香典 郵送。 香典を郵送する際のマナーとは?添える手紙の文例も紹介します

はがきで送る香典のお礼状|いつまでに送る?文面に盛り込むべきポイントと文例も

香典 郵送

香典について 香典は、故人の霊前に供える金品のことで、故人への供養の気持ちを表現するものです。 香典に入れる金額の相場は故人との付き合いの深さや自身の年齢などによって、通常5,000円~50,000円の範囲内で変動します。 香典は不祝儀用ののし袋に入れ、通夜やお葬式の場に持参するものですが、何らかの事情があって参列できない場合は、郵送という形で送ります。 香典を郵送することは失礼には値しません。 むしろ、気遣ってもらえたことに感謝してくださることでしょう。 しかし、マナーを守らずに送ってしまうと遺族へ負担となってしまう場合もありますので、最低限のマナーは守って送るようにしましょう。 香典を送る際に気を付けるべきことは沢山ありますが、中でも守るべきは、現金書留の封筒に直接現金を入れない、ということです。 現金書留の封筒は、不祝儀袋もきちんと収まる大きさのものがあります。 新札を入れたり、逆にシワシワのお札を入れたりするのは失礼にあたりますので気を付けましょう。 不祝儀袋に現金を入れたら、表書きや中袋へ住所や氏名等を記入しましょう。 現金書留で送る場合、現金書留の封筒にも住所・氏名を記入しますが、不祝儀袋にも書く必要があります。 重ね重ねという意味にならないよう、便箋は一枚だけを使用します。 便箋を封筒に入れたい場合は、二重になった封筒ではなく、一重のシンプルな封筒を使用しましょう。 また、色のついた封筒を使用する場合は、明るい色や柄のついたものは避け、グレーや紫色、深緑色などの暗めの色を選びましょう。 お悔やみの言葉を記入する際は、ペンや万年筆でも問題ありませんが、墨を使用する場合は薄墨で書くのがマナーです。 また、重ね重ね、いよいよ、追って、再び、続くなどの忌み言葉は避けましょう。 また、故人とは親しくしていたが、そのご家族とは面識がない場合は、自分が誰で、故人とどのような関係なのかを記しておけば、受け取った遺族が「誰だろう?」と悩むことが無いので必ず記しておきましょう。 現金書留は、送る金額と重量によって郵送料が変動しますので、必ず窓口で計算してもらう必要があります。 多くの郵便局は平日しか開いていませんが、土日祝日にゆうゆう窓口が開いている支店へ行けば、平日以外でも郵送することができます。 香典を郵送する際に問題になるのは、斎場へ香典を送った場合です。 現金書留は日時の指定ができないため、香典が届いたタイミングで遺族の方が斎場へいない場合もあるからです。 現金書留は必ず受取主に手渡す必要があるため、受け取る人が不在の場合は持ち帰ってもらうことになってしまいます。 香典は、お葬式後1週間以内に到着するように郵送するのが無難です。 お葬式前後は非常に忙しいので避けた方が良いでしょう。 逆に、一月以上後になると、また迷惑をかけることになります。 お葬式の清算や香典返しなどの一連の作業は、おおよそ三十五日の前後で落ち着くため、遅くとも一カ月以内には到着するように送りましょう。 香典の送り方や注意事項を以下にまとめましたので、ご参考ください。 送る際は郵便局の窓口から郵送する。 香典の送り先 喪主の自宅へ郵送する。 香典を送るタイミング お葬式後1週間以内に送る。 お葬式のマナー• その他のマナー• 参列者のマナー• 喪主・施主のマナー•

次の

香典の郵送方法は?手紙に使う便箋や封筒おすすめは?例文は?

香典 郵送

参列マナー 作成日:2019年09月04日 更新日:2020年07月07日 家族葬を後日知ったときに香典はどうするべき?弔問の仕方についても解説• 「」とは、 故人の家族や親戚といった近親者だけで行われる葬儀スタイルのことをいいます。 亡くなった事実を後から知り、遺族に香典を差し上げるかどうか悩む方も多いことでしょう。 家族葬では、遺族が香典を辞退するケースも実は少なくありませんが、なかには受け取る方もいらっしゃいます。 香典を差し上げるかどうか迷ったときは、遺族にご意向を尋ねましょう。 遺族が受け取るという場合は、弔問してお悔やみの気持ちとともに香典を渡します。 その際のマナーについても解説します。 【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 家族葬と香典について 家族葬で香典を辞退する遺族は比較的多いといわれています。 なるべくシンプルに葬儀を行い、香典のお返しをする手間を省きたいと考えるからです。 一方で、故人との別れを惜しむために参列してくれた方の気持ちを大事にするべきという思いから香典を受け取る場合もあります。 どのように対応すればいいかご紹介します。 家族葬は親近者のみで行う葬儀のこと 参列するのは、基本的に 亡くなった方の家族や親戚、ごく親しい友人のみです。 近年、故人が家族に精神的、または時間的な負担をかけたくないと、生前に家族葬の意思を示すケースが増えています。 あるいは、遺族が多くの弔問客が訪れた際の儀礼的な挨拶は抜きにして、 故人を静かに偲び、ゆっくりと別れの時間を過ごしたいと考えて家族葬を選ぶ場合もあります。 また、葬儀が終わり、しばらくしてから亡くなった事実を知って周囲が驚いた、ということも決して少なくありません。 香典は供養と葬儀費用の助けの意味がある 香典とは、親族や友人、知人といった故人と関係のあった方が 霊前に供えるお金のことです。 一般的には通夜、または葬儀や告別式の際、参列者が遺族に渡します。 香典はそもそも「お香を供える」、つまり葬儀に必要な線香を買うためのお金を包んだのが始まりです。 昔は米や野菜といった食料を、現在のようにお金を包むようになったのは戦後からといわれています。 また、香典には遺族の葬儀にかかる費用の負担を減らすという相互扶助の意味もあります。 ただし一般的な葬儀と違って、家族葬には香典に関する決めごとがありません。 受け取らない遺族もいれば、気持ちだからと受け取る遺族もいます。 家族葬後の香典は遺族への確認が大切 特に家族葬は、葬儀が行われたことそのものを知らなかったという場合もあるので、その後香典を渡しに行ったほうがいいかどうか迷うケースが多いようです。 香典を渡す場合は 必ず遺族に連絡を取り、伺ってよいかの確認が大切です。 葬儀後、さまざまな整理や届け出などで忙しい遺族に時間を取ってもらうのであれば、自分の思いや都合のいい時間を優先させないよう注意しましょう。 家族葬後の香典の渡し方 遺族に連絡を取り、香典を受け取ってもらえることがわかったら、日時を決めてご自宅に弔問に伺います。 基本的には、 香典は直接手渡すのがマナーです。 ただし、遠方に住んでいるなどどうしても伺うことができない場合は郵送でも構いません。 郵便局に行き、不祝儀袋が収まる大きさの現金書留の封筒を購入して送ります。 自宅を弔問して直接渡す 弔問とは故人を偲び、そして遺族にお悔やみを伝えに行くためのものです。 葬儀や告別式に参列できなかった場合、後日故人のご自宅へ伺います。 何より気をつけなければいけないのは、 自分の気持ちよりも遺族への配慮を大切にするということです。 故人が会社関係の場合は自分だけの判断では決めず、上司と相談して弔問するかどうかを決めて遺族と連絡を取りましょう。 現金書留で郵送をする 香典を送る際は、郵便局に行って現金書留の封筒を買います。 大きさなど分からなければ教えてくれます。 気をつけなければいけないのは、 現金書留の封筒に直接お金を入れないことです。 現金は不祝儀袋に入れて、お悔やみの言葉を書いた便箋も添えて送りましょう。 不祝儀袋と便箋を封筒に入れたら、窓口で郵送料を支払います。 郵便局が開いているのは基本的に平日のみですが、週末や祝日にゆうゆう窓口が開いている支店であれば、そこでも郵送することができるので覚えておきましょう。 家族葬の香典の金額相場 香典の金額の相場は、ほかの葬儀であろうと家族葬であろうと基本的に変わりません。 遅れて渡すからと多めの現金を包んでもかえって遺族に気を遣わせてしまうので、相場を渡すようにしましょう。 金額は故人との関係、香典を渡す相手の年齢によっても変わってきます。 故人との関係によって異なる 香典は故人への供養の思いを表すものです。 生前親しければ、2万円包む場合もあります。 香典を渡す側の年齢によっても異なる 香典は、 自分の年齢によっても金額が変わってきます。 香典の代わりになるもの 香典の代わりに供物や供花を贈るやり方もあります。 ただし、訃報の連絡や葬儀の案内を確認しましょう。 香典と同じように、供物や供花の辞退が明記されていることもあります。 その場合に渡すとマナーに反するので、気をつけるようにしてください。 ここからは、供物や供花として贈るのに適したものを紹介します。 故人の好きだったものや遺族の方の好みに合わせて用意してください。 線香やお菓子、果物、缶詰、五穀などがよく用いられます。 お菓子は、和菓子や洋菓子、ゼリーや煎餅などがよいでしょう。 霊前に添えた後は遺族が召し上がるので、 生菓子ではなく日持ちする個別包装のお菓子がよいでしょう。 供花 供花は、家族葬を行う 葬儀社に依頼するのが一般的です。 ホームページを持っている花屋であれば、インターネットからも注文できます。 供花に用いられる花は菊やユリ、カーネーションなどが多いようです。 季節の花や故人が好きだった花も遺族に喜ばれるでしょう。 家族葬後に弔問する際に知っておきたいこと 家族葬後にご自宅に尋問するときも、いくつかマナーがあります。 いつ弔問すればいいか、その際、どのような服装で行けば失礼にあたらないか、また弔問の流れや線香の上げ方など、具体的に説明します。 ただし、葬儀直後は遺族にとってはさまざまな手続きで慌ただしいため、葬儀から1週間くらい経ってからがよいという意見もありますので、あらかじめ遺族に相談するのがよいでしょう。 弔問は遺族の時間を取ることになります。 体験談のなかには、家族葬後、逆に弔問客が大勢来てその応対に追われて大変だったという方もいました。 日時を相談するときは、 遺族側のご都合を最優先にしましょう。 弔問するときの服装は平装 ご自宅に弔問するときは、 紺やグレーといった落ち着いた色合いの平服でうかがうのがおすすめです。 弔問というと喪服や黒い服のイメージですが、遺族側が普段着で弔問客を迎えている中に喪服で行くと、弔問側の格が高くなり、逆に失礼にあたってしまいます。 家族葬を終えた遺族は精神的にまだつらいなか、日々の生活へ戻る努力をしている時期ですから、葬儀を連想させるような服装や、また派手なアクセサリー類は避けたほうがよいでしょう。 ただし、 数珠は忘れないよう注意してください。 弔問の流れ ご自宅への弔問は、このように行います。 ご遺族が忙しいときは避けましょう。 多くの言葉は必要ありません。 「この度は御愁傷さまです」のように簡潔な表現で弔意を示しましょう。 あまり長居しないよう気をつけましょう。 力づけるような言葉がよいでしょう。 お線香のあげ方 お線香のあげ方を紹介します。 息を吹きかけて消すのはマナー違反とされています。 参考動画:弔問の作法(やり方)・マナー(服装・お線香の手向け方)【小さなお葬式 公式】 動画が見られない場合は まとめ 香典は 故人を偲ぶために渡すものです。 最近増えつつある家族葬においては、香典を差し上げたいけれどどうしたらいいか分からない、という声が多く聞こえてきます。 もっとも大切なのは、 遺族が香典を受け取るかどうか、ご負担やご迷惑にならないよう心がけることです。 家族葬のマナーをきちんと理解して香典を差し上げるようにしましょう。 関連記事 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

香典を郵送する時のマナー!タイミングや宛名、お悔やみの手紙の文例も

香典 郵送

香典は本来ならば、直接お通夜や告別式に持参するのが礼儀ではありますが、遠方に住んでいるなど、さまざまな事情で葬儀や告別式に参列出来ない場合もあります。 その場合にはまず先に弔電を打ち、出来る限り早いうちに香典を郵送します。 香典を郵送する場合には、金銭を「不祝儀袋(香典袋)」に入れ、その不祝儀袋を現金書留の封筒に入れて、喪主宛に郵送します。 金銭を直接現金書留の封筒に入れて、そのままお送りしないように気をつけましょう。 また為替や、弔電と一緒に電報為替で香典を送るという方法もありますが、これは喪家の手間を考慮すると控えておき、現金書留で香典の郵送をしたほうがよいでしょう。 現金書留の封筒に入れる不祝儀袋には通常通り表書きをします。 そして中袋にも金額と住所、氏名を記入しておきます。 現金書留の封筒に住所、氏名を記入したからといって、香典への記名などを省略しないようにしましょう。 遺族にとっては多くの香典の整理の中で、現金封筒を処分し、香典が誰から送られてきたのか分からなくなる場合がままあることです。 お通夜、告別式に参列出来ないからとの理由で、友人、知人など他の弔問者に香典を預けることは、実はマナー上、喪家に対して失礼にあたることになります。 参列できない場合でも、必ず郵送するようにしましょう。 お悔やみの手紙は、はがきでなく、必ず封書で出状します。 便箋は色物を避け、上質の白を用いるのが基本的なマナーです。 毛筆の場合は、薄墨を用い哀悼の意を表します。 ちなみに薄墨を用いるのは「悲しみで涙が流れ、その涙が硯(すずり)に落ち、墨が薄まる。 」という意味が込められています。 「なお、心ばかりのご香料を同封いたしましたのでご霊前にお供えいただきたく存じます。 」などと香典を同封している旨を書き添えておきましょう。 ----------------------------------------------- 《参考文例》 お父様がお亡くなりになった場合のお悔やみ文例 ご尊父様、昨日ご逝去の由承り、ご親族の皆様のご悲嘆いかばかりかとご心中拝察申し上げます。 謹んでご尊父様のご冥福をお祈り申し上げます。 とりあえず書中をもってお悔やみを申し上げる次第でございます。 お力落としのこととは存じますが、御身損われることございませぬよう、ご自愛下さいませ。 なお、同封いたしましたのは、ほんの心ばかりのご香料でございます。 ご霊前にお手向けくださるようお願い申し上げます。

次の