ご多用の中ありがとうございました。 「ご多用のところありがとうございました」意味と使い方・ビジネスメール例文

「ご返信ありがとうございます」の使い方・例文・ましたとの違い

ご多用の中ありがとうございました

「 ご多用」とは? 「やるべきことが多くて忙しい状態」の尊敬語 「ご多用」は、尊敬語「ご」と用事がたくさんあるという意味の名詞「多用」から構成される敬語です。 上司や目上の人、取引先の「しなくてはならないことが多くて忙しい状態」を敬って使う言葉です。 「ご多用のところ恐縮ですが・・・」のあとに要件を記載して使います。 「ご多用のところ」、「ご多用の中」などのあとに、更に丁寧な前置きの言葉「恐縮」、「おそれいります」などを使って要件を伝える正しい敬語表現です。 しかも「ご多用」の次に続く要件には、頼み事や依頼ばかりではなく、お礼・感謝を申し添えたり、場合によってはお詫びなどにも使うことができます。 「ご多用のところ恐れ入りますが」は簡単にいうと「お忙しいところ恐れ入りますが」の意味で、上司や目上の方を敬ったメールやビジネス文書などで敬語表現として使います。 「ご多用」は相手の忙しい事情や心情をくみ取って、「お忙しいのに申し訳ない」という気持ちを表しつつ、何か「頼み事」をするときに良く使われる便利な敬語表現です。 また、相手の行為や言動に対し、実際に忙しいかどうかは別にして、儀礼的に「ご多用中にもかかわらず、ご支援いただき、ありがとうございます」などとお礼を述べるときにも使います。 なお、「ご多用」は文書や手紙・メールなどで用いられますが、会話で使う事は殆どありません。 「ご多用」の趣旨を声で伝えるとしたら意味の違いのない「お忙しいところ」、「お忙しい中」を使って話すのが一般的です。 「依頼・お願い」、あるいは「お礼・感謝」を目的として「ご多用」を使うとき、後に続く言葉には様々な言い方があります。 効果的な「ご多用」の使い方と、その後に続く言葉の事例を次に示します。 「ご多用」の類語は「ご多忙」で、両方の言葉の意味については大きな違いはありません。 「用」はなすべきことを意味し、「忙」は平静な心を失ってあわただしい、いそがしいことを意味します。 「(ご)多用」は私用、公用の区別がなく用事がたくさんあって忙しいことを指します。 一方、「(ご)多忙」はこの言葉を使う相手が医者であれば診療や手術で忙しい、学生であれば勉強で忙しいと考えることできます。 このことからビジネス上で「ご多忙」を使うときには基本的には「仕事」でとても忙しいと解釈できるのです。 なお、「多忙」の「忙」には、「亡くす、失う」の意味があり、慶弔にかかわる事柄に「ご多忙」を使うのを嫌う方がおられますので気を付けましょう。 「ご多用」と「ご多忙」の同じような文章の敬語表現例文を次に示します。 前述の通り大きな意味の違いはありません。 例文はビジネス文書、メールでも使うことができます。 【例文】お願い・依頼 ・ ご多用の折(ご多忙の折)、大変恐れ入りますが、ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします。 【例文】お礼・感謝 ・ ご多用中(ご多忙中)にも関わらず、講演会にご出席いただき誠にありがとうございました。 「ご多用」も「ご多忙」も使い方に違いはありませんが、「忙」を嫌う方がいらっしゃいますので、結婚式等で「お忙しい中」とは使わないように注意しましょう。 「ご多忙の折」と「ご多忙中」の意味に違いはなく、次に続く言葉で意図が「依頼」か「感謝」なのかが違うだけです。 また、「ご多用の折」と「ご多用中」も同じです。 ・比較的対等な立場での取引先への催促 【例文】ご多用中とは存じますが、先般、電話にてご連絡申し上げました〇〇代金請求書を今週末〇月〇日までにご郵送くださいますようお願いいたします。 ・お詫びを言いつつお願い・依頼 【例文】(依頼事項記載)~の件、ご多用のところ、大変申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。 ・よく使う一般的なお願い 【例文】ご多用のところ恐縮です。 折り返しお電話をいただきたくお願い申し上げます。 ・取引先等への展示会ご案内事例 【例文】メールにて失礼いたします。 ご多用のところ大変恐縮ですが、来る〇月〇日「国際〇〇会場」にて開催予定の弊社展示会にお越しいただきたくご案内申し上げます。 「ご多用」を使って、上司や目上の方に対し敬語表現をする場合には次の二点に留意しなければなりません。 ・ よく知っている上司や目上の方 ・ 上司や目上でも親密度が薄い幹部など 親密度や接触の程度が異なった上司や目上の方を、同一に扱うことはビジネス上得策ではありません。 日常的に頻繁に接触し指示を仰ぐ上司や目上の人に対し、格式の高い敬語表現を用いると円滑なコミュニケーションに齟齬(そご)をきたすときもあります。 一方、親密度が薄い幹部に対しては、それなりに礼を尽くした敬語表現が必要となります。 格式のある敬語として「ご多用」を使わなければならない場合と、指示・回答のスピードが重要視される場合との違いを把握し上手に使い分けることが大切です。 ビジネスではスピードと合理性が優先されます。 このため格調高い敬語表現よりも物事の必要性や緊急度、重要性などを上司や目上の方に 手短に素早く報告・連絡することが大切です。 最小限の礼節を守り上司や目上の方に「 報告・連絡・相談」を心がけましょう。 以下にメールでの「ご多用」、「お忙しいところ」などを使った上司・目上の方に対する例文を示します。 【例文】 ・ ご多用のところメールにて失礼します。 先週ご指示のありました技術開発関係の書類を、別添ファイルの通り取りまとめましたのでご検討ください。 ・ ご多用中のところ恐縮ですが、添付資料のとおり次年度部内予算書(案)を作成しましたので至急お目通しください。 ・ お忙しいところ恐れ入りますが、来週の出張日程のご提出を至急お願いいたします。

次の

「ご多用のところ」の意味と使い方・例文|メール/ありがとう

ご多用の中ありがとうございました

喪主挨拶文例集 葬儀 喪主の御挨拶では、遺族を代表して、葬儀に参列頂いた皆さまへ感謝の気持ちをお伝えすることになります。 従って、「葬儀に参列頂いたことへの御礼」と「生前の故人に対する厚誼への御礼」を、簡潔に述べることが基本となります。 喪主挨拶(子) 大往生といえる最後 本日はお忙しいところ、父の葬儀にわざわざ御会葬くださいまして、誠にありがとうございました。 またご鄭重なご弔意ならびにご香志を賜りまして、厚く御礼申し上げます。 明治生まれの父は、家督をゆずりまして以来二十年、悠々自適のうちにすごしておりましたが、昨日明け方眠るがごとく八十八才の生涯を閉じました。 若い時からさまざまな苦労も味わい尽くした生涯ではありましたが、まさに幸せな大往生ともいえる最後であったことは、子として何よりの慰めでございました。 父が晩年を豊かに過ごすことが出来ましたのも、ひとえに皆様方のご厚情のたまものと深く感謝致しております。 これからは残されたもの力を会わせて父の意志を受け継いでゆきたいと思います。 これまで同様のご指導とご鞭撻をお願い致しまして、お礼のごあいさつと致します。 喪主挨拶(子) 家業の後継者として 皆様には、大変ご多忙中にもかかわりませず、またお暑い中を、亡き父・青山太郎の葬儀に、かくも多数ご参列下さいまして誠にありがとうございました。 私は、長男の一男でございます。 喪主として一言ご挨拶を申し上げます。 昭和三十年に同社を引き継ぎまして以来、幾度の変転の後今日に至っております。 社業がこれまでに発展できましたのも、ひとえに皆様方のご厚情のおかげと感謝しております。 七十二年悔いない生涯をおくって、故人も満足し、かつ感謝の念を持ってあの世に旅立ったことと存じます。 父になり代わりまして心からお礼申し上げます。 今後は残った母を大切にし、家族心を合わせて父の意志を受け継ぎ、社業発展のために身を捧げる覚悟でございます。 亡き父同様、ご厚誼のほど切にお願い申し上げまして、お礼の言葉に代えさせて頂きます。 どうもありがとうございました。 喪主挨拶(子) できるだけ簡潔に 本日は大変お忙しいところをわざわざお参り頂き、ご焼香を賜りまして誠にありがとうございました。 父 生前中は何かとお世話に成り、ありがとうございました。 これからは兄弟皆仲良くし、母を大切にして立派な家庭を営み、父にも安心して見守ってもらえるように努めたいと思っております。 今後とも亡き父同様のご指導ご鞭撻をお願い致しまして、ごあいさつにかえさせて頂きます。 喪主挨拶(子) 急逝した様子をのべる場合 本日はお忙しい中、またお休みにもかかわらず、かくも多数の方々にご会葬たまわり、誠にありがとうございました。 また会社の皆様方や先輩、友人の方々からは心のこもったお別れの挨拶を賜り、故人もさぞかし喜んでいると存じます。 生前中のご好誼に厚く御礼申し上げます。 父は勤勉実直な人で少しの時間もじっとしておられない性格でございました。 朝は五時には起きて調べ物をし、夜はいつも十二時過ぎまで机に向かっておりました。 そんな生活の積み重ねが祟ったのか、一昨日脳溢血で突然倒れ、私達が病院にかけつけた時にはもう意識がなく、そのまま帰らぬ人となりました。 まだ六十一才の元気だった父がよもや亡くなろうとは全く思ってもいませんでした。 今は、ただただ、一生懸命頑張っていかねばと思うばかりでございます。 まだ若輩でありますので、これまでにも増してご指導とご鞭撻を賜りますよう、ここに切にお願い申し上げご挨拶と致します。 本日はどうもありがとうございました。 喪主挨拶(夫) 長年連れ添った妻への感謝 本日はご多用のところ、皆様方には亡き妻のために、わざわざご会葬頂きまして、誠にありがとうございました。 おかげを持ちまして葬儀も滞りなく終えさせて頂きました。 皆様方のあたたかいお心に見送られて、妻もきっと喜んで浄土におもむいたことと存じます。 生前から色々とお世話を頂きました皆様方に、故人に代わり厚くお礼を申し上げます。 妻は行年七十三歳。 わがままな私に四十年間もよく仕えてくれました。 これといった趣味もなく、ただ黙々と働いている姿を思いだしますと、もっと好きなことをさせてやっていたらと、今更ながら後悔の念が沸き上がってまいります。 おかげさまで娘も孫達も元気でいますが、とりあえず私はよそ様にご迷惑のかからぬよう、妻の位牌を守ってこの家で生活するつもりでございます。 どうぞ、これからも変わらぬお付き合いのほどをよろしくお願い致します。 どうも本日はありがとうございました。 喪主挨拶(夫) 若くして先立つ妻 本日は、お忙しところ、妻・花子の告別式にご参列下さり最後までお見送り下さいましてありがとうございました。 また多くの方々より御弔慰ならびにご香典を賜りましたこと、この場をおかりしまして厚くお礼申し上げます。 私どもが結婚いたしましてから二十年、二人の子もやっと私共の手を離れ、妻もこれからは好きなことをして暮らすと楽しみにしていた矢先の出来事でした。 妻がまだ四十四歳にして、ガン末期と聞かされた時には、大変ショックで、しばらくは仕事も手につきませんでした。 しかし花子も入院中には毎日子供たちに囲まれ、これまでにない充実した日々を送らせて頂きました。 先生や看護婦さんの懸命のご介護で、からだの苦痛も少なく、やすらかなうちに静かに息を引き取ることが出来ました。 これまで花子は妻として母としてほんとうによくやってくれたと思います。 そして「みんなどうもありがとう、本当にありがとうね」と言ってくれたのが、何よりの慰めでございました。 これからは残る二人の子供と一緒に生活してまいりますが、何分男手一つでは、何かと不行き届きも多いことと思いますが、どうか、これかまで同様のお付き合いを頂きますようお願い致します。 皆様本日はどうもありがとうございました。 親族代表挨拶(喪主のおじ) 本日は皆様ご多用中の所、わざわざご会葬頂きまして誠に有難うございました。 出棺に先立ちまして青山家を代表して一言ご挨拶を申し上げます。 退職後は会社の同僚の方々と旅行に行ったり、近所の老人クラブの方々とご親交を賜わり、おかげさまで晩年は楽しく暮らすことができました。 遺族にとってはそれは何よりの慰めでございます。 又子供達もそれぞれに立派に成長し、亡き兄ももはや何の心残りもなかったものと信じております。 青山家につらなる親戚一同これからも心を合わせてやってまいりますが、遺族に対しまして、生前にも増してのご厚誼を賜りますようお願いして、ご挨拶にかえさせて頂きます。 どうも本日はありがとうございました。 親族代表挨拶(喪主に代わっておじ) 皆様本日はご多用中の所、多数お集まり頂きまして、誠にありがとうございました。 遺族、親族を代表致しまして、一言ご挨拶申し上げます。 私は亡き青山太郎の弟・文次郎でございます。 本来ならば、喪主の花子がご挨拶申し上げるところですが、いまだ学生の身でございますので、私が代わりましてお礼の言葉を述べさせて頂きます。 在籍中には会社の皆様方には大変にお世話になり、本日の葬儀も、社長様はじめ社員の皆様方のご懇情によりまして、かくも立派に営むことが出来ましたことを大変有り難く思っております。 このように多くの方々に見送られてあの世とやらへ旅立つことが出来、兄もきっと喜んでいることと思います。 これからは我々、親族が何かと力を貸して、子供達が立派にやってゆけるよう兄の志を継いで行けるよう心掛けてまいりますが、皆様方には、何卒これからも、兄太郎在世中と変わることなきご厚情を賜りますよう、心よりお願い申し上げ、お礼の挨拶とさせて頂きます。 どうも本日はありがとうございました。 町内会代表挨拶(町内会長・葬儀委員長) 本日は、ご多用のところ、青山太郎の葬儀に多数ご参列頂きまして、誠にありがとうございました。 おかげをもちまして本日の御葬儀、滞りなく執り行うことが出来ました。 葬儀委員長として遺族、親戚一同に代わりまして、厚くお礼を申し上げます。 故人もきっとお喜びになってあの世に旅立ってゆかれたことと思います。 亡くなられた太郎さんは当地域の発展について大変ご功績のある方でございまして、最近では公民館の建設に熱心に取り組まれておりました。 公民館の完成を目前にして逝去されましたことは大変に心残りではございますが、私どもと致しましては、一致団結しご遺志をしっかりと受けついでまいる所存でございますので、どうぞ安心してお眠りいただきたいと思います。 最後になりましたが、ご会葬者の皆様方にこれからも青山家のご遺族に故人生前と変わりないご厚情を賜りますよう、心よりお願い申し上げまして、はなはだ簡単ではございますが、ご挨拶とさせていただきます。 どうもありがとうございました。 通夜の謝辞 励ましへの感謝をのべる 本日は、ご多用中のところ、又、お足許の悪い中を多数お参り下さいまして誠にありがとうございました。 また先程から、慰めや励ましのお言葉を頂きありがとうございました。 亡き父も、ともどもに喜んでくれていることと存じます。 本日はおつかれのところを遅くまで本当にありがとうございました。 通夜の謝辞 通夜ぶるまいへの案内 本日はご多用中のところ、父の通夜にお集まりくださいまして、誠にありがとうございました。 別室に、ささやかではございますが、軽い食事とお酒の用意を致しておりますので、どうぞ召しあがってお帰り頂きたいと存じます。 本日は本当にありがとうございました。 町内会代表謝辞(町内葬儀委員) 告別式のお知らせをかねて ご列席の皆様に葬儀委員を代表いたしまして私から一言お礼の挨拶を申し上げます。 本日は、ご多用にもかかわず、又、会社の方々には遠路わざわざお参り下さいまして、誠にありがとうございました。 深く感謝の意を表したいと存じます。 青山太郎の告別式は明日午前十一時より、大乗寺様で執り行われます。 どうぞ多数の御臨席を賜りますようお願い申し上げます。 老人クラブ、町内会役員の方々には開式三十分前までにはご参集くださいますようご案内申し上げます。 本日はありがとうございました。 初七日法要• 初七日法要喪主挨拶 一般的なスタイルとして 喪主として一言ご挨拶申し上げます。 只今はお寺様よりご丁重な初七日のお経を賜りまして、誠にありがとうございます。 容体が急変しました一昨日来、皆様には何かとお世話になりました。 お陰様で葬儀も滞りなく済ますことができ、お礼の言葉もございません。 あまり突然のことでこれから先のこととて考えてもおりませんが、皆様方のご指導のもと家族力を合わせ、一生懸命父のあとを守ってゆこうと思っております。 どうぞ今後共よろしくお願い致します。 十分な用意も出来ませんでしたが、父の好きだったお酒だけは十分用意致しましたので、生前の思い出などお聞かせ頂きながらゆっくりとお過ごし頂ければと存じます。 本日は誠にありがとうございました。

次の

「ご多用のところ」の意味と使い方・例文|メール/ありがとう

ご多用の中ありがとうございました

[スポンサードリンク] 基礎 意味 そのまま 「忙しいところ」「多忙の中」と言った意味です。 正しく使うには 尊敬語なので、自分の行動に対しては使用しません。 来てもらったり、何かをしてもらったりした時に使用します。 そうでなくても、自分が忙しいところを来てやったんだ、とは 謙譲の意味では使うことはありませんので、そこは問題ないかと思いますが。 同じような意味の表現の違いとして 「御多忙の折」「御多忙の中」 など、「多忙」を使うこともありますが、こちらの方が熟語を使っている分 少し硬い感じのニュアンスとなります。 表題にある「お忙しいところ」というのが この手の表現としては比較的やわらかい方の表現だと言えるでしょう。 使い方・例文 ビジネスの場面で(電話対応など) お忙しいところ恐れ入ります。 お世話になっております。 少々お時間の方、宜しいでしょうか?はい、ありがとうございます。 今回お電話させて頂いたのは(省略) お忙しいところ恐れいります、田口と申します。 急な話で誠に恐縮なのですが、少々お願いごとがございましてご一報入れさせていただきました。 お忙しいところかと存じますが、御協力お願いできませんでしょうか。 お忙しいところ大変恐れいりますが早急にご対応頂ければと思います。 失礼ながらメールで質問させて頂きました。 お忙しいところ恐れいりますが、お時間ある時に、ご確認頂けると幸いです。 公の場でお礼を述べる時に 発売記念サイン会にご参加頂きました皆様、お忙しいところご足労いただきまして有り難うございました。 北から南、海外からと 多くのお客様にご参加いただけましたこと改めて御礼申し上げます。 皆さま本日はお忙しいところ、このように大勢の方にお集まりいただいて、誠にありがとうございます。 大変助かりました。 お忙しいところお越し下さり、まことにありがとうございます。 お忙しいところ手を貸していただけて本当に助かりました。 山下様、先ほどはお忙しい中、本当にありがとうございました。 お忙しいところ丁寧にご教示下さって、どうもありがとうございました。

次の