偏頭痛予防サプリ。 偏頭痛予防は和食がポイント [食と健康] All About

【警告】片頭痛の放置は危険!偏頭痛の原因、7つの対策と予防

偏頭痛予防サプリ

ほかの方の所でも同じような回答をしたのですが、 自分も以前は極度の偏頭痛持ちでした。 頭痛が始まりそうになると現れるあの予兆、 ズキズキ痛くなり始めると薬を飲んでも効かず、 食べた物を吐くと少しは楽になるのですが、わずかな光や音さえも不快で 寝ていても痛くて寝ていられないほどで、 ひどい時は入院してしまう事さえあるほど偏頭痛に悩まされていました。 しかし、 OPC(オリゴメリック プロアント シアニジン)という抗酸化物質のサプリを 飲むようになってから、うそ偽りなく偏頭痛がなくなってしまいました。 正直、サプリとの確かな因果関係は自分でも分からないのですが、 「そのサプリを飲むようになって数ヶ月、気が付いたら偏頭痛がなくなっていた」 ということは間違いなく事実です。 そのサプリは「プロアンセノルズ100mg」といい、アメリカ製ですが、 最初は体の細胞の酸化、乾燥、老化予防など、アンチエイジングのために 人から紹介され飲み始めました。 しかし、アンチエイジングとは別に自分にとって思わぬ効果があったわけです。 ですのでこのサプリ、5300円と決して安い物ではないのですが、 そのような理由で今では手放せない物になっています。 もしご興味がありましたら このプロアンセノルズやOPCについて、詳しくは下記通販サイトをご覧ください。 そちらで詳しく説明されています。 言語選択 「日本語」 国の選択を 「United States」 に。 これで製品説明が見れます。 「抗酸化物質」の項目にプロアンセノルズがあります。 なお、このメーカーはリファーラル・マーケティングというビジネスも展開しており、 人によっては敬遠する向きもありますが、品質は確かであり、 自分も上記の理由からプロアンセノルズを愛用しています。 もし、試してみたいとお思いでしたらサイトからメーカーに直接注文できます。 注文は日本語で、支払いも日本円で大丈夫です。 (メーカー直売の通販のみなので日本はもちろん、アメリカでも店頭では買えません。 メーカー直売のため、誰でも同一の卸価格で買えます。 ) 送料は郵便の通常注文なら600円です。 (プロアンセノルズ100mg 1個の場合) 定期購入(ASAP)でしたら送料は300円に割引されます。 (アメリカのアーカンソー州から自宅まで送られてこの送料です!) 届くまでは2週間くらい掛かります。 なお、 購入する製品の合計代金を16,500円以内に収めれば、 関税はもちろん、「消費税」も掛かりません! ビタミンやマグネシウムについてではありませんでしたが、 あなたも偏頭痛の苦しみから解放されればと思い回答させていただきました。 私は、ドクターから処方される予防薬(ミグシス・テラナス)も、数年間服用しておりましたが、残念ながら 効果がありませんでした。 何年か前に、新聞で 長年ひどい片頭痛に悩まされていらした患者さんに効果があった症例が、大きく取り上げられていたのにもかかわらず・・・。 ということで、従来の トリプタン系と吐き気止めの処方薬を 発作初期に服用することで、歴史を刻んでいる傍ら、 自己流で フェーバーフュー,ビタミンB2,マグネシウムを毎日、飲み続けております。 もう数年来、このサプリの組み合わせを欠かしておりませんが、悲しいことに 定期的にお客さま(=発作)は、訪れますねぇ…(涙)。 せめて、発作時の嘔吐だけは回避できないものかと、来る 予兆に向けてビクビクしている次第です。 サプリが合うといいですね。 お互いに、闘病がんばりましょう!.

次の

ずきしらずの実VSズキラック偏頭痛に効果のあるは?

偏頭痛予防サプリ

天気が悪いと頭が痛くなる「低気圧偏頭痛」。 生理前になると激しい頭痛が何日も続く「月経関連偏頭痛」。 偏頭痛にも様々なパターンがありますが「体質だから仕方が無い」「お薬を飲めば治るから」と諦めていませんか。 偏頭痛は脳の血管で炎症が起こっており、そのたびに脳の血管が損傷を受けているのだとか。 そのため、偏頭痛体質の人は将来、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞や認知症を発症するリスクが、偏頭痛でない人に比べると高いという指摘もあります。 偏頭痛は脳の血管が拡張し、炎症を起こすことが原因。 血管が拡張することで、脳の三叉神経に刺激が伝わり、痛みや吐き気、めまいといった症状として現れるそうです。 脳の血管が拡張する原因の一つに、セロトニンの過剰分泌が指摘されています。 セロトニンには血管を収縮させる働きがあるとのこと。 「血管の拡張が偏頭痛の原因なら、血管を収縮させるセロトニンは問題ないのでは?」という疑問が湧いてきます。 ストレスを感じた脳はセロトニンを大量に分泌し、一時的に血管を収縮させるのだそうです。 しかし、セロトニンは脳内で大量に生産される物質では無いため、一度に放出すると不足してしまうのだとか。 その結果、セロトニンが不足し、収縮していた血管が一気に広がる、というのが偏頭痛のメカニズムのようです。 また、女性の場合、セロトニンは女性ホルモンと密接な関係があると指摘されています。 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が増加すると、セロトニンの分泌量も増えるとのこと。 しかし、ホルモンバランスが乱れることにより、セロトニンが過剰に分泌されたり、不足したりしてしまうんですね。 女性の場合は、ホルモンバランスを整えることも偏頭痛を解消する大きなカギと言えます。 ちなみに、一般的な頭痛薬は痛みをブロックするのが主な役割。 血管の拡張を収縮させる働きは無いため、偏頭痛の改善には効果が低いと言われています。 頭痛薬の飲みすぎで頭痛が悪化する? 頭痛というと、風邪に続く仮病の代名詞、というイメージがある人も多いのでは。 家族や上司が頭痛体質でないと、なかなかそのツラさを理解してもらえず、「サボりたいだけじゃないの?」と訝しがられることも。 その結果、「あ、今日頭痛になるかも」と些細な痛みでも、つい頭痛薬に手が伸びてしまいます。 実は、頻繁に頭痛薬に頼ることで、痛みに敏感な体質になってしまうのだとか。 本来であれば、我慢できる痛みでも安易に薬に頼っていると、我慢できない痛みになってしまうんだそうです。 その結果、頭痛薬が手離せない「薬物乱用頭痛」が、近年問題視されているとのこと。 薬物乱用頭痛は別名リバウンド頭痛とも呼ばれており、痛みが慢性化し、薬に頼らなければ非常に激しい痛みに襲われるというもの。 1カ月に10日以上頭痛薬を飲むという状態が、3カ月以上続いているようであれば、薬物乱用頭痛の可能性があるそうです。 さらに、頭痛薬は胃や腎臓への負担が大きいと言われています。 頭痛薬の多くが「食後に服用」とされているのは、胃への負担を軽減するためなんだそうです。 病院でもらうお薬には必ず胃薬が付いていますよね。 しかし、薬局で購入した頭痛薬を飲む際に、胃薬を併せて飲むという人はほとんどいないのではないでしょうか。 日常的に頭痛薬を服用し続けていると、胃がんや腎障害のリスクが高まるという指摘もあります。 頭痛薬のリスクを知った上で、正しくお薬に頼り、尚且つ頭痛薬に頼らなくても良い体質改善が大切だと言えそうです。 偏頭痛を和らげるカギはセロトニンのコントロール 偏頭痛の原因はセロトニンの過剰分泌による脳の血管の縮小拡張。 セロトニン自体は決して悪いものでは無く、「幸せホルモン」とも呼ばれており、質の高い睡眠や精神の安定に欠かせないホルモン。 このセロトニンの供給をコントロールすることが偏頭痛解消のカギとも言えます。 セロトニンの過剰分泌を抑制する働きがあると言われているのが、フィーバーフュー。 古代ギリシャの時代から抗炎症剤として使用されてきたハーブの一種です。 さらに、フィーバーフューにはパルテノライドと呼ばれる成分が含まれています。 パルテノライドは痛みの原因物質であるプロスタグランジンを抑制する働きもあるのだとか。 頭痛の痛みを緩和しつつ、頭痛の原因であるセロトニンをコントロールしてくれる理想的な成分とも言えます。 また、女性の場合は、ホルモンバランスの乱れも頭痛の大きな原因。 近年、頭痛をはじめとするPMS 月経前症候群)の原因はエストロゲンの過剰分泌ではないか、と言われています。 本来、プロゲステロンが優位に働く生理前に、エストロゲンが過剰に分泌されることで、亜鉛やマグネシウム、ビタミンB6が不足してしまうのだとか。 亜鉛やマグネシウムはセロトニンを合成する際に必要なミネラル。 特に偏頭痛の発作が起きている状態では脳のマグネシウム濃度が通常の濃度よりも低いことが確認されているそう。 マグネシウムにはセロトニンの合成に加えて、血液の凝固を防ぐ働きもあります。 マグネシウムが不足することで、小さな血栓が発生し、脳の毛細血管に詰まることで偏頭痛が起こるのだとか。 実際、ほとんどの頭痛薬には、マグネシウムが配合されています。 日本人は年齢性別に関わらず、慢性的にミネラルが不足しているそうです。 日ごろから、ミネラルを意識した食事を食べたり、ミネラルウォーターを飲むように心がけるだけでも違ってくるかもしれません。 偏頭痛の緩和におすすめサプリは?.

次の

頭痛に効くサプリはある?偏頭痛・緊張型頭痛対策におすすめのサプリ5選

偏頭痛予防サプリ

片頭痛に対応するサプリ ビタミンB2は副作用ない 予防薬処方で発作防げる 平成20年10月16日掲載 質問 38才女性。 片頭痛で悩んでいます。 頭痛薬では治まらず、胃が荒れるのも困っています。 片頭痛の予防によいサプリメントはありますか? 回答 平成17年3月に発表された慢性頭痛診療ガイドラインに掲載されているサプリメントには、マグネシウム、ビタミンB2、フィーバーフューがあり、ある程度の片頭痛予防効果が期待できると書かれています。 マグネシウムは、もともと下剤として用いられ、一度に服用すると下痢を起こすことがあるので、数回に分けて摂取します。 ビタミンB2は、25ミリグラムの少量でも片頭痛予防効果があるという研究があります。 特に問題となる副作用もなく、経済的にも安価に使えます。 フィーバーフューは、ナツシロギクとも呼ばれるキク科多年草のハーブの一種で、古くから民間療法として片頭痛予防にも用いられてきました。 副作用はほとんどありませんが、子宮収縮作用があるので妊婦は避けてください。 生活上では、まぶしい光やうるさい音を避け、熱いシャワーを浴びるなどの温度差に気をつけます。 片頭痛の発作時には、ひと眠りするのは効果的ですが、睡眠をとりすぎるのは禁物です。 また、ワインやアイスクリーム、チョコレートなどの特定な食べ物は頭痛を引き起こすことがあるので、誘因となる場合には、極力食べるのを控えたほうがよいでしょう。 片頭痛は予防薬を服用するとかなり発作を防げます。 回数が多く困っているようでしたら受診し、予防薬を処方してもらいましょう。 大石順子 社団法人静岡県薬剤師会・医薬品情報管理センター主幹.

次の