イギリス 旅行 持ち物。 ヨーロッパ旅行に必要な持ち物一覧・必需品リスト52選!

イギリス旅行は1人旅で行こう!!注意する点とオススメのエリアはどこ?

イギリス 旅行 持ち物

イギリスの持ち物リスト貴重品編 パスポート イギリス旅行にパスポートは必ず必要です。 パスポートを忘れると出入国できませんので必ず持っていきましょう。 イギリス旅行中はパスポートの盗難には気をつけましょう。 クレジットカード イギリスを含め海外旅行ではクレジットカードで決済をするのが一般的です。 クレジットカード決済の手数料は1. 63%なので旅行に慣れている方はクレジットカードでの支払いが基本になっています。 クレジットカードをまだ作っていない方は海外旅行保険が自動でついてくるクレジットカードをおすすめします。 エポスカード 海外旅行用の 最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているで私自身もそう思います。 が旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。 年会費が 無料• 海外旅行保険が 無条件でついてくる• 作ると 2,000円分ポイントがもらえる• 旅行の直前でも 即日発行できる 条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。 まずは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる 無条件自動付帯 上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。 の保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。 スマホ イギリス旅行にスマホは必須の持ち物です。 スマホはイギリスでは基本的に日本の携帯会社の通信は使わず、wifi接続で通信するようにしましょう。 イギリスのWiFiはセキュリティ上よくなかったり、説明文が日本語でないため接続に苦労する・よく途切れる等使い勝手がよくないので日本の会社 等 でポケットWiFiをレンタルしていくのが一般的です。 日本円・現地通貨 イギリスでの買い物はクレジットカード中心で支払いましょう。 クレジットカードでの支払いを基本としつつも現金しか使えない場合もありますので両替用に現金も必ず持っていきましょう。 海外旅行にいるもので打線組んだwwwwwwwww 最低限は スマホ クレカ パスポート 現金 やろな あとはどうにかなる ポケットWiFi イギリスでスマホやPCを利用する場合はポケットWiFiを日本でレンタルしていくことが一般的です。 など大手が安くてかつサポートがしっかりしている、様々な空港で受取ができるのでおすすめです。 海外旅行保険 イギリスでは日本の保険が使えないので怪我や病気になったときに高額の医療費を請求される可能性があります。 通常イギリス用に海外旅行保険に加入すると数千円費用がかかりますが、クレジットカードによっては海外旅行保険がついているものがあります。 マルイが発行しているエポスカードは年会費無料でしっかりした海外旅行保険がついているのでコスパがかなり高いです。 またエポスカードの海外旅行保険ではものを盗まれた場合もその金額を20万までであれば補償してくれるなど補償が手厚いです。 国連や世界的に権威のある国際会議で使われるイギリス英語は、美しい発音と文法で知られていて、近年注目されている全寮制の寄宿舎ボーディングスクールをはじめ日本人の留学に人気の国です。 主な観光地でロンドンでは、黒と赤の制服が印象的な衛兵の交代式で知られるバッキンガム宮殿、新旧世界の古書や美術品など約8万点が所蔵されている大英博物館、ビッグベンやロンドン塔、タワーブリッジなどが挙げられます。 英国で最も美しい村といわれ現在人気上昇中のコッツウォルズ地方の家並み、ピーターラビットの作者ワーズワースが晩年暮らしたグラスミアが位置する湖水地方はウィンダミア湖でのクルーズ遊覧がおすすめです。 ハリーポッターのロケ地で、英語圏の大学では世界最古のオックスフォード大学など大人も子どもも楽しめる観光スポットがいっぱいです。 また、サマータイム期間に入っていて夜遅くの10時ぐらいまで街は明るく、昼間は日差しが強いので帽子を被るといった対策が必要です。 北海道より北に位置しますが、冬の冷え込みはそれほど厳しくなく、ロンドンと東京が同じぐらいと考えて良いです。 イギリス旅行におすすめの季節は春から夏の間の時期で、天気も快晴の日が続くことがあり、湖水地方に代表される観光地では美しい花々を見ることができます。 ロンドンの有名な観光地では、スリや置き引きを本業としている集団もいますので、周りに気を付けると同時に写真撮影やショッピングの時についつり夢中になりがちですが、貴重品は肌身離さず管理をしましょう。 また、地下鉄やロンド名物の2階建てのバスでは、ほかの乗客がいる車両に乗り込むことで恐喝などの被害を避けることができます。 治安の良い地域で評判なのがオックスフォードやケンブリッジといった欧州屈指の大学都市、中世の町並が色濃く残り国内随一の温泉があるバースです。 世界展開しているファーストフード店やコーヒーショップでは無料Wifiを利用でき、地下鉄は1週間で5ポンド掛かりますが、それほど高い金額ではないでしょう。 大手百貨店やスーパーでもWifiが利用できますが、公共交通機関での移動の途中に接続が切れてしまうといった短所もあります。 そこで、特に複数以上のイギリス観光の際には、5人まで利用できる、有料になりますがポケットwifiのレンタルをおすすめします。

次の

ヨーロッパ旅行に必要な持ち物一覧・必需品リスト52選!

イギリス 旅行 持ち物

初めてのイギリス旅行で「何を持っていけば良い?」「イギリス旅行の注意点は?」と不安になっている方もいるのではないでしょうか。 今回は、イギリスの概要や持っていくべき荷物、注意点などをご紹介します。 イギリスってどんなところ? イギリスはヨーロッパの北西に位置する国で、「イングランド」「スコットランド」「ウェールズ」「北アイルランド」という地域から成り立っています。 日本との時差は9時間で日本より遅く、日本が21時のとき、イギリスでは同日の12時です。 夏場 3月最終日曜日の25時~10月最終日曜日の26時 はサマータイムとして1時間早くなり、時差は8時間となります。 また、イギリスには四季があり、一年を通じて霧のような雨が降ることが特徴です。 イギリスはチップ社会 イギリスはチップ社会であり、さまざまな場面でチップを支払う習慣があります。 チップの相場は、ホテルではルームメイドやポーター(荷物を運ぶ人)に対して0. 5~1ポンド(約72. 4〜144. 8円)です。 イギリスの各地方を巡る旅行の場合は、ブリットレイルを使った鉄道旅行がおすすめです。 国外旅行者のためのチケット「ブリットレイル・パス」は、有効期間内であればイングランド、スコットランド、ウェールズの鉄道が乗り放題になります。 利用する場合は、出発前に購入する必要があります。 都市で移動する際に注意すべき点は、タクシー利用の際には正規タクシーである「Black Cab」を選んで乗ること、深夜の電車やバスの利用を避けることです。 イギリスに持って行くべき持ち物 貴重品類 クレジットカード クレジットカードは、イギリスのレストランやお店、ホテルなどさまざまなシーンで使えます。 手持ちの現金がなくなった際にもキャッシング機能があり、現地で現金を引き出すこともできます。 またクレジットカードにもよりますが、海外旅行傷害保険が付随しているケースが多くあります。 海外旅行時の盗難や怪我などでも補償を受けられる場合があります。 最低でも1枚は持っていきましょう。 保険証・免許証 パスポートを紛失した場合などのトラブルに対応できるように、身分証明証として保険証・免許証があると良いでしょう。 保険証は出発前や帰国後の移動時にも急病などで必要となる場合があります。 日用品 携帯電話・スマートフォン スマートフォンがあれば、地図アプリで電車の時間を調べたりできます。 携帯電話やスマートフォンを使う際は、旅行前に海外でも利用できる契約になっているかを確認しましょう。 定額制プランでない場合は、国際ローミングによって高額な通信料金になる可能性があるため注意しましょう。 Wi-Fiルーター(海外用) 現地のフリーWi-Fiはどこでも使えるわけではなく、セキュリティも脆弱です。 海外用のWi-Fiルーターがあると便利なので、必要に応じてレンタルなどをおすすめします。 変換プラグ イギリスは3本足のBFタイプが普及しており、日本のものは使用できません。 スマートフォンなどの電子機器を充電するためには変換プラグが必要です。 電子機器の利用には必須なので、安価なもので良いので用意しましょう。 イギリスと日本は電圧が異なりますが、最近のパソコンやスマートフォンなどの充電器は対応しているので変圧器は必要ありません。 治安は?イギリス旅行の注意点 日本と比べてイギリスの治安は良いとはいえません。 旅行中は置き引き、スリに注意して、荷物は体から外さない、夜間は出歩かないといった基本的な防犯対策を徹底しましょう。 パスポートの紛失やその他のトラブルが起こった場合は、在英国日本国大使館・総領事館に相談しましょう。 さいごに はじめてのイギリス旅行ということで不安を感じる方もいるかと思います。 きちんとした準備をして旅先での注意点に留意すれば心の準備ができるので、楽しい旅行になることでしょう。 今回ご紹介した内容を頭に入れて、素敵なイギリス旅行を楽しみましょう。 部屋数 1部屋目 大人 名 子供 名 宿泊時の 年齢を入力してください 子供1 歳 子供2 歳 子供3 歳 子供4 歳•

次の

イギリス留学で必要&役立つ持ち物リスト完全版!

イギリス 旅行 持ち物

服装は、日本の初冬程度の装備は揃える必要がある。 ロンドンで一番有名な空港はヒースロー空港だが、ロンドンにはいくつもの空港があるので航空券を手配する時にはどの空港を使用する便か必ず調べておくこと。 イギリスのVISA ビザ と入国審査 イギリスのビザに関しては、日本人は観光目的の場合6ヶ月のビザ無し滞在が許可される。 しかし、イギリスの入国審査は非常に厳格であることで有名で、出国の手段を持たないまま入国する場合は最悪入国拒否、もしくは審査官の厳しい尋問を覚悟しなければならない。 入国審査は、英語が苦手な人はあらかじめ滞在する都市やホテル、観光地などを紙に書いておいて見せるとスムーズ。 また、英語が得意な人も、あまり英語が話せないようなフリをしておいたほうが早く開放される。 逆に出国時には審査はなく、出国スタンプも無しというあっさりとしたものになる。 イギリスの都市間の移動 ロンドンからコッツウォルズ地方へ向かうバスは、 「ビクトリア・コーチ・ステーション」から発車。 イギリスのバス会社大手の ナショナルエクスプレス使用。 ネット予約が便利。 地下鉄・バス網がしっかりしていて移動は容易。 バッキンガム宮殿やビックベン、大英博物館など世界的に有名な観光地が立ち並ぶ。 ヨーロッパの中でもやはり外せない都市の一つ。 ロンドンから片道3時間程度と言うのもうれしい。 コッツウォルズ地方には美しい村々が点在していて、その村々を巡ることが観光のメインとなる。 地域内の移動に関してはバスの本数が少ないので、時間が余り取れない場合はレンタカーを借りるほうが良いかも知れない。 旅 行 記 関連記事 宿泊費 20,907円 2. 外食はせず自炊中心。 イギリスの宿は朝食付きの宿が多いので助かる。 観光費は有料の場所は外から眺めるだけにしてゼロ円。 ウエストミンスターやロンドンアイ、ロンドン塔などを観光すれば1万円は軽く超える。 バックパッカーには無理ゲー。 イギリスを旅するなら、バックパッカーでも 一日5,000円は予算としてみておいた方が良い。 宿での盗難、観光地や地下鉄・バス車内でのスリ、レストランなどでの置き引きには十分気を付けたい。 また、今はあまり見られないが少し前まで、観光地ではニセ警官に路上で取り調べと称してクレジットカードを奪われた上に、暗証番号を聞き出されるという詐欺が流行っていたこともある。 ロンドンのドミトリーでカメラを盗まれた ロンドンのドミトリー内で、ベッドの上に10分ほどミラーレスカメラを放置していた隙を狙われて見事に盗まれた。 治安が悪いブラジルからイギリスに到着してつい油断してしまった。 しかし、ヨーロッパの治安は決して良くはない。 むしろ軽犯罪は南米やアフリカよりも多く感じる。 チェックアウトしたはずの宿泊者が自分のベッドに勝手に寝ていた ドミトリー部屋のカギが1週間変わらない番号式のホステルに泊まった時に、知らない移民風の男が勝手に人のベッドに寝ていた。 他の宿泊者の情報に寄ると彼は昨日チェックアウトしたそうだ。 ロンドンのドミトリーは20人以上泊まる大規模な大部屋も少なくなく、管理が行き届いていないので貴重品の管理はくれぐれもしっかりしておきたい。 理由は味付けが薄いこと。 レストランのテーブルには必ずたっぷりの塩コショウが用意されており、自分の好みの味付けをして下さいという事らしい。 なので、そのまま食べると美味しくないようだ。 フィッシュアンドチップス これをどうしたら不味く出来るのかは不明。 お酒を飲まないのでアイリッシュパブに行くわけにも行かず、スーパーマーケットの冷凍食品を使って自炊に挑戦。 300円くらいでできた割には結構美味しかった。 スコーン イギリスと言えば紅茶の国。 午後ティーでお馴染みのアフタヌーンティーという慣習が有名。 街にもたくさんの紅茶専門店が並んでいるが、イギリスのお茶請けと言えばスコーン。 こちらもスーパーマーケットで買ってみたが、普通に美味しかった。 飲み物をなぜ紅茶にしなかったのか当時の自分を小一時間説教したい。 スーツケースorバックパック? スーツケースの方が良い。 理由は2つ。 一つはイギリスの歩道事情は良好で、駅やバスターミナルのバリアフリーもしっかりしておりエスカレーターやエレベーターがきちんと備え付けられていること。 2つ目はロンドンなどの都市部はスタイリッシュな街が多いので、大きなバックパックを背負っていると周りから浮いてしまう可能性がある。 せっかくのイギリスなのでお洒落に旅してみませんか?みなSay what、What!! お酒好きならもあり。 大英博物館のグッズ ちょっと変わったお土産におすすめなのが、大英博物館のグッズ。 から、ロゼッタストーンのネクタイの様な誰が使うねん系のグッズなど色々充実していて楽しい。 海外旅行のお土産をまだ現地で買っているの?? 海外旅行のお土産探しは、けっこう面倒。 帰りの荷物の空きや重量が心配だし、なにより貴重な海外での時間が減るのがもったいない。 もちろん空港ではなく、ネット通販で。 おすすめは、老舗の。 14時までの注文で最短翌日届けであったり、 5,400円以上の購入で送料無料であったりと、他の類似ショップより便利な点が多い。

次の