トルコ 海外の反応。 【画像】「トルコの絨毯屋「このネコは毎日食っちゃ寝食っちゃ寝…働いてるのみたことない」海外の反応

【海外の反応】「新型コロナ肺炎 すでに蔓延してる!」日本より米国の感染者が少ない本当の理由に、米国人がびっくり仰天! インフルと思いきや 2020年2月23日

トルコ 海外の反応

Contents• ゴーン元社長の逃亡に海外の反応は? メディア 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル 日本の司法制度に鑑みればゴーン被告が日本から脱出したことは理解できる。 フランスの有力誌フィガロ 読者の82%がゴーンの逃亡に賛成している。 アジアタイムズ新聞 弁護士が許されない取調べ室で、1日に16時間も続けて尋問され、暖房のない部屋で寝かされたりすると、フランス人の日本の司法制度に対する印象や意見は悪くなるのだろう。 英紙のファイナンシャルタイムズ 「不正な日本の司法制度からの逃亡」 フランス・「風を読む」という辛口批評人気番組 世界的なトップ経営者は逃亡などしない。 と思い込んでいる時点で日本人はどうなのか。 オリンピックの前でイランとアメリカが戦争かというような状況でテロ警備も入国審査も甘い日本は本当に大丈夫なのか。 支援は受けられる。 ただ、彼が法を超越しているわけではない。 サリーム・ジャリーサーティ内相 レバノン政府は、レバノンに来るというゴーン氏の決断とは全く関係がない。 フランス大使館 情報はない。 コメントはできない。 レバノン大使館 NHKの取材に対してコメントなし。 現地・レバノン アラブニュース 現地の声まとめ 「彼が正直で率直だったら、物議を醸すような方法で脱出し、レバノンに上陸などしなかっただろう。 」 「日本で訴訟により拘束されたとたん、彼の名声の世界は全て崩壊した。 そのこと自体、彼の評判を汚し、正直で腐敗していない人として彼を紹介することはできなくなった」 「ゴーン被告は、次期内閣の大臣に任命されて政治的な訴追免除を得るために、レバノンに脱出してきたのだと思う」 「『推定無罪』の原則に基づけば、ゴーン被告はまだ有罪と見なすことはできない」 ゴーン被告の裁判はまだ係争中なので、ゴーン被告が腐敗しているかどうかを判断するのは時期尚早。 出典: リカルド・カラム氏 テレビ司会者兼プロデューサーでレバノンでは知らない人はいないほどの有名人。 Congrats to humanity! — Ricardo Karam RicardoRKaram どのような手段にしても、ニューイヤーに自由の身になった。 人は皆、人権を声を大にして語る権利がある。 人類万歳! #日本#自由#自由への逃亡 アメリカ アメリカ人の弁護士はこう言っている。 「僕からみると、日本の警察がゴーン被告の監視をわざと緩めたのではないかなと思います。 やはり、彼を外国に逃した方が日本の時代遅れの司法制度が全世界から注目されないで済みます。 その制度はすでに、海外でかなりのひんしゅくを買っていますからね。 また、夏に控えている五輪と考えると、日本は世界に良い顔を見せたいはず。 こんな長引きそうで批判されそうな国際裁判が開かれると、日本は悪者に見えてしまいますね」 出典: トルコ 現在のところ、現地情報はありませんでした。 複数のトルコメディアは2日、トルコ司法当局が捜査を開始し、操縦士や空港職員ら7人を拘束したと報じた。 出典: 上記の記事からはトルコ政府は日本に協力的姿勢がみてとれます。

次の

【画像】「トルコの絨毯屋「このネコは毎日食っちゃ寝食っちゃ寝…働いてるのみたことない」海外の反応

トルコ 海外の反応

「コロナ19」で急激な経済危機を経験しているトルコが韓国に通貨スワップを公式要請してきたことが確認された。 14日、関係省庁との外交筋によると、トルコの中央銀行は、先月中旬に在トルコの大使館を通じて韓国と通貨スワップ締結を望む内容の書簡を韓国政府に伝えた。 トルコの側の要請には、具体的な通貨スワップ規模や方式に関連した内容は、追加されなかった。 交渉事情に明るい外交筋は「コロナ19状況と相まってトルコの経済状況が悪化し、韓国に事実上のSOSを要請した」とし「両国関係を勘案して通貨スワップ締結交渉を進めたい意思を改めて伝え、上層部からも意見が伝えられた」と語った。 企画財政部と韓国銀行は、内容を緊密に検討中だ。 まだ議論の初期段階であるだけに、トルコ側とお互いの通貨構造を議論しながら通貨スワップを締結するかどうかを決定する予定である。 過去の事例を照らし見た再契約ではなく、初契約である場合、通貨スワップ締結まで1年近くかかる。 ただしコロナ19にぶつかった経済危機を共同で克服しようという認識が形成されれば、より早いうちに締結される可能性もある。 トルコと通貨スワップを締結することになると、韓国と両者通貨スワップを結んだ国は合計9個に増えることになる。 現在、韓国では、米国と中国、マレーシア、オーストラリア、インドネシア、アラブ首長国連邦(UAE)など通貨とスワップを結んでいる。 今年に入って、米国と12年ぶりに通貨スワップを結び、インドネシアとオーストラリア、マレーシアなどは期間を延長する再契約をした。 過去にトルコと通貨スワップを契約したことはない。 通貨スワップは、両国が事前に約定された為替レートに基づいて自国通貨を交換する金融契約をいう。 ある国の中央銀行が自国通貨を担保に、他の国の中央銀行に「マイナス通帳」を開設することに例えられる。 ドルなど安定した通貨を保有している国とのスワップを結んでおけば、流動性危機が発生しても、契約相手国の外貨をもたらすことができ、国内資金市場を安定させることができる。 トルコはコロナ19で発生する可能性のある為替リスクを減らすために、金融安全網である通貨スワップを要求したものと解釈される。 最近、トルコリラの対ドルの価値は、2018年8月に「トルコの金融危機」当時の記録を塗り替え歴代最低まで落ちた。 急激な基準金利引き下げと景気低迷の影響で通貨安を続けている。 アルバイラクトルコ財務相は、メディアを介して主要20カ国・地域(G20)、アメリカなどと通貨スワップを締結しなければならないという認識を表した。 両国間の交流が増えているだけに、韓国との経済協力を強化する必要性もあった。 韓国は過去2012年、トルコと9番目の自由貿易協定(FTA)を締結した。 2%増加した。 トルコは韓国の10大貿易黒字国まで上った。 トルコの大統領の意志も反映されたものと見られる。 エルドアントルコ大統領は、3月にムン・ジェイン大統領との通話で韓・トルコのFTAの発効で経済的距離が狭まり、両国間の交易、投資、インフラなど様々な分野で緊密な協力がさらに強化されることを期待すると述べた。 非常に楽に旅してきました。 おおむね韓国人たちに友好的なんそうです。 トルコは友好国だが、国の経済は、合理的に決定すると信じています。 戦争の時ちょっと来たからって友好国なのか。 これは韓国がしてやらなきゃいけないのか???? トルコは今も周辺国に喧嘩を売っているが。 トルコのどこに行って来たらそんな心情になるんだ。 今更ありがたがるべきことでもなく、私たちに不利な外交を持つ必要はありません。 私たちの利点に合った名分を見つけるために行動すればいいです。 daum. 1,063• 247• 221• 457• 2,227• 572• 560• 421• 182• 250• 105• 102• 1,169• 548•

次の

日本人「日本でトルコ人が大使館を襲撃」世界各国「絶対に許すな!」海外の反応

トルコ 海外の反応

from イスタンブール生まれ、イスタンブール育ちのグリさんは、トルコにある世界遺産でもあるアヤソフィア博物館の名物キャットである。 この博物館を訪れた多くの人がグリさんとの記念撮影を希望するという。 グリさんはそれに気前よく応じてくれるんだそうだ。 そんなグリさんがきりっとした表情で博物館内を歩く写真がReddit内で公開され、その凛々しい瞳にReddit民は大騒ぎしていたみたいだ。 ・あ!これアヤソフィア博物館のグリじゃない?インスタもあるよね?確かこのアカウント! ・まじか!自分もここ行った時、この子の写真撮ったよ。 ・どうやってこの子に会いに行けばいいの? ・この子はグリだよ。 トルコのイスタンブールにあるアヤソフィア博物館にいる。 超有名猫だよ。 だって一度はオバマ元大統領が会いに来たくらいだもん。 ・イスタンブールの人たちと猫ってすごく親密で奇妙な関係を持ってるんだよ。 昔ドキュメンタリーで見たけど面白かったな。 ・グリさん:人間たちが私のために大きな宮殿を作ってくれた… ・もしかしてトルコだな?と思ったらトルコだった。 ・ちょっと自慢してもいい?去年ここに行った時に僕もグリと撮影してスレ立てたよ。 ・ここグリさんだけじゃなくて建物としても素晴らしいから是非一度行くべき。 ・この子はにもどうぞ。 ・なんて厳しそう&かわいい守衛さんなんだ… ・この子のパトロールにご一緒したい ・悲しいことだけど、今週からアヤソフィアは博物館からモスクになったんだよね。 ・転生したらトルコで猫として暮らしたいよ。 ・真面目な顔で行進してるグリさんかわいすぎんじゃ! ・猫はモスクが好きだよね。 カーペットがふかふかだからかも。 ・どこかで見たことある場所と猫だと思ったら、あの時の猫か〜!元気そうでよかった。 ・あのほっぺ!かわいい〜。 など、変化の時を迎えつつあるアヤソフィア博物館とそこで生活する猫のグリさんを心配する声も多くみられた。 グリさんの今後はをチェックしてみよう。 観光客の皆さんの笑顔とグリさんの写真や、エキゾチックで荘厳な建物なんかも見ることができるよ。 面白い動物情報を集めたの方にも是非訪れてみてください。 「博物館」をもっと詳しく.

次の