ウェンディ。 「アイドル達が震えていた..」ウェンディ 転落事故の詳細を報じた韓国メディア

「SBS歌謡大祭典」のMCソリョン(AOA)、「ウェンディの早い回復を祈願」│韓国音楽K

ウェンディ

ウェンディ・マーベル( )とは、『』の登場人物である。 (:) 天竜の概要 「の」「」 「の様」の異名を持つ。 年齢は好きなものは、嫌いなものは。 の滅を扱う滅()で、7年前にそのを教えて失踪した・ディーネを探している。 その手掛かりをつかむため、同じ滅であるナツが参加する「連合」に参加して彼らと出会う。 元は「化の宿(ケット・)」に所属していたが、六魔を倒した後は諸々の事情で「の()」に所属。 その悲劇の経緯は是非やを手にとってご覧いただきたい。 性格は気弱で引っ込み思案だが、時に頑固な一面を見せたり、「の」に入ってからは明るいを見せるようになった。 その裏表のない思いやりのある純な性格が全の の心を鷲掴みにした。 ……ならぬ である、と。 作中ではグラスなが多い事に作品の中で、しく の。 元々はで描かれるらしかったが、編集に「が多いね」と言われた結果、今の体になったという逸話がある。 ちなみに本人も胸の発育に関してちょっと心配気味らしい。 むしろそのままでいいのに。 どうやら、相当らしく、が姿で患者を根こそぎ奪ってしまった際にはしく落ち込み、リーダスが19歳予想図を見せたときには思わず泣き出してしまった ではさらにその後、の「がに似た感じ」という言葉に傷ついたのか、泣いてどこかに走り去ってしまった。 このことから、シィの霊ロスが共々嫌いである ロスはのため。 ちなみにエス編では、の同一人物としてになったが登場した。 ……やはりというべきか立なである。 ただし、エスは言うなればであり、その住人は()とは性格や身体的特徴が変わっている、ということは・・・ では、限ので一時的にになったが、やはり… 設定ラフでモノのステッキを持たされていたあたり、かなり()。 の画集で見られるでは、ジュビアの胸ををらめてしていたりする。 また、あるに関して ちょっとおムネを大きく描きすぎたとしている。 また、「」「」「」「」などなどの変遷も作中で顕著である。 特にのは、某よろしくを量産した程の破壊だとか。 だがはだ。 では数少ない回復の使い手ということもあり、特に版ではその純さとどんな悪党をもほんのりとてしまう素直で健気な性格にスポットが当てられており、後の加入もこの性格をまれてのことであった。 また、拾ってきたを孵して育てたは、実際には自分がの育ての親といった存在であるのだが、寧ろの方が精年齢は上であり、よくに叱られたり、ナツに酔い止めが効かなくなった際の落ち込み様に呆れられたりと、どっちがだか関係になっている まぁ、言うてもは様やし・・・。 にはが嫌いなものとなっており、演じるも同じくが嫌いである。 でからの思念伝達 ? での弱点を突かれてしていたというがある。 しかし、欧の想がのFTにおいて、のがなぜ存在するのであろうか…? 絡みの音とともに伝達されたのだろうか。 では化するなど、結構が一人歩きしているので、今後の次第ではさらにに突っ込んだが描かれるかもしれない。 と第1放映当時に記載していたが、くも第話で餓団との対戦にての技に「ソッの外見にして10倍のっぱさを持つの実」によるが描かれた。 固い実なのでこれを木に生らせて相手に降り注ぐように攻撃する技だったが、実自体も食用であり、く美味しいらしいとの事だが、当のはというとで回っていたのは言うまでもない。 版では他のに付き合わされて飲を経験。 だが、当たり前のように耐えられずを回して倒れていた。 どうやらにはメチャ弱い下戸のようだ。 このことからもでもがあることが伺える。 また、上にはほぼの新作をする重度のまでいるほどである にも認知されて紹介されていたほか、にもが採用されてたりした。 同年の最新「府の門」編ではついにに。 それまで守られるだけの存在で、かのしでは敵と闘うこともできなかったが、この章では格のが大苦戦するだった九門の一をたった一人で潰し、を化するの一つを木っ端微に破壊するという大活躍を見せた。 しかし、その代償として自慢のの一部を失い、その後戦いへの決意として自らバッサリと切り捨ててしまった。 作中のウォーの顔になったが全に溢れたとか では立った活躍はしなかったものの、いつも通りにと行動を共にしてたため一定の出番を得た。 射的や姿の披露など登場する場面が全て点はいつもどおりだったため、見る価値は大いにある。 さらなる活躍を次回作に期待したい。 スピンオフ化 ブルー・ミストラル 上記のように、FTのでは屈のを誇っていたのだが 中旬に入り、専門雑誌刊の創刊にあわせて発表されたのの一環として、その雑誌進出への第一弾にが選出された。 掲載雑誌は刊『』。 少なからずのは買うのにしたとかしなかったとか・・・ は『 ・』での画に較的近い新人の留衣がを担当。 はもちろんで、ほかのも登場はするものの、あくまで依頼を請けるのは自身であり、ナツやたちとは離れた場所で繰り広げられる親なるのとの奮闘記が描かれる。 にとっては連載作でもあり、誌とあって誌のでは見られないような一面が多々描かれている。 特に装は自身が「をいっぱい着せてあげてくだ」と頼んだことや、誌ではの『』が重要項のひとつでもあることから、ニルビット以外の多な装を見ることができる。 このほか、のノを筆頭に特有の濃いたちも当然健在。 の中でも単行本化されたのはこの作品が一番乗りであった。 天竜の関連動画 天竜の関連静画 天竜の関連商品 本編 天竜の関連商品 主演 天竜の関連項目•

次の

ウェンディマッケナの現在の画像がかわいい!歌は口パクだった?!結婚はしてる?

ウェンディ

ウェンディ・マーベル( )とは、『』の登場人物である。 (:) 天竜の概要 「の」「」 「の様」の異名を持つ。 年齢は好きなものは、嫌いなものは。 の滅を扱う滅()で、7年前にそのを教えて失踪した・ディーネを探している。 その手掛かりをつかむため、同じ滅であるナツが参加する「連合」に参加して彼らと出会う。 元は「化の宿(ケット・)」に所属していたが、六魔を倒した後は諸々の事情で「の()」に所属。 その悲劇の経緯は是非やを手にとってご覧いただきたい。 性格は気弱で引っ込み思案だが、時に頑固な一面を見せたり、「の」に入ってからは明るいを見せるようになった。 その裏表のない思いやりのある純な性格が全の の心を鷲掴みにした。 ……ならぬ である、と。 作中ではグラスなが多い事に作品の中で、しく の。 元々はで描かれるらしかったが、編集に「が多いね」と言われた結果、今の体になったという逸話がある。 ちなみに本人も胸の発育に関してちょっと心配気味らしい。 むしろそのままでいいのに。 どうやら、相当らしく、が姿で患者を根こそぎ奪ってしまった際にはしく落ち込み、リーダスが19歳予想図を見せたときには思わず泣き出してしまった ではさらにその後、の「がに似た感じ」という言葉に傷ついたのか、泣いてどこかに走り去ってしまった。 このことから、シィの霊ロスが共々嫌いである ロスはのため。 ちなみにエス編では、の同一人物としてになったが登場した。 ……やはりというべきか立なである。 ただし、エスは言うなればであり、その住人は()とは性格や身体的特徴が変わっている、ということは・・・ では、限ので一時的にになったが、やはり… 設定ラフでモノのステッキを持たされていたあたり、かなり()。 の画集で見られるでは、ジュビアの胸ををらめてしていたりする。 また、あるに関して ちょっとおムネを大きく描きすぎたとしている。 また、「」「」「」「」などなどの変遷も作中で顕著である。 特にのは、某よろしくを量産した程の破壊だとか。 だがはだ。 では数少ない回復の使い手ということもあり、特に版ではその純さとどんな悪党をもほんのりとてしまう素直で健気な性格にスポットが当てられており、後の加入もこの性格をまれてのことであった。 また、拾ってきたを孵して育てたは、実際には自分がの育ての親といった存在であるのだが、寧ろの方が精年齢は上であり、よくに叱られたり、ナツに酔い止めが効かなくなった際の落ち込み様に呆れられたりと、どっちがだか関係になっている まぁ、言うてもは様やし・・・。 にはが嫌いなものとなっており、演じるも同じくが嫌いである。 でからの思念伝達 ? での弱点を突かれてしていたというがある。 しかし、欧の想がのFTにおいて、のがなぜ存在するのであろうか…? 絡みの音とともに伝達されたのだろうか。 では化するなど、結構が一人歩きしているので、今後の次第ではさらにに突っ込んだが描かれるかもしれない。 と第1放映当時に記載していたが、くも第話で餓団との対戦にての技に「ソッの外見にして10倍のっぱさを持つの実」によるが描かれた。 固い実なのでこれを木に生らせて相手に降り注ぐように攻撃する技だったが、実自体も食用であり、く美味しいらしいとの事だが、当のはというとで回っていたのは言うまでもない。 版では他のに付き合わされて飲を経験。 だが、当たり前のように耐えられずを回して倒れていた。 どうやらにはメチャ弱い下戸のようだ。 このことからもでもがあることが伺える。 また、上にはほぼの新作をする重度のまでいるほどである にも認知されて紹介されていたほか、にもが採用されてたりした。 同年の最新「府の門」編ではついにに。 それまで守られるだけの存在で、かのしでは敵と闘うこともできなかったが、この章では格のが大苦戦するだった九門の一をたった一人で潰し、を化するの一つを木っ端微に破壊するという大活躍を見せた。 しかし、その代償として自慢のの一部を失い、その後戦いへの決意として自らバッサリと切り捨ててしまった。 作中のウォーの顔になったが全に溢れたとか では立った活躍はしなかったものの、いつも通りにと行動を共にしてたため一定の出番を得た。 射的や姿の披露など登場する場面が全て点はいつもどおりだったため、見る価値は大いにある。 さらなる活躍を次回作に期待したい。 スピンオフ化 ブルー・ミストラル 上記のように、FTのでは屈のを誇っていたのだが 中旬に入り、専門雑誌刊の創刊にあわせて発表されたのの一環として、その雑誌進出への第一弾にが選出された。 掲載雑誌は刊『』。 少なからずのは買うのにしたとかしなかったとか・・・ は『 ・』での画に較的近い新人の留衣がを担当。 はもちろんで、ほかのも登場はするものの、あくまで依頼を請けるのは自身であり、ナツやたちとは離れた場所で繰り広げられる親なるのとの奮闘記が描かれる。 にとっては連載作でもあり、誌とあって誌のでは見られないような一面が多々描かれている。 特に装は自身が「をいっぱい着せてあげてくだ」と頼んだことや、誌ではの『』が重要項のひとつでもあることから、ニルビット以外の多な装を見ることができる。 このほか、のノを筆頭に特有の濃いたちも当然健在。 の中でも単行本化されたのはこの作品が一番乗りであった。 天竜の関連動画 天竜の関連静画 天竜の関連商品 本編 天竜の関連商品 主演 天竜の関連項目•

次の

ウェンディ

ウェンディ

ウェンディについて ウェンディは、Red Velvetでメインボーカルを担当している。 「次世代ガールズグループの強者」と呼ばれるほどの実力の持ち主だ。 担当カラーは青。 韓国で生まれたが、小学生の時にカナダのトロントへ移住し、高校卒業までカナダで過ごしているため英語も堪能。 デビュー前にウェンディの名前が公開された時から、SMエンターテイメントのネーミングセンスは退化したなどと言われていたが、ウェンディは芸名ではなく、カナダで実際に使用している英語名だった。 SMエンターテイメントに入社して以来、今までの歌唱法を変えなければならず途中で声帯結節にもかかったが、それを克服しデビューまでこぎつけた努力家である。 デビューしてから今までに似合わなかったコンセプトはなく、柔軟に消化することができるメンバーだという評価もある。 表情が多彩でメンバーも認めるムードメーカーで、バラエティ面でも可能性を大いに秘めている有望株である。 基本プロフィール 好きなタイプ SBSラジオ『2時脱出カルトショー』にて、理想の人物は誰かという質問に、パク・ミョンスと答えている。 パク・ミョンスとは1970年生まれのコメディアンである。 その理由は、パク・ミョンスがウェンディの父親に少し似ているからだとか。 父のように優しく、大人っぽい性格の人物が好みらしい。 父の言いつけを守ったり、相談事やアドバイスをたびたびするほど父親と仲が良いようだ。 また料理が好きであることもあり、自分の作った料理をおいしく食べてくれて、綺麗に笑う人が良い、と話している。 性格 表情がとても豊かで、優しい性格をしている。 「見れば見るほど反転魅力」というキャッチコピーがあるほど、魅力的な人物のようだ。 非常に多感で、配慮深いとメンバーからも評されている。 爪を噛む癖がある。 几帳面な一面もあり、父親の言いつけを守って領収書は全て集め、家計簿をつけて管理しているそうだ。 人にプレゼントをあげたり、何かを買ってあげることも好き。 意識的に愛嬌をすることは苦手だが、日常的に愛想が良い。 「認証妖精」という言葉で評されるほど、たびたびファンからのプレゼントをサイン会に着用して来て、ファンを感動させている。 こういったエピソードからもファン想いであることがわかる。 料理を作ることも好きで、中でもお菓子作りを良くしているそうだ。 メンバーにもチュロスやビスコッティ、パンなどをよく作ってあげるらしい。 また、メンバーで唯一車の運転ができる。 しかしカナダでの免許しかないため、韓国内では運転することができない。 特に料理は本当によくやるという。 中でもお菓子を作ることが多く、夜通し作ったクッキーやマフィンなど、ファンサイン会にてファンや周囲の人に配ってあげることもあるんだとか。 また、メンバーにはチュロスやビスコッティなど様々なパンを作ってくれるらしい。 にはくるみパイ、少女時代には生チョコとクッキーを作ったこともある。 そのためか少女時代のテヨンから「最近私を食べさせてくれる人」とインスタグラムで紹介されたこともある。 ピアノ、ギター、フルート、サックスなど様々な楽器を演奏することができ、音楽の理解度が高い。 本人も音楽欲が強く、作詞作曲をしてみたいとインタビューで語ったことがある。 シンガーソングライターを目指しているようだ。 腕相撲に自信があり、グループ内では一番強い。 そして元々は歌手ではなく勉強の道に進もうと思っていたくらい、数学が得意である。 元々はソウルで暮らしていたが、小学5年生の時に単独でカナダへ留学した。 中学校はアメリカのミネソタ州にある全寮制の学校だった。 高校生の時にはウェンディの家族もカナダへ移住し、カナダの高校を卒業した。 学生時代には数学が好きで、もし歌手になっていなかったら科学の道へ進んでいたんじゃないか、と本人も語っている。 現在の事務所に所属することになったきっかけは、2012年のSMエンターテイメントのグローバルオーディションにて、ボーカル部門で合格し練習生となった。 ちなみに2011年にはCUBEエンターテイメントのオーディションを受け、最終の14人まで残っている。 オーディションで歌った曲はキム・ゴンモ氏の「ソウルの月」。 歌手になろうと思ったきっかけについて、ウェンディ自身小さい頃から楽器を習うのが好きでたくさんの影響を受けてきた。 その影響を受けたことを多くの人に与えたかったからだと話している。 SMエンターテイメントの練習生として、初めてウェンディが入ってきた時には、「このようなスタイルのボーカルは今までなかったし、とても歌が上手で驚いた」と語っている。 ポップソングも得意とするなど、メンバーにも歌の実力を高く評価されていて、良い曲を見つけたらウェンディに歌ってほしいと頼むそうだ。 整形 なし 好きな食べ物 公式サイト・SNS.

次の