ウイイレ 比較ツール。 【徹底比較】Unity vs Unreal Engine!どう違うの?ゲームエンジンの説明からメリット・デメリットまで解説します!

画像から文字認識!精度100%のロジックをウイイレを題材に解説

ウイイレ 比較ツール

人気のペイントソフト比較 アナログからデジタルに移行する人や、今からデジタルで絵を描こう!と思ってる人は、まずペイントソフトを選ぶ必要があります。 ペイント ソフトは長時間使うものなので、自分がベストだと思うものを選んでみてください。 下記では、無料お絵かきソフトと、有料お絵かきソフトの比較をしてみました。 よかったら参考にしてみてくださいね。 無料・有料ソフトを選ぶ前に ペイントソフトには無料と有料がありますが、 はじめてデジタルイラストをする人なら無料ペイントソフトを一度触れてみることをおすすめします。 有料ソフトは機能も充実しているので、使い方さえ覚えてしまえばとても効率よくお絵かき作業を楽しむことができますが、逆にお絵かきソフトに慣れていない初心者だと、機能がたくさんありすぎて操作が難しいと感じてしまうかもしれません。 その為、一度もデジタル制作したことがないなら、無料ソフトを使ってデジタルイラストができるのか判断してみてください。 ある程度、無料ソフトで絵を描いてみて、できそうだと思ったら有料ソフトに切り替えるのをおすすめします! 無料ソフトと有料ソフトの違いってなに? どちらかを使うかはユーザーによって変わりますが、無料・有料どちらにするか迷っている方も多いかもしれません。 下記では、無料ソフトと有料ソフトの違いを詳しく解説していきます。 無料ペイントソフトの特徴 無料ペイントソフトは誰でもダウンロードすることができるので、気軽にデジタルイラストを始めたい方に向いています。 ただし、無料で使える反面、制作元が開発をやめてしまったり、アップデート 更新 頻度が低い場合があります。 2018年現在でも、開発が中止され、アップデートされていないソフトウェアは多く、最新OSでは、動作保証されなくなっているものが多いです。 有料ペイントソフトの特徴 有料ペイントソフトは企業やプロのイラストレーターが使っていることが多いです。 無料のものと比べるとアップデート頻度も高いので、不具合が出てもすぐに修正されるメリットがあります。 現在、有料でデジタルイラストを始める方は「クリップスタジオ」か「ペイントツールsai」の二択になるかと思います。 価格差はあまりないので好きな方を選んでみましょう。 お絵かきソフトを初めて操作する方でも、マニュアルを読めば基本的な機能については問題ないと思います 無料ペイントソフトの比較 では、まず無料のお絵かきソフトから比較してみます。 下記の表以外にも無料お絵かきソフトはあると思いますが、個人的に無料でも使えそうなものを厳選しました。 Win7、64bit動作しました。 最低動作環境は公式サイトに詳しく書いてあるので確認してみましょう。 ダウンロードするときは公式サイトを使った方が安全です。 無料ペイントソフトを選ぶポイント 以下で紹介しているお絵かきソフトのなかには、開発が終了しているものがあります。 2018年現在、アップデート頻度が高く、未だ開発されているものは限られているので気をつけてください。 下記のなかで、アップデートされているソフトウェアは、「MediBang Paint Pro」や「Pixia」になります。 MediBang Paint Pro クラウドアルパカから「 MediBang Paint Pro」に名称変更されました。 ファイアアルパカにマンガツール機能等が追加された上位互換ソフトと言った方がわかりやすいかもしれません。 ソフトの特徴はイラストも描けて、マンガも描けるところです。 豊富なフォントや、コマ割、集中線などを簡易的にできるので、初心者の方にも、上級者の方にも向いているイラストソフトです。 バージョンアップも頻繁にされてるので今後も期待できます! Pixia 多くの人が使っているといえば「 Pixia」です。 私が知る限り、10年以上前からあるペイントソフトです。 Pixiaの画面はシンプルでわかりやすいので初心者の方も躓くことは少ないと思います。 よくワコムのペンタブレットに無料ソフトとして入っていました。 インターフェイスが気に入ったならぜひ使ってみてください。 PictBear 「 PictBear」の画面は個人的に初心者の方にもわかりやすいと思います。 手軽にお絵かきしやすいのと、ツールの使いやすさでは他のソフトに負けていません。 基本画面はお絵かきソフトとしては非常に見やすく、手軽にお絵かきを始めたい人に向いていると思います。 ただ、他のペイントソフトと比べると、あまり線が綺麗ではないので線画には向いてないと思います。 手書き文章やラクガキをする程度なら何も問題ないと思います。 本格的に絵を描きたい人ではなく、ちょっとしたお絵かきする人に向いている印象です。 簡単に直線や曲線を出せるのは便利なので、私は画像加工に使っています。 Azpainter2 「 Azpainter」はウインドウが多く開くので少し癖があります。 この部分で好みが分かれるかもしれません。 使ってみた感想としては線も綺麗に描けるので、デジタルイラスト制作に向いていると思いました。 無料お絵かきソフトの機能について 無料で使えるので、まず操作性や基本画面の見易さを確認してみることをお勧めします。 デジタルイラストは長時間作業なので、使いやすいソフトを選んだ方が、絵を描く時間も早くなります。 それと、使っているお絵かきソフトを他のものに切り替えると、操作方法も変わってしまうため、最初にどのソフトを使うか決めた方がいいと思います。 有料ペイントソフトの比較 人気が高く、ユーザー数が多い4つのソフトを紹介したいと思います。 もし、お絵かきソフトが初めてなら、操作感覚がわかりづらいと思うので、体験版がある場合は試してみることをおすすめします! シンプル操作でわかりやすいペイントツールSAI 当サイトはペイントツールSAIはで解説しているので、詳しい説明は省きますが、シンプルな画面で見やすく、ツール操作もしやすいので初心者の方にもおすすめなソフトです。 公式の動作環境を見ればわかりますが、ペイントツールSAIは性能が低いパソコンでも起動するほど、要求スペックが低いです。 最近ではOSが7や8だと64bitに対応してなかったのですが、公式サイトにて、正式にWindows7、8、8. 1、10に対応されました。 現在開発中である SAI2では、文字入れ・グラデーション・図形・パース定規などが追加されています。 家電・通販ショップでは取り扱いしていません 素材・3Dモデルが便利なCLIP STUDIO PRO クリップスタジオは、セルシスというメーカーが販売しているペイントソフトです。 クリップスタジオの前は、イラストスタジオを販売していたので知っている方も多いと思います。 ツール機能が豊富にあり、素材も多いので、幅広い絵柄に使うことができます。 素材のなかには3Dモデルがあるので、見ながらラフスケッチできるのですごく便利です。 ポーズを考えるのが苦手な方にも向いています。 また、イラストだけではなく、マンガを描くときにも役立つ機能もあります。 トーン・背景素材・集中線・コマ割り機能など 公式サポートも充実しているので、今からデジタルイラスト制作を始める初心者~上級者の方におすすめなソフトです。 ただし、欠点というわけではないのですが使っているパソコンが古くて性能の低いものだと、カーソル遅延が出ることもあります。 最低動作メモリーは、2GB以上とありますが、個人的に8GB以上を目安にしてみると快適かと思います。 他の難点としてはたくさん機能があるので、全部の機能を使おうとしたら、慣れるまで時間が掛かるかもしれません。 他のお絵かきソフトが物足りない人や、本格的なデジタルイラスト制作したい方にお勧めです。 クリスタの購入方法は3種類 2018年時点の購入方法として、クリップスタジオPROは、パッケージ版かダウンロード版を購入する方法が用意されています。 またクリップスタジオEXはその他に、毎月500円を支払って利用するバリュー版があります。 パッケージ版には紙のマニュアルが付いていますが、ダウンロード版はパッケージ版より安いので、必要ないならダウンロード版の方がおすすめです。 さきほど紹介したCLIP STUDIO PROの上位版です。 PRO の全機能+デジタルで漫画を描く機能が豊富なので、このペイントソフト1本でデジタル制作が捗ります。 トーンや吹き出し機能はもちろん、ページ管理機能が付いてるので、どちらかといえば漫画をじっくり描きたい方に特化したソフトです。 中級者~上級者に向いている機能が多いからです。 それと、どちらかというとイラスト制作よりも加工がメインのソフトウェアだといえます。 もちろん、Photoshopでデジタルイラストを制作している方はいますが、お絵かきメインなら上記のペイントツールSAIや、クリスタの方をおすすめします。 ただPhotoshopは万能なソフトで、この1本で、なんでもできます。 イラスト制作の他、 写真加工、編集、特殊効果などを付けられます。 特に写真加工や画像編集する人に向いているソフトです。 追記:Photoshopは現在、使用するのに月額使用料が掛かります。 その為、気軽にお絵かきしたい人の場合は、Photoshop以外のソフトの方をお勧めします。 この2つのソフトはデジタルイラスト制作に特化しているソフトですが、どちらにするか悩んでいる方もいるかもしれません。 そこで、2つのソフトの特徴をまとめてみました。 私自身、はじめてのデジタルイラストはsaiでしたが、覚えるまで1ヶ月掛かりませんでした。 シンプルなインターフェイスなので画面をみたときの情報量が少なく、操作も難しくないです。 欠点としては、機能の追加や不具合に対する更新が遅いことです。 ツールに関してはクリスタでできることが、saiではできないこともあるので使い方によっては不便を感じるかもしれません それでも、線を滑らかに描けるので、今でもsaiを使っている方は多いです。 機能もごちゃごちゃしていないので、難しいことが苦手な方に向いているソフトです。 ただ、覚えてしまえばスラスラ描けます。 ツールや素材も多くあるので、イラスト・マンガ制作はクリスタ1本あれば困ることはありません。 ペンの種類も多いので、絵柄で筆を選びやすいのも利点だと思います。 デフォルト設定のままでも綺麗な線を描けます。 また、クリスタでは素材や集中線などの特殊効果がありますが、saiだとそれらの機能が付いていないので、イラストだけではなく、マンガを描く方や素材を使いたい方にはクリスタをおすすめします! ダウンロード版は同じくらいの価格なので、体験版を使ってみて長く使えそうな方を選んでみましょう。

次の

『ウイニングイレブン クラブマネージャー』、「ウイイレ」シリーズ25周年を記念したキャンペーンを開催! 投稿日時: 2020/07/20 19:42[PR TIMES]

ウイイレ 比較ツール

ブログサイトやネットワーク機器等で 設定変更した際のコンフィグを変更前後で比較したい場合や、サイトやシステムの状態が変化した場合に 取得したログを状態変更前後で比較したい場合、はたまた テキストの変更前後で何が違うかを確認したい場面に遭遇する時ってないでしょうか? ブログを執筆している方やIT関連の仕事をしている方は、そういった機会がけっこう多いと思います。 もう既に知っているよっていう方もいらっしゃるとは思いますが、まだ ブログをはじめた初心者の方やIT関連の仕事に就いてまだ間もない新人の方を対象に便利なテキストデータ比較ツールをご紹介したいと思います。 目視で確認していて今までテキスト比較ツールを使ったことがない方や、便利なテキスト比較ツールを探している方は是非この機会にテキスト比較ツールを活用して頂くことをお勧めします。 はじめに 比較ツールをご紹介するにあたって、 今回はブログ制作時やシステムの作業時等にテキストファイルを簡単に比較することを前提にしたいと思います。 高価なものや専用システムのものであれば、もっといいものは存在すると思いますが、あまりにコストがかかるものやセッティングまでも時間がかかるものであれば、初心者にとってはなかなか手を出しづらいと思います。 ですので、 すぐ使えるものに限定したいと思います。 テキスト比較ツールの良いところ テキスト比較ツールの良いところとしては、 人が目視で比較すると時間がかかったり、変更部分を見落としてしまったりするところを機械的にチェックしてくれて、人が見やすいように表示してくれるところです。 数千、数万行とある文字列や文章を人が目視で確認するには限界があります。 テキスト比較ツールを利用すれば効率的に比較することが可能となります。 テキスト比較ツールの活用例としては以下が考えられます。 ブログの文章をいろいろ修正したけど修正前後を比較• HTMLやPHP等のデータ変更部分を比較• 装置やソフトの設定変更をした際の設定ファイルを比較• 装置の状態が変わったのでログを取得して過去のログと比較• 設計書や手順書等のドキュメントの差分を比較 テキスト比較ツールの比較 それでは、世の中に存在するテキスト比較ツールを見ていきたいと思います。 フリーのソフトウェア まずは、 昔からあるフリーの定番ソフトウェアです。 私が普段使っていてお勧めするツールは2つあります。 一つ目は、Rekisaです。 このツールの良いところは 複数のファイルを比較できるところと、 差分がある行をハイライトしてくれて、さらに 差分がある文字の部分にアンダーバーが表示されます。 ですので、タイムスタンプだけ違うような行も一目瞭然となります。 数千、数万行のデータでも処理が可能なので、 HTMLやログ等のデータ量が多いソフトウェアやシステムが理解しやすい形式となっているテキストファイルを比較する際に是非使っていただきたいツールです。 現時点でこのツールの最新バージョンは「v0. そのうち使えなくなる可能性もあるので注意が必要です。 二つ目は、WinMergeです。 このツールの良いところは、 比較した2つのファイルを結合できたりるマージ機能を備えているところと、 WordファイルやExcelファイルを比較できるところです。 現時点でこのツールの最新バージョンは「 v2. 対応環境としては、「Windows XP以降」となっていますし、Windows10でも使用できています。 最近まで更新されていることがわかりますので今後のOSバージョンアップにも継続して対応してくれそうです。 これらのツールは 普段自分が愛用しているツールです。 エンジニアになりたての頃に、先輩エンジニアさんに教えてもらったのがこのDFというツールです。 現時点でこのツールの最新バージョンは「1. 1」となっていますが、一応Windows10でも使用できます。 ただ、 継続して更新されていないみたいですし、差分が多いと表示がおかしくなったりするのであまりお勧めしません。 初めて使用した比較ツールがこのツールでしたので、記念として掲載しました。 ありがとうDFそしてさようなら。 上記ツールはWindows専用ですので、 MACを使っている方はどんなフリーツールを使っているかリサーチしました。 こちらも httpsによる暗号化通信に対応していますが、日本語ページではありません。 入力したテキストのログも取得しているのかも分かりません。 これらはインターネットブラウズがあれば ソフトウェアのインストール無しに利用できるところがとても便利ですが、 サーバ側に比較データを預けることとなるため、情報漏洩の観点からセキュリティに不安があります。 セキュリティリスクを考慮したうえで活用すればよいかと思います。 ちなみに自分はセキュリティの観点から現状使っていませんし、今後も使わないと思います。 有料のソフトウェア 最後に、有料のソフトウェアについて比較したいと思いますが、有料のツールは実はそんなにありません。 やはり MicrosoftのWord一択だと思います。 このツールの良いところとしては、やはり 企業サポートが充実していることや、機能が充実していてアップデートも継続されているので、 WindowsやOfficeソフトとの親和性も高いのです。 以下のサイトに操作方法が詳しく記載されていますので、参考にしてもらえればと思います。 また、MicrosoftのOfficeを使うのであれば、Microsoft365に契約して利用することをお勧めします。 理由としては、最新バージョンのWordやExcelを複数のデバイスで利用可能となりますし、クラウドストレージやパーソナル金庫というサービスが付いてくるからです。 Microsoft365あたりの詳細説明はまた別の機会にやりたいと思います。 まとめ いかがだったでしょうか? 自分にあった テキスト比較ツールを使ってみることをお勧めします。 テキスト比較ツールを活用することで、 作業効率が全然違ってくると思います。 普段はフリーツールを使っているので、当初はそちらを推奨しようと書き始めたのですが、今回の比較によって MicrosoftのWordが一番おすすめするツールであると感じました。 これまでは同じツールを使い続けていて、最近のトレンドをウォッチしたり比較をやってこなかったのですが、テキスト比較ツールについて改めて調べてみると、色々なツールの存在を発見できてとても勉強になりました。 これからも便利なツールを紹介していきたいと思いますので、お楽しみに。

次の

【ウイイレアプリ2020】ウイイレ選手ステータス比較ツール|ゲームエイト

ウイイレ 比較ツール

ゲームエンジンとは? ゲームエンジンとは、名前の通り ゲームを動かすためのエンジン的な役割を持つ開発環境です。 ゲームで使用される共通の処理をまとめて開発に使用することを可能にしており、コンピューターゲームの総合的な開発環境として多くの人が利用しています。 昔のゲームエンジニアは、それぞれの会社や個人が自作でアルゴリズムを製作していたため、一からゲームを作成することが非常に大変でした。 ところが、過去に作成されたアルゴリズムを元に開発したり、オープンソースでライブラリーとして共有されたりする中で、同一の環境でオブジェクトを製作したり、視覚的にデザインを変更する追加することで、ゲームの開発に関わる総合的な環境を作ろうという動きが生まれゲームエンジンが誕生しました。 Unity Unity とは Unityは アメリカのユニティ・テクノロジー社が運営しているゲームエンジンで、2Dはもちろんのこと、3Dのゲームを手軽に製作することが可能です。 また、製作したゲームを実行できる段階までUnity上で行うことができるため、 ゲームエンジンの枠を超えた超総合的な開発環境となっています。 プログラミングができない人でも視覚的にキャラクターを操作したり、デザインを変更したりすることが可能です。 よりこだわって動きを調整したい場合は「Javascript」「C#」「Boo」の3つの言語で操作することができるため、簡単な製作物から本格的な物まで幅広く対応してくれます。 Unityのメリット 様々なプラットフォームに対応 様々なプラットフォームで出力することが可能で、Unityの公式によると モバイルや VR 機器、デスクトップなど合わせて 24 のプラットフォームに対応しています。 豊富なアセットを提供するストア Unityでは 開発者が自身で作成したアイテムやキャラクター、アニメーションやスクリプトといった素材を販売・提供することができるストアが有り、その量が非常に豊富なため自分で作成しなくても簡単に素材を手に入れることができます。 大半が有料で提供されていますが、無料で提供されている物もあるので素材で困ったら確認してみると効率的に製作することが可能になります。 無料で使用することができる Unityには 無料で使用することができる Personal 版が提供されており、収入や資金が 10 万ドルを超えない人はこれを利用することが出来ます。 大々的な製品化を目指していないのであれば無料版でもかなり充実した機能を使用することが出来るため、ゲームの開発初心者にとってはかなり有難い製品設計になっています。 個人で本格的に開発したいという方向けには月25ドルの年間プランが、チームで開発したい方向けには月125ドルのプランが提供されています。 Unityのデメリット Unityに大きなデメリットは無いのですが、強いて挙げるのであればその 充実性が故にアプリケーションの起動が遅かったり、編集画面に英語が頻繁に使われていたりすることが挙げられます。 とはいえ、日本語のプラグインをインストールすれば日本語化出来ますし調べれば簡単に理解できる英語が多く使用されているため、プラグインさえすれば簡単に利用できます。 Unity公式によるサポート体制は? Unityは公式で、様々なサポートを行っています。 多種多様で、 プロジェクトに合わせて適切なサポートを選択・受けることができるでしょう。 ナレッジベースやドキュメント、広告収益に関するAdsのサポートなど、 自分たちの求めている情報を得やすい環境が整備されています。 そして、技術面以外のサポートにも対応。 ライセンスやアカウントにまつわるサポートなども公式で用意しているため、何か詰まってしまった時でも安心です。 Unityのサポート体制は充実しているといえるでしょう。 Unreal Engine Unreal Engine とは? Unreal Engineは アメリカの Epic Games 社が開発したゲームエンジンで、1998年にUnreal Engine1を発表してから現代まで多くの企業が採用しています。 プログラミングの知識が無い人でも直感的にゲームを製作することができるブループリント機能が入っており、簡単に製作活動を行うことが出来ます。 日本のゲームだと、「鉄拳」や「キングダムハーツ」などが Unreal Engine を利用してプロダクト製作を行なっています。 Unreal Engineは積極的にアップデートがなされています。 Unreal Engine4やUnreal Engine5といったように、数字が上がっていくので新旧が分かりやすいです。 通常 「UE4」や「UE5」のように略されることが多いことも頭に留めておきましょう。 Unreal Engineのメリット ハイクラスのグラフィック性能 Unreal Engineの 最大の特徴はその高性能すぎるグラフィック性能です。 自然を描いたグラフィックでは、木の幹、繊維や苔などが実写に見えるほど綺麗に出来上がっており、それを利用して映画を製作する会社も現れています。 Unreal Engineでは、凄く綺麗なポストプロセスが標準で搭載されており、普通に製作するだけで勝手に綺麗なオブジェクトや背景を製作してくれます。 兎に角綺麗なグラフィックの作品を作りたいというのであれば Unreal Engine がおすすめです。 基本完全無料 Unreal Engineは 全ての機能を無料で使用することが出来るという超太っ腹な設定になっています。 2014年以前は月々2,300円を支払う必要が有りましたが、2015年以降誰でも無料で使用することができるようになりました。 その代わり、 Unreal Engine を使用してゲームを製品化し販売した場合にその 5 %をロイヤリティーとして徴収するという形になりました。 今後のアップデートについても全て無料で行うことが出来るため、興味を持ったらすぐに使用することが出来ます。 ソースコードが全て読める Unreal Engineの ソースコードは GitHub 上で公開されており、誰でも内容を全て見ることが出来ます。 これにより、どのような実装をしているのか、どのように動いているのかを確認できるため技術に興味がある人にとっては嬉しいことの一つでしょう。 Unreal Engineのデメリット Unreal Engineはハイクオリティーなグラフィック性能と高品質なプラグインを用意していながら誰でも完全無料で使用できるという凄い利点が有るため、これから作品を作ってみたいという人にとっては大きな門出が開かれています。 しかしその一方で、 今後製品をUnreal Engineで作成する場合は売り上げの5%をロイヤリティーとして支払う必要が出てきます。 高額になる場合は企業様に独自のライセンス契約を結ぶ方法もある様ですが、Unreal Engineでは人気の製品を作れば作るほどライセンス料が高額になる方式になっています。 Unreal Engineの公式サポート体制は? 初心者でも安心な体制 Unreal Engineは、公式でサポートページを用意しています。 新しくUnreal Engineを触ろうとしている人向けの チュートリアルページ「GET STARTED」では、Blueprintなど UE4の用語や使い方を学習することが可能です。 オンラインラーニングも用意されており、本格的にUE4について勉強することもできます。 ドキュメントも非常に充実しているほか、カテゴリごとに分けられているので、 求めている情報を見つけやすく工夫されています。 もちろんUE4の 基礎部分から、応用部分まで幅広い情報が提供されているので、初心者の方でも安心です。 コミュニティ「AnswerHub」 コミュニティによるサポートとして AnswerHubを利用することもできるでしょう。 デベロッパー・クリエイター同士で 悩みや問題点を共有し合い、解決へと導いていくことができます。 自分以外の開発者と意見の交換をしたり、知識を共有ができるということです。 実際にゲーム開発を行っている人同士が交流することになるので、より 具体的な提案や解決方法・共感を得られるでしょう。 結果的に、ゲーム開発への意欲などに良い刺激を得られるかもしれませんね。 Blueprintなど様々なツールを提供しているのが魅力の1つであるUnreal Engine。 公式で提供されている サポートを有効活用すれば、どなたでも使いこなすことができるでしょう。 Unity と Unreal Engineの違い ここまでUnityとUnreal Engineの特徴やデメリットを紹介してきて分かる様に、それぞれに多少ですが違いがあることが分かると思います。 例えば Unityは日本語での説明や記事が充実しており、日本における開発環境においては手軽に始められますが、Unreal Engineの場合は主に欧米で使用されていることが多いため日本語の資料を探すのが多少大変です。 それゆえ、Unityではモバイルゲームが多く、Unreal Engineではよりグラフィックにこだわった作品が提供されているように感じます。 また、Unityの機能を無料で使用できることに対抗して、Unreal Engineでは全ての機能を基本使用料無料で使用することができる様になりましたが、 Unityが一定の機能を有料版から解放しているのに対して、Unreal Engineの場合は売れるゲームを製作した場合に5%のロイヤリティーを徴収する仕組みを採用しています。 上記の点から簡単に両者の違いを説明すると、 手軽に始めてみたいのであれば日本語の資料が多く揃っているUnity、とにかくハイスペックなグラフィックや性能を求めるのであればUnreal Engineを選ぶと良いでしょう。 まとめ 昔はゲームの開発を行う場合、一からコーティングやデザインなど行う必要が有りましたが、現在はゲームエンジンが有るため、 初心者の人でも気軽に「ゲームを作る」体験に触れることが出来る様になりました。 もちろんよりこだわったゲームを作りたいのであれば技術や知識は非常に大切ですが、今回紹介したUnityやUnreal Engineは無料かつ簡単に始めることが出来ます。 まずはダウンロードしてゲーム製作の一旦に触れて見るところから始めてみてはいかがでしょうか。

次の