エロい曲。 【下ネタ】歌詞がエロいスピッツ曲。草野マサムネ変態爆弾10発

そのとき、ジャニオタが動いた≪エロい曲編≫

エロい曲

基本的に人間は人間相手にしかエロを感じないはず。 もちろん性差はあると思いますが、男性としてエロいと思う人間の音は ・喘ぎ声 ・ささやき声 ・チュパ音 あたりでしょうか。 この3つの音に近いほどエロいのではないか。 ・乾いた音より湿った音の方がエロい 説明はしませんがなんとなくはわかりますね。 湿っていたほうがよいです。 同じ弦楽器でも、乾いた音の胡弓と湿った音のヴァイオリンを比べると、ヴァイオリンのほうがエロい気がします。 残響もあるもののほうが乾いた音よりもエロい感じがします。 ・スースーした音はエロい ささやき声に近い音。 しっとりとした高音域の持続音はエロいかもしれない。 ドラムのブラシ、シンセパッドなど。 ・木管楽器、金管楽器はエロい 音で画く、音を編む。 313本 その日の夜、僕は「音画」を目指しているのだとはっきり解った。 数年考え続けていた事への解答だった。 だから何をしても許されるし、現実に何をしても良いのだと思う。 自分の中で制約をつけてしまいがちなゲーム音楽の世界からフッと自由になった気がした。 ゲーム音楽を「VGM」と呼ぶ事自体、単なる記号化でしかないのだ。 音楽はもっと自由であるべきだし、理論〈マニュアル〉や発音数〈ハード〉を気にするよりも、作品自体に何らかの意志が投影されていれば、その世界を充分に楽しむ事ができるはずだ。 「ゲームに合っていれば良い」時代は終わりである。 だから僕は「音画」を創りたい。 ( 小倉久佳『nouvelle vague』ライナーノーツより).

次の

【下ネタ】歌詞がエロいスピッツ曲。草野マサムネ変態爆弾10発

エロい曲

エロいPVといえば、艶めかしい雰囲気の女性の姿態が多めに入っているということがポイントです。 この曲はデスティニーズ・チャイルドからソロとなったビヨンセが2003年にリリースした1stアルバム「デンジャラスリー・イン・ラブ」からの2ndシングルです。 ビヨンセ2曲めの全米No. 1ヒットとなっておあり、ダンスホールレゲエ歌手のショーン・ポールをフィーチャーした「アラビック・レゲエ」です。 歌詞も意味深です。 夜をクルーズしよう 俺がスムーズに滑り込むから 真の愛を語る言葉を聞かせてあげる 今まで1番タフで長いクルーズになるだろうけどね (引用:YOGAKU HACK) 2. 上で紹介したビヨンセのPVと同様、セクシーな雰囲気で女性のダンスを楽しめる物となっており、ビヨンセよりダンスシーンが多めに入っています。 こちらも赤面ものの歌詞ですね。 曲名のChica Bombは、スペイン語で「爆弾娘」という意味があるようです・ このMVに登場するモデルは誰?という問いわせがあったのか、Wikipedia には主なダンサーの名前が登場するシーン別に載っていましたので、ご参考までに引用しておきます。 The Feeling feat. エアロビインストラクターが非常にエロく、彼女は誰?と話題となりました。 インストラクター役の女性はDeanne Berryさんという1980年生まれのシドニー出身の女優で、曲は1982年のスティーブ・ウインウッドの曲をサンプリングしており2004年にリリースされました。 PVの中には男性が一人クラスに混じっていますが、非常にわかりやすくニヤけています。 こんなクラスであればそうなるでしょう。 Lisa Marie Experience 2007年にドイツのエレクトリック・ハウスリミックスアーティストのCorenellにより発表されたこのリミックス曲はUKトップ20にランクインするヒット曲となっています。 泥の中で白と黒のチームに分かれてサッカーの試合をする美女たちがエロいです。 登場するイケメン審判も目のやり場に困りそうです。 ちゃんと試合は最初から最後まで見届けることができます。 これでもまだ「クリーン」なバージョンのようで、CDのマキシシングルには「アンセンサード」つまり無修正バージョンが収録されているとのことです。 一体どんな内容なのでしょうか。 Side To Side ft. 女の子同士の2人が禁断の関係になり、雨や雪の降る中、檻や金網の向こうでキスをし、手をつないでどこかへ消えていくところ、そのすべてが皆に白い目で遠巻きに見られている様子を収めています。 まだ幼い雰囲気の制服姿の二人がとにかく可愛らしいのに、取り巻く環境のなんだか気の毒な感じといい、二人がしていることといい色々と刺さる感じで、そこにエロさが感じられるPVです。

次の

エロイカ変奏曲

エロい曲

エロいPVといえば、艶めかしい雰囲気の女性の姿態が多めに入っているということがポイントです。 この曲はデスティニーズ・チャイルドからソロとなったビヨンセが2003年にリリースした1stアルバム「デンジャラスリー・イン・ラブ」からの2ndシングルです。 ビヨンセ2曲めの全米No. 1ヒットとなっておあり、ダンスホールレゲエ歌手のショーン・ポールをフィーチャーした「アラビック・レゲエ」です。 歌詞も意味深です。 夜をクルーズしよう 俺がスムーズに滑り込むから 真の愛を語る言葉を聞かせてあげる 今まで1番タフで長いクルーズになるだろうけどね (引用:YOGAKU HACK) 2. 上で紹介したビヨンセのPVと同様、セクシーな雰囲気で女性のダンスを楽しめる物となっており、ビヨンセよりダンスシーンが多めに入っています。 こちらも赤面ものの歌詞ですね。 曲名のChica Bombは、スペイン語で「爆弾娘」という意味があるようです・ このMVに登場するモデルは誰?という問いわせがあったのか、Wikipedia には主なダンサーの名前が登場するシーン別に載っていましたので、ご参考までに引用しておきます。 The Feeling feat. エアロビインストラクターが非常にエロく、彼女は誰?と話題となりました。 インストラクター役の女性はDeanne Berryさんという1980年生まれのシドニー出身の女優で、曲は1982年のスティーブ・ウインウッドの曲をサンプリングしており2004年にリリースされました。 PVの中には男性が一人クラスに混じっていますが、非常にわかりやすくニヤけています。 こんなクラスであればそうなるでしょう。 Lisa Marie Experience 2007年にドイツのエレクトリック・ハウスリミックスアーティストのCorenellにより発表されたこのリミックス曲はUKトップ20にランクインするヒット曲となっています。 泥の中で白と黒のチームに分かれてサッカーの試合をする美女たちがエロいです。 登場するイケメン審判も目のやり場に困りそうです。 ちゃんと試合は最初から最後まで見届けることができます。 これでもまだ「クリーン」なバージョンのようで、CDのマキシシングルには「アンセンサード」つまり無修正バージョンが収録されているとのことです。 一体どんな内容なのでしょうか。 Side To Side ft. 女の子同士の2人が禁断の関係になり、雨や雪の降る中、檻や金網の向こうでキスをし、手をつないでどこかへ消えていくところ、そのすべてが皆に白い目で遠巻きに見られている様子を収めています。 まだ幼い雰囲気の制服姿の二人がとにかく可愛らしいのに、取り巻く環境のなんだか気の毒な感じといい、二人がしていることといい色々と刺さる感じで、そこにエロさが感じられるPVです。

次の