梅雨 明け 関東 2019 予想。 東海地方の梅雨入り・梅雨明け予想!2020年はいつ?

梅雨の時期2019年入りと明け予想。地方ごとの一覧

梅雨 明け 関東 2019 予想

これから梅雨の季節となりますが 、 2020年の東海地方の梅雨入り、 梅雨明け時期はいつくらいになるでしょうか? ジメジメした梅雨は誰もがいや~な時期ですから、 できれば短いにこしたことはありませんよね! 今回は過去の気象庁の68年分のデータから 今年、2020年の東海地方の梅雨入り・梅雨明け予想を紹介します! ちなみに、東海地方は、 愛知県・岐阜県・三重県・静岡県を指し 太平洋側気候、内陸性気候、日本海側気候と気候の境目となる地域です。 三重県などは、秋になると 「台風銀座」と呼ばれるくらい、 台風の通過場所となっています。 梅雨入り・梅雨明けってどうやって決めるの? 気象庁の過去データから、梅雨入り、梅雨明けを予測しますが、 実はそのデータでさえも 何月何日と特定できるものではありません。 気象庁の過去のデータにも「頃」と書かれているように、 公表されている日付も実は明確な確定日ではないのです。 比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、 日照時間が少ない時期に突入するまで 移り変わりの時期が5日間程度あります。 その 真ん中の日を、梅雨入り日としているようです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて、晴れが続いている日(初夏)から、 今後数日間は天気が悪く雨模様と予想を出した時に、 実際に雨が降りだした日を梅雨入り。 また、雨続きから、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を梅雨明けとしています。 比較的晴れの多い期間から曇りや雨に移り変わる期間の間を 梅雨入りとしているようですが、 確定値は9月に結果を再検討して修正された後に決まります。 梅雨明けも同様で、その反対になります。 2020年 令和2年 東海地方の梅雨入り時期を予想! それでは2020年の東海地方の梅雨入り時期を、 気象庁の過去データから予想してみます。 1951年から2019年までの過去69年間のデータで 最も早い梅雨入りは1963年の5月4日頃で、 最も遅い梅雨入りは、1951 年の6月28日頃でした。 梅雨入りのタイミングに一ヶ月半以上の開きがありますが 、 193年の5月4日は、群を抜いて早いです。 またグラフを見るとわかる通り 東海地方の梅雨入りの時期は年々早まっている傾向が確認できます。 1951年から2019年の69年間の梅雨入りの平年時期は6月8日頃。 また、昨年 2019年 の梅雨入りは6月7日頃 一昨年 2018年 の梅雨入りは6月5日頃でした。 これらのデータから予想すると 2020年の東海地方の梅雨入り時期は 6月1日頃から6月15日頃の間くらいになりそうですね。 2020年 令和2年 東海地方の梅雨明け時期を予想! 一方、東海地方の梅雨明けの時期ですが、 梅雨入りと同様に気象庁のデータを参考に考えてみると、 最も早い梅雨明けは1963年の6月22日頃で、 最も遅い梅雨明けは2009年の8月3日頃でした。 また平均値を表す黒線が右上がりになっていることから 東海地方の梅雨明けの時期は年々遅くなっているいる傾向が確認できます。 梅雨入りの時期が早まり 梅雨明けの時期が遅くなっていることから 東海地方の梅雨は年々長期化しているようですね。 また、69年間の東海地方の梅雨明けの平年時期は7月21日頃。 昨年 2019年 の梅雨明けは7月24日頃 一昨年 2018年 の梅雨入りは7月9日頃でした。 以上のデータを元にして予想してみると 2020年の東海地方の梅雨明け時期は 7月13日頃から7月28日頃の間くらいになりそうです。 東海の梅雨の特徴は? 東海の梅雨は、 1961年と1974年に記録的な大雨となり被害をもたらしたようです。 もともと、東海地方は台風の通過場所となることも多く、 山岳地帯では冬になると豪雪になることからも 気候の変動は激しいようです。 ここ3年間の梅雨時期は、 平年並みか少し少ないくらいの雨量ですが、 多い時は、全国平均の1. 5倍以上雨が降りますので注意が必要です。

次の

関東甲信の梅雨明け時期!2020年はいつ?

梅雨 明け 関東 2019 予想

平年の関東の梅雨入り・梅雨明け時期はいつ? 平年の関東の梅雨入り、梅雨明けの時期はいつくらいなのでしょうか? 過去の気象庁のデータを調べてみると、 平年の関東の梅雨入りは6月8日ごろ、梅雨明けは7月21日ごろとなっています。 2020年 関東の梅雨入り時期を予想! 五月病も乗り越えて、元気に勉強や仕事に励み始めたと思ったら、すぐにジメジメ梅雨の時期……。 でも、あらかじめ心づもりをしていれば、少しは気分も楽なハズ! まずは2020年の関東の梅雨入りの時期を過去68年のデータから検証しちゃいましょう~。 気象庁の1951年から2018年までの関東の梅雨入りの過去データを見ると、一番早い梅雨入りが5月6日ごろ。 逆に最も遅い梅雨入りは6月22日ごろとなっていて大きな開きがあります。 とはいえ、5月6日だけがとびぬけて早いので、2020年も5月上旬に関東が梅雨入りする可能性は低いと言えるでしょう。 過去68年間のデータを見ても56回(89%)が、6月前半に梅雨入りしています。 さらに、梅雨入りの平年時期は6月8日。 また、過去5年間では全て6月前半に梅雨入りしています。 これらのことを考える 2020年の関東地方の梅雨入りは5月28日~6月10日くらいとなると予想されます。 誰もが気になる2020年の関東の梅雨明け時期はいつくらいになるのでしょうか? こちらも、気象庁の1951年から2018年までの68年間の過去データを見てみますと、最も早い関東の梅雨明けは6月29日ごろで、最も遅い梅雨明けが8月4日ごろとなっています。 8月の梅雨明けは過去68年のうち、たったの4回となっていますので、8月まで梅雨が長引く可能性はかなり低そうです。 また、68年間の梅雨明けの日の平年時期は7月21日、過去5年間においては7月上旬が2回、7月下旬が2回となっています。 このことから、 2020年の関東の梅雨明けの時期は7月11日から7月25日くらいになることが予想されます。 4倍とかなり大きな差があります。 とはいえ、55日以上の超長梅雨になったのは過去3回のみ。 また、2014年から2018年の過去5年間における関東の梅雨期間の平均は38日、過去68年間の平均41日間とほとんど変わっていません。 例年どおりなら2020年の関東の梅雨期間は38日から44日の間となるでしょう。 なお、関東の梅雨の傾向として、梅雨明けが宣言されてからも少しぐずついた天気が続きます。

次の

2020関東の梅雨入り明け予想!今年はいつからいつまで?

梅雨 明け 関東 2019 予想

その地域の梅雨前線が南下していった、戻らなくなった時• 晴れが1週間以上続くと予想された時• 晴れが1週間以上実際に続いた時 などが、一応の目安とされています。 または、夏型のからっとした晴天が続くようになってから、梅雨開けと判断されることもあります。 更に、ぐずついた天候のまま、7月を超えてしまった場合は、 梅雨明け宣言が出ない事もあります。 最近では、2017年の東北地方(北部・南部とも)において、梅雨明けの日が速報値として出されたものの、その後天気が長くぐずついたため、最終的に梅雨明けが特定されませんでした。 こうしたケースもあるんですね。 梅雨のない場所もある 日本ではほとんどの地域で梅雨となりますが、例外的に梅雨のない地域もあります。 有名な所では 北海道ですね。 この時期はあまり雨が降らず快適な季節なんです。 というのも、梅雨前線は北上するほど力が弱まり、北海道に到着するころには、威力を発揮出来ないからです。 とは言っても、全く梅雨がないわけではありません。 少しジメジメした 「蝦夷梅雨」が続く時期もあります。 それでも5日前後と短く、梅雨のある地域からしたら羨ましい限りですね。 関連記事: 北海道以外では、梅雨前線の範囲から外れる 小笠原諸島にも梅雨はありません。 その代わり亜熱帯の気候のため、夏になるとスコールが降るので、これもまた大変ですね。 例年の梅雨入りの平均時期は? 気象庁の過去の梅雨時期のデータによれば、 梅雨入りと梅雨明けの平均(平年値)はこのような時期となっています。 地区 梅雨入り時期 梅雨明け時期 沖縄 5月 9日頃 6月23日頃 奄美 5月11日頃 6月29日頃 九州南部 5月31日頃 7月14日頃 九州北部 6月5日頃 7月19日頃 四国 6月 5日頃 7月18日頃 中国 6月 7日頃 7月21日頃 近畿 6月 7日頃 7月21日頃 東海 6月 8日頃 7月21日頃 関東甲信 6月 8日頃 7月21日頃 北陸 6月12日頃 7月24日頃 東北南部 6月12日頃 7月25日頃 東北北部 6月14日頃 7月28日頃 *ここでは、山口県は九州北部に入ります。 より 2019年の梅雨入り・梅雨明けの予想 2019年はやや雨が少なめ? 気象庁が発表している長期予報の6月予報を見る限りでは、• 北日本、沖縄・奄美…曇りや雨の日が、概ね平年並み、あるいは多め• 西日本・東日本…曇りや雨の日が、概ね平年よりも少なめ と出ています。 また気温は、全国的に平年よりやや高い日が多い傾向ですね。 今後の気象の変化によって、予報は変わっていくとは思いますが、最近の傾向や現段階の予報から見た、 2019年(令和元年)の梅雨入り・梅雨明けの予想は次の通りです。 また 気象庁で発表された予報の結果も随時更新していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。 ですが、雨が降らないと夏に水不足が発生しますし、作物の育成にも影響がありますよね。 そうなると、秋には米や野菜が凶作となって、懐にも大きな打撃が・・・ 梅雨の時期は確かに不快かもしれませんが、作物にとっては必要ですし、自然のサイクルなので、無ければ困ってしまいます。 梅雨の時期に雨が良く降るのは仕方がありません。 そういうものだと割りきって、なるべく快適に過ごせるように、気持ちを切り替えていきましょう。 普段の心がけ次第で、 梅雨の季節も楽しんで過ごせるようにしたいものですね。

次の