アイマス ssヤンデレ。 【デレマス】Paアイドルをヤンデレにしたい

アイマス

アイマス ssヤンデレ

概要 『』に登場するタイプのアイドルの内、要素を持つとされた4人、を筆頭に・・で構成されるの集合。 由来はなどで提唱された から。 他にプロデューサーに対する執着心や独占欲が強いのが特徴で、『』第48話2コマ目で目のハイライトが消えている等の理由でや、公式のセリフからを立てる向きもある ただし、誰か1人と入れ換えるか、5人で「 ヤンデレ五奉行」などとするかについての議論はあまり活発ではない。 余談だが 全員に姿のカードがある。 注意点 本項目の4人の括りはあくまで 上のものである。 公式で斯様な設定が為されている以外の3人に関してはと認めるか否かについて議論の余地が残る。 まゆも含め、公式レベルを逸脱したキャラ付けに対して不快に思う者は多いので、 TPOと節度を弁え、空気を読んだ上で楽しむこと。 なお彼女らを【束縛系】【依存系】【執着系】【狂気系】ヤンデレに据えた画像は、元は『デレマス』とは無関係の男性キャラクター4人をアイドル達に置き換えたものであり、 彼女ら4人の性質そのものを表しているわけではないことも覚えておこう。 公式での交流 決してではない 第2回総選挙では、属性別ランキングのCu版で• 輿水幸子• 佐久間まゆ• 緒方智絵里 と、3人ともヤンデレ またはその疑惑 で独占されている。 第6回総選挙では、属性別ランキングのCu版で• 佐久間まゆ• 緒方智絵里 と、まゆと智絵里が第2回以来共に属性別トップ3にランクイン。 また全属性別トップ3が合流して新曲を発表するため、まゆと智絵里は楽曲「 」で3度目の共演を果たした。 002 『デレマス』のカヴァーアルバム「jewelries! 」のキュート第2弾で、当時ボイスが実装されていたまゆと智絵里が共演。 オリジナル曲「」「」を共に歌い、『アイドルマスターシンデレラガールズ 』にて「パステルピンクな恋」がイベントに登場した際、「」として再結成したときも共演した。 スターライトステージ 第3回 『デレステ』にて開催された上記イベントで、イベント楽曲「」を歌う特別ユニット、 でまゆと智絵里が2度目の共演。 楽曲テーマが「」とだけあって、まさしくヤンデレ属性持ちの2人にはぴったりではないだろうか。 ただのせいで、は半ばヤバい状況に… LIVE Groove Dance burst第4回 『デレステ』にて開催された上記イベントにて、イベント楽曲「」を歌うユニットとして、オリジナルを歌うまゆと追加メンバーのゆかりが初共演。 ゆかりはこの曲がボーカルデビューとなった。 ストーリーコミュ第36話「Voi che sapete…」 『デレステ』の上記ストーリーコミュにて、ゆかりと響子が初共演。 これにより、『デレステ』内で4人は誰かしらと関わりを持つようになった。 LIVE Parade第5回 『デレステ』にて開催された上記イベントにて、イベント楽曲「」を歌う特別ユニット、で響子とゆかりが2度目の共演。 楽曲テーマが「結婚」つまり「愛」。 やはりCuって… ちなみにスペシャルコミュプロローグでは、が響子にに見せかけたオファーを仕掛けた。 まゆに見られてないと良いが… TVアニメ『』 TVアニメ『シンデレラガールズ劇場』第2期1発目のテーマソング「」を歌うユニットで響子と智絵里が初共演。 ちなみに2人とも第1期の『火曜シンデレラシアター』で単独出演の回が公開された。 また後に開催された「第33回」では、この楽曲を歌った5人で を結成し、2人は2度目の共演を果たした。 それぞれの愛の形 四天王のプロデューサーに対する愛の形は各人様々である。 その定義も人によってまちまちだが、参考までに見解をいくつか紹介する。 ここに挙がっている4人の中では唯一の追加実装アイドルであり、また唯一公式で「 ヤンデレ系」というワードが使用されたことがある。 プロデューサーのために元々居た読者モデルの事務所を辞める、プロデューサーと出会ったのはだと発言するなど、プロデューサーへの執着が殊更強い。 エリアでの初登場時の特訓前カードで見せたのような構えや、その諸々の言動が印象に残っている諸兄諸姉も多いのではなかろうか。 ただしからは プロデューサーが絡まないとええ子 とされている。 またCDデビューやボイス実装を経て、過激な言動は次第に鳴りを潜めていき、いわゆる「狂気系のヤンデレ」とは違った道を歩んでいる。 元より「他人に危害を加えるタイプではないのでは? 」との声も多く、ほかの子を押し退けるよりも自らが人一倍頑張って選んでもらいたいスタンスのようである。 周りを気遣うこともでき、プロデューサー以外のアイドルたちとの関係性も大切にするなど、基本的によくできた人間性であることがうかがい知れる。 プロデューサー、あの…見捨てないでくださいね…? キュート属性は元より、当ゲームの登場アイドル全体の中でも屈指の人気を誇る彼女であるが、初期のカードにおいてはプロデューサーに見捨てられることを強く恐れ、依存的な台詞も多く見られた。 ちなみに彼女が趣味で集めているの花言葉は「 私のものになって」である。 このほか、初期のカードでは手首が隠れていたため、の痕を隠しているとの推測まで登場したがこれは に終わった。 また元々内気でおどおどした言動が多い彼女だけに、先述の「依存的」とされる台詞についても、アイドルという未知の世界に対する純粋な不安から来るものとする意見も多く、現にで序盤は「カエルさんのおまじない」に依存していた。 ただし台詞が「ヤンデレ的」であるかという点については見解が分かれ、 こじつけ感が強いとの意見もある。 幻想公演『黒薔薇姫のヴォヤージュ』では、【 R[ヴォヤージュ・ヒーラー]】が追加された。 特訓前の表情やセリフには 本物っぽさが感じられるが、あくまで感情を込めた演技である。 そもそもヤンデレの演技でなくの演技であるので注意されたい。 また『』でのイベントコミュ「あいくるしい」で演じたドラマ上の役割は「 愛を知らない少女」であり、当人も愛に関してはやや無頓着な面が見られた。 Pさん! 私、いいお嫁さんになると思うんですよ! 家事全般を趣味として挙げる、世話焼き女房的な立ち居振る舞いが多いなど、15歳という年齢に似合わず嫁アピールが強い。 そこから、勝手にを作って家に入ってきそうな「 押しかけ女房型ヤンデレ」と見なされた。 スカウト直後であろう初登場時のセリフでいきなり良妻アピールをしてPに言われるまでアイドルをするということを知らなかった点も拍車を掛けている。 ただし成立の経緯を見る限り、「四天王」という言葉が先にあっての数合わせ的要素が強く、あくまでも初登場時の台詞の深読みであり元は ヤンデレを意図した書かれた台詞ではないということを念頭に置きたい。 「」において、片手に鋏を持ち顔に影がかかった、いかにもな表情の【 SR[学園の秘密・S]】が追加されたが、これは あくまで映画の役であり本来の彼女にヤンデレ要素は皆無であることは忘れないでいてほしい。 のちにで「」を歌唱したことで、それまではまゆが担当していたも受け継いだ。 同誕生日・同年齢であるを絡めたネタも。 ニコニコ動画でのCuヤンデレ四天王 を制作するアルトPの作品にはCuヤンデレ四天王の4人が多く登場する。 しかしそれぞれのキャラクターは公式とも上記の解釈とも大きく異なった、アルトP独特の設定で構成されているので注意。 たぶん動画を見ればすぐによーくわかる。 結びに 『』は個性豊かなアイドルを集めて、トップアイドルに育てるである。 みんなも好きなアイドルをプロデュースして、トップアイドルに育てy プロデューサーさんが好きなのはわたしですよね…? 関連タグ :重い関連。 メンバー相関 まゆ 智絵里 ゆかり 響子 Heartful Bloom Love Yell ゆかり 「あいくるしい」メンバー 智絵里 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-21 18:00:00• 2020-07-21 17:00:00• 2020-07-21 13:00:00• 2020-07-20 18:00:00• 2020-07-20 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-22 05:30:48• 2020-07-22 05:11:39• 2020-07-22 05:10:36• 2020-07-22 05:09:55• 2020-07-22 05:04:46 新しく作成された記事• 2020-07-22 04:52:13• 2020-07-22 02:27:29• 2020-07-22 02:03:36• 2020-07-22 01:25:26• 2020-07-22 01:07:45•

次の

[B!] ミリマス P「ある日、目が覚めたら何かが変に」 貞操概念逆転 R

アイマス ssヤンデレ

全商品はブランドコピーN品で業界で一番よい品質です。 ブランドコピー通販は主にルイヴィトンコピー商品、グッチコピー商品、シャネルコピー商品。 ブランドコピーバッグ、財布、ネクタイ、シューズ、サングラス、帽子、ベルト、マフラー、傘、生地コピー、アクセサリーなどを販売しております。 ロレックスブランドコピー、オメガブランドコピー、IWCブランドコピー、ウブロブランドコピー、ブルガリブランドコピーなどの腕時計も取り扱っております。 営業時間 ご注文はオンラインにて年中無休、24時間受付けております。 ブランドスーパーコピー 765プロ• 876プロ• 961プロ• モバマス• グリマス• ユニット別リンク.

次の

【ミリマス】アイドルのみんながヤンデレになってしまったら

アイマス ssヤンデレ

vip2ch. 雪歩」 亜美「もーらい!」ゴクゴク 雪歩「あ!」 亜美「はれ?」バタ 亜美「zzz」 P「……」 雪歩「……失礼しますぅ」 P「なんなんだ一体……」 prrr P「はい」 あずさ「あらあら〜、プロデューサーさん?実は今プロデューサーさんの家の前についちゃったんですけど……」 P「……間違い電話です」ガチャ P(なんて事がよぉ、毎日起こり始めてよぉ……体を鍛える事にしたんだ。 かれこれ一ヶ月程鍛えた) P「毎日100キロランニングを行って……最初は午前3時に起きて走りこんで大体9時くらいに終わっていた」 P「今では1時間を切るようになった」 P「100キロランニングが終わった後は、あるルートから仕入れた青酸カリを致死量ギリギリまで飲み始めた」 P「今では10キログラムの青酸カリを飲まないと一日が始まった気がしない」 P「青酸カリを飲み終わった後には朝食にゲテモノを食べるようになった」 P「本日はゴキブリ、オオスズメバチ、アシダカグモを天ぷらにして食べても全然平気だ。 うまくはないし食べたくもないが」 P「朝食後には765プロダクションに向かって雇ってくれた恩義を込めて感謝のせいけん突きを1万回行って……」 P「30分切っちまった」 P「呼吸の乱れは心の乱れと聞いてたから……試行錯誤しながら、呼吸の訓練をしたら……」 P「何か水の上に立ったりできるようになった」 P(まぁ、なんだ。 何か何が来ても平気な感じになってきたんで、久々に765プロに出社しようと思う。 有給終わっちゃいそうだし) P「おはよう、皆。 久しぶり」 春香「あー!プロデューサーさん!全くもう!自宅に行っても全然家にいないんですから!どこ行ってたんですか!」 P「ん?あぁ、山とか滝とか……まぁ色々な」 春香「……ふぅん?それじゃあ、せっかくの再開ですしクッキーでもどうぞ!手作りなんですよ!」 P「おう、頂きます」モグモグ P「うまいじゃないか」 春香「えっへへ〜。 ってあれ?なんともないんですか?」 P「そうだな、今の俺を昏睡させるなら睡眠じゃ無理だと思うぞ」 春香「またまたぁ、冗談ですよね?たまたま私が入れ忘れただけかと」モグモグ 春香「zzz」 P「破ァ!!!」 春香「ブフゥ!」 P「自滅するな。 とっととレッスンいくぞ」 春香「へ?あ、はい。 わかりました……」 P「お?千早じゃないか」 千早「プロデューサー。 なんでそこのリボンと歩いているんですか?私の事はどうでもいいんですか?」 P「まぁ落ち着いてくれ」 千早「……」 P「包丁か……。 まぁ降ろせっていっても聞かないだろうしなぁ」 春香「プロデューサーさん。 あんなまな板放っておいていきましょ!」 P「お前も挑発するなよ……」 千早「」ブン P「あー、なんだ。 残像だぞ、それ」 千早「くっ!あ、当たりさえすれば……当たりさえすればッ!」 P「……当ててみろよ」 千早「!」グサ P「……」ボキ 千早「あ、あれ?刺さったのに……なんで刃が折れて……」 P「ふむ、腹部に裂傷か……。 場所は腎臓あたり……。 こうしてこうすれば、患部の結合ができそうだな」クイクイ 春香「なんか準備運動みたいな動きを……」 P「唾つけても治るけど、スーツ汚れるのももったいないからな。 筋肉で出血止めたんだよ」 春香「!?」 千早「……」 P「千早もレッスンつけてやるからとっととこい」 千早「……」ズルズル 美希「ハーニーィ!」 P「よ。 レッスンしてるとは真面目だな!」 美希「ハニーが帰ってきたときに喜んで貰おうと思って頑張ってたの!」 P「おう、偉い偉い」 千早「」ギリギリ 美希「だから……キス、してほしいな?」 P「おう、いいぞ」チュー 春香「ちょ!こ、この金髪毛虫!しかもプロデューサーさんまで!ノリノリで!」 P「黙れ、春香」チュー 春香「ンムム!?」 春香「」ポー P「おう、千早もやっとくか」チュー 千早「」ガブリ P「オレノフィファヲファムファ(俺の舌を噛むな)」 千早「」グイグイ P「ファモンファファフフォ(波紋流すぞ)」 P「ふー」 千早「」ビクン 美希「浮気はよくないって思うの……」 P「浮気じゃない、愛情表現だ。 それにばれなければどうと言う事はない」 美希「……女ったらしは死んじゃったほうがいいの!」ヴィイイイ!!! P「チェンソーか。 千早よりは準備がいいな」 美希「死んだらずっとミキの物なの!足の爪くらいなら春香にも譲ってあげるの!」ヴィイイイイン! P「」バシ 美希「チェ、チェンソーを白羽取りとか……ひ、非常識なの……」 P「俺に傷を負わせたいならレーザー兵器を用意してこいよ、美希ぃ」チュー 美希「も、もう何も言わないの……。 う、浮気に寛容なのも重要だと思うな」ブルブル P「浮気というか愛情表現をしてやろうと思っているだけなんだが」 P「む、これは……」 春香・美希「?」 P「この足音は……真と響か。 後、クマだな」 春香・美希「!?……クマ!?」 P「正確に言うとホッキョクグマだ。 随分凄いのつれてきたな」 ガチャリ 響「プロデューサー!自分のペットになるか、クマ次郎のエサになるか選ぶさ!」 真「ボクをお姫様にしてくれる約束忘れてませんよね〜!二人だけの世界に行きましょう!」 響・真「」ギロ P「おいおい、仲間割れすんな。 気の済むまで付き合ってやるから……全員でかかってこい。 手加減はしてやるから」 真「シッ!」ブン P「おお、いい踏み込みだが……足元がお留守ですよ」コン 真「あう!」 響「背後が隙だらけさ!プロデューサーーー!!!」ブォン P「動物はスイングが大きすぎるな」スッ 響「!?……その目なんなの!?気持ち悪いぞ!!!」 P「何って……白眼って言うらしいな。 ほぼ360度見渡せる。 結構便利だぞ」 響「け、けっけい限界無視するのは反則だぞ!!!」 P「知らん。 身についたんだから仕方ない」 真「オラオラオラオラオラ!!!」 P「いいラッシュだが……文殊【遅】」 真「う、動きが……遅く……」 P「山でスケベな高校生にあってな。 あずささんのグラビア写真渡したら教えてくれた」 響「は、反則すぎる……」 P「オーケー。 わかった。 響はダンスやっているからな。 俺も素手でいこう。 ただ言っておくと俺は、素手のが強い」 響「!?……やっちゃえ!クマ次郎!」 クマ次郎「」バタン 響「こ、今度は何をしたのさ……」 P「居合い拳……居合い抜きと同じ要領で拳を高速で突き出しただけだ」 響「う、うわあああああ!」バチバチ P「ふむ、戦闘力……ざっと150万って所か……」 P「60%で相手をしてやるか……」ムキィ 響「ちょ!?」 P「」ブン 響「キュウ……」 P「峰打ちだ、安心しろ。 すぐ目が覚める」 真「くっ」 P「どうした?真はこないのか?」 真「ぷ、プロデューサー……。 お姫様に……なりたいです……」 P「いいよ。 今度、その仕事とってこよう」 P「いやー、一件落着だなー」 律子「……プロデューサー殿?あなたがいない間に仕事がどんなに大変だったか……。 これは私からのプレゼントです!」ドン 律子(ふふ、たまりにたまった仕事を押し付けてやれば、恐らく最終的に私に泣きつく……そこで優しさを見せれば……ちょろいわ) P「お?こんだけか?」スッキリ 律子「あ、あれ?い、今の資料の山が……消えた……!?」 P「おう、処理して整理したけど、問題あったか?」 律子「876プロとの合同ライブの依頼締結とその清算書は?」 P「そこの戸棚の右から3番目の一番上に入ってるぞ」 律子「あ、ある……!あ、ありのまま起こった事を話すわ……。 仕事をプロデューサー殿に振ったと思ったら全部終わっていた……。 トリートメントはしっかりしているかい?」 真美「き、昨日ちゃんとしたよ!」 P「じゃあ、夜更かしだな。 しっかり寝ろよ」モグモグ 真美「……はい」 あずさ「プロデューサーさん?そんなメス豚達の異物食べたら体腐っちゃいますよ?」 真美「は、はぁ!?ちょっと年増が調子に乗んないでよ!」 あずさ「」ビキィ P「落ち着け。 そして、あずささん。 俺は別に何食おうが問題ないですよ」 あずさ「大丈夫です。 私が消毒してあげます」ボボボ P「火炎放射器と来たかー……。 一個や二個くらいド忘れすることはあるさ」 真美「う、うん。 ごめん、兄ちゃん。 衝撃だけで威力は最小限に留めてます」 あずさ「」チーン P「じゃあ、戻りますか」 貴音「あなた様、見事な腕前でした」 P「おぉ、貴音か。 一緒に帰るか?」 貴音「いいえ?あなた様は……帰れません。 ここでわたくしと共に月へゆくのです」 P「力技は無駄だぞ」 貴音「えぇ、ですので、誓いの口付けを」チュー P「んむ!?」ゴクリ P「何を飲ませ……いや、これは解析できそうだ」 P「ふむふむ、これは、未知の物質が混ざっているな。 アルテステロイド、フィルドクライムとでも名づけるか。 2:4:2:2の割合で薬物の調合が……俺の肝機能でこの物体の抗体菌を作り出して……これは消化してしまうか」ブツブツ 貴音「あ、あなた様。 さぁこちらを向いてください」 P「おう、どうした?」 貴音「今飲んでいただいたのは秘伝のほれ薬です」 P「知ってる」 貴音「た、確か効果は飲み込んだ者が十秒後に見た者を愛して絶対服従になるという……」 P「消化した」 貴音「……」 P「帰るぞ」 貴音「……はい」 あずさ「う、うぅ」 P「起きましたか。 じゃあ、いきましょう」 あずさ「う、ま、まだ……」 P「今度、復活したらリベンジしてください。 とりあえず帰りますよ」 あずさ「」ズルズル やよい「あ、プロデューサー!おはようございますー!」 P「よう、やよい」 やよい「とりあえず、その手に持っているゴミは萌えないゴミかなーって」 あずさ「!?」 P「やよい、もやしやるから今日はもやしパーティーにしよう」 やよい「そんなことじゃ、誤魔化されないですよ?」 P「じゃあ、どうするっていうんだ?」 やよい「弱ってる方から潰すのは戦闘の基本だと思いまーっす!」ブン P「うむ、やよいは賢いなぁ。 でも速さが足りないなぁ」 やよい「!?……いつの間に後ろに」 P「ゆっくり歩いて後ろに回ったぞ」 やよい「じゃ、じゃあ、先にお尻の方を片付けちゃいます!」ブオン P「ぬるいぞ、やよい」ス やよい「な、鉈を触れずに止めちゃうのは流石に非常識かなーって……」 P「ディクロニウス……」 やよい「でぃくろにうす?」 P「そう、ディクロニウスって見えない手っていうのがあるらしい。 気が向いたらまた後で更新しまする。 いおりんがラストだよ。 いつも書いた瞬間からヤンデレ疑われるからむしゃくしゃしてやった。 反省はしていない。 全く雰囲気違うのによくわかりましたな。 P「ただいまー」 伊織「来たわね、変態」 P「いや、変態じゃないから」 伊織「私と会うのがそんなに嫌だったわけ?」 P「ちゃんと会おうと思ったんだけど次から次へでタイミングがな」 伊織「この伊織ちゃんより他の女を取るなんていい度胸じゃない!」 P「皆大切なアイドルだから」 伊織「きーっ!もういいわ!水瀬家に監禁しちゃえばおんなじだから!!!SP部隊来なさい!!!」パチン ズラァァァ P「おー、すげぇ。 戦車やら黒服やらヘリやらで埋め尽くされたぞ……」 伊織「ここら辺丸ごと焦土にされたくなかったら大人しく投降するのね!」 P「伊織、向こうまで埋め尽くされてるけど……どのくらいまで埋め尽くされているんだよ?」 伊織「13kmよ」 やよい「うっうー!伊織ちゃんすっごーい!捕まえたら私にもプロデューサー貸してほしいかなーって!」 伊織「……やよい次第ね」 P「どっちもいける口か……。 まぁ、いい。 どうせ実現しない話だ」 伊織「はぁ!?アンタ、この軍隊が目に入らないの?眼科行った方がいいんじゃない?」 P「軍隊は……流石にルーラじゃ無理だよなぁ。 アレで行くか」 伊織「はっ。 アンタ一人に何ができるっていうのかしら?」 P「固有結界……アンリミテッドブレイドワークス!!!」 伊織「!?」 P「伊織と軍隊だけ取り込んだ。 さて……適当に剣投げるけど、全部峰打ちだから安心しろ」 伊織「ちょ……」 スコココココ P「やれやれ、3分もかかっちまった。 数が多いと流石に時間もかかっちまうな」 伊織「」ガクリ P「じゃあ、戻るかー」 P「やー、平和だなぁ」 春香「プロデューサー、クッキーです」 P「おう」モグリモグリ P「また入れたなコイツゥ」 春香「えへへ」 雪歩「お茶ですぅ」 P「さんきゅ」ゴクゴク P「ほれ薬は貴音がやったぞ」 雪歩「ふぇぇ」 律子「仕事です!」ドスン P「終わった」スッキリ 千早「プロデューサー、私と死んで下さい」ブン P「それは影分身だ」 P「うむ、平常運転だな」 P「そういえば……音無さん見当たらないな」 小鳥「ここですよ……」 P「」ピク 小鳥「どうです?私の絶は……?」 P「この雰囲気……やる気ですね」 小鳥「ぴへへ。 私を抜け者にして小娘共にうつつを抜かしたツケ、体で払ってもらいますよぉ?」 P「ハンデあげましょうか」 小鳥「何をするんですか?」 P「この戦いが終わったら、俺故郷にいる幼馴染と結婚するんだ」 小鳥「」ビキィ 小鳥「腸ぶちまけろやァ!!!ゲートオブバビロンver薄い本!!!」 P「勝った」 真美「ラ、ラスボスフラグを立てて戦闘シーンが割愛されたッ!」 亜美「流石プロデューサー!やってはいけないチートを平然とやってのけるッ!」 春香「そこに痺れる!憧れるゥ!」 小鳥「そ、そんな……精神攻撃は基本だって」 P「基本で俺を倒そうとは……それに精神攻撃っていうのはこうやるんですよ」 P「南無大慈大悲救苦救難……鬼の手!」 千早「と、唐突にプロデューサーの左手が気持ち悪くなったわ!」 貴音「面妖な」 P「俺のイメージ今から送りますね」 モワモワ P「小鳥……愛してるよ」 小鳥「え、えぇ!?なんですかこれ!?」 P「なにってほら……ラブホにきたんじゃないか」チュ 小鳥「んむ?」 P「こんなにここを濡らして……そんなに我慢できなかったのか?」 小鳥「うひゃああ!」 P「」prpr ポヒュン 小鳥「」ダクダク 響「ぴよ子が今までにない勢いで鼻血を出しているぞ……。 しかも何か幸せそうだし」 P「ティッシュつめとくか」グイグイ 美希「こ、これはお嫁にいけないの……」 P「大丈夫だ。 問題ない」 やよい「だって……」 あずさ「私達……」 皆「仲間だもんげ!」 終わる 次回作も適当にやるんで期待しないでね.

次の