営業事務とは。 営業事務・何するの・注意点・あるある

営業事務ってどんな仕事内容? 一般事務となにが違う?

営業事務とは

営業事務の目標設定方法2ステップ ステップ1:自分の理想の営業事務をイメージ 目標を立てる際に、そもそも 何を目標にするかを悩むことも多くないですか。 あれこれ考えだすと、あっという間に時間が過ぎていきます。 ですが、せっかく目標を立てるならいい加減なものではなく、自分の評価に繋がったり、周りに貢献できるような実のある目標がいいと思うのも人情です。 こちらでご紹介する方法はステップに沿って考えていくだけなので簡単に適切な目標を決めることが出来ますよ。 まずは目標の 方向性を定めます。 自分の理想の営業事務を想像してみてください。 将来こんな営業事務になりたい、今の職場にこんな人がいたらいいな、など漠然としたイメージで結構です。 ・ミスの削減 ・作業スピード ・営業のサポート ・目標数字への貢献 ・ヒューマンスキル・調整力 ・スケジュール管理能力 など、6つの方向性が見えました。 他に洗い出しの方法としては、• たくさんある仕事内容を一つ一つ書き出して検討していく• 自分自身が現在何ができていないか考え抜く などがありますが、その場合はやはり考える時間が相応にいるでしょう。 例えば、「ミスがない人がいい」と思い浮かべたときには、その裏に「ミスの修正で時間を取っている」や「営業資料の作成ミスが多く顧客満足度を下げている」などの隠れた課題があります。 自分の職場に効果のある目標を立てて、貢献や評価につなげていきましょう。 ステップ2:具体的な数字や行動に落とし込む 洗い出した方向性から絞り込む 前述のように複数の方向性が出てきたとしても、一度にすべてを目標と定めるのは現実的ではありません。 自分の出した方向性を一つ一つ眺めてみてください。 そして自分に問いかけます。 はい!私は【決算期までに、申込書提出の前に見落としやすい項目の指差し確認をすることで、現状30%の書類不備発生率を10%まで減らします】! 目標設定時の注意事項 多すぎる目標を作らない 向上心の高い方は、方向性から絞り込みを行うときにあれもこれも捨てがたく感じるはずです。 多くても 3つ までと決めておいてください。 多くの目標を設定しすぎると、どれも中途半端に終わってしまうことが多いためです。 目標が3つ以上あるという場合は、その中から自分の成長やキャリアアップにつながる目標を優先してピックアップすることをおすすめします。 また、方向性や目標だけでなく、目標達成のためのアクションも、たくさん設定しすぎてしまうとすべてやりきれない可能性もあります。 時間は有限です。 やりたいことや目標がたくさんあるのはいいことですが、一度に達成できる目標は限られています。 あれもこれもと目標を作りすぎないようにしましょう。 努力をすれば達成可能な目標を選ぶ 達成が難しい目標ではなく、段階を踏んだ内容にするとモチベーションも上がりやすくなります。 ダイエットも、いきなり「1か月で10キロ!」という目標だと挫折してしまいがちですよね。 先ほどの例で、同じ「ミスの削減」の方向性で階段を作るのであれば、• 申込書不備の発生率を10%にする• 申込書不備の発生率を5%にする• 全体の申込書不備の発生を削減する仕組みを作りマニュアルを作成する のように 実現可能な目標から段階的にレベルアップを目指します。 高すぎず、低すぎない目標設定することが、自分を高めるコツになります。 会社から求められている役割を考慮する 皆さんの職場ではいかがでしょうか。 自分である程度自由に目標設定ができますか。 それとも、明確な評価基準が定められていますか。 評価基準が開示されている場合に目標の「方向性」を自由に決めてしまうと、 会社から求められている役割とずれてしまうかもしれません。 例えば営業事務の評価基準が「営業へのサポート」重視の会社で、自分はせっせと独自にミス削減に取り組んでいたとします。 その場合はいくら自分の目標が達成できたとしても「協調性のない営業事務」だとみなされてしまう恐れもあります。 会社も、営業事務がその方面の目標に取り組んでくれたら何らかの効果が出ると期待して評価の基準を決めているはずです。 会社から求められている役割がわかっている場合は、その「方向性」を含めた複数の目標を用意できるといいですね。 SMARTの法則とは 実はいままでご説明してきた目標設定の方法や具体例などは、 SMARTの法則を使っています。 方向性が間違っておらず、上司がこのSMARTの法則を知っているなら、提出した目標がとても考えられたものであることを察してれるのではないでしょうか。 ではSMARTの法則を5因子「Specific」「Measureble」「Achievable」「Relevant」「Time-bound」に分解してみていきましょう。 [S]pecific:具体性 SMARTの法則を使った目標は、 具体性をもったものになります。 先ほどの例でいうと「ミスの削減」といった方向性から、「申込書の提出不備のミス」という具体的な目標を導きます。 目標が「ミスの削減」のように抽象的なままでは、達成する具体的な行動も抽象的になりかねません。 [M]easurable:計量性 この英単語には 測定可能という意味があります。 目標の達成基準は、 体感としての達成感ではなく、客観的にみて達成したかどうかです。 「ミスが減りました!」ではなく「ミスが30%から10%になりました!」と報告できるように 、自分の立てた目標を測定するのに適した指標を用意する必要があります。 [A]chievable:達成可能性 続いてのAは 達成可能であれという意味です。 軽くまたいで超えられる目標でも不適切ですが、背伸びしてジャンプしても届かないような目標でも同様です。 現在、ミスが30%ある状態で、いきなりみんなに共有できるミス削減のマニュアルが作れるか?ということですね。 [R]elevant:関連性 4つ目の基準は、目標の達成が 自分の利益につながるかどうかです。 一方でステップ1で行ったような方向性のイメージや自分への問いかけを先に行っておけば、「ミスを減ら」せば「自分の成長につながる」という、自分にとっての利益を見出せます。 [T]ime-related:期限性 目標を達成するまでの 期限を意味します。 最終目標「ミス削減につながる仕組みのマニュアルを作る」が先に浮かんでいるのなら、3段階で目標を立ててしまうのもいいかもしれませんね。 「3年後までに最終目標を達成する」そのために「今年度決算までに自分のミスを10%まで減らす」というような目標が設定できます。 目標管理シートの記入例5選 今までご説明してきた目標設定の方法で、ご自身の目標を立てることを強くお勧めします。 テンプレを丸々使うよりも自分自身のモチベーションアップにもつながりますし、その事業所に適した目標が立てられるからです。 念のため目標管理シートの記入例もご参考までに見て頂けるようご用意しています。 目標の具体化や行動の内容などの切り口が面白いです。

次の

よく解る!営業事務【職種図鑑】 |はたらこねっと

営業事務とは

目次 営業事務がいないと商品もサービスも売れない!それほど重要な仕事 メーカー、商社、建設会社、IT企業... 、さまざまな会社がありますが、共通しているのは、商品やサービスを売ることで利益を出して、会社を運営しているということです。 商品やサービスを売るということは、会社としてのもっとも基本的な活動といえます。 そして、商品やサービスを売るという仕事を担っているのが、営業部門であり営業職の人たちです。 営業事務は、書類作成やデータ入力、電話・来客応対といったオフィスワークをとおして、営業部門・営業職の人たちが自分の会社の商品・サービスをより多く売ることができるようにサポート・バックアップする仕事です。 ただし、サポート・バックアップといっても、決して地味でやりがいのない仕事ではありません。 「営業事務がいなければ商品もサービスも売れない」といっても過言ではないほど、重要な仕事なのです。 会社が行う取引きは営業事務が作成する書類が支えている なぜ、「営業事務がいなければ商品もサービスも売れない」かというと、営業職の人たちが商品やサービスを売るためには、必ず営業事務の人たちが作る書類が必要になるからです。 営業事務が扱う、代表的な書類を紹介しておきましょう。 営業事務が扱う主な書類• 見積書 商品・サービスの価格や取引数量、条件などを記載し、お客様に事前に提出する書類です。 会社同士で商品やサービスを売買する場合、担当者の間で意思を確認していたとしても、すぐに取引きは成立しません。 通常は、「見積書」を元にお客様側の会社の承認を得るというフローが必要。 営業事務は、商品・サービスの定価や営業職の人が取り決めてきた条件を元にして見積書を作成します。 契約書 会社同士で商品やサービスの売買をする場合、あとでトラブルが起きるのを避けるために、価格や取引数量、条件などに双方が合意したことを証拠として残しておく必要があります。 それが「契約書」。 自分の会社は契約書に記載されているとおりに商品やサービスをお客様に提供し、お客様は契約書の記載どおりに代金を支払います。 発注書(注文書)・申込書 契約書と似た役割を持つものに、「発注書(注文書)」「申込書」というものがあります。 これはお客様が、商品・サービスを購入する意思を示すためのものです。 本来はお客様側で作成・発行するものなのですが、実際には、営業事務が必要事項を記入したうえで発注書(注文書)・申込書をお客様に送付し、お客様側では捺印をするだけで済むようにしてしまうケースが多いようです。 また、自分の会社が商品や材料を仕入れることもあります。 この場合も営業事務が発注書(注文書)を作成し、仕入れ元の会社に発注手続きをします。 納品書 商品やサービスを、お客様に確かに納めたことを証明する書類です。 商品を売る場合には、その商品を納めると同時にお客様に提出します。 お客様は納品された商品と納品書の内容を確認し、発注したものに間違いなければ受領書・検収書を発行します。 受領書・検収書 お客様が、商品・サービスを確かに受け取ったことを証明する書類です。 納品書とセットにしてお客様に提出し、署名や捺印後に返送してもらう形になっているのが一般的です。 請求書 商品やサービスの代金をお客様に支払ってもらうために発行する書類です。 納品した商品・サービスの価格、数量、振込先口座などを記入したうえで、お客様に送付します。 会社間の取引きでは、通常、請求書がなければ代金を支払ってもらえません。 営業事務はお客様の会社の定めた締切りに間に合うように請求書を発行する必要があります。 営業事務の人が扱っている書類がないと、商品・サービスを売ることもできなければ、お金を支払ってもらうこともできないことがわかったでしょうか。 営業職の人たちは、お客様に対して自社の商品やサービスを提案し、購入の意思を固めてもらうのが主な仕事となります。 営業事務が書類上の手続きを正確に処理しているからこそ、商品・サービスの売買は成立しているのです。 お客様とのコミュニケーションや営業効率の向上も担う 営業事務の仕事は、書類の作成や手続きだけではありません。 その代表的なものとして挙げられるのは、お客様とのコミュニケーションです。 営業部門・営業職の人たちは、外出や会議が多いため自分の席にいないケースが多々あります。 そんなときに電話やメールでの問い合わせに対応するのは営業事務の仕事。 ビジネスマナーを守り、スマートに応対するのは当然として、急ぎの用件の場合には担当者に取り次ぐのではなく、営業事務の人が自分自身の判断で処理をするケースもあります。 また、同じ部署のメンバーの業務効率の向上というミッションを担うのも営業事務。 業界の最新情報をまとめてメンバーに共有したり、部署のメンバーが共有して使える営業用資料を作成したり、営業に関する業務フローの改善を提案したりと、その方法はさまざま。 正社員で営業事務をする場合は、書類の作成とともに重要な仕事のひとつとなります。 備品の管理・発注や郵便物の発送・仕分けなどといった、が担当する仕事を、営業事務が行うこともあります。 営業事務の給料はどのくらい?年収、月収、時給をチェック ここまでで、営業事務という仕事の内容や重要性についてはわかってきたことでしょう。 次に紹介するのは、営業事務の給料です。 仕事選びにあたって給料はとても大切なポイントです。 毎月どのくらいの収入を得られるかがもっとも重要という人もなかにはいるかもしれません。 そこで、マイナビキャリレーションを運営するマイナビワークスが保有している膨大な求人データ から、営業事務の平均年収、平均月収、平均時給を割り出してみました(2017. 20時点)。 営業事務の平均時給は1,443円となりました。 8時間勤務と仮定して日給に換算すると、約11,500円となります。 アルバイト・パートや派遣社員で営業事務を探している人は、参考金額として覚えておいてもいいかもしれません。 平均月収は209,971円、平均年収は306万7,461円となっています。 単純計算ですが、平均月収を12倍すると約250万円なので、2. 5カ月分のボーナスが期待できることになります。 とはいえ、これらの金額はあくまで参考値にすぎません。 未経験でチャレンジする場合は、平均時給が1,000円前後、平均月収が200,000円を下回るケースもあります。 一方でスキルや経験が豊富な人は、年収400万円、500万円で転職ができることも。 給料は自分の能力次第と考えることが大切です。 1日の流れをチェックして営業事務の仕事をイメージ 続いて、営業事務の仕事についてより理解を深めるために、実際の1日の流れを見ていきましょう。 ここでは、一度、営業職を経験し、転職で正社員として営業事務の仕事を始めた方の1日の仕事を追っていきます。 営業感覚が身に付き、キャリアパスを立てやすい 会社の中核ともいえる営業部門に身を置くことで、ビジネスに対する知識や感覚を身に付けられるのが、営業事務として働くことのもっとも大きなメリットといえるかもしれません。 営業事務は他のと異なり、多くのお客様と直接コミュニケーションを取ることになります。 お客様の要望をくみ取って対応する方法が自然に身に付くとともに、売上を上げることとの大変さ、喜びを肌で感じることが可能です。 「ビジネスパーソンとして成長したい、でも経験がなくて営業職や企画職への転職・就職が難しい」という人にとっては、うってつけのキャリアといえるでしょう。 もちろん、営業事務としてキャリアップを目指すこともできますし、の経験を活かすことで、経理事務や人事・労務事務などへのキャリアチェンジもしやすくなります。 チームの一員として働き、会社への貢献を実感できる 他のが個人作業になりがちなのに対して、営業事務は、営業部門のチームの一員として働き、同じ目標に向かって仕事ができるという特徴があります。 同じ部署のメンバーが仕事を受注すれば、それが自分の喜びにもなるのが他のとの大きな違いといえるでしょう。 また、お客様とのコミュニケーションの中で、自分の対応力が評価されて、それがそのまま受注につながったり、業務効率化の提案や資料作成を通して、売上のアップに直接的に貢献したりすることも可能です。 チームの一体感を感じられる、売上というわかりやすい結果が出る、この2点は営業事務特有のやりがいといえます。 未経験可の求人も多く、オフィスワークが初めてでもOK 営業事務の仕事には、特別な資格やスキルが必要ありません。 「未経験可」としている求人も多々あります。 むしろ重視されるのは、お客様の要望を的確にくみ取ったり、チームのメンバーと一丸となって働くためのコミュニケーション能力。 転職・就職にあたっては接客業の経験があると有利ともいわれています。 仕事上、パソコンを多用するので最低限のパソコンスキルは求められますが、あくまで最低限でOKです。 仕事をしながらでも十分にスキルアップできます。 エクセル、ワード、パワーポイントなどのパソコンスキルが身に付く 営業事務が扱う書類は多くの場合、マイクロソフトのエクセル、ワード、パワーポイントを使って作成されています。 見積書や請求書はエクセル、契約書や覚書はワード、営業用資料やプレゼンテーション資料はパワーポイントといった形です。 頻繁にこれらのソフトを使用することになるので、確実にパソコンスキルは向上します。 これらのソフトはオフィスワークをする限り、どんな会社に行っても使用するもの。 営業事務で培った経験は将来のキャリアで必ず役に立ちます。 退社時刻を自分でコントロールしやすくプライベートも充実 全般にいえることですが、退社時間を自分でコントロールしやすいというのも大きなメリットです。 アルバイト・パート、派遣社員として働く場合は、ほとんど残業はありません。 プライベートを充実させたい人、家事や子育てに力を入れたい人には、おすすめの職種といえます。 まとめ - 営業事務から始めて真のビジネスパーソンにステップアップ 書類作成・処理を通じて会社の売上を支えつつ、自分の能力や心がけ次第で、営業部門の成績にも貢献できる営業事務という仕事。 数あるの中でもトップランクのやりがいを感じられる職種といえます。 の人の多くが抱える、「会社に評価されない」「大変さをわかってくれない」といった不満も比較的少ないでしょう。 そのうえで、未経験からでも始めやすく、退社時刻を自分でコントロールしやすいという、特有のメリットも、営業事務は持っています。 「これまでオフィスワークを経験してこなかったけど、将来的にビジネスパーソンとして活躍したい」と考えている人にはうってつけの職種といえるのではないでしょうか。 採用選考の際に接客経験が評価されやすいというのも大きなポイントです。 このページで紹介してきた、仕事内容やメリット・やりがいを見て、興味を持ったのであれば、すぐにでもチャレンジしてみることをおすすめします。

次の

営業事務に求められるスキル

営業事務とは

営業事務の職務経歴書の簡単な書き方 職務経歴書の書き方のコツとして、最初から 1枚を仕上げるのではなくまずは骨組みとなる項目に分け、その項目を埋める形で記入していくと簡単に作成ができます。 項目となるのが下記の書くべきポイントとなります。 オフィスでの業務経験• パソコンのスキル:Word・Excel・PowerPointのスキルなど• パソコンに関する保有資格:MOSなど 営業事務職ではパソコンスキルの他に、電話応対や社内営業との連携など人とのコミュニケーション能力や、事務処理のスピードが問われます。 自分はどれだけこなせることができるのか、中途ならこれまで行ってこれたのか、をしっかりと書いておく必要があります。 続いては自分の魅力を伝える自己PRについて見ていきましょう。 関連相談• 営業事務の職務経歴書に書くべき自己PRポイント 営業事務の職務経歴書に書くべき自己PRポイントは、コミュニケーション能力と事務処理能力です。 コミュニケーション能力 - 社内外の対応実績、クレーム対応の実績、スケジュール管理能力などアピール 事務処理能力 - 効率化を図るのが得意、スピードと正確さに自信があるなど 社内外とコミュニケーションを図りながら仕事を進める営業事務は、コミュニケーションが必須となってきます。 コミュニケーションのほかに、事務の迅速さと正確さも大きなアピールポイントとなります。 現場の状況に合わせて素早くできる処理能力や、見積り一つにしても金額に誤りがあっては、その後の信用にひびが入ることにもつながりかねません。 「ミスのない仕事を徹底するため、チェックを何度も行っています」など、正確さを裏付けするPRができます。 関連相談• 【経験別】営業事務の職務経歴書で書くべき自己PRポイント ここではルート営業やテレアポ経験のある人向けに、営業事務の職務経歴書で書くべき自己PRポイントをまとめてあります。 該当する人はご参考ください。 ルート営業の経験がある営業事務の自己PRポイントとは ルート営業経験のある営業事務の職務経歴書での自己PRポイントは、顧客にどのように対応してきたのか、商品知識など仕事学習への意欲がアピールできます。 「配達が翌週の顧客にどうしても本日届けてほしいと頼まれ、時間を調整して届けたことが何度かあります。 そういた対応をしていくうちに、顧客との信頼関係が生まれ、新たな商品を購入してくれることにもつながりました。 」など、具体例も入れると良いでしょう。 他にも、「ルート営業中に空き時間があったので、その時間を使って商品知識に関しての学習を深めた」や、「帰宅後も商品に関する学習を続けた」など、仕事に対する意欲も伝えることができます。 新規開拓を行ってきた実績のある場合、どれだけ新規獲得に貢献できたのかもアピールポイントとなります。 テレアポの経験がある営業事務の自己PRポイントとは テレアポ経験のある営業事務の職務経歴書には、「テレアポでどれだけの実績を挙げたきたのか」、どのようなことを心がけてテレアポをしてきたのか、という心構えがPRできるポイントです。 電話の先には様々な人が出ますが、その場その場で柔軟に対応ができる人が求められます。 嫌なことがあってもまたすぐに次にアポ取りにいける、そんなバイタリティも必要となるので、へこたれなさもアピールポイントとなります。 関連相談• 【ダウンロード可】営業事務の職務経歴書のテンプレート 下記の画像をクリックすることで、営業事務の職務経歴書のテンプレートがダウンロードできます。 営業事務の職務経歴書の解説 営業事務の職務経歴書を作成する際には、以下の5つのポイントを意識しましょう。 あなたの学びを必ず記入しましょう。 記入するときは、入社後の活躍のイメージが伝わるようにするといいでしょう。 採用担当者は多くの求職者の職務経歴書を見ているので、ぱっと見で理解しづらいものを嫌います。 そのため、「箇条書き」や「結論ファースト」などを活用して、わかりやすい内容にすることが大切です。 営業事務の職務経歴書を提出する前に 営業事務の職務経歴書を提出する前に、以下の6つのチェックポイントを確認しましょう。 無駄に悪い印象を持たれないためにも、ケアレスミスには十分注意しましょう。 関連相談• より個別の状況に応じた質問と回答になっているので、ご参考ください。 転職が多い営業事務職が職務経歴書で注意すべき点とは? 転職経験の多い人が職務経歴書で注意すべきことは、採用担当に「困難なことがあるとすぐに辞めてしまうのでは」と思われないことです。 そのために、「さらなるステップアップとなるように転職をした」、「新しい経験を得るために転職をした」など、プラスとなるような内容を盛り込むようにしましょう。 「これまでの職場で身に着けてきたスキル」や、「新しい職場で挑戦してみたいこと」、「どれだけ実績に貢献できるのか」などをアピールすることも重要となってきます。 転職のとき職務経歴書に退職理由は必要? 職務経歴書に退職の理由を入れるかどうかは任意となっています。 しかし、職務経歴書に退職理由を記入していなくても、面接時に尋ねられることもあるので、しっかりと答えられる準備が必要となります。 感情的に嫌になって辞めた、という印象を採用担当に与えてしまっては「またうちもすぐに辞めてしまうのでは」と思われてしまいます。 転職が「さらなる自分のステップアップを求めた結果」や、「より新しいことへ挑戦し経験を増やしたいから」など、よし成長へとつながるような建設的な退職理由なら記入しても問題ありません。 退職理由を書くのは任意ですが、採用担当から見てマイナス評価されそうな退職理由であれば、記載しない方が良いです。 営業事務から未経験の異業種に転職するときの職務経歴書とは? 営業事務から未経験の異業種に転職するときの職務経歴書には、それまで経験がない新しい分野へと飛び立つので、新しい業界での挑戦してみたいことや自分の成長への意欲、達成したいことを書きましょう。 異業種なので、それまで身に着けたスキルが役に立たないと思われがちですが、これまで身に着けたスキルは仕事への意欲の表れにもつながるので、書くと良いでしょう。 営業事務の職務経歴書は手書きとwordのどちらにすべきか? 職務経歴書は、パソコンで印刷して作成するのが一般的となっています。 事務営業職ではパソコンが必須となるため、手書きだとちゃんとパソコンが使えるかどうなのかと採用担当が不安に思うことも。 採用担当へのしっかりとパソコンが使えるというアピールの面からも、事務営業の職務経歴書はwordでの作成が良いです。 パソコンが手元になくwordでの職務経歴書の作成が難しい場合は、ネットカフェなどを利用してそこで作成したり、家族や友人に作成してもらう手もあります。

次の