ドレン 掃除。 エアコン分解方法(霧ケ峰)〜掃除

エアコンのドレンホースの掃除手順を紹介【3ステップで完了】|街の修理屋さん

ドレン 掃除

【STEP6】パーツを水洗いする ここからはいよいよエアコンパーツの洗浄工程について説明していきます。 まず、電装品に水がかかってしまわないようにするために、ビニール袋などを被せておきます。 その後、ファンやドレンパン、エアコンの本体カバーなどをジャバジャバと水洗いしていきます。 一般的には中性洗剤とスポンジを使ってお風呂場などで洗う事が多いのですが、今回は高圧洗浄機で一気にカビ汚れを落としました。 カビ落としのポイントは、大量の水で洗い流すということ。 これだけ分解した状態で洗浄しても、キレイにカビを取り除くためには結構な量の水が必要でした。 一度このような形で水洗いをすれば、エアコン洗浄スプレーなどではカビをきれいに落としきれないということがよくわかると思います。 ドレンパンやファンを水洗いした後は、しばらく水切りと乾燥を行います。 洗浄後のドレンパンと送風ファンは、こんなにもきれいになりました。 これでドレンパンに溜まっていたカビ汚れの詰まりも解消されました。 【STEP7】ドレンホースの詰まりを吸引して取り除く ここからはドレンホースの詰まりを解消するため、サクションポンプを使ってドレンホースの詰まりを取り除きます。 まず、サクションポンプをドレンホースに差し込みます。 後はポンプのハンドルをぐいっと引っ張れば、ドレンホースの詰まりを取り除くことができます。 ここまでの作業でドレンパンの詰まりと、ドレンホースの詰まりの両方の詰まりを解消することができました。 【STEP8】エアコンを元通り組み立てる しっかりと乾燥させたら、先ほどと逆の手順でドレンパンや送風ファン、電装BOX、本体カバーなどを組み上げていきます。 お疲れ様でした。 これでエアコンのドレンパンの分解洗浄は完了です。 最後に一言 今回は、【エアコン室内機水漏れ】ドレンパンのDIY分解掃除方法まとめについてお話しました。 エアコンからの水漏れの原因の多くはドレンパンやドレンホースの詰まりなので、その対処法はエアコンを分解して詰まった汚れを取り除く必要があります。 エアコンの分解洗浄は本当に根気のいる作業ですし、時期によってはサウナのような部屋の中で汗をダラダラかきながらの作業になるため、本当に途中で何度も挫折思想になることと思います。 でも、しっかりと詰まりを取り除く事ができたら、ドレンパンもファンもきれいサッパリキレイにすることも出来ているため、組み立て後のエアコンの風の気持ちの良さは格別です。 どうしてもメカに弱くて、自分ではできないという場合はプロに頼むか、もう10年近く使っているエアコンであれば、そろそろ買い替え時期(エアコンが故障し始めるタイミング)に差し掛かってきていますので、新品に買い替えてしまうのも一つの選択肢です。 是非参考にしてみてください。 それでは!.

次の

技術レポート

ドレン 掃除

エアコンのドレンパンとは? エアコンは取り込んだ空気を冷却コイルで冷やしてから排気することで部屋の空気を下げますが、 空気を冷却すると空気に含まれる水分が集まり水滴になります。 その 水分の受け皿がドレンパンです。 悪臭や水漏れの原因になる 冷房をつけるたびに水に濡れてしまう部分なので汚れが溜まりやすく、 掃除をしないでいるとカビや悪臭の原因となります。 また溜まった汚れによって排水が上手くできなくなるとドレンパンに水が溜まり続け、最終的に 本体からの水漏れを起こしてしまうでしょう。 ドレンパンの掃除方法 ドレンパンを綺麗に掃除するためには、ある程度分解してドレンパンを取り外す必要があります。 分解掃除中は電源を切ったことを確認し、 コードを抜いてから作業を始めましょう。 最終的にはドレンパンを取り外して、水拭きやドレンパン用の洗浄剤を利用して汚れを落とすというのが目標になります。 分解する エアコンは外見的な見た目は似通っていても、内部構造はメーカーや型番によって千差万別です。 エアコンのメーカーや種類ごとの分解方法をネットで検索するなどして調べて、分解方法を確認しながら分解作業を行いましょう。 前面と奥面にドレンパンが有るエアコンが多いですが、前面ドレンパンは取り外す必要のあるパーツが少ないので、比較的自力で分解掃除がしやすいです。 スポンサーリンク• 汚れが溜まっている• ホースが真っすぐ伸びていない• ホースの先が潰れていたり石や土で塞がっている の3つに大きく分けられるでしょう。 ホースが地面につく場合 このドレンホースの先が地面についている場合は、そこが原因で水がつまり、水漏れを引き起こします。 対策としては 地面から10センチ程浮くようにカッターで切ると良いでしょう。 ホースが詰まっている場合 ドレンホースの先が地面に浮いているのに水漏れが起きている場合は、 汚れがホース内部で詰まっている可能性が高いです。 サクションポンプ型のドレンホースクリーナーを購入し、ホースの先をポンプの口に差し込み、手で抑えて密着させつつハンドルを引いて吸引。 一度外してハンドルを押し戻してから、さっきと同じようにして吸引を数回繰り返せば、ホースの詰りが解消されます。 クリーニング業者に依頼するのがおすすめ エアコンの清掃は自分でもできますが、一番のおすすめはクリーニング業者に依頼することです。 自分でするよりかはお金がかかりますが、それ以上のメリットがたくさんあります。 自分で清掃するより確実にきれいになる 専門の業者に任せればもちろん、自分で清掃するより確実にきれいになります。 カビや汚れ、ほこりを 新品同様に取り除くことができます。 時間や労力を使わずに済む エアコン一台を全体的に清掃しようと思うとかなりの時間や労力を消費します。 素人が清掃しようとすると、一時間以上はかかります。 また、エアコンは高い位置にあるため、思った以上に疲れます。 エアコンを壊す心配がない 隅々まできれいにするには、分解や水を使った洗浄をすることになります。 そのため、分解時に部品を壊してしまうことや、水をかけてはいけない場所に水をかけてしまい、エアコンを故障させてしまうこともあります。 業者に頼めば、 エアコンを壊してしまうといったリスクの心配が一切ありません。 意外と安い 業者にエアコンクリーニングを頼めば何万もかかるというイメージがありますが、 最近では技術の発達により、清掃を素早くすることができるため、意外と安くなっています。 で無料で見積もりできるので一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか? まとめ エアコンの水漏れは、その殆どがドレンパンとドレンホースが原因です。 専用の清掃器具は必要になるものの、自力で清掃できるようになると、いつ水漏れが起きてもすぐ対処できるようになります。 無理に自力で清掃しようとして故障させてしまっては問題ですが、前面のドレンパンとドレンホースの清掃ができるようになっておくと、 業者を呼ぶ手間とお金は掛かりにくくなるでしょう。

次の

技術レポート

ドレン 掃除

エアコンの排水トラブルの多くは『ドレン管』が原因! エアコンの排水がうまくいかないのはドレン管が原因かもしれません。 ではドレン管とはいったいなんなのでしょうか。 ドレン管とは? エアコンはフロンという気体を使用し、室外機で圧縮し、室内機で放出し熱を奪うことで温度を下げています。 逆に、室外機でフロン圧縮したことで、熱を放出し、温風を出しているのです。 空気は冷えると、含むことができる水分が少なくなってしまいます。 エアコンから水が出て来るのは、室内機の温度が下がり、空気の保持ができる水分が少なくなるからなのです。 冷えることにより、空気中の水分が結露し、それが排水として流れる仕組みになっています。 この水を放置してしまうと、エアコンからの水漏れの原因となってしまうのです。 そこで、この水の逃げ道として、ドレン管を取り付けてあるということです。 ドレン管はエアコンから出る排水を室外に出すための管なのです。 ドレン管の排水を再利用していい? ドレン管からでてくる排水は一見きれいに見えます。 しかし、エアコン内部に付着していた汚れやカビやバクテリアなどを含んでいるため、再利用することはできません。 また、ドレン管を排水の桝や配管などに直接排水することはできません。 基本的には間接排水となっているため、ドレン排水は配管に繋ぐか、垂れ流しで側溝や土間、通路などに出しているのです。 しかし、夏場の熱いジメジメした日などは大量のドレンが発生し水が出てきてしまいます。 そのため、雨水配管に直接つなげたいときは、「ドレン逆し弁」などを取付け、直接繋ぐことはできますが、汚水との接続については絶対に直接繋ぐことしてはいけません。 これをしてしまうと、エアコンのドレン配管と室内機が直接繋がってしまい、室内機に直接下水の空気が流れてくるので、下水の匂いが上がってしまうトラブルに発展してしまうことがあります。 ドレン管は正しく使うことで、エアコンも正常に動きます。 ドレン管を掃除してトラブルを防ぐ ドレン管が詰まってしまうと、水が逆流してきてエアコンが排水できないため、水漏れになってしまいます。 ドレン管が詰まって水漏れしてしまうと大量に水がたれてくることもあるので注意が必要です。 そのため、ドレン管にゴミが詰まっている場合は掃除しなければなりません。 掃除の仕方 1. 掃除道具として割り箸を用意します。 ドレン管の排出口を確認します。 ドレン管は室外機の近くにあることが多いです。 排出口が水に浸かっていたら、ホース口の位置を変えます。 排出口が虫やゴミなどでふさがっているのなら、割り箸などを使いきれいにします。 ドレン管の内部は掃除機で吸い取ります。 排出口に布を当ててから掃除機で吸い取らないと、故障の原因になってしまいます。 ドレン管の掃除は意外と簡単にできます。 また、掃除機の代わりに市販のポンプ使うと簡単にきれいにすることができます。 しかし、きちんとしたやり方でやらないとエアコンが壊れてしまうこともあります。 不安であれば業者に依頼しましょう。 ドレン管以外の原因と対処方法 エアコンの排水のトラブルはドレン管が原因とはかぎりません。 エアコンの内部が故障していることもあります。 フィンの結露だけでなく、ドレンパンの汚れやエアコン内部の部品の故障の可能性もあります。 他にも雨水が侵入していまっていることも考えられるのです。 ほとんどのトラブルは冷房を使っているときに起こることが多いようです。 暖房のときに排水ができなく水漏れしてるのとしたら、室外機が原因かもしれません。 しかし、室外機から水滴が落ちるのは正常なことなので、誤解しないように注意が必要です。 エアコンは水の通り道に邪魔なものがなければ、水は確実に外へと排水されていきます。 しかし、時間の経過とともにエアコンには汚れがたまってしまいます。 汚れによって水の通り道が狭くなったり、通り道を遮ってしまっている場合は、水はスムーズに流れなくなってしまいます。 水を受ける許容量を超えてしまうと、エアコンの水漏れを起こしてしまうのです。 業者に依頼すべきトラブル エアコンの排水トラブルは自分で直すこともできますが、難しいこともあります。 たとえば、ドレン管がたるんでしまっているのなら、自分で直すのは難しいのです。 たるんでいるのをそのままにしてしまうと、そこに水が溜まり、水が流れなくなるだけなく、逆流し水漏れになってしまうのです。 そのため、きちんと業者に依頼しなければなりません。 また、ドレン管が劣化している場合も、水がちゃんと外に排水することができません。 劣化したドレン管は取り替える必要があり、自分で行うのは難しくなっています。 自分だけでやってしまうと、エアコンが使えなくなることもあります。 他にもエアコン本体が取付工事や環境の変化などにより傾いてしまっていると、水漏れを起こしてしまうこともあります。 ドレン管など機械を使用していない、エアコンの排水を自然の勾配を利用している壁掛形や天井吊下形などは、傾いていることも少なくないようです。 自分の手で触れて調整できるのならいいのですが、安心してエアコンを使用するためには工事が必要となってきます。 業者に依頼することにより、水漏れ以外にもカビや嫌な臭いも一気に解決することができるかもしれません。 まとめ 普段目にすることは少ないドレン管ですが、エアコンの排水には重要な部品の一つです。 もし、最近エアコンから水漏れするなどトラブルを抱えていたら早めに業者に相談することをおすすめします。 相談することで、エアコンを最大限に活躍させることができるかもしれません。 エアコン修理を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の