お忙しい中ありがとうございました 英語。 敬語「ご連絡ありがとうございます」の使い方と類似表現のご紹介

英語で『ありがとう』を伝える!挨拶・ビジネス・メールでの表現と例文。

お忙しい中ありがとうございました 英語

ご確認ありがとうございます、ご返信ありがとうございます、ご協力ありがとうございます、など様々な場面で使えます。 基本的に下記の2つの単語(表現)が主に使われます。 thank you for ~:主に人に対する感謝• ありがとうございます(感謝)の詳細については、『』の記事をご確認下さい。 例えば先ほどの例文で言えば下記がその英語となります。 ビジネスメールでも口頭でも使えます。 ご確認ありがとうございます:Thank you very much for your confirmation. ご返信ありがとうございます:Thank you for your reply. ご協力ありがとうございます:I really appreciate your help. 上記のように、「very mcuh」や「really」を付けて、「ご確認誠にありがとうございます」などと強調してもOKです。 また、お礼のメールを書くときはその件名や書き出し、結びなどもじゅうようになるので、その際は、『』の記事をご参考下さい。 また、ここで注意してほしいのが、特に「apprecaite」を使う場合ですが、あなたが感謝しているのか?または会社全体が感謝しているのか?で、主語を「I」や「We」に代えてもOKです。 2.「ご対応ありがとうございます」の英語 さて、それでは「ご対応ありがとうございます」はどのように表現すればいいのでしょうか? 対応の英語は次のような単語で表現できます。 response(リスポンス):反応、応答などの意味がります。 「~への対応」と細かく言う時は「response to ~」などと表現します。 日本語でもビジネスで「レス(レス不要です)」と使いますがこの「response」が基となっています。 reply(リプライ):返事、返信、応答などの時に使います。 「ご返信ありがとうございます」の時にも使うのがこの「reply」です。 また、先ほどもあった「cooperation」(コーポレーション)や 「assistance」(アシスタンス)や 「support」(サポート)の単語に置き換えることもできます。 reply(リプライ):返事、返信、応答などの時に使います。 「ご返信ありがとうございます」の時にも使うのがこの「reply」です。 友達にも「対応ありがとうね」という場合とビジネスで丁寧に「ご対応頂きましてありがとうございます」などのパターンがありますね。 これを、とてもカジュアルな「Thanks for your ~」や通常の「Thank you for ~」、また丁寧な「appreciate ~」に当てはめてみましょう。 Thanks for your help! Thank you very much for your response. I really appreciate your great support. 「great」を「tremendous(トレメンダス)」の単語に代える表現も多くあります。 このように、時と場合に分けて表現できるようになると素晴らしいです。 3.それぞれの「~のご対応ありがとうございます」」の英語例文 冒頭でもお伝えしましたが、「ご対応ありがとうございます」に「迅速な」、「お忙しい中」などを加えるとさらに親切で丁寧な言い方になりますね。 ここではそれぞれの例文の言い方を覚えましょう! また例文では「thank you for ~」と「appreciate」を交互に使っていますが、入れ替えても問題ありません。 「迅速なご対応ありがとうございます」の英語 すぐに対応して頂けた、またはすぐの返信が来た場合などに使える表現ですね。 Thank you for your prompt reply. I apprecaite your quick response. 「quick(クイック)」は日本語でも使われれているので、「早い」というイメージがらいますが、 「prompt(プロンプト)」という単語はあまり馴染みが無いかもしれませんが、ネイティブはよくメールなどで使います。 「prompt」は、迅速な、機敏なという意味です。 この2つの単語を押さえると「迅速な対応ありがとうございます」の表現ができるようになります。 また、 「早速のご対応ありがとうございます」とほぼ同じ意味なのでそのまま使えます。 「親切なご対応ありがとうございます」の英語 「親切な」という単語は 「kind(カインド)」を使うのがベストです。 Thank you very much for your kind support. We really appreciate your kind response. また、 「丁寧なご対応ありがとうございます」と表現したい場合もこの表現が使えます。 「polite(ポライト)」という単語が「丁寧な」という表現がありますが、「kind」が一般的によく使われます。 「忙しい中ご対応ありがとうございます」の英語 「お忙しいところ」、「お忙しい中」という表現も付け加える時がありますね。 Thank you very much for your reply while you are busy. I appreciate your kind assistance out of your busy schedule. 「out of ~」で「~(ここでは、忙しいスケジュール)の中から」という表現を使っています。 まとめ:「ご対応ありがとうございます」の英語は感謝の気持ちを込めることが最優先 先ずは相手に対してどれくらい感謝をしているのかを示すには「very much」や「really」など様々な単語をプラスしてもOKです。 supportなのか?assistanceがいいのか?などの単語の選定は二の次で、相手に失礼なく、感謝の意を伝えることがとても大切です。 また、一つの表現に偏らないようにここでご紹介した表現を時と場合で使い分けれるようにしましょう!• 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の

「来てくれてありがとう」の敬語表現・使い方・別の敬語表現例

お忙しい中ありがとうございました 英語

コミュニケーションを円滑にするコツの一つは、 「感謝やお礼の気持ちをうまく伝えること」ではないでしょうか??? それが親しい相手であっても、「ありがとう。 」とサラッと言えると気持ちいいものです。 また、仕事や社会的なつながりで交友関係のある人には、礼儀正しく適切に「ありがとうございます。 」と伝えたいですよね。 今後の関係を発展させていくためにも、とても重要です。 というわけで今回は、 『英語で「ありがとう」の気持ちを上手に伝える。 』がテーマ! 感謝を伝える言葉のバリエーションと、 「一言でありがとうと言う」「お礼の挨拶をする」「ビジネスシーンでお礼を言う」「メールでお礼を言う」について、表現の例を集めました。 「ありがとうございます」を表す言葉 まず、「ありがとう」と感謝やお礼の気持ちを伝える一般的な表現には、次のものがあります。 英語 意味・例文 Thank you. Thanks. Thank you [for ~ing] Thank you [for 名詞] 「ありがとう」を表す最も一般的な言い方。 例文) Thank you for your help. 力を貸してくれてありがとう。 I appreciate [名詞] I appreciate [that 文] (人の助けに対し) 感謝する。 ありがたく思う。 例文) I really appreciate your help. あなたのご助力に感謝します。 /お力添えありがとうございます。 ありがたく思う。 あなたの全てのご助力に対し、大変感謝しています。 ありがたく思う。 例文) I am thankful for everything I have in my life. 私が人生で手にしているもの全てに感謝している。 gratitude 感謝の気持ち(名詞)。 例文) Let me express my sincere gratitude for all your help. あなたのご助力に対し、心からの感謝の気持ちを述べさせてください。 また、口頭でも違和感なく使われます。 英語で「ありがとう」を一言で!軽い言い方 ちょっと手を貸してもらったり、親切にしてもらった時。 相手がしてくれたことに対して、とりあえずお礼を言いたい時。 そんな時は躊躇なく、以下のように 「ありがとう!」と言いましょう。 Thank you for your corporation. ご協力ありがとうございます。 Thank you for your prompt reply. 迅速な返信ありがとうございます。 「ありがとうございました」の挨拶 英語圏では Thank you card というものがあり、パーティに集まってくれた人や、誕生日祝い・結婚祝い・出産祝いなどにプレゼントをくれた人、あるいは何か協力をしてくれた人に対し、後日改めてお礼のメッセージカードを送る習慣があるそうです。 どんな表現があるでしょうか?例をあげたいと思います。 忙しい中来ていただき、ありがとうございました。 (パーティや結婚式などに来てくれた人に対し) Thank you for sharing this special day with us. この特別な日を私達と共に過ごしてくださり、ありがとうございます。 あなたの特別な日を共に過ごすために私を招待してくださり、ありがとうございます。 Thank you again for inviting us into your lovely home. 素敵なお宅に招待していただき、改めてありがとうございました。 あなたにしていただいたこと全てに、たいへん感謝しています。 また、ちょっとひねって、 「感謝しきれないくらい」「言い表せないくらい感謝している」という表現もステキです。 I cannot thank you enough for the wonderful gift. 素敵なプレゼントをくださり、感謝しきれないほどです。 Words cannot describe how grateful we are. どれほど感謝しているか、言葉では言い表せません。 ビジネスシーンで「ありがとうございます」 上司や同僚など、 仕事でお世話になった人に対し、お礼を述べたい場面があるかと思います。 特に、普段は事務的なやりとりだとしても、何かしてもらった時、あるいは特別な機会などに、しっかりと感謝の気持ちを述べたいものですね。 たとえば以下のような英語表現は、参考になります。 私達全員に、親切に、誠実に、そして献身的に対応してくださったことを感謝します。 Thank you for providing us with such a great working environment. 私達に素晴らしい職場環境を提供してくださり、ありがとうございます。 I deeply appreciate all that you have done for me. 私にしてくださったこと全てについて、深く感謝しています。 I am thankful to be a part of your team. あなたのチームの一員でいられることをありがたく思います。 一緒に働いてくれてありがとう。 忙しい中、私の数々の質問に答えるために時間を割いてくれたこと、本当にありがとう。 また、指導して頂いた先生やコーチに対し、お礼を言いた時もあります。 私のために力を尽くしてやっていただいことすべて、心から感謝しています。 I am very thankful that you are my teacher. あなたが私の先生で、本当にありがたく思います。 メール・文書で「ありがとうございます」 ビジネスはもちろんですが、日常生活においても、社会的な場面では メールによるやりとりは多いです。 直接会って話をしないため、文面によって印象が左右されますが、相手がすんなり受け止められるような文を書くのって、意外と難しいですね。 ましてや、慣れない英語となれば、なおさら。 そんな時でも、「ありがとうございます」という表現が適切に行えれば、メールを受け取った相手もよい印象を持つのでは? シチュエーション別に、こんな言い方があります。 本日はお会いいただき、ありがとうございました。 Thank you again for the time you spent with me this afternoon. 本日の午後は面接のお時間を取って頂き、改めてありがとうございました。 …に対する我々の要望に対し、迅速に返答いただきましてありがとうございます。 …についてお知らせいただきまして、ありがとうございます。 問題点をご指摘いただき、ありがとうございます。 Thank you for your attention to this matter. この問題について気にかけていただき、ありがとうございます。 I do appreciate it. 骨を折ってお力添えいただき、ありがとうございます。 大変感謝します。 I really appreciate your help[or assistance] in resolving the problem. 問題解決のために力になっていただき、本当にありがとうございます。 I am very grateful for your support. ご支援いただき、誠にありがとうございます。 私は西オーストラリアの都市パースに住んでいますが、こっちの人は本当におおらかで親切。 私は引っ越しをするたびに、隣の家の人達があまりにも親切で、驚きます。 また、最初の頃、こちらで親子共々英語がしゃべれない中、学校の先生方が色々とサポートしてくださりました。 そのおかげで子ども達が学校に馴染むことができ、本当にありがたかったです。 他にもふさわしい言い方はないだろうか?と思い、勉強しました。 実はネットを探すと、 「Thank you の伝え方」についてまとめている英語のサイトもたくさんあります。 ネイティブでも感謝の気持ちを言葉で伝えるのは、難しいことなのかもしれません。 以下のサイトは、よくまとまっており、わかりやすかったです。 今回の記事中でも、一部例文を引用させていただいています。 とても参考になるので、ぜひ見てみてください。

次の

「早速のご対応」は敬語?意味とメールでの使い方、読み方、英語表現を解説!

お忙しい中ありがとうございました 英語

」 先ず、敬語の使い方の誤用がありますので、訂正すると、下記のようになります。 」(「して」をトル) 先行回答のように「お~して」は、謙譲語の「お~する」の延長ですから、「して」を付けると、相手の「確認する」行為をへりくだることになり、失礼な言い方です。 ただし、自分が頼んでいない、相手の自発的な行為であった場合でも、目上の人の場合には「いただき」という表現もしばしば使われています。 ただし、相手の意志ではなく、自分 私 の都合で相手が行動するような場合は「くださる」は使えません。 【ご参考】 一般的に「ありがとう」の前にくるのは「~してくれる」です。 自宅を訪ねてきた友人に感謝の意を伝えたい場合、「来てもらってありがとう」と言うよりも、「来てくれてありがとう」と言うのが自然な言い方です。 最近の研究によれば、 《現代日本人が最も好む敬語がこの「いただく」だ。 「くださる」は「くれる」の尊敬語、「いただく」は「もらう」の謙譲語だが、「いただく」の使用頻度のほうがはるかに高い。 日本人はそんなに「もらう」のが好きなのか、と言いたくなるほどだ。 したがって目上の者 父 から目下の者 私 に物が手渡される場合、渡す側の目上の者 父 に視点をおけばその人物 父 を尊敬する「(父が私に)くださる」が使われ(尊敬語)、受け取る側の目下の者 私 に視点をおけばその人物 私 を低める「(私が父に)いただく」が使われます(謙譲語)。 間接的に敬意をあらわす謙譲語よりも、直接敬意を表す尊敬語のほうが、自然な表現なのです。 どちらも日本語会話表現としては間違いではありません。 ただしどちらも表現が冗長な印象を受けますので、お勧めは出来ません。 「お忙しい中、ご確認」と「お」「ご」を連続使用していること、さらに重ねて「いただき」と謙譲表現を使用していることがその原因です。 丁寧すぎる表現はくどく感じられます。 なお、「ご確認」という表現そのものは間違っていません。 自分の行動に対して用いることは誤りですが、「ご指導ください」など相手の行動に対して用いことは正しい用法です。 「いただく」「くださる」の違いは既出回答にある通り、自分目線か相手目線かの違いです。 どちらも敬語表現ですからお好みで使い分ければ問題ありません。 どちらがいいということもありません。 本題に入る前に「お忙しい中、ご確認して頂きありがとうございました」も「お忙しい中、ご確認して下さりありがとうございました」も間違い敬語です。 「ご確認して」は、「お/ご~する」型の謙譲語です。 相手の行為に謙譲語を使ってはいけません。 「して」を使うなら「ご」を外して「確認していただき」「確認してくださり」とするか、「ご」を使うなら「して」を使わず「ご確認いただき」「ご確認くださり」が正しい敬語表現です。 従って以降は、「ご確認いただき」と「ご確認くださり」として回答いたします。 「ご確認いただき」は、通常語(敬語でない言葉)では「確認してもらい」です。 従って、自分側からお願いして何かをしてもらった時には「~いただき」を使用するのが適切であるということになります。 一方の「ご確認くださり」は、「確認してくれて」ですから、主語は相手なので相手側に視点を置いた表現であり、相手への尊敬の意を主として表します。 従って、相手が進んで(=自主的に)何かをしてくれたときに使用するのが適切であるということになります。 以上が、「お/ご~いただき」と「お/ご~くださり」の意味と使い方ですが、これは厳密に言えばということであり、現在は、あまり気にしないで使われていますし、それが一般的に許容されています。

次の