小金井市 雨雲レーダー。 気象庁

気象庁

小金井市 雨雲レーダー

8 1 東北東 0 0 16時 20. 9 1 北東 0 0 15時 20. 4 1 北 0. 5 0 14時 20. 6 1 北東 0 0 13時 20. 1 2 北北東 0 0 12時 19. 8 1 北北東 0 0 11時 20 2 北東 0. 5 0 10時 19 1 北北東 1 0 09時 18. 5 1 北北東 1. 5 0 08時 18. 4 1 北北東 2. 5 0 07時 18. 4 1 北北東 1. 5 0 06時 18. 4 1 北北東 2 0 05時 18. 5 1 北東 0. 5 0 04時 18. 7 1 東北東 0. 5 0 03時 18. 9 1 北東 0. 5 0 02時 19. 8 1 北北東 0 0 01時 20. 6 2 北東 0 0 24時 21 1 東 0 0 23時 21. 1 2 東南東 0 0 22時 21 2 東 0 0 21時 21. 3 2 東南東 0 0 20時 21. 7 2 東南東 0 0.

次の

【一番詳しい】東京都武蔵野市の雨雲レーダーと直近の降雨予報

小金井市 雨雲レーダー

武蔵小金井駅(むさしこがねいえき)は、東京都小金井市本町六丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線の駅である。 当駅を含む区間は、運行系統上は「中央線」と案内される。 運転形態の詳細については該当記事を参照のこと。 1924年(大正13年)4月4日 - 観桜のため、鉄道省の武蔵小金井仮乗降場として開業。 1926年(大正15年)1月15日 - 停車場に昇格、武蔵小金井駅となる。 旅客営業のみ。 1949年(昭和24年)6月1日 - 日本国有鉄道発足。 1959年(昭和34年)9月1日 - 構内に武蔵小金井電車区が完成。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる。 2001年(平成13年)11月18日 - ICカードSuica供用開始。 2003年(平成15年)10月17日 - 暫定的に車いす利用者、高齢者、妊娠中の女性に限り入場券なしで構内を通過する措置を実施。 2007年(平成19年) 7月1日 - 下り線高架化。 11月25日 - 構内の武蔵小金井電車区が豊田車両センター武蔵小金井派出所に改称。 東京都 武蔵小金井駅に関するYouTube動画 東京都 武蔵小金井駅に関するYouTube動画を表示します。 雨雲レーダーの見方・使い方 地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「ー」「+」で縮尺を調整します。 雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。 雨雲レーダーは5分間毎に自動更新されます。 拡大しすぎると雨雲が表示されなくなります。 降水量の見方 雨雲は色によって降水量を表示しています。 0~1• 1~2• 2~4• 4~8• 8~12• 12~16• 16~24• 24~32• 32~40• 40~48• 48~56• 56~64• 64~80• 80~• 地図(雨雲レーダー) 検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。 Yahoo! 地図では雨雲レーダーも見ることができます。 住所でYahoo地図検索(地図と雨雲レーダー).

次の

小金井市の大雨警戒情報

小金井市 雨雲レーダー

雷ナウキャストについて 活動度は、最新の落雷の状況と雨雲の分布によって、以下のように区分しています。 活動度4は、「激しい雷」で、落雷が多数発生していることを意味します。 活動度3は、「やや激しい雷」で、落雷があることを意味します。 活動度2は、「雷あり」で、電光が見えたり雷鳴が聞こえる。 または、現在は、発雷していないが、間もなく落雷する可能性が高くなっていることを意味します。 活動度1は、「雷可能性あり」で、1時間以内に落雷の可能性があることを意味します。 活動度2~4が予測された場合は、落雷の危険が高くなっていますので、建物の中など安全な場所へ速やかに避難して下さい。 また、避難に時間がかかる場合は、雷注意報や活動度1が予測された段階から早めの対応をとることが必要です。 なお、雷注意報や活動度1~4が発表されていない地域でも雷雲が急発達して落雷が発生する場合がありますので、天気の急変には留意して下さい。 竜巻発生確度ナウキャストについて 発生確度2となった地域で、竜巻などの激しい突風が発生する可能性(予測の適中率)は7~14%程度です。 発生確度1は、発生確度2で見逃す事例を補うように設定しており、広がりや出現する回数が多くなります。 このため、発生確度1以上の地域では、見逃しが少ない反面、予測の適中率は1~7%程度と低くなります。 竜巻などの激しい突風は、人の一生のうちほとんど経験しない極めて希な現象です。 従って、発生確度1や2程度の可能性でも、普段に比べると竜巻などの激しい突風に遭遇する可能性は格段に高い状況ですので、発達した積乱雲が近づく兆候がある場合は、頑丈な建物内に入るなど安全確保に努めて下さい。 なお、発生確度1や2が予測されていない地域でも雲が急発達して竜巻などの激しい突風が発生する場合がありますので、天気の急変には留意して下さい。

次の