実はあるんですね、株主へのこうしたプレゼントが。 こういうのを「隠れ優待」と言うそうです。 正式に株主優待という形で公表すれば良いのに、という意見もあるかもしれませんが、私はこの「隠れ優待」はなかなか素晴らしい戦略だと思います。 最初から株主優待があることを公表している場合、 配当金と優待目当てで株を書い、「権利落ち」後に株を売却されてしまう可能性があるからです。 長く保有する既存株主を大事にするというメッセージが伝わってきます。 同時に、カルビーのお菓子の消費者としても、届いたお菓子を食べて「美味しかったからまた買おう」というように購買心理を刺激されてしまいます。 株主としても消費者としても、 ファンになってしまうのです。 「隠れ優待」をもらって気付きましたが、カルビーは今年、上場5周年なんですね。 そういえば、東日本大震災の日に上場してましたね。 上場直後から結構高いPERで、「いやこれはちょっと割高な気がする」と思って買わずに見送っていたのに、あれよあれよと長期的に上がり、今や 上場時の10倍です。 「たら」「れば」の話はしたくはありませんが、もしももっと早く、あの時に買っていたら・・とちょっと悔しいです。 まとめ カルビーは素晴らしい会社ですよねえ。 女性の活躍や、松本社長の経営手腕も素晴らしいです。 今後も応援していきたいと思います。 (2017年1月28日追記) 株式投資に関してなら、「投資の神様の教え」がとても為になりますよ。

次の