ザルトプロフェン 80。 医療用医薬品 : ザルトプロフェン

ザルトプロフェン錠80mg「サワイ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ザルトプロフェン 80

ザルトプロフェン錠80mg「日医工」に関連する病気 関連する可能性がある病気です。 変形性関節症 緊張型頭痛 関節リウマチ 変形性肘関節症 変形性膝関節症 変形性股関節症 片頭痛(偏頭痛) 椎間板ヘルニア 脊椎圧迫骨折 脊椎骨折 ザルトプロフェン錠80mg「日医工」の主な効果と作用• 痛みや 炎症の原因となる物質(プロスタグランジン)が作られるのをおさえる働きがあります。 炎症による痛みやはれをやわらげるお薬です。 ザルトプロフェン錠80mg「日医工」の用途• 外傷後の消炎• 外傷後の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の消炎• の鎮痛• 手術後の消炎• 手術後の鎮痛• 抜歯後の消炎• 抜歯後の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の消炎• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 ザルトプロフェン1回80mg、1日3回経口投与する• 頓用の場合は、1回80~160mgを経口投与する ザルトプロフェン錠80mg「日医工」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• アスピリン喘息• 過敏症• 重篤な肝障害• 重篤な心機能不全• 重篤な腎障害• 消化性潰瘍• 重篤な血液異常• 非ステロイド性消炎鎮痛剤等により誘発される喘息発作• 潰瘍性大腸炎• 肝障害• 感染による炎症• 気管支喘息• クローン病• 血液異常• 心機能障害• 腎障害• 非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 授乳婦• 幼児・小児• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 長期間投与されている女性• 高齢者 65歳〜• 小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、• 高齢者 65歳〜• 小児 0歳〜14歳 ザルトプロフェン錠80mg「日医工」の注意が必要な飲み合わせ.

次の

ザルトプロフェン錠80mg「サワイ」の効果・用法・副作用

ザルトプロフェン 80

ソレトン、ペオン(ザルトプロフェン)の作用機序:消炎鎮痛剤 関節痛や腰痛症では炎症が起こり、痛みが発生します。 炎症が続くようであると、その痛みによって日々の生活に支障をきたしてしまいます。 そこで、これらの痛みを取り除く薬として ザルトプロフェン(商品名:ソレトン、ペオン)が使用されます。 ザルトプロフェンは NSAIDsと呼ばれる種類の薬になります。 ザルトプロフェン(商品名:ソレトン、ペオン)の作用機序 痛みが起こるとき、私たちの体に「痛み物質」が生成されているために痛みが発生します。 特に炎症部位ではさまざまな「痛み物質」が作られています。 この「痛み物質」として有名なものに プロスタグランジン(PG)があります。 プロスタグランジンは炎症部位で放出される物質の1つであり、プロスタグランジンが作用することで痛みが増大されます。 つまり、 痛みを和らげるためには、プロスタグランジンの働きを抑えてしまえば良いことが分かります。 痛み物質であるプロスタグランジンが作られる過程には酵素が大きく関わっています。 つまり、シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害すれば、原料からプロスタグランジンが作られなくなります。 その結果、痛み物質が少なくなることで鎮痛作用を得ることができます。 このように、「痛み物質」として知られているプロスタグランジンの生成を抑え、痛みを緩和する薬がザルトプロフェン(商品名:ソレトン、ペオン)です。 ザルトプロフェン(商品名:ソレトン、ペオン)の特徴 抗炎症、鎮痛作用を示す薬を一般的にNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)と呼びます。 ザルトプロフェン(商品名:ソレトン、ペオン)など、プロスタグランジンの生成を阻害する薬は炎症や痛みを抑えるため、先に述べたNSAIDsに分類されます。 ザルトプロフェンは関節リウマチや変形性関節症、さらには手術後や外傷、抜歯後の炎症や痛みに対して有用性が高い薬です。 ただし、 NSAIDsで問題となる副作用として胃腸障害(胃潰瘍など)が知られています。 これは、「プロスタグランジンの生成を阻害する」という作用機序が大きく関わっています。 プロスタグランジンは炎症や痛みの誘発に関与しているのと同時に、胃粘膜保護作用にも関与しています。 胃酸は強力な酸であるため、プロスタグランジンによって胃酸による攻撃から胃を守っているのです。 しかし、NSAIDsによってプロスタグランジン合成がストップすると、胃粘膜保護作用が消え去ってしまいます。 その結果、胃酸による攻撃に耐えられなくなって胃潰瘍が起こります。 そのため、ザルトプロフェン(商品名:ソレトン、ペオン)などのNSAIDsを使用する場合、空腹時の使用を避けるなど胃への刺激を和らげる必要があります。 このような特徴により、幅広い炎症や痛みを和らげる薬がザルトプロフェン(商品名:ソレトン、ペオン)です。

次の

ザルトプロフェン錠80mg「日医工」

ザルトプロフェン 80

薬剤名等 臨床症状・措置方法 機序・危険因子 ニューキノロン系抗菌剤 エノキサシン等 痙攣を誘発することがあるので、用量を調節するなど注意すること。 本剤はその阻害作用を増強すると考えられている。 クマリン系抗凝血剤 ワルファリン等 抗凝血作用を増強するおそれがあるので、用量を調節するなど注意すること。 本剤のヒトにおける血漿蛋白結合率 in vitro は98%と高く、血漿蛋白結合率の高い薬剤と併用すると、血中の遊離型薬剤の濃度が上昇するためと考えられている。 スルホニル尿素系血糖降下剤 トルブタミド等 血糖降下作用を増強するおそれがあるので、用量を調節するなど注意すること。 本剤のヒトにおける血漿蛋白結合率 in vitro は98%と高く、血漿蛋白結合率の高い薬剤と併用すると、血中の遊離型薬剤の濃度が上昇するためと考えられている。 チアジド系利尿剤 ヒドロクロロチアジド等 チアジド系利尿剤の作用を減弱するとの報告がある。 本剤のプロスタグランジン生合成抑制作用により、水・塩類の排泄を低下させる可能性が考えられている。 リチウム製剤 炭酸リチウム リチウム製剤の作用を増強するとの報告があるので、リチウム製剤の用量を調節するなど注意すること。 本剤の腎におけるプロスタグランジン生合成抑制作用により、これらの薬剤の腎排泄が減少し、血中濃度が高くなる可能性が考えられている。 メトトレキサート メトトレキサートの作用を増強するとの報告があるので、メトトレキサートの用量を調節するなど注意すること。 本剤の腎におけるプロスタグランジン生合成抑制作用により、これらの薬剤の腎排泄が減少し、血中濃度が高くなる可能性が考えられている。

次の