お 小遣い 平均。 パートで働く主婦のお小遣いの平均は?リアルな家庭事情を調査!

ストレスFREE! 仲良し夫婦の「お小遣いルール」3実例|ゼクシィ

お 小遣い 平均

Contents• 2017年全体のお小遣いの平均 新生銀行発表の以下の調査によると、サラリーマン全体のお小遣いの平均額(2017年度)は37,428円ということ。 おお、多いではないですか。 という印象。 月に4万円近く自由になるお金があれば十分遊べますね。 という感想です。 しかし、1979年の調査依頼、過去2番めに低い水準だそうです。 子育て世代の平均お小遣い額の減少が全体の水準を押し下げているんですね。 お小遣い額、40代の平均は? では働きざかりの40代を見てみましょう。 この年代は子育てで最もお金がかかる年代。 サラリーマンのお父さんも多いことでしょう。 加えて社内でのつきあい、ゴルフなど、お金のかかる年代。 さぞかし多くのお小遣いが必要でしょう。 きになる額は・・・どうでしょう。 2017年は40代は35,457円だそうです。 うーん、以外と・・・多くはないのか?どうでしょう。 その内訳を見てみないことにはなんともわかりませんね。 では次に内訳を見ていきます。 shinseibank. pdf 問題はその内訳がどのようになっているか、ということですね。 調査では以下のような内訳になっています。 男性の内訳は、食費(飲み代除く)、趣味の費用、飲み代が続き、女性では食費、身だしなみのための費用、携帯電話代が続いています。 面白いのが男性と女性の性別の違いか、コミュニケーションにかけるお金として、男性は飲み会などを重視しているのに対し、女性は携帯電話代にお金をかける傾向があるようですね。 趣味は男性にとってはなくてはならないものなのか、2位にランクインしていますが、女性では6位になっています。 性別によるお金の使いみちが全然違うことが驚きです。 内訳を詳しく見てみます 40代で試算 実際、4万円近くお小遣いをもらっていて、その内訳は昼食代がかなりの部分を占めているようです。 試しに昼食代をひいてみますと・・ 500円のお得ランチを毎日食べる試算して見ました。 20日働くとして500円*20日で10500円。 うーん、痛いですね・・お小遣いの実に30%をしめるんですね。 苦しい実情が浮かび上がります。 調査の表にしたがって、一般的なお小遣いの使いみちをエクセルに落とし込んでみると・・・以下のようになりました。 あなたの場合は内訳がことなるかもしれまんが、一般的と思われる使いみちを書いてみました。 携帯電話代金はUQモバイルなど、安いものを賢く利用されている方もおられるかもしれませね。 図はあくまでも目安です。 しかし、4万円近くもらっていても結構ギリギリな額であるということがわかります。 これでは趣味に回すお金は一切残らないことがわかりますね・・1300円の趣味って何でしょうか・・ほぼ趣味にかけるお金は残りません。 サラリーマンは趣味を楽しむ余裕がないのでしょうか? この調査結果では男性は趣味にかけるお金を重視しているとのことですが、どのようになっているのか、不思議で仕方ありません。 サラリーマンの40代といえば、会社でそれなりの地位になっている場合も多く、飲み会といえば部下におごるシーンも出てきます。 そのとき、「ごめん、割り勘ね」とは言えないですよね・・その場合、エクセルの表では3000円の飲み会を月に3回いくことになっていますが、1回おごっただけで、軽く超えてしまうでしょう。 つらい実情がわかります。 副業を考えてしまいますね・・これを読んで頂いているあなたはどうでしょうか。 サラリーマンが給与所得だけでは満足の行くクオリティオブライフを実現することが難しくなっている実情がわかりますね。 次に平均年収を見ていきます。 40代、50代の平均年収 国税庁が発表している調査に、というものがあります。 この資料をもとに、サラリーマンの40代、50代の働き盛りの給与を書いてみます。 まずはグラフで見てみましょう。 nta. pdf 青の棒が男性、黒の棒が女性です。 男性は50代前半でピーク、女性は30代前半でピークを迎えています。 では今回は平均年収の40代・50代編です。 まずは40代をみてみます。 まずは40代から 仕事の大きな流れを理解し、部下育成にも自信がついてきた働き盛りの年代40代、男性は年収のピークの一歩手前を迎えています。 40代前半 40~44歳• 男 563万円• 女 302万円 40代後半 45~49歳• 男 633万円• 女 299万円 40代平均• 男 598万円• 女 301万円 平均年収は男女の開きでちょうど2倍くらい、となっています。 男性の平均年収の場合、40代前半と後半の開きがちょうど100万円くらい開いているのはおそらく役職が関係しているものでしょう。 40代後半は部長クラスや役員クラスになる人もでてくる年代です。 この年代になると、ぐっと給料もあがりますので、平均年収をおしあげているのですね。 50代も見てみます 男性の場合、平均年収のピークを迎えるのが50代です。 女性の場合は勝手が少し違います。 男女の平均年収に最も大きな差がつくのがこの年代の特徴といえます。 50代前半 50~54歳• 男 661万円• 女 296万円 50代後半 55~59歳• 男 649万円• 女 288万円 50代平均• 男 655万円• 女 292万円 50代前半は男性の生涯年収で最も高くなる年代です。 企業の幹部クラスになる人が増える年代で、逆に50代後半になってくると、役職定年を迎える人も出てくることもあり減少に転じていることと推測致します。 50代全体で見てみると、男性650万円代半ば、女性は300万円アンダーと、男女間の開きが2倍を超えています。 おそらく、女性の場合は30代くらいから仕事、子育て、という大きな2択を迫れれ、結果的にバリバリキャリア派とゆるキャリア派とに分かれており、正社員以外の雇用形態の給与所得者が増えるものと推測致します。 まとめ いかがでしたか?サラリーマンの2017年のお小遣い平均額は前年とほぼ変化なく、35000円前後です。 この額は年々減少しており、過去2番めにひくい額とのこと。 4万円近くあるお小遣いがすくないとは、・・という内訳を見てみると、以外と、昼食代や飲み代を削ってもほぼ手元に残らない計算。 苦しい懐事情が伺えます。 またサラリーマンの平均年収もあわせて見てみると、40代で男性約600万、女性で300万となっています。 50代ではその差が開き、男性650万円、女性290万となっています。 最近、労働力不足を解消するための女性活用という言葉をよく聞きますが、数字の背景として、女性は非正規労働者が多いことが伺えます。 今や共働きが一般的な時代、女性も正社員として勤務し続けることを会社としてもバックアップしていかなければ労働力不足への決定打に欠けるのかもしれませんね。

次の

サラリーマン・会社員のお小遣いはいくら?20代〜50代の平均金額

お 小遣い 平均

年齢別の平均年収は? まず、サラリーマンの年齢別の平均年収をご紹介します。 年収ごとにご紹介していきます。 おまけで、年収1000万円までの平均のお小遣いを表にしました! こちらも要チェックです!! 年収(万円) 年間(円) 月(円) 250 217959 18163 300 261551 21795 350 305676 25473 400 349344 29112 450 393013 32751 500 436681 36390 600 524017 43668 700 611353 50946 800 698689 58224 900 786026 65502 1000 873362 72780 まとめ いかがでしたでしょうか? 実際、サラリーマンのお小遣いの使用用途第1位は 「昼食代」だそうです。 昼食代を節約するのが、サラリーマンの方にとっては一番良い節約方法でしょう。 昼食代を賢く節約したい方はのサイトをご覧になってみて下さい。 年収の少ないサラリーマンの方は毎日ワンコインランチの昼食代に抑えても半分くらいぶっ飛びます。 世の奥様方へお願いです。 お弁当を作ってあげてください。 笑 そして、サラリーマンの方々。 「ねだるな、勝ち取れ!」 頑張って稼ぎましょう!! スポンサーリンク この記事もオススメ!.

次の

旦那のお小遣いの平均相場額をパターン別に紹介!気になる内訳は?

お 小遣い 平均

パターン別!旦那のお小遣いの平均相場額 年代別 年代別に旦那のお小遣い事情は、どうなっているのでしょうか? 調べてみると、 50代と20代が、旦那に渡すお小遣いが、最も多い年代になっていました。 30代、40代になるとほぼ同じ割合で旦那のお小遣いが少なくなるという結果になっていました。 これは、20代や50代では、子供にお金が掛かっていないことが挙げられるでしょう。 30代40代は、ちょうど結婚して、子供を育てている時代ですので、子供の教育費であったり、マイホーム購入に伴い住宅ローンを組むことで、旦那のお小遣い事情を冷え込ませている要因になっています。 では、具体的に年代別に見ていきましょう。 20代 20代の平均の旦那にお小遣い額は、42,018円でした。 20代は、まだ結婚し間がない時期であったり、夫婦2人だけの生活のため、自由に使えるお金が多い結果になりました。 独身時代のお互いのお金の管理のまま、ただなんとなく決まった方法でやっている方が多いため旦那のお小遣いも多くなっています。 独身時代の生活スタイルを変えることなく、生活しているので、1度夫婦でお金について話し合う必要があるでしょう。 30代 30代の旦那のお小遣いの平均は、36,146円です。 20代の頃と比べると、6,000円程減っていることになります。 これは、子供が生まれて、子育てにお金が掛かってきたことと、子供が生まれたことにより、住宅購入による住宅ローンが大きな要因になってきます。 旦那も、子育て中は制限されることが多くなり、住宅ローンの重みがのしかかる時期になります。 今は、晩婚化が進んで、結婚する時期も遅いので、給料もそれなりにもらってから結婚になるので、家計の管理もしっかりと行う奥様が多いことが伺えます。 40代 40代になると、旦那のお小遣いの平均は、37,073円になり、30代に比べると少し回復します。 しかし、40代は、子供の教育費に多額の費用がかかる時期です。 子供の受験であったり、大学進学になってくると、かなり家計が圧迫されて、旦那のお小遣いへ影響もかなりでてくる時期でもあります。 加えて、会社でもそれなりの責任を任される世代でもあり、働き盛りになります。 そのため、お小遣いを使う暇がないという方も、いるようです。 50代 50代の平均的な旦那のお小遣いは、44,017円です。 子育てが、そろそろ終わりを迎えそうである時期で、子供の教育費も落ち着いてくるため、旦那のお小遣いも増えています。 住宅ローンも、終わりを迎えて、その分をお小遣いに回ってきているのか、20代より多くのお小遣い額になっています。 しかし、まだまだ住宅ローンや子供の教育資金がいる方も多くいて、「思う存分もらえているわけではない。 」というのが本音のようでした。 一方 妻が、専業主婦をしている方が、旦那のお小遣いが多いという結果が出ていましたよ! それでは、より詳しくみていきましょう。 子供がいるため、子育てにお金がかかるので、旦那のお小遣いは、子供がいない家庭と比べると3,000円ほどの違いが出てきました。 旦那のお小遣いは、子供の有無でもかなり違ってくるのです。 子供がいると、何かとお金はかかります。 今は、小さいうちから習い事を何個もさせたり、塾にも通わせている家庭も多いです。 そうなってくると、子供にかかるお金は、かなりかかってきてしまうため、旦那のお小遣いは、減らされてしまうのでしょう。 なんと、子供がいて妻が専業主婦のご家庭が最もお小遣いが多いという結果です。 これは、妻が働いていないことによって、貯蓄をする意識が高いことがうかがえるのではないでしょうか? 節約をして、家計のやりくりを上手にして、旦那のお小遣いもそれなりに渡せるなんて、素敵な奥さんですね。 また、敢えて仕事をしないことによって、無駄な出費を抑えているということも考えられます。 仕事をしていると、子供の保育料であったり、食費であったりが、かかってきます。 そういった意味で、妻が専業主婦であることは、旦那のお小遣いへの影響にもつながっているのです。 子供ありの場合と比べると、3,000円ほど高い結果になりました。 子供の子育てにかかる費用のため、旦那のお小遣いが減らされてしまうのは、明らかのようです。 子供のいない共働き家庭であれば、子供にかけるお金が必要ありません。 また、お小遣い制を取らずに、夫婦で共通の財布でやりくりするという家庭も多かったです。 子供がいなくて、妻が専業主婦の場合が、最も旦那のお小遣いが少ない結果になっています。 これは、子供が生まれるまでに、しっかりと貯めておこうという考えからなのか、不妊治療費としてかかるためなのか、衝撃の結果でした。 不妊治療の場合、治療に専念するために、仕事を辞めざるを得ない方もいます。 不妊治療は、仕事と両立することが、大変難しいとも言われています。 そのため、専業主婦になり、治療に専念するのです。 しかし、不妊治療の治療費は、大変高額なため、旦那のお小遣いを減らして、なんとか頑張っている場合もあるようでした。 また、妻が、なかなか働いてくれないという家庭もあるようです。 世帯年収別 世帯年収別でも、旦那のお小遣いについて調べてみました。 世帯年収が高ければ、高いほど旦那のお小遣いは増えると思いきや、 世帯年収は旦那のお小遣いに影響は出ないという結果でした。 それでは、詳しくみていきましょう。 世帯年収300万円以下 世帯収入が300万円以下の場合は、旦那のお小遣いは、5000円~3万円でした。 これは、収入が少ない分お小遣いとして渡すのではなく、必要な時に渡すというシステムを導入している家庭が多いためこの結果になりました。 世帯年収300~500万円 世帯年収が300~500万円の場合は、30,000円以上50,000円以下が多いようです。 余裕がある世帯とはいえませんが、毎月ギリギリというわけではないので、旦那にお小遣いとしてそれないりに渡すことができます。 世帯年収500~1,000万円 世帯年収500~1,000万円の場合は、かなり余裕がでてくるのか、旦那のお小遣いも、3万円~10万円という高額のお小遣いを渡している家庭もあるようです。 500万円と1,000万円では、かなり違ってくるので、幅の広いお小遣い設定になっていました。 世帯年収1,000万円以上 世帯年収1,000万円以上の場合は、「それなりに貰っているのだろう。 」と思うところなのですが、なんと5万円という結果でした。 これは、あまり渡してしまうと、「何をするかわからない。 」という奥さんの配慮であったり、「そもそもお金を使わない。 」という方もいました。 旦那のお小遣いの内訳 では、旦那はお小遣いをどのように使っているのでしょうか? 旦那のお小遣いの内訳についてご紹介していきましょう。 この昼食代を浮かせたいために、お弁当を持参したり、自ら作るという旦那さんもいるくらいでした。 また、昼食代に「そこまでかけれない。 」という旦那さんは、ワンコイン弁当であったり、カップラーメンであったりと工夫しながら昼食をとっているようでした。 タバコが大幅に値上がりしたことから、禁煙にチャレンジして、結局止めてしまった方もいたくらい、タバコの値上がりは、旦那のお小遣い事情を左右していました。 健康になって、「よかった。 」と家族からは好評のようです。 お小遣いが、ピンチの時は、缶コーヒーにしたり、激安のスーパーでまとめて買っておいて持参したりという工夫をしている人も! 少しでもお小遣いを減らさないようにしている旦那もいました。 誕生日はもちろん、普段の何もないときにでも、「うまそうだったから。 」と妻にプレゼントを買う旦那さんもいるそうですよ。 趣味は、ジムであったり、釣りであったり、楽器であったりが人気でした。 お小遣い全額を趣味に費やす方もいて、お小遣いの内訳は、人それぞれのようでした。 旦那のお小遣いの管理方法 では、旦那のお小遣いの管理方法はどのようにしているのでしょうか? 以下3つの方法をご紹介しましょう。 毎月決まった額を渡す• その都度必要分を渡す• この方法であれば、家計に対して、旦那のお小遣いが、一定であるので計画が建てやすいというメリットがあります。 しかし、毎月一定であるが故に「渡しすぎ?」「足りない?」「貯金に回せないかな?」など、なかなか最適なお小遣い設定金額が決まらない家庭も多くあります。 例えば、「会社の忘年会の会費が必要」であったり、「友達と釣りに行く」であったり、「趣味の雑誌が発売されている」であったりと申告があれば、その都度渡す方法です。 この方法は、毎月どれだけ渡せばいいのか、把握が難しい場合があります。 その一方で、「言うのが面倒だし、交渉するのも煩わしい。 」と考える旦那には、あまりお小遣いを要求しないので、毎月お小遣いがそれほどかからない場合もあるようです。 通帳に毎月、振り込む手間がありますが、旦那の方も、下ろしに行く手間を考えると、無駄使いを防ぐ効果があったそうです。 知らず知らずのうちに、旦那のお小遣いが貯まっていて、それなりの額になったら、家族で旅行に行ったという方もいて、なかなかおすすめの方法です。 旦那のお小遣いを増減させるタイミング では、旦那のお小遣いの増減をするタイミングについて、どうしているのでしょうか? 以下5つのタイミングについてご紹介していきましょう。 何回も、浮気をする旦那のお小遣いをグンと減らした、奥さんがいました。 お小遣いが少ないので、浮気することができずに、返って「家計に余裕ができて貯金できるようになった。 」と喜んでいる家庭もありました。 旦那への、お仕置きには、お小遣いを減らすのは大変効果的なようですよ。 理由を聞くと、「旦那の頑張りに対するご褒美。 」であったり、「仕事へのモチベーションアップ。 」であったりとなかなかいい効果があるようです。 旦那も、このアップしたお小遣いで奥さんに、プレゼントを買ってあげたりと、お互い嬉しいお金の使い道になっています。 新年度の準備金であったり、税金の振込みであったりが、一気にくるので、旦那のお小遣い減額処置をする家庭もありました。 一方で、旦那も転勤であったり、引越しであったりとお金がかかることもあるので、「この時期は、お金に余裕がない。 」という家庭も多かったです。 子供のためのお金であるため、旦那も「仕方ない」と諦めているようです。 何とか頑張って返したい妻は、 旦那のお小遣いをダウンさせて、その分をローン返済の為に使うという家庭もありました。 旦那も、しぶしぶ承諾といった感じでしょう。 昼食代を減らしたり、飲み会を減らしたりして工夫しながらしのいでいるようですよ。 旦那のお小遣い制は古い?今どきの共働き夫婦のお小遣い制事情 では、今どきの共働き夫婦のお小遣い制事情について調べてみました。 どうやら旦那のお小遣い制は、もう古くなっているのです。 貯金は、将来への備えであったり、子供の教育費にあてているようで、お互いの収入は、知らずにそれぞれでやっていくというなんとも、今時な夫婦のお金事情を見ることができました。 お互いが、どういったお金の使い方をしているのか、全くノータッチの家庭も多く、お小遣い制にする魅力を感じないことから、この形になったそうです。 お互いに出し合って、残りの分は、それぞれのお小遣いとなります。 どちらか一方が、全て家計を管理するのではなく、家族間で話し合いの場をもって、そのお財布の使い道を話し合う家庭もありました。 子供たちのお金の教育にもなり、夫婦のお金への不安もなくすのが目的ということでした。

次の