エキュート 大宮。 開業15周年を迎える「エキュート大宮」がリニューアル、充実の駅ナカに

ビッグオーブン ecute大宮店

エキュート 大宮

概要 [ ] JR東日本グループが推し進める駅改札内(いわゆる、「」)活性化プロジェクトの一環の「構内開発」である。 駅の環境計画から(MD)等までを一貫して行う新しいである。 エキュートでは、空間コンセプトを強く意識しているため、をはじめとした従来の不動産賃貸業ではなく小売業の形態を持つことで、流通や品揃え等を各店舗と調整することが可能となっている。 元々違う業態のとの一体化は、新しいビジネス分野として脚光を浴びている。 駅は人が多く交わる空間であり、その空間の可能性を模索しているJR東日本では「通過する駅から動く駅への進化」という目標を掲げ、従来の駅への考え方を覆えそうとしている。 ecuteの意味は、 eki(駅)、 center(を中心に)、 universal(あらゆる人々が)、 together(一緒に)、 enjoy(楽しむ)である。 なお、「ecute」のロゴはが担当した。 2005年春に開業した第1号店の大宮店を皮切りに、JR東日本ステーションリテイリング(現JR東日本リテールネットに統合)が専属して開発運営を担当してきたが、JR東日本グループ内に複数ブランドの商業施設が存在し、利用者の認知度に課題があった。 しかし、それ以降は、2016年にが新宿駅構内に「NEWoMan」、2017年にはが千葉駅構内に「ペリエ千葉」、2018年にはが川崎駅構内に「アトレ川崎」を開業するなど、新たなエキナカ商業施設にはエキュートの名称が使用されていない。 なお、2013年9月14日には、エキナカではないエキュートとして、「マーチエキュート(mAAch ecute)神田万世橋」が開業している。 2018年4月にはJR東日本リテールネットがJR東日本ステーションリテイリングを吸収合併。 エキュートを専属事業として展開する企業は無くなった。 運営している企業 [ ]• 旧JR東日本ステーションリテイリングが開業:大宮、品川、立川、日暮里、東京、マーチエキュート神田万世橋• 旧JR東日本リテールネットが開業:品川サウス、上野、京葉ストリート• 上記2社合併後の開業:大宮ノース、渋谷、横浜、有楽町、飯田橋• 運営店舗:赤羽 経過 [ ]• (13年 - JR東日本の事業創造本部に「立川駅・大宮駅開発プロジェクトチーム」発足(2004年に「エキナカプロジェクトチーム」に名称変更)• (平成15年• - 第1回JR東日本グループ内社員公募が行われる• - 「株式会社JR東日本ステーションリテイリング」設立• (平成16年) - 公募により「エキュート」という名前が決定される• (平成17年)• - エキュート大宮開業• - エキュート品川開業• (平成19年) - エキュート立川第1期開業• (平成20年)• - エキュート日暮里第1期開業• - エキュート立川第2期開業• (平成21年)• - ティーティーエキュート開業(立川駅東改札内)• - エキュートキュット開業(大宮駅19・20番線ホーム上)• - エキュート日暮里第2期開業• (平成22年)• - エキュート東京開業• - エキュートキュット閉店• - エキュート大宮に「コノハガーデン」開業• - エキュート上野第1期開業• - エキュート品川サウス第1期開業• (平成23年)• - エキュート品川サウス第2期開業• - KeiyoStreet(現・エキュート京葉ストリート)開業• - エキュート上野第2期開業• - エキュート赤羽第1期開業• 3月28日 - エキュート上野第3期開業• 3月31日 - エキュート上野第4期開業• - エキュート品川サウス第3期開業• - エキュート品川サウス第4期開業• - エキュート赤羽第2期開業• - エキュート赤羽第3期開業• - エキュート赤羽第4期開業• (平成30年)• - JR東日本リテールネットと存続会社として、JR東日本リテールネットとJR東日本ステーションリテイリングが合併。 - KeiyoStreetが「エキュート京葉ストリート」に名称変更• 2019年(平成31年/令和元年)• 11月1日 - エキュートエディション渋谷が渋谷スクランブルスクエア内に開業• 2020年(令和2年)• 7月 エキュートエディションが横浜駅、有楽町駅、飯田橋駅に開業 エキュートがある駅 [ ] エキュート上野(JR上野駅)• - 中央改札(南)内2300m 2に、76店舗が出店。 ストアコンセプトは「マーケットアベニュー」、環境コンセプトは「パークサイドマーケット」。 エキュート品川 - 中央改札内1600m 2に、46店舗が出店。 2階建て店舗。 ストアコンセプトは「プレミアム・プライベート」、環境コンセプトは「J-スタイルテラス」。 エキュート品川 サウス - 中央改札内(旧Dila品川)1800m 2に、39店舗が出店。 ストアコンセプトは「Smart Heartful Style」、環境コンセプトは「Shinagawa Sunny Gardens」。 - 南改札内外4300m 2に、88店舗が出店。 4階建て店舗。 ストアコンセプトは「自分カスタマイズ」、環境コンセプトは「マイ・ハビット」。 - 北改札内380m 2に、17店舗が出店。 ストアコンセプトは「不易流行」、環境コンセプトは「下町モダン」。 エキュート東京 - 1階改札内サウスコート(旧Dila東京メディアコート)1300m 2に、31店舗が出店。 ストアコンセプトは「ニッポンRe-STANDARD」、環境コンセプトは「ennichi(縁日)」。 エキュート京葉ストリート - 1階八重洲南口改札内 旧KeiyoStreet。 ストアコンセプトは「Tokyo Green Style」、環境コンセプトは「Park Terrace Communication」• - 3階改札内(旧Dila上野)4800m 2に、78店舗が出店。 ストアコンセプトは「毎日がアトリエめぐり」、環境コンセプトは「Artisan Promenade(アルチザン プロムナード)」。 - 北改札内(旧アルカード赤羽1含む)約2100m 2に、55店舗が出店。 ストアコンセプトは「ココロReset」、環境コンセプトは「PASSAGE」。 赤羽駅のみ、ジェイアール東日本都市開発が開発運営を行っている。 - mAAch エキュート神田万世橋 旧万世橋駅高架橋、駅ホーム内に10店舗他期間限定店舗が出店。 跡地の利用。 歴史的な建築物を再生するコンセプトとして運営される。 JR東日本ステーションリテイリング [ ] 株式会社JR東日本ステーションリテイリング JR East Station Retailing Co. ,Ltd. エキュート開発のために設立され、エキュートの各店舗(上野店・品川サウス店・赤羽店を除く)、()及び mAAch エキュート を運営していた。 2018年4月1日付で、JR東日本リテールネットと合併し、上記施設の運営を同社へ移管した。 不祥事 [ ]• 2014年4月、消費税増税分の転嫁拒否をテナントに強要した疑いでによりに基づき、社名が公表された。 関連項目 [ ]• JR東日本関連の改札内商業施設• JR東日本関連の駅ビル・店舗運営会社• JRグループ関連の改札内商業施設• (エリア)駅の改札外にて展開されている点がエキュートとは異なる。 (の改札内商業施設)• 参考文献 [ ]• JR東日本. 2015年4月30日閲覧。 株式会社. 2010年4月18日閲覧。 株式会社JR東日本ステーションリテイリング・2009年3月18日• 株式会社JR東日本ステーションリテイリング・2010年4月8日• JR東日本リテールネット• JR東日本ステーションリテイリング・プレスリリース2010年2月18日• JR東日本ステーションリテイリング・プレスリリース2010年3月3日• JR東日本ステーションリテイリング・プレスリリース2010年3月3日• JR東日本リテールネット• JR東日本プレスリリース 2010年9月7日• JR東日本・2011年1月19日• (2017年12月19日、同日閲覧)• 【NHK】2014年4月23日付 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。

次の

大宮駅で買える人気お土産はこれ!大宮エキュ—ト編 [埼玉の観光・旅行] All About

エキュート 大宮

TVチャンピオン優勝者のお店 実はこのデイジイ、TVチャンピオンのパン職人選手(的なものだった記憶)の優勝者「倉田博和さん」のお店でもあります。 ということで、その質には昔から定評があります。 いつの間にか支店が増えていたみたいですが、大宮には無かったんですよね。 実は以前ロヂャース東大宮に「ロビーゴ」という郊外型店舗を出していたはずなんですが、数年前に閉店済み。 ということで、大宮圏内には久々の復活です。 だいぶ前のことなので事実関係が違ってたらすみません…。 ということで早速オープン直後のお店に行ってみました。 イートインスペース多め、パンの種類も多め エキュート大宮のデイジイ大宮店(注:正確にはデイジイエキュート大宮店だそうです)は、イートインスペースも備えた店内飲食可能タイプ。 神戸屋の居抜きかな?というくらいにパンスペースとイートインスペースの比率は同じくらい。 カフェメニューもふつうにありまして、カフェとしての利用も良さそうですね。 お会計には大手パン店が使うような、スキャナー型のレジを使ってました。 白い半透明のトレーを乗せるとすぐにお会計わかるやつです。 大宮店オリジナルとしては ・大地の恵み(埼玉産小麦 ハナマンテン仕様の食パン) ・彩の国生食パン(デイジイの生食パン) ・ナポリタンドッグ(大宮名物をデイジイも) ・狭山茶蒸しパン(県内もの) とのこと。 今日は出勤前なので、ハード系としてミルクフランス、クロワッサン系としてパンオショコラを買いました。 どちらもスタンダードに美味しさを追求していて好感触です。 優しい味。 そう、僕デイジイの味好きなんですよね。 ファミリーに人気もあって、子供が食べられそうなパンも多いのが良いところ。 神戸屋は残念だったけど、エキュート大宮にまたいいパン屋が増えてしまった。 ということであとは現地の写真を載せておきます。 デイジイエキュート大宮店 エキュート大宮内 月から土まで 7:00-22:30 日祝 7:00-21:30 基本的に無休(エキュート大宮営業日に沿う).

次の

デイジイ大宮店がエキュート大宮にオープンしたので行ってきた

エキュート 大宮

概要 [ ] JR東日本グループが推し進める駅改札内(いわゆる、「」)活性化プロジェクトの一環の「構内開発」である。 駅の環境計画から(MD)等までを一貫して行う新しいである。 エキュートでは、空間コンセプトを強く意識しているため、をはじめとした従来の不動産賃貸業ではなく小売業の形態を持つことで、流通や品揃え等を各店舗と調整することが可能となっている。 元々違う業態のとの一体化は、新しいビジネス分野として脚光を浴びている。 駅は人が多く交わる空間であり、その空間の可能性を模索しているJR東日本では「通過する駅から動く駅への進化」という目標を掲げ、従来の駅への考え方を覆えそうとしている。 ecuteの意味は、 eki(駅)、 center(を中心に)、 universal(あらゆる人々が)、 together(一緒に)、 enjoy(楽しむ)である。 なお、「ecute」のロゴはが担当した。 2005年春に開業した第1号店の大宮店を皮切りに、JR東日本ステーションリテイリング(現JR東日本リテールネットに統合)が専属して開発運営を担当してきたが、JR東日本グループ内に複数ブランドの商業施設が存在し、利用者の認知度に課題があった。 しかし、それ以降は、2016年にが新宿駅構内に「NEWoMan」、2017年にはが千葉駅構内に「ペリエ千葉」、2018年にはが川崎駅構内に「アトレ川崎」を開業するなど、新たなエキナカ商業施設にはエキュートの名称が使用されていない。 なお、2013年9月14日には、エキナカではないエキュートとして、「マーチエキュート(mAAch ecute)神田万世橋」が開業している。 2018年4月にはJR東日本リテールネットがJR東日本ステーションリテイリングを吸収合併。 エキュートを専属事業として展開する企業は無くなった。 運営している企業 [ ]• 旧JR東日本ステーションリテイリングが開業:大宮、品川、立川、日暮里、東京、マーチエキュート神田万世橋• 旧JR東日本リテールネットが開業:品川サウス、上野、京葉ストリート• 上記2社合併後の開業:大宮ノース、渋谷、横浜、有楽町、飯田橋• 運営店舗:赤羽 経過 [ ]• (13年 - JR東日本の事業創造本部に「立川駅・大宮駅開発プロジェクトチーム」発足(2004年に「エキナカプロジェクトチーム」に名称変更)• (平成15年• - 第1回JR東日本グループ内社員公募が行われる• - 「株式会社JR東日本ステーションリテイリング」設立• (平成16年) - 公募により「エキュート」という名前が決定される• (平成17年)• - エキュート大宮開業• - エキュート品川開業• (平成19年) - エキュート立川第1期開業• (平成20年)• - エキュート日暮里第1期開業• - エキュート立川第2期開業• (平成21年)• - ティーティーエキュート開業(立川駅東改札内)• - エキュートキュット開業(大宮駅19・20番線ホーム上)• - エキュート日暮里第2期開業• (平成22年)• - エキュート東京開業• - エキュートキュット閉店• - エキュート大宮に「コノハガーデン」開業• - エキュート上野第1期開業• - エキュート品川サウス第1期開業• (平成23年)• - エキュート品川サウス第2期開業• - KeiyoStreet(現・エキュート京葉ストリート)開業• - エキュート上野第2期開業• - エキュート赤羽第1期開業• 3月28日 - エキュート上野第3期開業• 3月31日 - エキュート上野第4期開業• - エキュート品川サウス第3期開業• - エキュート品川サウス第4期開業• - エキュート赤羽第2期開業• - エキュート赤羽第3期開業• - エキュート赤羽第4期開業• (平成30年)• - JR東日本リテールネットと存続会社として、JR東日本リテールネットとJR東日本ステーションリテイリングが合併。 - KeiyoStreetが「エキュート京葉ストリート」に名称変更• 2019年(平成31年/令和元年)• 11月1日 - エキュートエディション渋谷が渋谷スクランブルスクエア内に開業• 2020年(令和2年)• 7月 エキュートエディションが横浜駅、有楽町駅、飯田橋駅に開業 エキュートがある駅 [ ] エキュート上野(JR上野駅)• - 中央改札(南)内2300m 2に、76店舗が出店。 ストアコンセプトは「マーケットアベニュー」、環境コンセプトは「パークサイドマーケット」。 エキュート品川 - 中央改札内1600m 2に、46店舗が出店。 2階建て店舗。 ストアコンセプトは「プレミアム・プライベート」、環境コンセプトは「J-スタイルテラス」。 エキュート品川 サウス - 中央改札内(旧Dila品川)1800m 2に、39店舗が出店。 ストアコンセプトは「Smart Heartful Style」、環境コンセプトは「Shinagawa Sunny Gardens」。 - 南改札内外4300m 2に、88店舗が出店。 4階建て店舗。 ストアコンセプトは「自分カスタマイズ」、環境コンセプトは「マイ・ハビット」。 - 北改札内380m 2に、17店舗が出店。 ストアコンセプトは「不易流行」、環境コンセプトは「下町モダン」。 エキュート東京 - 1階改札内サウスコート(旧Dila東京メディアコート)1300m 2に、31店舗が出店。 ストアコンセプトは「ニッポンRe-STANDARD」、環境コンセプトは「ennichi(縁日)」。 エキュート京葉ストリート - 1階八重洲南口改札内 旧KeiyoStreet。 ストアコンセプトは「Tokyo Green Style」、環境コンセプトは「Park Terrace Communication」• - 3階改札内(旧Dila上野)4800m 2に、78店舗が出店。 ストアコンセプトは「毎日がアトリエめぐり」、環境コンセプトは「Artisan Promenade(アルチザン プロムナード)」。 - 北改札内(旧アルカード赤羽1含む)約2100m 2に、55店舗が出店。 ストアコンセプトは「ココロReset」、環境コンセプトは「PASSAGE」。 赤羽駅のみ、ジェイアール東日本都市開発が開発運営を行っている。 - mAAch エキュート神田万世橋 旧万世橋駅高架橋、駅ホーム内に10店舗他期間限定店舗が出店。 跡地の利用。 歴史的な建築物を再生するコンセプトとして運営される。 JR東日本ステーションリテイリング [ ] 株式会社JR東日本ステーションリテイリング JR East Station Retailing Co. ,Ltd. エキュート開発のために設立され、エキュートの各店舗(上野店・品川サウス店・赤羽店を除く)、()及び mAAch エキュート を運営していた。 2018年4月1日付で、JR東日本リテールネットと合併し、上記施設の運営を同社へ移管した。 不祥事 [ ]• 2014年4月、消費税増税分の転嫁拒否をテナントに強要した疑いでによりに基づき、社名が公表された。 関連項目 [ ]• JR東日本関連の改札内商業施設• JR東日本関連の駅ビル・店舗運営会社• JRグループ関連の改札内商業施設• (エリア)駅の改札外にて展開されている点がエキュートとは異なる。 (の改札内商業施設)• 参考文献 [ ]• JR東日本. 2015年4月30日閲覧。 株式会社. 2010年4月18日閲覧。 株式会社JR東日本ステーションリテイリング・2009年3月18日• 株式会社JR東日本ステーションリテイリング・2010年4月8日• JR東日本リテールネット• JR東日本ステーションリテイリング・プレスリリース2010年2月18日• JR東日本ステーションリテイリング・プレスリリース2010年3月3日• JR東日本ステーションリテイリング・プレスリリース2010年3月3日• JR東日本リテールネット• JR東日本プレスリリース 2010年9月7日• JR東日本・2011年1月19日• (2017年12月19日、同日閲覧)• 【NHK】2014年4月23日付 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。

次の