麦茶 パック 保存。 常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

麦茶の保存方法!パックはドコにどうやってしまうのがベスト? | 教えたがりダッシュ!

麦茶 パック 保存

麦茶の保存に関するポイント 麦茶には水出しと煮出しの2つの方法で淹れることが出来ます。 誰でも気軽に淹れることが出来る水出しは特に人気が高く、どのご家庭でも行われている麦茶の淹れ方ではないでしょうか。 しかし、水出し麦茶は加熱による殺菌が行われないため、作り置きする場合は不向きです。 もし、麦茶を作り置きしたいとお考えの方は煮出しで麦茶を作ると菌の繁殖を抑制させることが出来ますので、やや面倒に感じるかと思いますが、煮出して麦茶を淹れるようにしましょう。 麦茶は緑茶や紅茶、烏龍茶などと違い、カテキンが含有されていません。 実はカテキンには防腐効果が備わっているため、飲料を腐りにくい性質があります。 しかし、大麦を原料とする麦茶にはカテキンが含まれておりません。 さらに、大麦などの麦に含有されているデンプン質が外へ溶けだし、麦茶の濁りや腐りの要因となります。 他にも麦茶を作る際に用いられる専用ポットの洗浄がしっかり行われていなかったり、長時間常温で放置してしまったり、冷蔵庫の開閉を頻繁に行うなど麦茶にダメージを与えてしまうと消費期限がさらに短くなってしまいます。 麦茶の保存に関する注意点 麦茶の消費期限は最大で4日間です。 出来れば2日から3日以内に飲み切ってしまった方が安全です。 麦茶は5日を過ぎると香りや風味が落ち始め、6日目には渋みを感じるようになります。 8日目を過ぎると飲用するのが苦痛となるほど香りや風味に劣化が生じます。 特に水出し麦茶は煮出し麦茶と比べ、劣化が早く、6日目には安全に飲用することが出来る基準値を大幅に超えてしまい、飲用することが出来なくなってしまいました。 また長時間常温で放置してしまった煮出し麦茶は8日目頃から飲用するのが辛くなるほどの味の劣化が見られました。 最も長期間保存することが出来た麦茶は煮出した麦茶を急速に冷却し、冷蔵庫などで保管したものでした。 麦茶を長期間保存する際の注意点は6つあります。 一,麦茶を保存する際は必ず冷蔵庫で保存すること。 二,麦茶のティーバッグを保管する際は、プラスチック製の容器ではなく、ガラス製の容器で保管すること。 三,水出しで麦茶を淹れた場合は4日以内には飲み切ってしまうこと。 四,麦茶を保存する容器は事前に煮沸しておき、菌の繁殖を抑制させておくこと。 五,麦茶の入っている容器をラッパ飲みしないこと。 六,水出しで麦茶を作った場合、麦茶のティーバッグをポットの中に入れっぱなしにしないこと。 これらの6か条を守ることで、麦茶を通常よりも長持ちさせることが出来ます。 ですが、やはり4日以内には飲み切れるよう、麦茶を淹れる量を計算し、常に新鮮で美味しい麦茶が飲めるように心掛けましょう。 腐りにくい麦茶の作り方とは? では、長期の保存に優れた腐りにくい麦茶の作り方とはあるのでしょうか? 実はあるのです!今回腐りにくい麦茶の作り方をこの機会にご紹介したいと思います。 麦茶を煮出しで作るとティーバッグや水を殺菌することが出来ますが、菌の繁殖を抑制させる塩素も失ってしまいます。 そのため、常温でじっくり粗熱を取ってしまうと菌の繁殖を抑制する成分が無い無防備な麦茶に菌が繁殖を始めます。 ですので、急速に冷却し、菌の繁殖を抑え、菌が付着しにくいガラス製の専用ポットへ麦茶を注ぎましょう。 これでしばらくは安全です。 夏は麦茶が美味しく感じる季節です。 しかし、麦茶を淹れたポットに付着した汚れを放っておくと白い斑点状の模様が現れます。 これは塩素の汚れもしくはカビのどちらかです。 麦茶を美味しく飲用するためには麦茶を煮出しで作る他にもポットを常に綺麗に保つ必要があります。 プラスチック製の専用ポットを使用している場合はガラス製の専用ポットに変えると良いでしょう。 そして、50度ほどのお湯にハイターを入れ、半日から1日ほど漬け込み、スポンジで優しくこするように洗うのもオススメです。 ですが、塩素系洗剤は独特な臭いがあるので気になる方もいらっしゃいます。 そこで、お掃除の味方「重曹」を用いて専用ポットを洗浄するとカビやカルキの汚れを落とすことが出来ますので、合わせてご紹介させて頂きます。 また、 今年の夏は、美味しい麦茶で健やかな夏を過ごせるように、まずは麦茶の専用ポットから改善してみませんか?.

次の

知ってる??麦茶パックの保管と賞味期限!!冷凍保存ってできる!?|サトマガ

麦茶 パック 保存

夏は冷蔵庫に麦茶を常備している… という方も多いのではないでしょうか? 我が家では、 麦茶パックから麦茶を作ってボトルに入れ 冷蔵庫に入れるようにしているんですが、 麦茶パックから作った麦茶を 冷蔵庫で保存する際の賞味期限って 一体何日くらいなんだろう? と疑問に思ったんです。 そこで、この事について調べてみたところ、 私と同じ疑問を持っている方も 少なくないようだったので、 今回は、麦茶パックから作った麦茶を 冷蔵庫で保存した場合賞味期限は何日が目安なのか? ということについてみなさんに シェアしていきたいと思います^^ 家でパックを沸かして作った麦茶の賞味期限! 冷蔵庫保存、常温保存で何日持つ? 家で麦茶パックを沸かして作った麦茶の 賞味期限は何日が目安なのでしょうか? この事について気になっている方も多いようですが、 結論から言ってしまうと、 冷蔵庫で保存した場合3~4日、 常温保存の場合は1日が 賞味期限の目安となります。 なりますが、 麦茶パックを沸かして作った麦茶を ボトルなどに移し替えて冷蔵保存する場合の日数は、 次のような手順で行った場合に限ります。 麦茶パックを沸かして麦茶を作る• 麦茶の粗熱を取る• 熱湯消毒した清潔なボトルに移し替える• 冷蔵庫で保存する このように、 麦茶の粗熱を取ってから 熱湯消毒した清潔なボトルに入れ 冷蔵庫で保存するようにすれば、 3~4日は持つようになるので、 参考にしてみて下さい。 また、麦茶パックを水出しして作った麦茶は、 細菌が増えるスピードが速いため、 作ったその日中に飲みきってしまうのが無難ですし、 麦茶を常温保存する場合も同様です。 ちなみに、麦茶を冷凍すれば、 賞味期限をグッと伸ばす事も可能です。 麦茶を冷凍して保存すれば、 賞味期限は3週間くらいに伸びるので、 すぐ飲みきれないという場合は、 冷凍保存しておくと良いかもしれません。 まず、ざっくり飲んではいけない麦茶の特徴をまとめます。 酸っぱいニオイがある• 味に酸味がある• ぬめぬめしている• カビのようなものがある このように、 明らかに異変が発生している麦茶は 悪くなってしまっている可能性があるので、 たとえしっかり保存していたとしても 飲まないようにした方が無難なので、 気をつけるようにしましょう。 まとめ 今回は、家で麦茶パックを沸かして作った 麦茶を常温・冷蔵・冷凍保存した場合、 賞味期限は何日くらい持つのか? ということなどについてご紹介しましたが いかがだったでしょうか? 基本的に自宅でティーバッグを沸かして作ったお茶は 早めに飲みきってしまう事が大切ですが、 冷蔵保存する場合は3~4日、 冷凍保存する場合は3週間、 常温保存ではその日中という感じになるので、 もしよかったら参考にしてみてください。 ということで、 この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです^^.

次の

麦茶の保存方法!パックはドコにどうやってしまうのがベスト? | 教えたがりダッシュ!

麦茶 パック 保存

消臭剤• 肥料 これだけの再利用の方法があります。 麦茶のティーパックの再利用 掃除編 麦茶の茶葉には、油を分解する成分がありますので、とくに油汚れを落とすのに効果を発揮します。 グリル周りの油汚れや油物のお皿やフライパンの使って下さい。 ただ、紙のパックが薄い場合は破れやすいので、やさしく使ってください。 乾燥させると、フライパンの油を吸収しやすくなりますので油を直接捨てなくて済みます。 また、シンクの三角コーナーや排水溝にもそのまま置いておくと、ぬめりを防ぐことができて大変便利です。 麦茶のティーパックの再利用 消臭編 麦茶のかすは乾かすと消臭剤として使えます。 乾かすときには、自然乾燥させてもよいですし、電子レンジで1分ほど温めますと、レンジ内の消臭もできて一石二鳥です。 使える場所• 下駄箱• 冷蔵庫• ゴミ箱 肥料 麦茶の出がらしはいかにも肥料になりそうですが、そのまま土に撒いたり、まぜると虫が涌く原因になったり、土が痛んでしまいます。 肥料として使用するにはそれなりに手間がかかりますので、プランターの植物の土に混ぜるのはやめておいたほうが懸命です。 その他 お風呂編 緑茶などの出がらしですと、カテキンやポリフェノールの働きにより美容面での効果があるのですが、残念ながら麦茶は大麦ですので湯船に浸けてもほとんど効果はないです。 少しぐらいならば、香りを楽しめると思いますが長時間だと、浴槽に色が移ってしまう可能性もあるので、おすすめしません。 麦茶の賞味期限切れのパックはどうする? 麦茶を1年中飲んでいる家庭では、あまりないでしょうが夏の暑い時期だけに麦茶を飲んでいますと、どうしても余ってしまい、忘れたころに水屋の奥から出てきて、ギョッとします(笑) あっ、「水屋」って関西特有の言い方かもしれません。 「みずや」と読みます。 水屋とは、水を扱う台所全体や、食器類をしまっている棚のことです。 話がそれましたが、とにかく賞味期限の切れた麦茶は、どうしよう?ってことです。 見なかったことにして、そのまま飲むか、捨てるかの岐路に立たされるわけです(笑) スポンサーリンク わたしの場合、保管状態にもよりますけれど、正直1ヶ月程度の賞味期限なら躊躇なく使ってしまいます。 だいたい製造月日~賞味期限の1.5倍くらいなら問題ないような気もします。 確かに開封されたものですと、風味は落ちますけれどね。 それでは、賞味期限が1年以上過ぎていたときにはどうするかと言いますかと、流石に口に入れるのは、わたしでも躊躇します(笑) そんなときは、まずティーパックを開け茶葉の状態を確認してみて下さい。 あきらかに、変色していたりカビが生えていましたら、あきらめて捨てましょう。 「特に問題はなさそうだけど、口に入れるのは少し怖い」状態ですと、 先ほど、紹介したティーパックの再利用法をお試しになってください。 一番良い再利用の仕方は、消臭剤として使うことだと思います。 その際、お鍋やフライパンで乾煎り(からいり 「空煎り」とも)すれば、より香りが引き立ち、消臭剤として便利です。 乾煎りの仕方 メインで使っているお鍋ではなく、古くなって使わなくなった厚手の鍋を利用するのをおすすめします。 水や油を使わずに厚手の鍋を弱火にかけ、茶葉に含まれている余分な水分をとばして下さい。 軽い焦げ目や、香ばしい香りが出てくれば終了です。 乾煎りした茶葉は、使い古したストッキングや、空き瓶に詰め消臭剤として再利用してください。 賞味期限と消費期限との違いは? 先ほど、賞味期限の切れた麦茶のパックの再利用の方法を紹介しましたが、賞味期限と消費期限の違いって、ご存知ですか? よく似ていますが、全く意味が違いますので説明しますね。 賞味期限とは? 麦茶のパックは賞味期限ですよね。 賞味期限とは主に日持ちのする物、ハムやソーセージ、缶詰などに表示されています。 冷蔵保管や、常温保管での保存が基本となります。 期限内ですと、その食品を美味しく食べることが出来ます。 なので 「味をほめることのできる期限」と覚えると良いでしょう。 賞味期限を過ぎても、すぐに食べられることが出来なくなるわけではありません。 つまり、期限を過ぎても食べることができます。 実際には自分で判断しないといけません。 見た目や匂い、舌で感じる違和感など五感を使うしかありません。 昔ですと、ほとんどの家庭ではお母さんが、匂いや味見をして「これはまだ食べられる。 これはもうダメ」など判断してくれてましたね。 消費期限 主に、ケーキ類や菓子パンなどの日持ちしない食品に表示されています。 表示されている保存方法に従って保存されているときに、食べても安全な期限 です。 ですので、 「消費しなければいけない期限」と覚えて下さい。 賞味期限と消費期限のまとめ 賞味期限、消費期限ともに、未開封状態で表示されている保存方法で保管されていることが前提となります。 どちらとも、開封したときはなるべく早く食べることを推奨されています。 特に、冷蔵後の温度は設定温度ではなく、実際の冷蔵庫内の温度なので食品を詰め込みすぎていたり、扉の開閉回数が多くなれば、室温はあがってきますので注意して下さいね。 保存方法が書いていない場合は、常温保管になります。 まとめ 多少、賞味期限を過ぎても麦茶は飲めますが、やはり風味はどんどんなくなってきますので、賞味期限内にいただきましょう。 出がらしのパックは、お掃除や消臭剤に再利用して下さい。 というか、麦茶ってどこまでエコで優しい飲み物なんでしょう。 素晴らしいですね! 最後のさいごに言うのもなんなんですが、実はティーパックではなくティーバッグなんですね。 普通に間違えて使っていました。

次の