中島 健 人 高校。 中島健人の出身高校と大学の学部はどこ?偏差値&倍率やエピソードのまとめ!

中島健人の頭の回転がいいけど卒論テーマも凄かった!?中学高校と大学の部活や学生時代は?

中島 健 人 高校

もくじ• 同年 10月のドラマ「スクラップ・ティーチャー」で俳優デビュー。 2009年に中山優馬や山田涼介らとともに NYC Boysに参加。 2011年 9月の Sexy Zoneの結成に参加して、グループは 11月に 1STシングル「 Sexy Zone」でメジャーデビュー。 2013年の「 BAD BOYS J」で連続ドラマ初主演し、 同作の劇場版で映画初主演。 以降も「黒服物語」や「黒崎くんの言いなりなんてならない」、 「ガードセンター 24」などのドラマに主演。 「銀の匙」や「心が叫びたがってるんだ。 」、 「未成年だけどコドモじゃない」などの映画にも主演している。 中島健人の学歴~出身大学の詳細・英語がすごい! スポンサードリンク 出身大学: 明治学院大学 社会学部社会学科 偏差値 55(中の上) 中島健人さんは高校卒業後は、明治学院大学に進学します。 一般受験ではなく、 AO入試での進学です。 高校時代はグループでの活動もあって大学に進学するか迷ったそうですが、高校2年生の時に発生した東日本大震災で情報が錯そうして不安を感じた際に、情報の発信や伝達に興味を持ったことで大学進学を決めたとインタビューで述べています。 「正確な情報を早く伝えるためにはどうすれば良いか、何か改善することはないかと思ったんです。 僕は何も知らなかった。 だから大学で情報発信の基礎を学ぶことを決意しました」 そのため大学ではメディア社会論などの講義を受講して、メディアが伝える情報には優先順位があることを知ったそうです。 「優先度の低い情報は発信が遅れます。 でも届ける情報の一つ一つが〝濃い内容〟であれば、受け手の不安は和らぐはず」 加えて講義は一番前の席で受けているとバラエティ番組に出演した際に明かしています。 「講義は一番前で受けています。 他の学生の視線を背中に受けながら授業を受けたほうが寝ないんですよね」 大学時代にはしっかりと学業に励んだ中島さんですが、大学2年生の時には明治学院大学のパンフレットに掲載されています。 加えて大学3年生の時の7月におこなわれた同大のオープンキャンパスの際におこなわれた鈴木おさむさんのトークショーにサプライズ登場して参加者を大喜びさせています。 その際にはオープンキャンパスに来た入学希望の学生たちの質問に応じたり、学校で好きな場所は『図書館』で『窓に映る自分を見ながら勉強してる』と話していたとか。 ほかにもネット 上のレポートを見ると、大学では韓国語を学んでいることや、大学の文化祭にSexy Zoneとして出演してみては、という意見に『在学中にはできない』というやり取りもあったようです。 このように中島さんは学生時代に明治学院大学のPRにかなり貢献しています。 大学時代は忙し中でもゼミや仲間内の飲み会にも参加したり、他の学生にも気さくな対応をしたりと、かなり評判がよかったそうです。 加えて中島さんは大学時代は英語やスペイン語を独学で勉強しています。 大学の語学もこの2言語をとっており、スペイン語の授業ではクラスメイトから「プリマベーラ」のあだ名で呼ばれています。 英語に関しては、英語が堪能な岡本圭人さんやマリウス葉さんらとたびたび英語で会話もしています。 そのせいか英語力もかなり上達しており、現在では外国人に英語でインタビューもできるほどです。 大学2年生の時には「BAD BOYS J」で連続ドラマに初主演しています。 また大学3年生の時には、連続ドラマ「黒服物語」に主演。 さらに大学4年生の時には「黒崎くんの言いなりなんてならない」に主演するなど、大学時代は毎年のように話題作のドラマに主演としてきようされています。 それらに加えて大学時代には「劇場版 BAD BOYS J」や「銀の匙」などの映画に主演するなど、俳優として大きく成長しています。 ただし仕事が多忙でスペイン語の単位を落としたりしたことで大学は4年間で卒業できずに、1年間の留年を経ての卒業となっています。 とは言え仕事量もかなり多かったはずなので、そんな中でも大学を 卒業したのは立派です。 また大学の卒業式には、同じ大学に通学しているジャニーズ事務所の後輩の永瀬廉さんと阿部顕嵐さんを引き連れて登場するサプライズを敢行して出席者を喜ばせています。 ちなみに永瀬さんもこの大学の同じ学部に進学していますが、中島さんに強く勧められたためです。 なお中島さんは大学時代には大学院への進学も検討したそうですが、結局は大学院には進学していません。 スポンサードリンク 中島健人の学歴~出身高校の詳細 出身高校:東京都 杉並学院高校 偏差値56(中の上) 中島健人さんの出身校は、私立の共学校の杉並学院高校です。 同校は部活動が盛んで、ゴルフ部や合唱部が全国大会の 常連校として知られています。 中島さんは出身高校を明らかにしていませんが、インターネット上やツイッターにはこの高校に在籍した情報が複数存在します。 石川遼、SexyZone中島健人、暴走坊主24時を輩出した偉大なる高校です 笑 校舎がシャレオツ — 暴走坊主24時 nekotan5555 後述するように中島さんは中学時代は部活動をおこなっていましたが、高校時代はグループでの活動のほか、既にドラマや映画で活躍していたので、部活動などはおこなっていないようです。 ただし中学校時代にはジャニーズJr. として人気が高かったため、高校時代は既に有名人だったことから、高校入学直後は「しんどかった」とインタビューで述べています。 「入学してすぐ「あいつジャニーズだぜ」ってウワサになっちゃってさ。 いい感情を持つ人ばっかりじゃないから、しんどい時期もあった」 しかし中島さんはどこまでも前向きで、そのような逆境が自分を強くしたとも述べています。 「でもその逆境が俺を強くした。 絶対、ネガティブな俺は見せたくない、いつも楽しそうな俺でいようって強く思うようになったの。 時にはそれが行き過ぎてしんどくなるときもあったけど……」 また高校時代に「窓越しLOVE」があったことをインタビューで話しています。 「ある日バスに乗り込んで窓を見たら、ガラス越しに映るぼくを彼女がジーッと見てたんです、それみたらキュン!! ってなっちゃいました。 窓越しLOVEですよ!! 」 中島さんはその彼女に気づいてもらおうとアプローチを試みましたが、残念ながらそれ以上に発展せずに最後まで「窓越しLOVE」に終わってしまったとのこと。 仕事面では高校時代にジャニーズJr. Shadow」のメンバーに抜擢されています。 また同じ年にはこのユニットに山田涼介さんと知念侑李さんを加えた「NSCboys」のメンバーにもなっています。 この年の12月には「NSCboys」のメンバーとしてNHK紅白歌合戦にはじめて出場しています。 そして高校3年生だった9月に菊池風磨さんやマリウス葉さん、佐藤勝利さん、松島聡さんとともにSexy Zoneが結成し、グループは11月にファーストシングル「Sexy Zone」でメジャーデビューを飾っています。 ちなみに中島さんはメンバーの中では最年長です。 また高校3年生の時は仕事でかなり忙しかったようですが、学業と仕事を両立させており、前述のように明治学院大学のAO入試にも合格しています。 【主な卒業生】 石川遼(プロゴルファー) 天海祐希(女優・菊華高校時代) スポンサードリンク 中島健人の学歴~出身中学校の詳細 出身中学校:千葉県 浦安市立日の出中学校 偏差値なし 中島健人さんの出身中学校は、地元浦安市内の公立校の日の出中学校です。 中学校ではサッカー部に所属してゴールキーパーを務めています。 しかし部活中に骨折して部活動を休養し、完治して復帰したその日に再び骨折してサッカーを諦めて、以降は陸上部に所属しています。 また小学校時代からピアノを習っていた中島さんですが、中学2年生の時にはじめて発表会に出場して「モルダウの流れ」を演奏しています。 加えて小学校時代は一匹狼タイプで友達も少なかったことから、中島さんは中学時代にそんな自分を変えるために学級委員に立候補したり、合唱コンクールや体育祭にも積極的に参加しています。 ところがそんな中島さんを面白く思わなかったクラスメイトがいて、 「ある日、『おはよう』と教室に入ったら、誰も返事をしてくれない、目すら合わせてくれない」と突然無視されるようになったそうです。 そのクラスメイトはクラスの権力者だったことから、前日まで友達だと思っていた生徒や慕ってくれた女子からも話しかけられなくなり、かなりつらい日々を送っています。 「俺は一番前の席に座っていたんだけど、その日は1日、後ろを振り返ることができなかった。 クラスメイトの顔を見るのが……怖かったんだ」 しかしそんな中でも中島さんは歯を食いしばって中学校に通学していましたが、その際に勇気をもらったのがテレビに映し出されるSMAPの姿でした。 「その姿がオレの目には異常にキラキラと輝いて見えて!! (略)『俺も輝ける人になりたい!! 』、『変わりたい!! 』そう心から思ったんだ」 またHey!Say!JUNPの山田涼介さんへの憧れもあったことから中学3年生の時に履歴書を応募したことがきっかけでジャニーズ事務所に入所しています。 ちなみにジャニーズ事務所のオーディションの際には、社長のジャニー喜多川さんから「ピアノを弾いてみて」と言われ、発表会でも弾いたことのある「モルダウの流れ」を披露しています。 ジャニーズ事務所入りした後は同じ年の10月に連続ドラマ「スクラップティーチャー」で俳優デビューも飾っています。 なおその後も中学校での状況は変わりませんでしたが、他のクラスにいた2人の親友の存在が心の支えになったため、不登校などにはならなかったそうです。 現在での明るい姿からは想像がつきませんが、中島さんは中学校時代には壮絶なイジメを受けていたのです。 そんな自身の経験を踏まえて、同じような思いをしている人に 「ひとりで悩みを抱え込まないでほしい、相談できる人を作ってほしい」「『教室なんてちっぽけな世界だ』ということをキミに伝えたい」とのメッセージを贈っています。 ちなみに中学校時代の親友の1人のSさんは、大学時代に中島さんが出演したテレビドラマ「BAD BOYS J」で、1対300人のケンカのシーンで300名のケンカ相手の1人として撮影に参加しています。 その際には 「その300人の中にまさかのSがいて。 バトルしながら『中島!! 』、『S!? 』とおどろくっていう(笑)」と語るほど驚いたそうです。 加えて中島さんは中学校時代はジャニーズ事務所に入所したばかりということもあって、ライブなどではダンスのポジションが後ろのことが多かったそうです。 そのため公私ともに恵まれていない中学時代を送っていたようです。 スポンサードリンク 中島健人の学歴~出身小学校の詳細 出身小学校:千葉県 浦安市立日の出小学校 中島健人さんの出身小学校は、地元浦安市内の公立校の日の出小学校です。 家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。 またハーフとの疑惑もある中島さんですが、両親はともにれっきとした日本人です。 子供の頃は気弱な性格で泣き虫でした。 小学校2年生の時に父親に勧められてピアノを習っています。 「お父さんに「ピアノが弾ける男はかっこいい」って言われたのがキッカケなんだ!(笑)最初はグループレッスンで子供らしい可愛い曲を練習して個人レッスンになってからは少しづつクラッシックも弾くようになった」 なお中島さんは得意のピアノ腕前を何度もテレビ番組で披露しています。 ファンには中島さんのピアノは非常に高く評価されており、「ソロリサイタルを開いてほしい」といった声も多々あります。 以上が中島健人さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。 所属するSexy Zoneはジャニーズ事務所でも有数の人気アイドルグループに成長しました。 現在でもグループでの活動の傍ら、続々と主演作が製作されており、 人気俳優のひとりに数えられるほどです。 (ドロ刑) またタレントとしても人気が高く、バラエティ番組「ぐるナイ」の人気企画「ゴチになります!」のレギュラーにも抜擢されています。 年齢的にもこれからですし、今後の大きな飛躍にも期待が高まります。 スポンサードリンク ここまでお読みいただきありがとうございました。 ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。 また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。 なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。 このところ当サイトのページが警告音とともに「 Windowsセキュリティシステムが破損しています」とのページに切り替わることが稀にあります。 このような表示はすべて詐欺なので、「更新」や「続行」、「こちらをクリック」などのボタンは絶対に押さないでください。 万が一、そのような表示が現れた場合にはページをいったん閉じてから再開してください(クリックさえしなければ実害はありません)。 なお当サイトはグーグル社提供の広告ユニットを使用していますが、そのような詐欺広告はグーグル社のチェックをかいくぐって表示されています。 現状では当サイトでブロックすることができないことをご了承ください(いずれグーグル社に対策されると思われます).

次の

中島健人

中島 健 人 高校

映画にテレビと忙しいセクゾの中島健人。 ファンへの神対応も人気ですが、あの対応が出来るのはきっと地頭がいいから。 ということは高校の偏差値って高いのでは?というわけで、中島健人くんの高校の偏差値と高校時代のエピソードをまとめてみました! 中島健人は頭の回転が良い! ファンへの神対応が芸能界でも絶賛されているケンティーこと、中島健人くん。 突然ファンへの対応を振られても、ファンをメロメロにさせる素敵な返しが出来ちゃうあたり、絶対地頭がいいからだなと思えますよね。 バラエティ番組でも頭の回転の良さがわかるコメントを連発していますし。 相手や自分を卑下することなく、機転を利かせたコメントが出来るのは頭の回転が早くなければ出来ませんからね。 あともともとの性格もあるだろうけど。 偏差値など、どんな高校なのかはこのあとご説明していきますね。 中島健人の出身高校・杉並学院の偏差値は? 健人くんの通っていた杉並学院高等学校ですが、いったいどんな高校なのか気になりますよね。 特に偏差値とか。 健人くんが明治学院大学に進学しているあたり、進学校なのかな?というイメージを持ちましたが、実際どうなんでしょう? 杉並学院高等学校は、地元では有名な私立高校。 都内の私立高校だけあって(?)不良生徒はおらず、気品あふれる上品な高校です。 杉並学院高等学校は 東京都内の私立高校245校中60位の偏差値で、 生徒の平均偏差値は56~62と言われています。 ちなみに一位の高校(開成高校やお茶の水女子大学付属高校など)の偏差値は78ですので、杉並学院高等学校は中の上ってとこですかね? 杉並学院高等学校について 杉並学院高等学校は前述した通り、男女共学の私立高校。 杉並学院高等学校には特進コースと文理コースがあり、特進コースは国立大学や難関私立大学受験レベルだそうです。 文理コースの生徒もほぼ全員が大学受験をするそうで、早稲田や慶応、上智、学習院、明治、青山学院など有名私立大学への進学率もかなり高いようです。 健人くんは雑誌の取材で 「学校で楽しいことといえば、やっぱり放課後」と回答していて、 放課後にもんじゃ焼きを食べに行ったり、「卒業式の前々日にパスタ屋さんで同級生と2時間話していた」なんていうエピソードもあるようです。 ちなみに、とあるテレビ番組では高校時代の卒業旅行で行ったディズニーランドでの写真が公開されたことも。 高校時代の部活は? 高校時代と言えば、青春の一ページとして気になるのが部活動ですが、 健人くんは部活には所属していなかったようですね。 勉強と芸能活動を両立させるだけでも大変そうですしね。 あ、でも健人くん自身は「フォークソング部」に入りたかったそうです。 どっちもモテる部活ですね…!w 中島健人の大学は? 大学進学率の高い高校に通っていた健人くんが進学した大学は前述した通り「明治学院大学」です。 ちなみに、今年デビューしたKing&Princeの永瀬廉くんが明治学院大学に入学したきっかけは、中島健人くんの「おまえ俺の大学に来いよ」という一言だったと言われていますね。 明治学院大学とは 明治学院大学は、白金と横浜にキャンパスのあるクリスチャン系の大学です。 実はわたしも明治学院大学を受験しましたが、見事落ちましたw なので健人くんの偏差値はわたしより高いということは決定的です!(だからどうした)ただ、健人くんはAO入試(自己推薦)で受験し、合格しているので偏差値はそこまで関係していないんかなとも思います。 明治学院大学には、経済学部・社会学部・法学部・国際学部・心理学部・文学部の6つの学部があり、国際学部だけは入学してから4年間横浜キャンパスに通学しますが、その他の学部は2年までは横浜キャンパス、3年からは白金キャンパスと学年によって通学するキャンパスが変わります。 ちなみに健人くんは社会学部で、社会学科・メディアと文化コースというコースに在学していました。 上述した永瀬くんも同じ社会学部に在学していると言われています。 健人くんは明治学院大学のパンフレットにも登場したことがあり、大学の志望理由について 『明治学院大学は父の母校ということもあり、小さい頃にときどき連れてきてもらいました。 キャンパスがおしゃれで雰囲気が良いので、僕にとっても第一志望校。 』 と語っていました。 健人くんがピアノを始めたのは小学校2年生の時で、高校2年生まで続けたいたそう。 お父さんの「ピアノを弾ける男はかっこいい!」という一言がきっかけでピアノを習い始めたそうですが、練習は嫌いで泣きながら練習したこともあるんだそうです。 泣いている顔も美しいんだろうな、きっと(おい)しかしこの練習のときもお父さんが身体を張って逃がさないようにして練習させたそう。 お父さん強い…! でもこのお父さんの執念(?)があったから、現在のお仕事でも役に立っているので、お父さんは間違ってなかったですね! ジャニーズでは嵐の櫻井くんもピアノを弾けるイメージが強いですが、確かにピアノを弾ける男はかっこいい!というお父さんの一言は大正解ですね! 中島健人プロフィール 最後に、健人くんのプロフィールをまとめておきます。

次の

小越勇輝主演、映画『人狼ゲーム』に中島健、山之内すず、坂ノ上茜ら出演

中島 健 人 高校

アイドルグループ『SexyZone』としてだけではなく、俳優としても活躍されている中島健人さん。 そんな中島健人さんは、大学に通われているそうです。 では、大学はどこで、その偏差値はいくつなのでしょうか? また、その大学では、お友達はいらっしゃるのでしょうか? その大学では、目撃情報もあるのだそうです。 それによると、中島健人さんは大学生活を満喫されていらっしゃるそうです。 どうなのでしょうか? また、出身高校はどこなのでしょう? さらに、中島健人さんは、英語とピアノがお得意だそうです。 それでは、そのピアノのレベルは、どれくらいなのでしょうか? そのようなことを、デビューのきっかけや家族構成などを含め、さっそく調べてみました。 プロフィール 本名 中島健人 生年月日 1994年3月13日 出身 東京都 身長 178cm 血液型 A型 所属 ジャニーズ事務所 2008年 『スクラップ・ティーチャー教師再生』にて連続ドラマ初出演。 Shadowの結成。 CDデビュー。 Shadowと『Hey! Say! JUMP』の山田涼介と知念侑李で『NYCboys』結成。 『女子バレーボールワールドグランプリ2009』のスペシャルサポーターに。 2011年 『Sexy Zone』の結成。 11月にCDデビュー。 2013年 『BAD BOYS J』にて連続ドラマ初主演。 『劇場版BAD BOYS J 最後に守るもの』にて映画初主演。 2014年 『黒服物語』にて主演。 2015年 『黒崎くんの言いなりになんてならない』にて主演。 2016年 『ガードセンター24 広域警備司令室』にて主演。 2017年 映画『心が叫びたがっているんだ。 』にて主演。 デビューのきっかけは?家族構成は? 中島健人さんの家族構成は、ご両親と、ご本人で、3人家族だそうです。 一人っ子なのですね~。 あるインタビューでは、中島健人さんは、「お兄ちゃんかお姉ちゃんがほしかった」、とおっしゃられたのだそうです。 その中島健人さんのお母様は、フィリピン人とのハーフ、だそうです。 そのため、中島健人さんは、クォーター、なのだそうです。 どことなく、そういった雰囲気があるでしょうか? 中島健人さんは英語もお得意だそうで、それもお母様の影響だそうです。 そもそも、中島健人さんは、2008年の、14歳の時に、現事務所に所属されたのだそうです。 その履歴書は、中島健人さんご自身で送られたそうです。 めずらしいでしょうか? ご自身で決めていくタイプなのでしょうか。 その応募理由は、『Hey! Say! JUMP』の山田涼介さん、に憧れがあったから、なのだそうです。 そのオーディションの結果は、見事に、合格されました。 それから、同年の2008年の、『スクラップ・ティーチャー教師再生』にて連続ドラマ初出演されたことが俳優デビューのきっかけだったそうです。 そして、2011年の、中島健人さんが17歳の時に、『Sexy Zone』が結成されたのだそうです。 その『Sexy Zone』のメンバーの中では、最年長、だそうで、そのため中島健人さんはリーダー的存在だそうです。 その中島健人さんの出身中学校は、千葉県浦安市立日の出中学校、なのだそうです。 そして、中島健人さんの出身高校は、杉並学院高等学校、だそうです。 その高校卒業後、中島健人さんは、2012年に、大学はAO入試で、明治学院大学社会学部、に合格されたのだそうです。 その入試の倍率は、おおむね3~4倍、だそうです。 ただ、偏差値は、一般入試ではないのでわからないのだそうです。 中島健人さんは、その明治学院大学のオープンキャンパスのトークショーに、2014年7月、ゲストとして参加されたそうで、その大学のパンフレットにも載っていらっしゃるそうです。 そのため、明治学院大学への入学希望者が急増しているのだそうです。 中島健人さんのファンの方には、嬉しい事ですからね〜。 実は、その中島健人さんのお父様も、実は、明治学院大学出身、だそうです。 そうだったのですね。 親子2代で、ぜひ、ご卒業してもらいたいですね~。 大学生活を満喫してる? その明治学院大学は、1、2年生は横浜市戸塚区にある横浜キャンパスに通う事になり、3年生になると、東京都港区の白金キャンパスに通う事になるそうです。 ただ、中島健人さんは、2014年時には、お仕事が忙しくなってしまわれ、なかなか大学に通えられてないのだそうです。 けれども、それまでは、他の学生の方とご一緒に、普通に講義を受けられ、同じ学部のお友達とランチをされるのを楽しみにされていらっしゃったそうです。 また、中島健人さんは女子学生にも優しくて、嫌な顔ひとつされないで、集まって来られる女子に、対応されていらっしゃるのだそうです。 それどころか、飲み会や合コンにも参加されたそうです。 いやあ、大学生活を満喫されますね〜。 実は、そういうことが出来るのには、中島健人さんならではの理由があるのだそうです。 それは、なかなかアイドルの方が大学で普通にやっていかれるのは難しいと思うのですが、中島健人さんは、社交性が高いそうで、そのことは、ファンの方の間でも、有名だそうです。 そのためなのだそうです。 というのも、『SexyZone』というグループは珍しく握手会などをされるそうですが、中島健人さんは、決まり文句などではなく、その場で素敵な言葉を返されるそうです。 たとえば、それは、ファンの方が、「はじめまして」と言えば、「夢の中で会ったよ」といった趣旨のことを返され、 怪我を治療中のファンに対しては、「どうしたの?早く治る魔法ね」といった趣旨のことをおっしゃって、その怪我している場所をさすってあげたことがあるのだそうです。 頭の回転がとても速いのでしょうか? そのような対応されたら、ファンの方でなくても、ファンになってしまうかも知れませんね。 ピアノも得意! 中島健人さんは、ピアノも得意だそうです。 中島健人さんが、ピアノでよく弾かれる曲は、ドビッシューの『アラベスク1番と2番』、『月の光』、サティの『ジムノペディ』、ショパンの『別れの曲』などなのだそうです。 それらの曲は、ピアノを習われていらっしゃる方からすると、中級レベル、だそうです。 つまり、中島健人さんはピアノを本格的に習われていらっしゃった、ということなのだそうです。 そんな中島健人さんの今後の益々のご活躍に期待ですね~。

次の