渡哲也の今。 石原軍団解散…舘ひろし&神田正輝が独立へ 渡哲也が決断、石原プロ来年にも俳優マネジメント終了 (1/2ページ)

石原軍団解散はいつ?渡哲也の現在と歴代メンバーとは

渡哲也の今

バラエティ番組に対する視聴者の目が厳しくなり、「テレビが面白くなくなっている」と叫ばれる昨今。 石橋は緊張しながらも渡と待合室のようなところで談笑し、まず手始めに石原軍団が出演している宝酒造「松竹梅」CMのフレーズである「松竹梅~っ」と発言。 しかしその間石橋は、顔は笑っているものの渡と全く目を合わさず、既に怯え切っている。 そしてついに意を決して、渡のジャケットを触りながら「いいジャケット着てるなぁ、テツ」と渡に語り掛けた。 すると一瞬の間があった後、渡は目の前のテーブルを思いっきり蹴り飛ばしたため、石橋は悲鳴をあげながら避難。 この時、石橋の顔にはまだ笑みが浮かんでおり、少し余裕が感じられたが、渡が「石橋! この野郎お前、テツ? こら石橋! おい、ちょっと来い」と怒りの形相で追いかけてくると、石橋の顔から笑みが消えていく。 「すいません…」と石橋が平謝りをするも、渡が「なめとんのかワレ?」と追い打ちをかけるように凄む。 ここで舘ひろしが「嘘っ! ご苦労様でした」と割って入り、一連の流れがドッキリだったと石橋は知ることに。 しかし渡から「全部(舘)ひろしが言ったんだよ。 僕はこれやだって言ったんだよ」と優しく声をかけられても、石橋の表情は曇ったまま。 舘が「顔色悪いよ」と石橋をいじって現場で笑いが起こるも、石橋の顔に笑顔は戻らず、「シャレになってないよ…」と今にも泣きだしそうにしていた。 現在では考えられない石橋が恫喝されるドッキリ。 石橋のこんな表情は、二度と見ることはできないだろう。

次の

渡哲也が現在の病状が死去はデマで在宅酸素中!CMの吉永小百合との関係は嫁かもしれなかった

渡哲也の今

破綻した理由 そんな熱々な二人ですが、 1968年破局(交際期間2年)したそうです。 吉永さんは、結婚を望んでいたそうです。 しかし両親は何とか引き離したかったので反対したそうです。 両親の理由は、 「渡さんは女性にもてるので、おまえが苦労する」 と言うものだったようです。 何かとってつけたような理由ですね。 自分の可愛い娘が不細工な男性と結婚するよりは男っぷりが良くて今後伸びていく男性に嫁がせたいと思うのは親心ではないかと思うのですが。 しかし、吉永さんは、両親をよう説得できなかったそうです。 そこで、吉永さんは渡さんと直接会って、 「あなたとは結婚出来ませんと伝えました。 」 と言ったそうです。 まあその後渡さんは、今の奥さんと結婚したそうです。 その知らせに吉永さんは、 「悔いがある」 と、言って、泣き通したそうです。 まあ、吉永さんも結婚できないと言ったのは、本心ではないのでしょう。 ちなみに吉永さんにとって渡さんは、初めての男性だったようです。 一方渡さんも別れた当初は、 「渡さんは酔っ払うと『何で俺のところに飛び込んできてくれないんだ』 と嘆いては、小百合ちゃんに電話して結婚を迫っていたといいます。 中々あきらめきれなかったようですね。 まあそれだけ吉永さんの事を愛されていたのだと思います。 しかしながら結局、吉永さんは、渡さんより両親を取る形になったわけです。 まだ、吉永さんが若すぎたからかまだまだ吉永さんは芸能界で稼げると踏んだのか親の思いは、他人である私には計りしれません。 現在の奥さんのプロフィール そうして二人の仲は破局したのですが、すぐに立ち直って現在の奥さんと一緒になったそうです。 では、現在の奥さんについて解っている範囲でお知らせしたと思いますが、一般人のため多くの事は解りません。 では、現在の奥さんについて 名前:石川俊子 同じ青山学院大学時代の1年後輩 父親は上場企業重役 クリスチャン スポンサードリンク 顔写真等はありません。 現在の奥さんとの馴れ初め では、お二人の馴れ初めは、どうなんでしょうか? 先ほども書いたように二人とも青山学院大学時代の同窓生で、在学中からの交際をしていたそうです。 関係は、現在の奥さんとは、青学の後輩にあたります。 ちなみに渡さんが、芸能界の入る前からの付き合いで、渡さんを芸能界入りを後押ししたのは奥さんのようです。 知り合ったのは、1963年頃のようです。 内助の功のような方のように思います。 結婚式は? 1971年3月(交際期間8年)で、奥さんの要望で、ハワイの教会で二人だけの挙式を挙げたそうです。 当時、 渡さん30歳、嫁29歳だったそうです。 一番上にも書いたように奥さんがクリスチャンだから教会での結婚にこだわったのかもしれませんね。 ちなみに渡さんは、仏教とのようですが。 奥さんは行き遅れ 渡さんの奥さんは、29歳の時に結婚しているわけですが、今では結婚適齢期で丁度良いと思いますが、その当時では、奥さんは、完全に行き遅れ婚期を逃した分類になっていたそうです。 確かに昔は、20歳を超えたあたりからお見合い結婚をさっさとして結婚していましたからね。 しかし、奥さんは、渡さんが迎えに来てくれるのをずっと待っていた我慢の人のようです。 このあたりは、結果的に吉永さんよりも良かったのかもしれません。 一番はじめに触れたように渡さんの重病の時の介護やいち早く急性心筋梗塞を発見したので一命を取り留めた事については触れたとおりです。 賢くしっかり者の嫁をもらったから渡さんも俳優として大輪の花を咲かせる事が出来たのかもしれません。 末永くお幸せに。 次回は、渡さんと渡瀬さんのお子さんについて触れたいと思います。 では、今回はここまでにしたいと、思います。 今回の前の記事については以下の頁にございますのでどうぞよろしくお願いします。 続きは以下のページになりますのでどうぞよろしくお願いします。 「渡哲也さん・渡瀬恒彦さんの息子・画像・鹿島・結婚・嫁・ディレクター」 では、今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

次の

渡哲也が現在の病状が死去はデマで在宅酸素中!CMの吉永小百合との関係は嫁かもしれなかった

渡哲也の今

バラエティ番組に対する視聴者の目が厳しくなり、「テレビが面白くなくなっている」と叫ばれる昨今。 石橋は緊張しながらも渡と待合室のようなところで談笑し、まず手始めに石原軍団が出演している宝酒造「松竹梅」CMのフレーズである「松竹梅~っ」と発言。 しかしその間石橋は、顔は笑っているものの渡と全く目を合わさず、既に怯え切っている。 そしてついに意を決して、渡のジャケットを触りながら「いいジャケット着てるなぁ、テツ」と渡に語り掛けた。 すると一瞬の間があった後、渡は目の前のテーブルを思いっきり蹴り飛ばしたため、石橋は悲鳴をあげながら避難。 この時、石橋の顔にはまだ笑みが浮かんでおり、少し余裕が感じられたが、渡が「石橋! この野郎お前、テツ? こら石橋! おい、ちょっと来い」と怒りの形相で追いかけてくると、石橋の顔から笑みが消えていく。 「すいません…」と石橋が平謝りをするも、渡が「なめとんのかワレ?」と追い打ちをかけるように凄む。 ここで舘ひろしが「嘘っ! ご苦労様でした」と割って入り、一連の流れがドッキリだったと石橋は知ることに。 しかし渡から「全部(舘)ひろしが言ったんだよ。 僕はこれやだって言ったんだよ」と優しく声をかけられても、石橋の表情は曇ったまま。 舘が「顔色悪いよ」と石橋をいじって現場で笑いが起こるも、石橋の顔に笑顔は戻らず、「シャレになってないよ…」と今にも泣きだしそうにしていた。 現在では考えられない石橋が恫喝されるドッキリ。 石橋のこんな表情は、二度と見ることはできないだろう。

次の