新生児 いびき。 【小児科医監修】赤ちゃんの脳性麻痺 原因や特徴は?|Milly ミリー

呼吸音と副雑音の分類|基礎編(5)

新生児 いびき

いびきの状態をチェック 赤ちゃんが寝ているときにいびきをかく原因としては、さまざまなものがあります。 まずは危険ないびきと、普通のいびきの違いを見極めていく必要があります。 赤ちゃんがいびきをかき始めたら、呼吸がきちんと継続しているかどうか、確認するようにしましょう。 耳を澄ますのも良いですが、ティッシュなど少しの空気で動くもので確かめるとスムーズです。 もし、いびきをかいている赤ちゃんの呼吸が一定時間止まっているようなら、睡眠時無呼吸症候群の可能性がありますので、要注意だと言えるでしょう。 睡眠時無呼吸症候群の影響でのいびき 赤ちゃんが寝ている時にいびきをかいていて、呼吸が一定時間止まって再開するようなら、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。 睡眠時無呼吸症候群の赤ちゃんは、睡眠が浅くしっかり眠れていないことが多いので、昼間に眠たくなったり、ぐずったりすることが多くなります。 お昼寝の時間が長く夜に眠れない場合や、不機嫌な様子が続く場合は、睡眠時無呼吸症候群の影響を受けている可能性を考えておきましょう。 睡眠時無呼吸症候群の原因は 赤ちゃんのいびきの原因が、睡眠時無呼吸症候群だった場合、どのように対処すべきなのでしょうか。 そもそも、睡眠時無呼吸症候群が起きる原因から探っていきましょう。 睡眠時無呼吸症候群が起きるのは、アデノイドという咽頭扁桃や、扁桃腺の肥大が関係していることがほとんどです。 のどの奥にあるアデノイドや扁桃腺が大きいと、寝ている時に気道がふさがれやすくなっていびきとなり、睡眠時無呼吸症候群を引き起こすのです。 アデノイドと扁桃腺が肥大してしまうのは、先天的な疾患や障害が原因で起こっていると考えられています。 特に生まれたばかりの新生児がいびきをかいている場合、アデノイドと扁桃腺の肥大が関係している可能性が高いと言えるでしょう。 睡眠時無呼吸症候群の治療 赤ちゃんがいびきをかいている場合、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。 一定時間呼吸が止まるのは、アデノイドや扁桃腺が肥大しているからです。 先天的なだから治療することはできないと思いがちですが、実は成長につれて自然に治まってくることがあります。 アデノイドや扁桃腺の肥大は、10歳前後がピークと言われています。 この年齢を過ぎると徐々に肥大は治まり、いびきも減少していくとされています。 赤ちゃんの頃に睡眠時無呼吸症候群の可能性があるからと言って、あわてて手術する必要はないのです。 ただ、無呼吸症状がひどくて日常生活に影響したり、夜泣きが続いてしまったりすることも多くあります。 また扁桃腺炎を繰り返して、何度も高熱を出してしまう場合もあるでしょう。 そのような状態が続くようなら一度耳鼻科を受診し、必要な場合は手術を検討してみても良いでしょう。 鼻の影響でのいびき 赤ちゃんがいびきをかく原因として、睡眠時無呼吸症候群をご紹介しましたが、先天的なものですし、成長につれて自然消滅していくこともあります。 睡眠時無呼吸症候群かどうか、呼吸のリズムをチェックしておきましょう。 このチェックの際、いびきはかいているけれど、呼吸が止まることもないということがあります。 呼吸が止まらない場合は、鼻の影響がいびきを誘発している可能性があります。 風邪を引いたり、ハウスダストで鼻水が大量に出て鼻づまりを起こしてしまったりした場合、鼻呼吸することができなくなるため、口で呼吸を確保しなければなりません。 しかし普段は鼻呼吸で口呼吸には慣れていませんから、いびきが生じてしまいます。 鼻づまりを解消することでいびきを解決することができますが、単なる鼻づまりだと放置しておくと、呼吸が滞ることもあるので注意が必要です。 鼻づまりの原因でのいびき 赤ちゃんの鼻が詰まってしまうと、口呼吸が始まりいびきが生じやすくなります。 鼻づまりの原因としては、風邪などでウィルスや細菌に感染しているか、ハウスダストや花粉などの影響を受けていることが関係してきます。 鼻づまりを防ぐには、風邪を引かないように、人込みを避け、風邪を引いている家族の影響を受けないことが大切です。 また、赤ちゃんのいる環境は常にクリーンな状態にしておけるよう、こまめにお掃除しておくことが大切だと言えるでしょう。 鼻づまり解消 便利なアイテム 鼻づまりが原因のいびきを解消するためには、鼻づまりを除去するのが確実です。 鼻水を口で吸って取り除くのが簡単ですが、風邪を引いている場合処置をした人にうつってしまう可能性があります。 最近は、鼻づまりを解消できる便利なアイテムが続々と出てきていますので、ストローやスポイトなど使いやすいものを選んで試してみると良いでしょう。 アレルギー鼻炎が影響してのいびき 鼻づまりの原因は様々ですが、アレルギーが原因の鼻づまりが多くなって来ました。 食生活や住環境の変化で、ダニやハウスダスト・乳製品・花粉などアレルギーの元となる物質が増えてきたのがその理由でしょう。 湿疹や肌のかゆみがなくても、急に鼻づまりやいびきの症状が出て来た時はアレルギーの可能性を考えて、上記でも記したように一度部屋の中を徹底的に掃除しましょう。 また、離乳食早期にアレルギーの可能性のある食品をあげてしまうとそれもまたアレルギーの原因となってしまうので、離乳食の進め方をおさらいしてみてはいかがでしょうか。 のどの影響でのいびき 赤ちゃんがいびきをかいている場合、のどの影響を受けている可能性があります。 実は赤ちゃんの喉の構造は、大人とは異なり、高い位置に存在しています。 また、舌が喉と同じように上の方に存在しているため、口呼吸がしづらくなるのです。 さらに寝ているときにはのど周辺の筋肉が緩んできますから気道が細くなります。 細い気道を空気が通ることにより、のどの膜が震えていびきになるのです。 赤ちゃんが成長し、のどの位置が変わってくると。 自然といびきも治まってくるでしょう。 喉仏の凹み 赤ちゃんがいびきをかいている場合、睡眠時無呼吸症候群の時間がなければ深刻ないびきである可能性は低くなります。 ただし、いびきをかいているときに喉仏が凹むようなら、充分に呼吸ができておらず、酸欠している可能性が高いといえます。 そのままの状態にしておくとさまざまな障害が引き起こされることもありますので、早めに耳鼻科を受診するようにしましょう。 舌の動きの影響でのいびき 舌の裏側にある舌と歯茎をつなぐ小帯という部分が、通常よりも短かったり長かったりして舌の動きが制限されてしまう症状を、舌小帯短縮症といいます。 舌を前に出した時に小帯に引っ張られてハート型になるのが特徴です。 舌小帯短縮症は赤ちゃんに様々な影響を与えますが、その中の一つが「いびきをかく」事です。 ただ、この症状が原因のいびきはあまり問題にされず、それよりも舌の動きの悪さで上手く飲めずに成長が遅れる事の方が問題となっています。 小児科学会でも舌小帯短縮症の積極的な手術は行わない方針なので、あまり気にせず様子を見ていきましょう。 不安な方は主治医に相談してみましょう。 赤ちゃんの体型が影響してのいびき 肥満の方や首の短い方・太い方はいびきをかきやすいのですが、赤ちゃんにも同じ事がいえます。 赤ちゃんは丸々しているのが当たり前ですが、それが度を越してしまうと大人と同じように気道が狭まっていびきをかきやすくなるのです。 また、体重が増えすぎてしまうと小さな鼻の穴がそれ以上に狭くなってしまい、いびきの原因につながる事も考えられます。 成長曲線を大幅に超えて体重が増加している場合は、赤ちゃんが十分に寝られるように寝る姿勢や枕などを色々工夫してみてください。 今はぽちゃぽちゃしていても、1歳を過ぎれば沢山体を動かすようになってスリムな幼児体型に変わっていくので、あまり心配しないようにしましょう。 寝ている状態をチェックで判断 赤ちゃんがいびきをかいていても、気持ちよさそうに眠っているようなら過剰に心配する必要はありません。 基本的には、赤ちゃん自身の睡眠を阻害しない程度のいびきで、睡眠時無呼吸症候群が確認されなければ、緊急性はないと言ってよいでしょう。 ただ、お母さんにとってはいびきがうるさく聞こえてしまったり、睡眠時無呼吸症候群が起きるのではないかと心配しすぎたりすることがあります。 気持ちよさそうにしていても、お母さんの方がいびきに参ってしまうこともあるので、早めに病院に相談するようにしましょう。 横向きに直してみよう 赤ちゃんがいびきをかいていて、よく眠れているようなら基本的に心配はいりません。 しかし、いびきがうるさくて眠れなかったり、睡眠時無呼吸症候群が出るかもしれないと心配になったりすることもあるでしょう。 そんな時は、赤ちゃんを起こさないようにそっと横向きにしてあげましょう。 横向きになると気道の位置が変わるため、いびきが抑えられたり、治まったりすることがあるからです。 うつぶせになってしまうと、呼吸しづらくなることもあるため、クッションなどでサポートしながら安全な角度を保つようにしましょう。 気になるときは病院へ 赤ちゃんのいびきは、ほとんどが喉の構造によるものか、鼻づまりの影響を受けているものが原因です。 稀に、扁桃腺やアデノイドという咽頭扁桃が肥大していることが原因となる場合もありますが、いずれにせよ成長により自然と治まっていくことが多いので、赤ちゃんのいびきに関しては心配しすぎる必要はないのです。 しかし、初めての育児だと戸惑うことも多いですし、お母さんが大丈夫ないびきかどうか判断できない場合もあります。 少しでも様子がおかしいと感じたり、いびきがいつもと違うと思ったりしたら、すぐに病院で診てもらうようにしましょう。 赤ちゃんの身体に関することで不安を抱えたままにしておくと、お母さんのストレスが溜まってしまいます。 お母さんのストレスが溜まると、赤ちゃんにも悪影響が出ることも多いので、不安要素はなるべく早く解決できるようにしましょう。 先生に相談 動画で記録が便利 病院でいびきをチェックしてもらう時は、スマホなどでいびきをかいているときの様子を記録しておくと便利です。 基本的に、いびきは寝ているときに出てくるものですから、受診の際に口で説明することは容易ではありません。 しかし、いびきをかいている様子を動画で見せることができたら、より的確な判断ができるようになるでしょう。 いびきの音、口や鼻の状態、喉仏の凹みの有無、体勢などいろんな角度から撮影しておくと、何が原因なのか特定しやすくなります。 ここまでのまとめ 赤ちゃんのいびきについてさまざまな角度からご紹介しました。 基本的には、喉や鼻の影響を受けていびきが出ることが多く、稀にアデノイドや扁桃腺の肥大が関係していることがあります。 いびきを聞くと、お母さんとしてはビックリしてしまいますが、呼吸が止まったり、喉仏が凹んだりしなければ、あわてて病院に行く必要はありません。 しっかり睡眠が取れているようなら、いびきを多少書いていても問題ないと考えて良いでしょう。 赤ちゃんのいびきは、成長と共に消滅していくことが多いので、神経質にならないことが大切です。 身体の姿勢を横向きに変えたり、鼻づまりを解消したりして対策を取りながら、健やかな睡眠を守ってあげるようにしましょう。

次の

赤ちゃんのいびきについて知っておきたいこと

新生児 いびき

CPAPとBIPAPの違い CPAPとBIPAPの違いを理解すれば、自分の症状にあった治療法のヒントがみえてきます。 正しい治療を行うために必要な情報をお伝えします。 BIPAP(バイパップ)とは BIPAPとは、換気モードの一般的な呼び方を指します。 ちなみに「I」が大文字から小文字に変わり、BiPAPになると特定の商品機器を指すことになるので使い分けられています。 ここでは換気モードであるBIPAPを説明します。 いわゆる オートタイプのCPAP装置のことで、上限と下限の2つの空気圧を設定することができるので、状態の変化に対応してくれます。 具体的には、息を吸い込む時には空気圧を高め、吐く時には圧を低くし、呼吸状態に合わせて補助をしてくれます。 CPAPは空気圧の設定が1つで、 常に一定の圧力を送り込みますが、変化に対応できないため、呼吸状態に合わせて自動で変動してくれるBIPAPが一般的に有効かもしれません。 CPAPとBIPAPの違い 両者の違いは、圧力設定の数です。 CPAPは基本的に1つの設定しかできませんが、BIPAPは2つの設定をすることができます。 これが、BIPAPがオートタイプと呼ばれるゆえんです。 ただし、自動で空気圧を調整してくれるBIPAPは便利ではありますが、どちらが良いという決め付けはできません 両者の特性と自分自身の症状を理解した上で、使い分けをすることが重要になります。 睡眠時無呼吸症候群には2つのタイプがあります。 気道に空気が通るスペースがなくなって呼吸ができなくなる 「閉塞性睡眠時無呼吸」(OSA)と、気道に問題がないにもかかわらず脳から呼吸命令が出せなくなってしまう 「中枢性睡眠時無呼吸」(CSA)です。 無呼吸症候群患者のおよそ9割が前者に該当し、後者は数%といわれています。 2つの圧力設定をすることができるBIPAPは、心不全を伴うタイプの「中枢性睡眠時無呼吸」(CSA)に有効といわれ、一方、一定の圧力を送り込むCPAPは、とくに気道が塞がりやすいタイプの「閉塞性睡眠時無呼吸」(OSA)に有効といわれています。

次の

【医師監修】赤ちゃんのいびきは病気? 考えられる4つの原因と治し方

新生児 いびき

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 新生児の赤ちゃんが鼻づまりになっていると、「もしかして風邪を引いた?」と不安になることがありますよね。 新生児の鼻はとても小さく、風邪を引いていなくても、ちょっとした刺激ですぐつまってしまいます。 そこで今回は、新生児の鼻づまりについて、息苦しそうにしている原因や、母乳を使う対処法などをご紹介します。 新生児が鼻づまりする原因は?母乳も関係ある? 新生児が鼻づまりしやすい原因はいくつかあります。 そのなかで、代表的な原因をご紹介します。 鼻水が出やすいから 新生児は基本的に鼻呼吸をしていますが、鼻の粘膜がとても敏感です。 室内の空気が乾燥していたり、掃除の後でホコリが舞っていたり、寒暖差があったりすると粘膜が刺激され、鼻水が出ます。 しかも、鼻水の分泌量は大人並みだとされています。 そのため、鼻づまりを起こしやすいと考えられます。 鼻の発達が十分でないから 新生児の鼻は低く、穴も小さめなので、大人よりも鼻水がつまりやすい傾向にあります。 つまり、新生児が鼻づまりしやすいのは、鼻水が出やすいのに加えて、鼻の発達がまだ十分でないことも原因だといえます。 母乳やミルクがまとわりつきやすいから 新生児期の赤ちゃんは、2~3時間おきに母乳やミルクを飲んでいるので、のどの周りに母乳やミルクがまとわりつくことがあり、それが鼻づまりのもとになることもあります。 母乳やミルクを飲みすぎだから 新生児は大人と違って胃が未発達であり、常に寝ている体勢なので、母乳やミルクを飲ませすぎると逆流してしまいます。 その結果、吐き戻したり、口から垂れてくることがありますが、なかには逆流した母乳やミルクが鼻腔に入ってしまい、それが粘膜を刺激して鼻づまりを起こしてしまうことも考えられます。 関連記事 新生児が鼻づまりで息苦しそうなときの対処法は? 新生児が鼻づまりで息苦しそうにしていたり、鼻水がダラダラ流れていたりするときは、吸い取ってあげましょう。 息苦しそうにしていなければ、鼻づまりの元になっている鼻くそなどは自然と取れることもあります。 鼻づまりの原因となっている鼻水や鼻くそは、無理に取ると傷つける可能性もあるので気をつけましょう。 新生児が鼻づまりで息苦しそうにしていたら、以下の対処法を参考にしてくださいね。 鼻水吸引器で吸い取る 新生児の鼻づまり対処法の一つとして、鼻水吸引器で鼻水を吸い取る、という方法があります。 ただし、新生児の鼻の粘膜はとてもデリケートなので、1~2回ほど吸っても出てこないようなら、無理せず中断しましょう。 なお、鼻水吸引機器には電動のものと、ママやパパが息を吸い込む力で吸引するタイプの2種類があります。 それぞれメリット・デメリットがあるので、使いやすいものを選ぶといいでしょう。 関連記事 新生児の鼻づまりは母乳で対処できる? 上記以外にも、新生児の鼻づまり対処法として、「母乳点鼻薬」というものがあります。 母乳点鼻とは、ママの母乳を少しだけ絞り、細いスポイトなどを使って新生児の鼻に2~3滴入れる方法です。 母乳を入れた後は、軽く鼻をつまんで優しく揉んであげると、ティッシュやベビー用の綿棒などで固まった鼻水や鼻くそが取れやすくなることがあります。 母乳はママの血液から作られているため、血液中に含まれていた抗炎・抗菌作用のある成分が母乳にも含まれていて、炎症による鼻づまりに効果的だという考えから母乳点鼻という方法が生まれたようです。 ただし、この方法でも鼻づまりが改善しないことがあります。 また、肌や粘膜が弱く薬もまだ飲めない新生児が、鼻づまりが原因で夜中に眠れない場合などに行う、あくまでも一時的な対処法です。 あまりに症状がひどいときや鼻づまりが長期間続く場合は、小児科を受診しましょう。 なお、母乳点鼻を実際に行うときは、必ずしぼりたての母乳を使いましょう。 粉ミルクでは代用できないので注意してくださいね。 新生児の鼻づまりの予防法は? 新生児の鼻づまりを予防するには、室内環境を見直すことが大切です。 加湿器がない場合は、水に浸して絞ったタオルを部屋にかけたり、お湯を張ったボウルを置いたりするだけでも効果がありますよ。 また、ホコリやハウスダストが多いのも新生児が鼻づまりを起こす原因になるので、布団クリーナーや空気清浄機を利用し、こまめな換気で空気を清潔に保つことが大切です。 関連記事 いびきをかいている 新生児がいびきをかいているときは、アデノイドという、鼻と喉の中間にあるリンパ組織(咽頭扁桃)が腫れている場合もあります。 ただし新生児には稀で、2~5歳くらいに特に多いといわれています。 アデノイドが肥大する原因は明確ではありませんが、新生児期以降では免疫作用を高めるために起きることがあり、そのために鼻水・鼻づまりといった症状が出ることもあるようです。 鼻呼吸をすることが難しいと、口呼吸をしてしまい、風邪を併発させることがあります。 いびきが異常に大きい場合は睡眠時無呼吸症になっていることもあるので、息苦しそうな場合は小児科に相談すると良いでしょう。 新生児の鼻づまりをケアして鼻呼吸をしやすくしよう 新生児は口呼吸が苦手なので、鼻づまりになってしまうととてもつらそうですよね。 こまめに鼻づまりをケアし、室内環境を見直すことで、鼻呼吸をしやすくしてあげましょう。 新生児期は、色々と判断に迷うことも多いですが、特に鼻水は風邪かどうかわかりにくいこともあります。 早めに対処すれば、すぐに症状が緩和することや、風邪の場合は悪化させずに済むこともあるので、よく経過を観察しておきましょう。 新生児に鼻づまりなどの気になる症状が続いたときは、1ヶ月健診で医師に相談してくださいね。

次の