モザイク破壊動画。 自己破壊機能付き。物理キーで暗証番号を入力するカラフルなHDDとSSD

ラーメン店の看板破壊する動画、暴行事件で逮捕の慶應大生が関与

モザイク破壊動画

このところ、飲食店の店員による不衛生行為や店の利用客による迷惑行為等が相次いで見つかり、メディアで連日のように報じられている。 そうした数多くの動画の中には、かなり「特殊なもの」が紛れていることもあるようだ。 その一例が、2019年2月10日に出回った動画である。 その動画を見た人物から、当サイトに情報が寄せられた。 ある男子学生が神奈川県横浜市のラーメン店の看板を破壊し、店名の文字の一部をもぎ取る様子を撮影した動画が、このたび世間の注目を集めた。 動画の後半部分では、別の店でも同様の行為に及ぼうとしたが、失敗に終わった。 この動画に関する情報を当サイトに知らせてくれた人物曰く、「以前に、これを見たことがありました」というのだ。 当サイトが調べたところ、この動画をSNSに最初に公開したのは、酩酊状態だった女子学生を暴行したとして、昨年に準強制性交容疑で逮捕された慶應義塾大学の男子学生であることが発覚した。 猥褻行為や窃盗行為等を理由に繰り返し逮捕されたが、最終的には不起訴処分となった。 被害者との間で示談が成立した模様だと報じられている。 このたび出回った動画には、左上の部分にそれを公開した人物のアカウントが掲載されている。 これが、上記の慶應大の学生のアカウントと一致したのだ。 看板を破壊した人物は、彼の友人であることも判明。 氏名や顔画像等をネット上に自ら公開していたため、特定に至った。 なお、この二人のアカウントは既に削除済みだ。 問題の動画がSNSに出回っているのを先述の情報提供者が見たのは、「昨年の秋頃だったと記憶しています」とのことで、慶應大の学生の逮捕の時期とほぼ一致している。 では、なぜ過去に公開されていた動画が、このタイミングで再び出回ったのか。 この点についても、当サイトの調査で詳細が明らかになった。 先日、くら寿司で店員による不衛生行為が発覚し、話題になった。 この件との関連で、慶應大の学生による看板の破壊も問題なのではないかと、動画をTwitterに掲載した人物がいた。 その後、当該の人物のツイート及び動画、そしてアカウントは削除された。 だが、その内容が他所に転載され、それがきっかけとなって情報が広まったようだ。 当サイトが現地を訪れて確認したところ、ラーメン店の看板は既に修理済みだった。 店によると、今回の件については把握しており、動画も閲覧したそうだ。 看板の文字の一部が壊れていることに気づいた当初は、まさかこのような問題が起きていたとは知らず、強風などで壊れてしまったのではないかと思っていたという。 その時期について尋ねると、「数ヶ月前の出来事だったのではないかと思います」との回答があった。 店のオーナーならば、より正確な時期や本件の詳細が分かるかもしれないとのことだったが、不在のため話を聞くことはできなかった。 動画の撮影に関与した人物らの「正体」は知らなかったようだが、店側としては、本件は解決済みと認識している様子だった。

次の

ラーメン店の看板破壊する動画、暴行事件で逮捕の慶應大生が関与

モザイク破壊動画

このところ、飲食店の店員による不衛生行為や店の利用客による迷惑行為等が相次いで見つかり、メディアで連日のように報じられている。 そうした数多くの動画の中には、かなり「特殊なもの」が紛れていることもあるようだ。 その一例が、2019年2月10日に出回った動画である。 その動画を見た人物から、当サイトに情報が寄せられた。 ある男子学生が神奈川県横浜市のラーメン店の看板を破壊し、店名の文字の一部をもぎ取る様子を撮影した動画が、このたび世間の注目を集めた。 動画の後半部分では、別の店でも同様の行為に及ぼうとしたが、失敗に終わった。 この動画に関する情報を当サイトに知らせてくれた人物曰く、「以前に、これを見たことがありました」というのだ。 当サイトが調べたところ、この動画をSNSに最初に公開したのは、酩酊状態だった女子学生を暴行したとして、昨年に準強制性交容疑で逮捕された慶應義塾大学の男子学生であることが発覚した。 猥褻行為や窃盗行為等を理由に繰り返し逮捕されたが、最終的には不起訴処分となった。 被害者との間で示談が成立した模様だと報じられている。 このたび出回った動画には、左上の部分にそれを公開した人物のアカウントが掲載されている。 これが、上記の慶應大の学生のアカウントと一致したのだ。 看板を破壊した人物は、彼の友人であることも判明。 氏名や顔画像等をネット上に自ら公開していたため、特定に至った。 なお、この二人のアカウントは既に削除済みだ。 問題の動画がSNSに出回っているのを先述の情報提供者が見たのは、「昨年の秋頃だったと記憶しています」とのことで、慶應大の学生の逮捕の時期とほぼ一致している。 では、なぜ過去に公開されていた動画が、このタイミングで再び出回ったのか。 この点についても、当サイトの調査で詳細が明らかになった。 先日、くら寿司で店員による不衛生行為が発覚し、話題になった。 この件との関連で、慶應大の学生による看板の破壊も問題なのではないかと、動画をTwitterに掲載した人物がいた。 その後、当該の人物のツイート及び動画、そしてアカウントは削除された。 だが、その内容が他所に転載され、それがきっかけとなって情報が広まったようだ。 当サイトが現地を訪れて確認したところ、ラーメン店の看板は既に修理済みだった。 店によると、今回の件については把握しており、動画も閲覧したそうだ。 看板の文字の一部が壊れていることに気づいた当初は、まさかこのような問題が起きていたとは知らず、強風などで壊れてしまったのではないかと思っていたという。 その時期について尋ねると、「数ヶ月前の出来事だったのではないかと思います」との回答があった。 店のオーナーならば、より正確な時期や本件の詳細が分かるかもしれないとのことだったが、不在のため話を聞くことはできなかった。 動画の撮影に関与した人物らの「正体」は知らなかったようだが、店側としては、本件は解決済みと認識している様子だった。

次の

ラーメン店の看板破壊する動画、暴行事件で逮捕の慶應大生が関与

モザイク破壊動画

番号は 5回押し間違えるとフリーズされ、そうなると一度PCを再接続しないと再入力ができません。 そでも また5回間違えると再び起動しなくなり、 合計14回の誤入力を繰り返すと、今度は上向き矢印のシフトボタンを押しながら初期時の番号を押さないといけなくなります。 そして 15回目には攻撃を受けていると判断し、 自己破壊機能が作動してデータをすべて消去。 すべてが 工場出荷時にリセットされる仕組みになっているのです。 ついでに、ユーザーが設定した番号でも自己破壊を行います。 悪の組織に拷問されたときは、この番号を言うようにしましょう。 全パーツをエポキシ樹脂でコーティング そして持ち去り防止のためにワイヤーで繋いでおくための スロットがあり、キーだけでなく全部のパーツが エポキシ樹脂でコーティングされているので、物理的に破壊しないと分解できない仕様なのだそうです。 信頼できるセキュリティー性能 これは AES-XTS 256ビットの暗号化技術を使っており、「diskAshur2」はでの独自の検証結果により、 100点中98点というスコアでもっともセキュリティー性が高いHDDとして選ばれました。 SSDなら128GB(1万7400円)、256GB(約2万1500円)、512GB(約3万1000円)及び1TB(約4万3100円)、2TB(約7万9600円)、4TB(約13万5000円)、8TB(約22万9,700円)の 7種類があります。 サイズは高さ124mm、幅84mm、奥行き19mm(3~5TBは27mm)と、携帯性に優れているので持ち運びが楽チン。 カフェなどで知らない人が見たら、クレジットカードの決済機かな? と思われるでしょうね。 Source: , , via via.

次の