ビギニング オブザ コスモス。 弓アクションは銃撃戦よりクール! 目ヂカラ光るタロン・エジャトンが伝説のロビン・フッドに『フッド:ザ・ビギニング』

「天地創生 ~ビギニング オブ ザ コスモス~」夏木葵/小瀬川Pのブログ | 運営さんSRをくださいドリンクでもいいです

ビギニング オブザ コスモス

どうも、お久しぶりです夏木です。 本日はこの漫画をご紹介します。 というか紹介せずにはいられませんでした。 タイトルはズバリ、 『ムダヅモ無き改革』 画像を見て「 あれ?」と思う方がほとんどだと思いますが、 この人物は小泉ジュンイチローと言います。 他にも麻生タローさんや杉村タイゾーさんもいます。 もちろんジョージ・ブッシュやウラジーミル・プーチン、ベネディクト16世(ローマ教皇)。 挙句の果てにリヒャルト・ワーグナーやアドルフ・ヒトラーなんかも出てきます。 他にも聞いたことあるよーなビッグネームがこれでもかとばかり出てきます。 この時点ですでにカオス。 この人たちが自国の為、はたまた人類の存亡をかけて麻雀をします。 リアル切腹シーンがあったり、サマ封じの為に劣化ウラン牌なる物が存在していたり、 仕込まれた毒を抜くために自ら頸動脈をぶった切ったり、 プルトニウム牌で対戦相手をメルトダウンさせてみたり、 広島原爆の1000倍の威力のある遊星爆弾を月からぶっ放すなど、 もはやどっからツッコんでいいかわからない。 ギャグ漫画なので、配牌の時点で国士テンパイとかは当たり前。 咲の連続リンシャンや連続ハイテイとかそんなレベルじゃない。 青天井ルールで点数のケタが溝とか理解できない。 ガンダムネタやDBネタなんかも盛り込まれていて、 どうしてこの世に存在しているのかさえ疑問視されます。 また、この登場人物達がいちいちカッコいいから困る。 この人らが国を牛耳っているならそれは納得せざるを得ない。 むしろ「ウチの首相ってこんなカッコよかったっけ?」と思ってしまいます。 余談ですが、この漫画の女性キャラクターは可愛い。 無駄に華やかで萌要素もあるとか、なんて俺得。 こんだけネタバレしてもまだまだネタは山ほどあります。 是非一度手に取って読んでみる事をお勧めします。 関連情報に以前何シテル?で載せた「iM s雀姫伝」の第四話をうpします。 この回で小泉ジュンイチローがやってくれます。

次の

ダンス・トゥ・ザ・ドラムス・アゲイン

ビギニング オブザ コスモス

『 ザ・ビギニング・オブ・タイムズ』( The Beginning of Times)は、の・、がに発表した10作目の。 『 ザ・ビギニング・オブ・タイムズ』 の リリース 録音 ソニック・パンプ・スタジオ、 マルコズ・コックピット 、、 時間 58分52秒(日本盤) アモルフィス (ボーカル・プロデュース) 専門評論家によるレビュー• チャート最高順位• 1位(フィンランド )• 16位(ドイツ )• 32位(スイス )• 37位(日本 )• 41位(オーストリア ) アルバム 年表 2010年 ザ・ビギニング・オブ・タイムズ 2011年 2013年 ミュージックビデオ - - 反響・評価 母国フィンランドでは2011年第22週のアルバム・チャートで初登場1位となり、バンドにとって4作目の1位獲得アルバムとなった。 2012年12月にはフィンランド国内の売り上げが1万枚を突破し、の認定を受けている。 ドイツのアルバム・チャートでは16位に達し、同国において初のトップ20入りを果たした。 Eduardo Rivadaviaはにおいて5点満点中3. 5点を付け「『ザ・ビギニング・オブ・タイムズ』という宣伝文句は必ずしも正確ではない、なぜなら本作は1992年のデビュー作『カレリアン・イスムス』のブルータルなデスメタルではなく、むしろ彼らのオリジナリティを最初に証明した影響力の強い2作目『』に回帰したからだ」と評している。 また、Adrien Begrandはにおいて10点満点中7点を付け「過去3作のアルバムは、壮麗でポップ性の注入されたシングル曲の印象が強かったが、このレコードはより一貫性がある」と評している。 収録曲 全曲とも作詞はペッカ・カイヌライネンによる。 バトル・フォー・ライト - Battle for Light — 5:35• 作曲:サンテリ・カリオ• マーメイド - Mermaid — 4:24• 作曲:サンテリ・カリオ• マイ・エネミー - My Enemy — 3:25• 作曲:• ユー・アイ・ニード - You I Need — 4:22• 作曲:サンテリ・カリオ• ソング・オブ・ザ・セイジ - Song of the Sage — 5:26• 作曲:サンテリ・カリオ• スリー・ワーズ - Three Words — 3:55• 作曲:• リフォーメイション - Reformation — 4:33• 作曲:エサ・ホロパイネン• スースセイヤー - Soothsayer — 4:09• 作曲:トミ・コイヴサーリ• オン・ア・ストランディド・ショア - On a Stranded Shore — 4:12• 作曲:サンテリ・カリオ• エスケイプ - Escape — 3:51• 作曲:サンテリ・カリオ• クラック・イン・ア・ストーン - Crack in a Stone — 4:55• 作曲:エサ・ホロパイネン• ビギニング・オブ・タイム - Beginning of Time — 5:50• 作曲:エサ・ホロパイネン ボーナス・トラック 限定盤及び日本盤に収録。 ハーツ・ソング - Heart's Song — 4:07• 作曲:エサ・ホロパイネン.

次の

ダンス・トゥ・ザ・ドラムス・アゲイン

ビギニング オブザ コスモス

『 ザ・ビギニング・オブ・タイムズ』( The Beginning of Times)は、の・、がに発表した10作目の。 『 ザ・ビギニング・オブ・タイムズ』 の リリース 録音 ソニック・パンプ・スタジオ、 マルコズ・コックピット 、、 時間 58分52秒(日本盤) アモルフィス (ボーカル・プロデュース) 専門評論家によるレビュー• チャート最高順位• 1位(フィンランド )• 16位(ドイツ )• 32位(スイス )• 37位(日本 )• 41位(オーストリア ) アルバム 年表 2010年 ザ・ビギニング・オブ・タイムズ 2011年 2013年 ミュージックビデオ - - 反響・評価 母国フィンランドでは2011年第22週のアルバム・チャートで初登場1位となり、バンドにとって4作目の1位獲得アルバムとなった。 2012年12月にはフィンランド国内の売り上げが1万枚を突破し、の認定を受けている。 ドイツのアルバム・チャートでは16位に達し、同国において初のトップ20入りを果たした。 Eduardo Rivadaviaはにおいて5点満点中3. 5点を付け「『ザ・ビギニング・オブ・タイムズ』という宣伝文句は必ずしも正確ではない、なぜなら本作は1992年のデビュー作『カレリアン・イスムス』のブルータルなデスメタルではなく、むしろ彼らのオリジナリティを最初に証明した影響力の強い2作目『』に回帰したからだ」と評している。 また、Adrien Begrandはにおいて10点満点中7点を付け「過去3作のアルバムは、壮麗でポップ性の注入されたシングル曲の印象が強かったが、このレコードはより一貫性がある」と評している。 収録曲 全曲とも作詞はペッカ・カイヌライネンによる。 バトル・フォー・ライト - Battle for Light — 5:35• 作曲:サンテリ・カリオ• マーメイド - Mermaid — 4:24• 作曲:サンテリ・カリオ• マイ・エネミー - My Enemy — 3:25• 作曲:• ユー・アイ・ニード - You I Need — 4:22• 作曲:サンテリ・カリオ• ソング・オブ・ザ・セイジ - Song of the Sage — 5:26• 作曲:サンテリ・カリオ• スリー・ワーズ - Three Words — 3:55• 作曲:• リフォーメイション - Reformation — 4:33• 作曲:エサ・ホロパイネン• スースセイヤー - Soothsayer — 4:09• 作曲:トミ・コイヴサーリ• オン・ア・ストランディド・ショア - On a Stranded Shore — 4:12• 作曲:サンテリ・カリオ• エスケイプ - Escape — 3:51• 作曲:サンテリ・カリオ• クラック・イン・ア・ストーン - Crack in a Stone — 4:55• 作曲:エサ・ホロパイネン• ビギニング・オブ・タイム - Beginning of Time — 5:50• 作曲:エサ・ホロパイネン ボーナス・トラック 限定盤及び日本盤に収録。 ハーツ・ソング - Heart's Song — 4:07• 作曲:エサ・ホロパイネン.

次の