デレマス ss p。 デレマスSS 私的おすすめSSまとめ:モダンな記録部屋

武内P : ポチッとSS!! SSまとめ

デレマス ss p

P「まゆ?聞いてるか?」 まゆ「やめて下さい」 P「え?」 まゆ「名前で呼ぶのやめてくれませんか?あと、馴れ馴れしくしないで下さい。 で、何の用ですか?」 P「あ、えっと……そろそろレッスンの時間……」 まゆ「わかりました。 vip2ch. まゆに嫌われるなんて……俺……」グスッ ちひろ「あーはいはい。 そういうのいいですから、もうすぐ智絵里ちゃんが来ますよ」 P「これはそんな簡単に終わらせれるような問題じゃないですよ!?」 智絵里「お、おはようございます」ガチャ P「智絵里ーーーーーー!」 智絵里「きゃあっ!」チョップ P「ぐぼあっ!?」 智絵里「ぷ、プロデューサーさんっ!そういうのやめて下さいっ!私っ、そういうの嫌ですから」 P「へ?」 智絵里「あと、これからは名前じゃなくて苗字で呼んでください。 それじゃあレッスンに行ってきますねっ」ガチャ 智絵里「プロデューサーさんはつんでれ?とかいうのが好きらしいですけど……」 P「は、ハハッ……」 ちひろ「プロデューサーさん?」 P「ちひろさん……俺……帰りますね……」フラッ ちひろ「えっ、ちょっとまっ」バタン ちひろ「………………まずい」 P「事務所の中でもかなり信頼されてると思っていた二人に嫌われるなんて……俺、どこで間違えたんだろうな……。 ただいま戻りましたぁ」 ちひろ「おかえりなさい」シュバババ まゆ「あれ?プロデューサーさんはどちらに行かれたのですかぁ?」 ちひろ「体調を崩したみたいでもう帰ったわよ」カリカラリカリカリ まゆ「っ!」 まゆ いや、ここで押し掛けたらつんでれ?とは違う事になってしまいますね……。 プロデューサーさんの家に合法的に侵入できるチャンスですが…… まゆ「そうなんですかぁ。 まゆは今日の予定終わったので帰りますね」 ちひろ「す、少し仕事を手伝っ……」バタン ちひろ「ぬおあああああああああああああ」 智絵里「れ、レッスン終わりました……」ガチャ ちひろ「おかえり」カタカタカタカタ 智絵里「あれ?プロデューサーさんは……? ちひろ「体調崩して帰ったわよ」カタカタカタカタ 智絵里「え……?」 智絵里 プロデューサーさんが体調を崩した……?心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配心配。 でも…… 智絵里「そ、そうなんですか……。 もうこの仕事を続ける自信がなくて……」 P「二人の事は他のプロデューサーに面倒を見てもらう事にしたよ……」 P「担当しているアイドルに嫌われてる事に気づかないなんて……プロデューサー失格だな……」 まゆ「嫌われ……え……?」 智絵里「……………………」 智絵里「嘘ですよね……プロデューサーさんは私をトップアイドルにしてくれるって言ってくれました……。 プロデューサーさんは私の事が嫌いになったんですかっ!?」 まゆ「プロデューサーさん……まゆの事はもう嫌いなのですか?駄目な所は治しますので……まゆを……まゆを見捨てないで下さいっ!」 P「え?俺の事を嫌いになったんじゃないの?」 まゆ「え?」 智絵里「へ?」 …………………… ……………… ………… …… P「つまり……俺のパソコンを勝手に見て、たまたま開いてたツンデレに関するページの内容を……俺がツンデレ好きだから見ていたと勘違いしていたわけだな?」 まゆ「ごめんなさい……」グスッ 智絵里「ご、ごめんなさい……」 P「うおおおおおおおお……良かった……本当に良かった。 アイドルに嫌われたと思って辞めちゃうところだったよ」 智絵里「え……?嫌……」ジワッ まゆ「辞めるなんて……まゆを見捨てないで下さいっ!」ダキッ 智絵里「プロデューサーさんがいなくなるなんて嫌ですっ!」ダキッ P「ごめんなー。 プロデューサーさんこそ気を使わないでくださいねぇ」 智絵里「あ、あの……私もクッキーを焼いてきたのですが」 P「お、ありがとう!丁度お茶菓子も無くなってきた所で、ありがたくいただくよ!」 P「おっと、二人とももう仕事の時間だな。 気をつけて行ってこいよ!」 P それにしても……二人の間の空気がピリピリしてるな。 ごめんなさい……ごめんなさいプロデューサーさぁん……ヒグッ」 P「まゆ、俺以外に刺したらダメだぞ〜。 俺は大丈夫だから泣き止めよな」 P「智絵里も許してやってくれ。 俺は大丈夫だからさ」 智絵里「で、でも……」 P「というか、何でお前たちは揃いも揃って包丁なんて物を持っているんだ?」 智絵里「えっと…………自衛のため?」 P「何で疑問形なんだよ……。 俺はみんなが警察に捕まる方が悲しいからもう持つなよ」 智絵里「ごめんなさい……」 P「ところで、まゆもそろそろ離れてくれないか?」 まゆ「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」 P「はいはい。 もう気にしてないからさ」 P「そういえば幸子は?」キョロキョロ 幸子「」シロメ P「幸子おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」ダキッ P「幸子!大丈夫か!?」 幸子「…………ほえ?プロデューサーさん?」 幸子「……ヒグッ…………う、うわああああああん、ごめんなざああああああああい」 P「よしよし、何があったか知らんがもう包丁なんて持ち出すなよ?」 幸子「だってプロデューサーさんが……ヤンデレが好きって…………」 P「は?」 ……………… ………… …… P「ハハハッ、それは資料作りでたまたま調べてただけだよ」 P「おれ自身としてはおしとやかな女性が好きだけどな〜」 まゆ「……」ピクッ 智絵里「……」ピクッ 幸子「……」ピクッ 事務所前 紗枝「……………………ふーん」ニヤッ 無理矢理だけどおわれ.

次の

[mixi]【アイマス・SS】P「アイドル達に何も言わ

デレマス ss p

早く医務室に、ううん、救急車を!」 アーニャ「アー、待ってください美波。 vip2ch. すみませんプロデューサー! 今から最終ステップを……」 茜「 ! ! ? 」ボンッ!!! どんな朴念仁もこれで悩殺ギルティ?」 武内P(そして最終ステップの内容というのは、その……) 茜「あ、アワワワワワワ。 あなたならどうする……? 最高だった。 vip2ch. vip2ch. ちょうどよく二人きりだから、教えて欲しいんだけど……」 凛「プロデューサーは、独身だよね?」 武内P「……? ええ、その通りです」 凛「彼女も……いないよね?」 武内P「はい、いませんが」 凛「仕事は忙しくって朝から晩まで働いて、休みも週に一度あるかないか……だよね?」 武内P「その通りですが……渋谷さん、貴方が気になっていたことというのは、まさか……」 凛「うん。 察しはついているようだけど、最後の質問をさせてね。 プロデューサーはたまの休みに何をしてるの?」 武内P「……半分は寝ています。 それ以外だと部屋の掃除と買い出し、後は健康のためにジムに通っています」 凛「……うん、なんとなく想像していたけど酷い状況だね。 独身で彼女もいなくて、出会いの場に行こうにも仕事が忙しすぎてそんな余裕が無い。 vip2ch. ご機嫌です。 プロデューサーに確認しなければいけないことがあったんです」 武内P「ええ、帰宅seaのインパクトが強かったので忘れていました。 vip2ch. 「お戯れてなんかないよ、本気で言ってるの」 「本気であるなら、なおさらタチが悪いです」 知らず、ため息が出る。 お嬢様の悪い癖だ。 どうやらまた始まったらしい。 「私にどうしろと仰るのですか」 「だから、さっきから言っているでしょう」 ウンザリとした態度を見せてしまう私を尻目に、お嬢様は愉快そうに胸を張ってみせる。 vip2ch. おじいさんは山へしばきに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。 花京院「やはりエジプト山か……いつ出発する? わたしも同行する」 今西部長「花京院……!」 「「行くぞ!」」 菜々「は~い。 行ってらっしゃーい」 菜々「さて。 おじいさんがいない間、菜々がしっかり家を守らなきゃ」 菜々「まずは洗濯洗濯」 菜々「むむーっ。 菜々「アイタタタタタタッ」 しかしおばあさんは洗濯に力を入れすぎて四十肩を再発し、それどころではありません。 あまりの痛みに肩をおさえてうずくまる前を、大きな桃はどんぶらこ、どんぶらこと流れます。 やがて桃は川岸に流れ着きました。 美味しそうな匂いをかぎつけたのか、一匹の犬が姿を見せます。 凛「ふーん。 この中に姿はまだ赤ん坊とはいえ、全裸のプロデューサーがいるんだね。 vip2ch. だったらこの未央ちゃんが、プロデューサーをクールビズにしてやんよ」 武内P「ほ、本田さん?」 未央「ネクタイがほどけかけている途中って、なんかエロいよね。 でもプロデューサーは元からエロいから、エロ要素が増えても問題ないよね?」 ジリジリ 武内P「どうか落ち着いて、頭を冷やしてください。 vip2ch. 丁度いい機会だ。 vip2ch.

次の

【デレマスSS】周子「Pさん、まだかなー」まゆ「……」ありす「……」 : SS★STATION SSのまとめ SSの専門サイト

デレマス ss p

ガチャン 志希「あー、この薬を体に取入れたら、人前でも下着姿になっちゃう薬が入った瓶が!」 モバP(以下P)「何てもんを……まぁ、俺とお前しかいないし、床に……あれ、割れた瓶しかない??」 志希「並のアルコールより揮発性が高いからね~」 志希「だから」ヌギヌギ 志希@下着姿「こうなっちゃいまーす!」 P「……意外だな。 白の上下とは。 あ、レースがワンポイントだな」ドキドキ 志希「ふふーん。 似合うかな?」グルッ P「……つか、俺も脱ぐことになるのか?」 志希「んー。 響子はピンクの上下……だが) P「なぁ……美穂」 美穂「ご、ごめんなしゃい!」ペコペコ 美穂「あ……朝、寝坊しちゃって……それで……」 P(美穂は綿パンツとナイトブラの組合せ) P(ようするに寝起きのまま来たわけと……) P「これでは俺は落とせないぞ」 卯月「うぅ……」 美穂「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!」ペコペコ 響子「……チッ」 P(響子さん、恐い) P(それはともかく、次はポジパだったが) 「ど、どうしてもなんですか?」 「頑張ろうね」 「茜ちん!何事もトライの精神だよ!」 P(意外に茜は恥ずかしがりやだった) P(あ、予想通り、藍子はぺったんこだった) 凛「次は私たちの出番ね」 奈緒「こうなったらヤケだ!」 加蓮「そうそう。 そこに何故か転がっていた藍子がバストアップを期待して飲んだ……もといタイアップしている豆乳の空き箱を踏ん付けて) 加蓮「わ、わわわっ!」ツルッ 凛「え……何っ!?」バタン 奈緒「どうした……おわっ!!」プチッ P(連鎖で加蓮が凛のブラを。 凛が奈緒のパンティーを下げた結果……) 奈緒@下半身裸「……」 凛@トップレス「……」 加蓮@下着姿「ご、ごめんって……」 凛「……奈緒」 奈緒「あぁ……」 ジリジリ 加蓮「ちょっと……二人と……やぁーっ!!」 P(全員、全裸を拝ませてくれました) P(全裸といえば……) りあむ@全裸「Pサマ!ぼくの裸を見たからには貰ってくれないとやむよ!」 愛梨@全裸「下着姿は体が熱くなっちゃうから脱ぎました!」 薫@全裸「せんせー!こーふんしまー?」 千佳@全裸「魔女っ子の変身には全裸はつきものだよ!」 ほたる@全裸「さ、さっき、ドアに引っ掛けて下着が破れて……」 P(と、ガチ全裸勢はいたし……) まゆ@全裸+リボン「うふふ……今のまゆは身動きが取れませんからぁ」 日菜子@全裸+亀甲縛り「むふふ……今から天井から釣り下げられて、捕われのお姫様に……そして王子様は……むふふぅ!」 比奈@全裸+自縛「いやぁ、たまーに自分で縛る時があるっスよ。 もちろんデッサンの為っス」 P(……と変わった連中もいた) 愛海「早苗さんの下着……相変わらずのお山ですなぁ」 P「ダメだ、こいつ」 ガチャ 由愛「お、おはようございます……」 小春「おはようございます~」 愛海「あれ?……二人共下着姿じゃないの?」 由愛「あ……あれ、本当だったんですね」 小春「メールが来た時は、間違いじゃないか疑いました~」 愛海「なら、今からでも下着一丁になりなよ!」 P「下着一丁って、昭和のオヤジかよ」 愛海「昭和といえば、昔は妙齢の熟女達が下着姿で話し合っていたんだってね」 P「近所のおばちゃんが色気のないスリップ姿で井戸端会議してただけだ」 愛海「夢がないねぇ……」ハァ P「何故お前にため息を突かれないといかんのだ?」 愛海「それから、由愛ちゃんも小春ちゃんも、こういう時だからもっと積極的になろうよ!さぁ、脱いで。 プロデューサーの前で下着姿になろうよ!」 小春「でも~、小春達は~」 由愛「Pさんの前で……そ、その……」 P「はい、二人共ストップ。 ほら、バレたらまずいでしょ」 由愛「あ……ごめんなさい」 小春「忘れていました~」 愛海「??」 愛海「えっと……つまり」 愛海「二人は……プロデューサーの前で下着姿に既になっている……?」 小春「下着どころか、すべてを……ムグムグ」 P「あー。 そんな掻き交ぜないで!) カリッ 愛海「ヒぁァッ……!!」ガクッ 愛海(な、ナニ……電気が走ったみたいに、目がチカチカしてきたよ…) P「なるほど。

次の