ユージュアル サスペクツ 考察。 アニメ映画「AKIRA」ネタバレ解説|ラストの意味や世界観などをわかりやすく!

映画「ユージュアル・サスペクツ 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

ユージュアル サスペクツ 考察

12人の優しい日本人のあらすじ 元亭主をトラックに突き飛ばして 殺した疑いを持たれている容疑者の女性。 裁判員裁判制度で選ばれた 12人の一般人たちは、 法廷で証言内容を傍聴。 法廷シーンはまるまるカットされ、 容疑者の女性は結局、姿を全くあらわさないですね。 陪審員たちは、その後、一つの部屋に集められ、 この女性が有罪か無罪か、決を集めたところ、 12人のうち11人がなんと、 女性は無罪だと主張。 元亭主が相当にだらしがないのに、 それでも復縁を迫っていたため、 元亭主は突き飛ばされてもやむを得ない。 むしろ、子供を抱えた 美人な女性を有罪にするなんてできない。 そんな同情から、 彼女の無罪に賛成する人が 多数いたわけです。 しかし12人のうちたった1人、 異議を唱える人がいました。 罪は罪じゃないか? 償うべきじゃないか? そんな風に議論を 蒸し返していきます。 状況を再確認していくと、 彼女に殺意があったとしか思えない、 そんな展開になっていきます。 次第に彼女の有罪に賛成する人も増え、 有罪で決着がつきそうになるのですが、、 どうしても無罪を主張する人もいます。 根拠はないけれど、 どこか納得がいかない。 そんな理由で、 有罪に賛成できない と言う人たちもいました。 彼女の無罪を主張する人たちは、 論破されるぎりぎりのところまで、 追い詰められていきますが、、、 ここから 思わぬ見解も飛び出します。 彼女に殺意はなかったんじゃないか? そう思わせる見解も次々と出てきます。 果たして、彼女は 有罪になってしまうのか? 無罪となるのか? 結末はいかに?? 12人の優しい日本人のネタバレつきの感想 ここからは かなりネタバレ していきます。 結末をまだ知りたくない! と言う際には、くれぐれもご注意ください。 最終的には、 元亭主が人生に絶望し、 自らトラックに飛び込んだ。 目撃者のおばちゃんの証言は、 まるであてにならない。 よって 彼女は無罪。 彼女に殺意はなかった。 そんな結末を迎えます。 無罪から一転して、 有罪に大きく傾きかけて、 そこからさらに無罪に 話が変わっていく。 どんでん返しと言えばそうなんですが、 結末のインパクトは小さかった ように感じます。 元亭主が自分から、 トラックに飛び込んだって言うけれど、 それってこじつけ過ぎじゃないか? そんな気がするわけです。 どっちかって言うと、 口論していた元亭主と元妻のところへ、 居眠り運転していたトラックが接近。 元妻は気づかなかったものの、 元亭主がいち早く気づいて、 彼女を脇に押しのけた。 単純な位置関係的に、 元妻の背中側、 元亭主の正面 からトラックが近づいてきただけじゃない? そんな展開の方が、 現実的じゃないか? という気がするわけです。 復縁を迫ってるわけだから、 元亭主は彼女のことを、 心から愛していたはず。 それならば、 彼女を助けるという選択肢 を選ぶのは不思議でもなんでもない。 そんな気がするわけです。 まぁ、そうだとすれば、元亭主は元妻と一緒に、 道路脇に飛び込んでいたとも考えられますが。 12人の優しい日本人で、 最大のどんでん返しは、 判決の行方よりも、 豊川悦司が最後に放つ一言。 そっちの方がずっと、 インパクトあった気がします。 「俺は俳優だよ。 」 12人の優しい日本人は水平思考パズルだ この映画を見ていて 強く感じたのは、 ウミガメのスープっぽい ってこと。 「ウミガメのスープ」で検索すると、 いろんなサイトが見つかります。 ある男が、とある海の見えるレストランで「ウミガメのスープ」を注文しました。 しかし、彼はその「ウミガメのスープ」を一口飲んだところで止め、シェフを呼びました。 「すみません。 これは本当にウミガメのスープですか?」 「はい・・・ ウミガメのスープに間違いございません。 」 男は勘定を済ませ、帰宅した後、自殺をしました。 何故でしょう? こんな風に問題が出題され、 事件の真相を 「YES/NO」の質問だけ で解き明かしていく。 そんな思考パズルゲームです。 「男はウミガメのスープを過去に飲んだことがありますか?」 「ウミガメのスープじゃなかったら自殺をしなかった?」 こんな風に 答えを知っている出題者に 質問をしていき、 謎を解き明かしていきます。 12人の優しい日本人でも、 徐々に謎が解けていく様子は、 ウミガメのスープっぽいなと、 そんな印象がありました。 水平思考パズルでも、 1人の出題者に対して、 複数の質問者で相談しながら、 推理をしていくのが一般的。 みんなの意見を寄せ合い、 同意を得ながら推理する。 12人の優しい日本人も、 そのまま水平思考パズルの 題材にできるような、 そんなストーリーだったように感じます。 「ろくべえ待ってろよ」と大小田君 12人の優しい日本人では、 最終的に 11人対1人 の議論となります。 ただ一人、 有罪を主張し続けていた人も、 結局は、 個人的な感情から、 有罪にしようとしていただけ。 離婚を迫られている奥さんへの腹いせ みたいな感じで、有罪にしようとしていただけでした。 最後は誰一人として、 彼の味方をしなくなったわけですが、 僕が小学校1年生の頃にも、 似たようなことがありました。 笑 国語の教科書に載っていた 「ろくべえ待ってろよ」 という話の勉強していた時のこと。 大小田君という男の子が、 物語の一部に疑問を投げかけました。 穴にはまった犬のろくべえを助けるために、最後は、 ろくべえの彼女だというクッキーという雌犬が登場。 クッキーをひも付きのかごに入れて 穴へとおろしていきます。 クッキーのかごへ とろくべえが飛び乗ったところで かごを引っ張り上げます。 これで一件落着するんですが、 大小田君はなんて言ったかというと、 「クッキーは本物のクッキーじゃないか?」 って、言い放ったわけです。 彼の発言で、 クラス中が大盛り上がり。 笑 「そんなわけないだろ!」 と、みんな口々に、 大小田君を非難します。 大小田君は頑張って、 反論していくものの、 最後は議論に屈して降参。 自分の意見を撤回したんですが、 その時、僕には大小田君を援護できる アイデアがありました。 犬型のクッキーにラジコン機能が 埋め込まれていたんじゃないか? そう考えると、 けっこうつじつまが あうんですよ。 笑 そんなネタを抱えつつも、 非難ごうごうの大小田君の姿 を見て、言うに言えず。。。 12人の優しい日本人を見て、 どんどん追い込まれる有罪論者と 大小田君がどうしてもダブって 見えてしまいました。 笑 12人の優しい日本人のキャスト(出演者)情報 塩見三省 陪審員1号役 40歳の女子高校体育教師で陪審員長。 4年前にも陪審員を経験しているという設定 2014年3月ごろに体調を崩して入院し、体調不良の理由は脳出血であったことを2016年2月26日放送のNHK総合テレビ『あさイチ』にゲスト出演した際に公表。 『徹子の部屋』に出演した際、お世話になった人物に岸田今日子を挙げ、俳優活動をする上で何かあった時に必ず声を掛けてくれたと感謝の言葉を述べている。 相島一之 陪審員2号 28歳の精密機械製造会社従業員。 「話し合いがしたい」と言って被告女性の有罪を主張し始める。 妻と別居しているという設定 三谷幸喜が立ち上げに参加している1987年に東京サンシャインボーイズに入団し、1994年の『罠』までの全作品&劇団活動停止後も三谷幸喜作品には欠かせない役者の一人。 2008年に直腸ガンを患い、摘出手術を受けたものの、現在でもテレビや映画の第一線で活躍を続けています。

次の

映画【ユージュアル・サスペクツ】伏線探しに精を出す…ああ初見に戻りたい!│天衣無縫に映画をつづる

ユージュアル サスペクツ 考察

はい【ユージュアル・サスペクツ】をまだ観てない人はこっから下は読んじゃだめえ~。 ある夜コカインの取引現場となった埠頭で船が大爆発し27人が死亡、9100万ドルが消えるという事件が起きた。 関税捜査官のクイヤンはただ1人無傷で生き残った左半身が不自由な詐欺師、ヴァーバル・キントを尋問する。 厳重警戒のワケ 子を持ってからすっかり映画館に足を運ぶこともできなくなり、もっぱら古い映画のレビューばかり書いている私は、基本的にこのサイトで ばっさばっさネタバレしちゃってます。 公開中の最新映画の記事なんかだともうちょっと気を遣うんですけどね?いやホントホント。 私自身、 観た記憶を全部消去してもういっぺん「初めて」観てみたいくらいラストが衝撃だったので、【ユージュアル・サスペクツ】をまだ観ていない人にもぜひそれを味わっていただきたいゆえの配慮です。 てゆーかここを読んでくれているということはあなたは【ユージュアル・サスペクツ】を観たことがある人ということで… ねえ~?!ビックリしたよねぇ~っ?! (仲間意識) では改めまして、2回目以降視聴の場合は伏線回収を楽しみましょう。 「伏線~伏線はどこやあ~」って探しながら観てるとそれはそれでめっちゃ楽しい。 伏線の回収が楽しめる2回目以降の視聴 ミステリー作品の多くに見られるように、【ユージュアル・サスペクツ】にも徹頭徹尾伏線が張り巡らされているのですが、ぼやっと観ていると見過ごしてしまうような小ネタもたくさんぶっこんできてます。 一瞬やん! よー気づいたな。 左利きの伝説的ギャング「カイザー・ソゼ」って誰? ところで何度か観ていると湧いてくる疑問なんですが、結局、 ヴァーバル・キントがカイザー・ソゼで正解なの? て私が聞いてどうすんねん。 考察せえよ。 初見の時はもちろんクイヤン捜査官や大多数の視聴者と同じように、「キートンがカイザー・ソゼなんやな~」と途中までまんまと騙され、ラストのどんでん返しでひっくり返って 「ぐわーっ!なんちゅう映画やあーっ!!」と衝撃を受けて終わるのですが、その後何度か観ていると、ふと思うのです。 なんか変やな…。 不自然な点に気づいちゃう 船が爆破された現場で全身火傷の状態で発見されたもう1人の生き残りのハンガリー人の証言を基に描かれたカイザー・ソゼの似顔絵。 キントが身柄の保護を断り警察署を出たのち、これがFAXで送られてきたことでクイヤン捜査官は慌ててキントの後を追いますよね。 カイザー・ソゼが伝説通りの人物だとすると、 似顔絵を残すようなヘマします? 顔を見られているとしたら確実に殺すのでは…? 待てよ、警察署を出たキントを絶妙のタイミングで迎えにきた車を運転していたのはキントの作り話に出てきた「コバヤシ」…。 「コバヤシ」がキートンの恋人イーディを含む数名と仕事をしている場面があるけどこれもキントの創作かも知れない…。

次の

「殺人者の記憶法」の感想・評価 80点(100点満点中) ※ネタバレあり

ユージュアル サスペクツ 考察

それでは早速、「ユージュアル・サスペクツ」の感想について結論から述べていきたいと思います。 うーん。 いまいちといった感じでしたね。 「セント・オブ・ウーマン」の後に見てしまったのが要因かもしれませんが、それでもなんか物足りないという印象を抱きました。 というのが正直なところですね。 もう一度見てみたいとは思いませんでしたね。 「セブン」や「シックスセンス」を見たときは、もう一度見たいと思ったんですけどね。 (、) ただ、ケヴィンスペイシーの演技はお見事でしたね。 色んな役柄をこなせますね。 ただネタバレになるので、何の作品にでていたかは言いませんが笑。 多分ですが、今回のこの作品のために、相当な役作りをしてきたことは確かですね。 それでは、簡単なあらすじと自分の考えを書いていきたいと思います。 そして唯一の無傷の生存者、ヴァーバル・キントに尋問を始めて行く。 キントは詐欺師で、左側の手足に麻痺を抱えている。 麻痺を抱えているので、キントが襲撃犯ではないことは分かりますね。 この段階ではですが。 そして、キントは襲撃事件が起きるまでの流れを詳細に話していく。 かなり省略すれば、この事件の真相はこうだ。 " カイザー・ソゼ"と名乗る人物に、自分を含めた5人を招集させられ、襲撃を命じられたのだと。 そして、一人一人ソゼに弱みを握られていたからやるしかなかった、というものだった。 ここまでが長くて、もの凄い退屈でした。 正直、ほとんど覚えてないです。 最後の15分くらいまではしんどかったです。 そして、キントへの疑惑の目が晴れて、釈放されるのだが、 なんとキントの手足の麻痺は全くの嘘だった。 キントの証言に出てきた固有名詞は全て尋問室にあったものから抽出されていて、全くのでたらめだった。 それに気づいた尋問員はすぐにキント(カイザー・ソゼ)の後を追ったがその姿はどこにもなかった。 ここなんですが、かなり疑問に思ったところがあります。 ただ、ストーリーのどんでん返しには普通にビックリしました。 まさかカイザーソゼがキントだったなんて思いませんでしたね。 <potterの考察と疑問> この映画で考えなければならない点というのは、キントの証言は "どこまでが嘘なのか"という点なんですよね。 あんなにだらだらと証言の内容について見させられた内容が全部嘘かもしれないんですよね。 もしかしたら、最初に集められた5人の段階から嘘の可能性があります。 ただ、登場人物の名前(カイザー・ソゼ)以外はキントがついた嘘の可能性が高いでしょう。 (多分) キントは尋問中に異常なまでに辺りをキョロキョロしますが、常にヒントを得ていたのでしょうね。 カップの下であったり、色々な記事ですね。 これ以上は特に深く考察はしません。 この映画は、" カイザー・ソゼがキントだった!どんでん返しだ!"で終わって良いと思うからです だって、何度も言いますがキントの証言は全部嘘なんですから。 これ以上考察を重ねたところで無駄なことはハッキリと分かりますよね。 この映画唯一本当のことは、カイザー・ソゼの正体はキントである、ただそれだけです。 そして、この映画の疑問点について。 なぜ詐欺師のキントの証言にそんなに耳を傾けるのか。 そして何故そんなに信じ込むのか、ですね。 尋問官、何を考えているんだ? なぜキントが本当のことを話しているという前提なんだ?? しかもなんで最後キントを釈放させたんだ? キントの嘘には矛盾点がなくカリスマ性があったと仮定してみても、なんで最後釈放させたんだ?事件に関わっていることは明白でしかも詐欺師ということはすでに分かりきっているのに。 たった一回の尋問、そしてたった一人の尋問官によるやり取りだけで釈放させていいの? どんでん返しによるインパクトが強すぎて、尋問官の 無能さが隠れているのでしょうか。 ぼくがこの映画で本当に考察すべき点は、ストーリーの内容ではなくて、尋問官の思考だと思います。 <まとめ> 期待してこの作品を見たのですが、ちょっと残念でしたね。 ストーリーも全部嘘だったなんて、夢オチでした、って言われてるようなものなんでね。 この映画のファンの方々には本当に申し訳ないのです。 ただ、この作品の面白さや、本当に考察すべきだったり、見落としてしまっている箇所があるのかもしれません。 そのような場合には是非、コメント等おねがいします。 しっかりと再鑑賞致します。

次の