法事 いつ。 法事とは?いつ行うの!?基礎をわかりやすく解説!

法事を行う意味は?いつまでやるべきなの?お布施の相場は?

法事 いつ

三回忌法要とは、亡くなった年から 翌々年となる年に行う仏式の法要です。 つまり故人が亡くなってから満2年で行う法要が三回忌となります。 故人が亡くなった年に執り行うのが葬式で、その翌年には1周忌を迎えます。 そのさらに翌年、亡くなった年から数えて2年となる年に、三回忌として遺族や親族などが参列して故人を偲ぶのです。 法事・法要とは? 故人を偲んで集まる 追善供養の行事が、法事・法要と呼ばれています。 なお、法事と法要のそれぞれのニュアンスには、少し違いがあります。 和尚様の読経がある追善供養のことを法要といい、追善供養の後席の会食までの流れを法事と呼ぶのです。 三回忌法要では何をするの? 三回忌法要を執り行うにあたり、その意味や目的も理解しておきましょう。 三回忌法要は、冥界に住む十人の王に審判を受けるという「十王信仰」に基づいて行われます。 故人が冥界の王から審判を受けるそのとき、遺族や親族の追善供養によって 故人に功徳を授けることが、三回忌法要の目的なのです。 もちろん、積んでいる功徳が大きければ大きいほど、故人の来世は恵まれたものとなります。 故人の冥土での幸せを祈るために、三回忌法要では、• お坊様による読経での供養の儀式• 遺族、親族を含めた会食 の2つが主に行われることとなりますので、覚えておきましょう。 三回忌法要には誰が参列する? 地域や風習によっても異なりますが、基本的には三回忌法要に参列するのは、故人の遺族や親族から故人と親しかった友人や知人になります。 一般的には、三回忌から参加のご案内をする範囲が 少しずつ狭められていきます。 近年では、三回忌でもあまり多くの方を招かないケースも増えているようです。 ただし、故人にとって特別に親しい方などがいる場合は、この限りではありません。 故人のために、お呼びしてあげましょう。 浄土真宗は三回忌を行うの? 浄土真宗は仏教の中でも、ほかの宗派とは少し違った考えや決まりがあります。 一般的な法要の解釈としては、初七日は最初の裁きを受ける日で三途の川の行き先が決まり、四十九日の最後の審判により輪廻転生の行き先が決まるというものです。 しかし、浄土真宗の考えでは亡くなるとすぐに往生をするので、これらの解釈はありません。 浄土真宗における法要の意味は、 故人の生前の姿に思いを馳せて、信仰を深める日とされています。 そのため 浄土真宗にも年忌法要はあり、もちろん三回忌もあります。 三回忌法要はいつ行うのか? ここでは、 三回忌法要をいつ行うのかということについて解説していきます。 回忌法要の数え方は、年齢などの年の数え方とは少々異なるため、曖昧な方も多いのではないでしょうか。 また三回忌法要をどこで行うのかについても、紹介していきます。 回忌法要の数え方 よく勘違いされがちですが、三回忌法要だからといって、故人が亡くなって 満3年目に行うわけではありません。 仏教では、故人が亡くなったその日を忌日と定め、そこから丸々1年が経過した日が2回目の忌日となります。 そのまま数えていくと、 亡くなってから丸々2年となる日が3回目の忌日、すなわち三回忌となるのです。 できるだけ祥月命日に行う 三回忌法要は、基本的には 祥月命日 しょうつきめいにち に行いましょう。 祥月命日とは、毎年巡りくる、故人が亡くなった日のことを指します。 ただし、忙しい現代社会では、どうしても三回忌法要を祥月命日に行うことが困難な場合もあるでしょう。 そのときには後倒しにせず、 前倒しで法要を行ってください。 後倒しにすると仏さまがなぁなぁにされていると感じて怒るとされています。 前倒しする時期については、およそ1ヶ月程度であればいつでも問題ないとされています。 故人が審判を受ける日が来る前に、追善供養をしてあげることが大切なのです。 三回忌の日程はいつまでに決定すべき? 余裕を持って三回忌法要を行うためには、当日の 2ヶ月前には日程を決めて、準備を進めておきましょう。 三回忌法要を行うにあたり、お寺への連絡や引き出物の準備、それに伴う費用の見積もりを行う必要があるからです。 加えて、法要を執り行ってくれるお坊様に準備を整えていただく必要もあります。 そして、準備段階で三回忌法要の会場を決める必要もあります。 通常はお寺、自宅、斎場のうちのどれかとなるのが一般的です。 お坊様の意見も聞きつつ決定するために、早めの準備を心がけましょう。 また参列者の予定を考えても少なくとも1ヶ月前には、参列者の方の手元に案内状を届ける必要があります。 開催者側だけではなく、参列者側の方々にも余裕をもって準備してもらえるように、 余裕を持って動き始めましょう。 三回忌法要のお知らせは案内状で出す• 敬具・時候の挨拶 「頭語の結び」と「時候の挨拶」には気を付けましょう• 故人の名前と三回忌の案内であること 誰の法事であるのか、どの年忌法要であるのかを明記しましょう。 会食の有無 法事の流れで必要なことは書いておきましょう。 案内状でのマナー 句読点は使わない 昔は毛筆で書状を書いていたため句読点が使われていませんでした。 その名残から現在でも句読点は使わないようです。 また、 現在では法事が途切れることなく進むようにという意味合いもあり句読点を使わないようです。 二十封筒は使わない 法事の案内状は封筒に案内を入れて出します。 この時に使用する封筒は白の無地の封筒を使用します。 また、 不幸が重ならないようにという意味を込めて、二十封筒を使わないようにしましょう。 往復はがきで案内状を出す 案内状は三回忌のお知らせをするだけではなく、案内状を受け取った方の 出席の可否を確認するためにあります。 そのため、 案内状には往復はがきが良いとされています。 往復はがきには、出席の可否、住所を記入する欄などを設けます。 そのほか三回忌で卒塔婆をたてるのであれば卒塔婆供養料の申し込みの有無なども記載しましょう。 最後には改めて返信を希望する一文を入れましょう。 就活ねっとでは、案内状の正しい書き方をさらに詳しく紹介しています。 三回忌法要のお知らせを案内状で出す場合は、こちらの記事を参考にしていただけると幸いです。 もちろん、三回忌法要にも大切にすべきマナーがあります。 遺族側であれば、前もって 引き出物を用意しておきましょう。 故人が生前に好んでいたものや、タオルなど汎用性の高いものが一般的です。 また、お坊様に対するお布施も、遺族側は用意しておく必要があります。 お布施の金額は、1万円から5万円ほどが相場とされています。 なお、このときに新札は用いないよう注意しましょう。 また参列者側であれば、 香典を用意する必要があります。 香典に包む金額は、故人との関係性などで変化しますから、決められた金額があるわけではありません。 ただし、遺族側はお布施や会食、車代を出してくれることもあるため、気持ち多めに包んでおくのがマナーといえます。 服装は? 三回忌法要に参列する際には、男女ともに 喪服で参列するようにしましょう。 その際の遺族の服装は、参列者の服装よりも格が下がらないように注意するのがマナーです。 香典・お供え物はいつ渡すの? 用意した香典やお供え物は、訪問してご挨拶が済んだら、 施主に直接手渡しをしましょう。 香典は、袱紗から出し、相手から文字が読める向きにして渡します。 その際には、「心ばかりですが仏前にお供えください」という一言をかけることも忘れてはいけません。 くれぐれも、自分で仏前に供えないように注意してくださいね。 「終活ねっと」では、三回忌のマナーについて施主 喪主 側と参列者側にわけて詳しく解説しています。 いつ行うのかなどの大まかなことが決まった方は、こちらで三回忌法要で注意点を確認してから細かなことを決めっていっていただけると幸いです。 三回忌法要とは追善供養の行事であり、お坊様による読経での供養の儀式と遺族、親族を含めた会食が行われる。 基本的には故人の遺族や親族から故人の友人や知人も参列する。 三回忌法要は故人が亡くなってから満2年の祥月命日 故人が亡くなった同月同日 に行う。 現代では、都合により祥月命日に行われることは難しくなり、その場合は必ず前倒しで法要をする。 三回忌法要の日程は2か月前くらいから決め準備を進めていく。 また参列者の予定も配慮して案内状は少なくとも1か月前にお知らせする。 三回忌法要のお知らせの方法は電話と案内状があるが案内状を出すことが一般的となっている。 その場合には句読点や二十封筒を使わず、出席の可否がとりやすい往復はがきで出すことをお勧めする。 三回忌の法要では施主 喪主 側は引き出物とお布施を準備しておき、参列者側は香典を準備しておく。 また香典は施主 喪主 に直接手渡しする。 三回忌法要については、知っているようで知らないことも多くあります。 参加する回数も多くはありませんし、マナー等を学ぶことも難しいですよね。 この機会に、三回忌法要について理解を深めていただけたなら幸いです。 「終活ねっと」では、七回忌についての記事も書いております。 三回忌の次は七回忌となりますので事前に確認しておきましょう。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

7回忌法要はいつ行えばいいの?香典やお布施などのマナーも解説!|終活ねっとのお坊さん

法事 いつ

49日とは何かと聞くと、「知っている!」という方も多いですよね。 確かに、故人が亡くなった後、49日で 喪が明けるのだとか、法要をする日だとか、 部分的に49日とは何かを知っている人は多くいます。 しかし、 「なぜ49日なのか」とか、「49日とは、 どんな意味合いがあるのか」など、基礎的な知識がない方は意外といるのではないでしょうか。 日本では亡くなった人を供養するのに、 仏教式の葬儀を執り行うケースが大半。 しかし、敬虔な仏教徒だという方は少なく、 何となく両親や先祖代々のお墓や供養の仕方が仏教式だから、という理由の人が多いため、49日とはどんな意味を持つのか、 知らないのも無理はありません。 しかし、「49日とは、 どのような意味を持つのか」を知っていると、その間を過ごす心持ちが大きく変わりますよね。 子ども達にも説明ができます。 そこで今回は、49日とは何なのか、 知っておくべき基礎知識を7つお伝えします。 49日の数え方 49日とはよく聞くものの、 いつから数えて49日目のことを言うのか自信を持って答えられないという人は、まず49日の数え方から知ると便利。 49日は故人が 亡くなってから数えて49日目のことを差します。 」と思っている方も意外と多いもの。 ・ ただその時、喪主の都合や諸事情で通夜と告別式の日程が遅れたとしても、49日の 日にちはずれることはないということを覚えておくと間違えがありません。 49日が持つ意味 それでは、49日とは どのような意味を持つのかを解説します。 この裁きを受ける 期間が49日。 ・ この間に故人は現世での行いや 遺族がどれだけ供養をしているかによって、極楽浄土に行けるかどうかが決まるのです。 そのため、49日間は故人の 裁きがでるまでのデリケートな期間だと認識し、昔ながらの方法では、遺族は周忌法要を行うなど、 追善供養を行います。 7日ごとの法要 故人が亡くなって49日とは、 故人が裁かれる期間を指すとお伝えしましたが、この裁きをもっと詳細に解説します。 そのため、正式には初七日から49日を迎えるまでの間は、 7日ごとに法要を行うのです。 ・ しかし、現実的には7日ごとに法要が行うのは大変ですから、 初七日と49日の法要だけをする家が多いのが一般的。 とはいえ、法要はせずとも、遺族は49日までの間は仏前に葬儀後に設置した 中陰壇で、なるべく 毎日線香をあげ供養をする必要があります。 ・ 白木とは、 仮の位牌です。 遺灰は、戒名を入れた漆塗りのものですが、仏具店に注文すると完成までに 10日~2週間前後の日数を要します。 その間は、白木と呼ばれる仮の位牌を置くのです。 49日とは、 故人を供養する大切な期間ですから、なるべく仏前に手を合わせて故人が極楽浄土に行けるようお参りをしてください。 忌明けとなる時 49日とは故人が裁きを受ける大切な期間で、本来7日ごとに法要をするのが正式ですが、現在では これを省略する家がほとんど。 しかし、49日法要は 省略せずに盛大に行うのが一般的。 ・ 忌中とは、故人が亡くなってから49日を迎える日までの期間をいい、49日目が忌明け。 遺族はこの期間は喪に服すと言われています。 法要の日にちをずらす場合 49日とは、49日法要を執り行う日ではありますが、正確に 49日目に法要を行えないケースもあるもの。 会社員であれば平日に休んで法要をすることは難しいですし、 参列者の人にも迷惑をかけてしまいます。 ・ しかし、気を付けなくてはいけないのが ずらすなら前にずらした方がいいという点。 49日が平日なのであれば、その 直前の土日にしてください。 忌中にしてはいけないこと 49日とは、遺族が故人の供養のために 喪に服す大事な期間。 49日とは、忌明けとも言いますが、忌明けを迎えるまでは、施主をはじめ遺族は お祝い事への参加は避けなくてはいけません。 ・ 年賀状は 新年を祝う行事の一つですから、49日法要を終えるまでは避けてください。 事情を説明すれば 先方は理解をしてくれるので、心配は無用です。 いかがでしたでしょうか、49日とは何かを簡潔に言えば、仏教の教えで故人の来世を決定づける 大切な裁きを受ける期間。 この大事な期間には、故人の生前の行いだけで裁きを受けるわけではなく、遺族がどれだけ 故人のために供養をするかも重要な要素となってきます。 そのため、遺族も49日とは何か しっかりと理解をして、日々を過ごす必要があるのです。 葬儀や法事についての基礎知識は、公立の学校や一般的な学校では 授業で取り扱われません。 これは、日本の憲法で信教の自由が保障されているからで、 特定の宗教のことについて 学ぶ機会がないためです。 しかし、いざ自分が施主や遺族になった時、49日とは何かを 知らずにいるのとそうでないのとでは、気持ちの持ちようが 全く異なりますから、今回お伝えした基礎知識は 頭に入れておくことをおすすめします。 まとめ 49日とは何か、知っておくべきこととは ・49日法要は故人が亡くなってから数えて49日目 ・故人は49日までの間に極楽浄土に行けるか裁かれる ・7日ごとの法要か葬儀後に設置する中陰壇で供養する ・葬儀後~49日間は遺骨、遺影、白木を仏前に置く ・49日目は忌明けに当たるため盛大に法要を行う ・49日法要の日にちをずらす場合には前にずらす ・49日の間は忌中のためお祝い事への参加は避ける.

次の

法事はいつ行うの?周期にはどんな意味や理由があるの?

法事 いつ

三回忌法要とは、亡くなった年から 翌々年となる年に行う仏式の法要です。 つまり故人が亡くなってから満2年で行う法要が三回忌となります。 故人が亡くなった年に執り行うのが葬式で、その翌年には1周忌を迎えます。 そのさらに翌年、亡くなった年から数えて2年となる年に、三回忌として遺族や親族などが参列して故人を偲ぶのです。 法事・法要とは? 故人を偲んで集まる 追善供養の行事が、法事・法要と呼ばれています。 なお、法事と法要のそれぞれのニュアンスには、少し違いがあります。 和尚様の読経がある追善供養のことを法要といい、追善供養の後席の会食までの流れを法事と呼ぶのです。 三回忌法要では何をするの? 三回忌法要を執り行うにあたり、その意味や目的も理解しておきましょう。 三回忌法要は、冥界に住む十人の王に審判を受けるという「十王信仰」に基づいて行われます。 故人が冥界の王から審判を受けるそのとき、遺族や親族の追善供養によって 故人に功徳を授けることが、三回忌法要の目的なのです。 もちろん、積んでいる功徳が大きければ大きいほど、故人の来世は恵まれたものとなります。 故人の冥土での幸せを祈るために、三回忌法要では、• お坊様による読経での供養の儀式• 遺族、親族を含めた会食 の2つが主に行われることとなりますので、覚えておきましょう。 三回忌法要には誰が参列する? 地域や風習によっても異なりますが、基本的には三回忌法要に参列するのは、故人の遺族や親族から故人と親しかった友人や知人になります。 一般的には、三回忌から参加のご案内をする範囲が 少しずつ狭められていきます。 近年では、三回忌でもあまり多くの方を招かないケースも増えているようです。 ただし、故人にとって特別に親しい方などがいる場合は、この限りではありません。 故人のために、お呼びしてあげましょう。 浄土真宗は三回忌を行うの? 浄土真宗は仏教の中でも、ほかの宗派とは少し違った考えや決まりがあります。 一般的な法要の解釈としては、初七日は最初の裁きを受ける日で三途の川の行き先が決まり、四十九日の最後の審判により輪廻転生の行き先が決まるというものです。 しかし、浄土真宗の考えでは亡くなるとすぐに往生をするので、これらの解釈はありません。 浄土真宗における法要の意味は、 故人の生前の姿に思いを馳せて、信仰を深める日とされています。 そのため 浄土真宗にも年忌法要はあり、もちろん三回忌もあります。 三回忌法要はいつ行うのか? ここでは、 三回忌法要をいつ行うのかということについて解説していきます。 回忌法要の数え方は、年齢などの年の数え方とは少々異なるため、曖昧な方も多いのではないでしょうか。 また三回忌法要をどこで行うのかについても、紹介していきます。 回忌法要の数え方 よく勘違いされがちですが、三回忌法要だからといって、故人が亡くなって 満3年目に行うわけではありません。 仏教では、故人が亡くなったその日を忌日と定め、そこから丸々1年が経過した日が2回目の忌日となります。 そのまま数えていくと、 亡くなってから丸々2年となる日が3回目の忌日、すなわち三回忌となるのです。 できるだけ祥月命日に行う 三回忌法要は、基本的には 祥月命日 しょうつきめいにち に行いましょう。 祥月命日とは、毎年巡りくる、故人が亡くなった日のことを指します。 ただし、忙しい現代社会では、どうしても三回忌法要を祥月命日に行うことが困難な場合もあるでしょう。 そのときには後倒しにせず、 前倒しで法要を行ってください。 後倒しにすると仏さまがなぁなぁにされていると感じて怒るとされています。 前倒しする時期については、およそ1ヶ月程度であればいつでも問題ないとされています。 故人が審判を受ける日が来る前に、追善供養をしてあげることが大切なのです。 三回忌の日程はいつまでに決定すべき? 余裕を持って三回忌法要を行うためには、当日の 2ヶ月前には日程を決めて、準備を進めておきましょう。 三回忌法要を行うにあたり、お寺への連絡や引き出物の準備、それに伴う費用の見積もりを行う必要があるからです。 加えて、法要を執り行ってくれるお坊様に準備を整えていただく必要もあります。 そして、準備段階で三回忌法要の会場を決める必要もあります。 通常はお寺、自宅、斎場のうちのどれかとなるのが一般的です。 お坊様の意見も聞きつつ決定するために、早めの準備を心がけましょう。 また参列者の予定を考えても少なくとも1ヶ月前には、参列者の方の手元に案内状を届ける必要があります。 開催者側だけではなく、参列者側の方々にも余裕をもって準備してもらえるように、 余裕を持って動き始めましょう。 三回忌法要のお知らせは案内状で出す• 敬具・時候の挨拶 「頭語の結び」と「時候の挨拶」には気を付けましょう• 故人の名前と三回忌の案内であること 誰の法事であるのか、どの年忌法要であるのかを明記しましょう。 会食の有無 法事の流れで必要なことは書いておきましょう。 案内状でのマナー 句読点は使わない 昔は毛筆で書状を書いていたため句読点が使われていませんでした。 その名残から現在でも句読点は使わないようです。 また、 現在では法事が途切れることなく進むようにという意味合いもあり句読点を使わないようです。 二十封筒は使わない 法事の案内状は封筒に案内を入れて出します。 この時に使用する封筒は白の無地の封筒を使用します。 また、 不幸が重ならないようにという意味を込めて、二十封筒を使わないようにしましょう。 往復はがきで案内状を出す 案内状は三回忌のお知らせをするだけではなく、案内状を受け取った方の 出席の可否を確認するためにあります。 そのため、 案内状には往復はがきが良いとされています。 往復はがきには、出席の可否、住所を記入する欄などを設けます。 そのほか三回忌で卒塔婆をたてるのであれば卒塔婆供養料の申し込みの有無なども記載しましょう。 最後には改めて返信を希望する一文を入れましょう。 就活ねっとでは、案内状の正しい書き方をさらに詳しく紹介しています。 三回忌法要のお知らせを案内状で出す場合は、こちらの記事を参考にしていただけると幸いです。 もちろん、三回忌法要にも大切にすべきマナーがあります。 遺族側であれば、前もって 引き出物を用意しておきましょう。 故人が生前に好んでいたものや、タオルなど汎用性の高いものが一般的です。 また、お坊様に対するお布施も、遺族側は用意しておく必要があります。 お布施の金額は、1万円から5万円ほどが相場とされています。 なお、このときに新札は用いないよう注意しましょう。 また参列者側であれば、 香典を用意する必要があります。 香典に包む金額は、故人との関係性などで変化しますから、決められた金額があるわけではありません。 ただし、遺族側はお布施や会食、車代を出してくれることもあるため、気持ち多めに包んでおくのがマナーといえます。 服装は? 三回忌法要に参列する際には、男女ともに 喪服で参列するようにしましょう。 その際の遺族の服装は、参列者の服装よりも格が下がらないように注意するのがマナーです。 香典・お供え物はいつ渡すの? 用意した香典やお供え物は、訪問してご挨拶が済んだら、 施主に直接手渡しをしましょう。 香典は、袱紗から出し、相手から文字が読める向きにして渡します。 その際には、「心ばかりですが仏前にお供えください」という一言をかけることも忘れてはいけません。 くれぐれも、自分で仏前に供えないように注意してくださいね。 「終活ねっと」では、三回忌のマナーについて施主 喪主 側と参列者側にわけて詳しく解説しています。 いつ行うのかなどの大まかなことが決まった方は、こちらで三回忌法要で注意点を確認してから細かなことを決めっていっていただけると幸いです。 三回忌法要とは追善供養の行事であり、お坊様による読経での供養の儀式と遺族、親族を含めた会食が行われる。 基本的には故人の遺族や親族から故人の友人や知人も参列する。 三回忌法要は故人が亡くなってから満2年の祥月命日 故人が亡くなった同月同日 に行う。 現代では、都合により祥月命日に行われることは難しくなり、その場合は必ず前倒しで法要をする。 三回忌法要の日程は2か月前くらいから決め準備を進めていく。 また参列者の予定も配慮して案内状は少なくとも1か月前にお知らせする。 三回忌法要のお知らせの方法は電話と案内状があるが案内状を出すことが一般的となっている。 その場合には句読点や二十封筒を使わず、出席の可否がとりやすい往復はがきで出すことをお勧めする。 三回忌の法要では施主 喪主 側は引き出物とお布施を準備しておき、参列者側は香典を準備しておく。 また香典は施主 喪主 に直接手渡しする。 三回忌法要については、知っているようで知らないことも多くあります。 参加する回数も多くはありませんし、マナー等を学ぶことも難しいですよね。 この機会に、三回忌法要について理解を深めていただけたなら幸いです。 「終活ねっと」では、七回忌についての記事も書いております。 三回忌の次は七回忌となりますので事前に確認しておきましょう。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の