不織布マスク。 【比較】ガーゼマスクと不織布マスクは何が違う!? マスクの選び方

不織布マスクの「上と下」「裏と表」の見分け方

不織布マスク

5月に入り、街頭では50枚入りの不織布マスクが1箱2000円台などと値下げされているが… コロナ禍で品薄状態だった使い捨ての不織布マスクが4月から5月にかけて街頭で販売され始め、飽和状態になっている。 これでマスク不足も一段落し、さらに値下げは進んでいくかもしれない…。 そんな予想がある一方、流通アナリストの渡辺広明氏は当サイトの取材に対して「6月以降、不織布マスクはさらに高騰する可能性がある」と真逆の状況を予測。 南半球を含めた世界的なマスク品薄を指摘し、健康に支障がない人には布マスクの使用を呼びかけた。 街に出ると、2-3月のマスク不足がウソのように店頭には商品が並んでいる。 4月は50枚入りの箱が3500-4000円だったが、5月のゴールデンウィーク明けに東京・新大久保を歩いていると、雑貨店などの店頭に置かれたマスクは50枚入り2500円前後と大きく値下げ。 その数日後には50枚入りが1980円(税別)などと2000円前後になっていた。 4月は1枚当たり70-80円だったマスクが、5月には40-50円に。 希少価値もなくなり、店頭のマスクに群がる消費者の姿はない。 「これからもっと安くなるから、今はまだ買わない」という声も聞いた。 ところが、渡辺氏は「6月ぐらいから、また『50枚3500円』の状況に戻る可能性があります」と現在の流れとは真逆の現象を指摘。 以下の4項目を挙げて理由を説明した。 (1)中国の輸出規制 「質の悪い中国製品が世界に出回るのはよくないということで、中国政府は4月18日付で輸出マスクの管理を厳しくしました。 『医療用か否かを明記』『包装は小売のできる形』といったもので、規制によって簡単に輸出できなくなり、日本に来るマスクの数も減りかねません。 品質が安定した完成品しか出荷されなくなるためです」 (2)メルトブロー高騰 「原材料である不織布『メルトブロー』の原価が20-40倍ほど上がり、鈍化しているものの、現時点では上がり調子。 中国の製造元はコロナ前の8-10倍の値段で売らなければ元が取れなくなりました。 品質に厳しく、値下げしないと売れない日本に輸出するなら他の国に…ともなりかねません」 (3)緊急事態宣言の解除 「外出自粛中はマスクをする機会が首都圏を中心に3月と比較して少なくなっていた。 つまり、緊急事態宣言によって通勤通学などが抑制され、マスク利用が減っていたのです。 それが解除されると外出するようになり、今まで以上にエチケットによるマスクの需要が高まれば、再度、需要が供給を上回り、値段が上がる一因になります」 (4)全世界でのマスク需要 「アジア圏以外で着ける習慣がなかったマスクの需要は欧米を中心として世界的に高まりました。 マスクをしなかった欧米人が着けたように、アフリカや南米、インド圏などでもマスクの需要が上がり、各国の生産体制が整うまでは世界で品薄状況が続くと考えられます」 以上の理由から、不織布マスクが再び品薄になると分析した渡辺氏。 「医療や介護関係者などに使い捨ての不織布マスクが行き渡るよう、一般の消費者は繰り返し使える布マスクを使うことに意識を転換させる時期」という認識だ。 渡辺氏は「アベノマスクを含む布マスクは一般消費者に。 不織布マスクは医療・介護従事者、花粉症などを抱えている人に。 さらに、高機能マスクは医療・介護従事者に。 一般の消費者は布マスクを繰り返し使い、消費を抑えていくことが必要になるでしょう」と提言した。 コロナ収束は長期化の様相を呈している。 少なくとも、1年以上のスパンでマスクのある日常生活を送っていくことになるだろう。 東京23区内在住の記者の元に5月12日時点でアベノマスクは届いていないが、知人にオーダーメイドしていたオリジナルの布マスクをその前日に購入した。 これからの季節に向けた夏用マスク開発も含め、国に頼らず、一般消費者用の布マスク作りにかじを切った製造者の動きも本格化していきそうだ。 (まいどなニュース/デイリースポーツ・北村 泰介).

次の

不織布マスク暴落から一転、6月以降は再高騰? 「中国の輸出規制」「全世界でのマスク需要」…流通アナリストが指摘

不織布マスク

この情報の発信者は、製紙会社で不織布の研究を続け、繊維部門の国家資格「技術士」を持つ奥恭行氏。 不織布マスクは素材が3層になっているものが多く、層の中央の繊維が帯電(電気を帯びること)されていて、そこでウィルスをキャッチする仕組みですが、この帯電効果は水や洗剤によって効果が減少。 90%以上のフィルタ捕集効果をうたうマスクを洗った場合、70%程度に効果は落ちるものの、奥氏の経験上、「それ以上は低下しなかった」そうです。 布マスクがもともと40%程度の捕集率しかないことを考えると、「布マスクよりは洗った不織布マスクのほうがベター」。 ガーゼマスクに比べて耐久性はないものの、「不織布を破壊するような強い力でなければ、手洗い可能」なのだと言います。 そこで、奥氏のオススメする方法で不織布マスクを洗ってみました。 使い捨てマスクの正しい洗い方 使う洗剤は、「家庭用洗剤、食器用洗剤、手洗い洗剤なんでも可能」とのことですが、今回は顔につけるマスクを洗うので、肌に優しい洗濯用の中性洗剤を選びました。 さて、一方で気になるのは、政府から配られた通称・アベノマスク。 使い捨てマスクが洗って再利用できるくらいですから、布マスクも当然手洗いすることはできます。 大手日用品メーカーの花王が公表している洗い方を見ると、使い捨てマスクの洗い方と同じですね。 ちなみに洗濯時の注意点としては、炊事用手袋を使うこと、複数のマスクを一度に洗わないこと、洗濯液の飛沫に触れないよう密閉できる金属以外の容器で処理すること、洗濯後は十分に手を洗うことだそう。 花王以外に国からも布マスクの洗い方が動画で紹介されていたりします。 【参考】厚生労働省・経済産業省 布製マスクの洗い方 コロナ禍の一日も早い終息を願うばかり まだまだ先が見えないこの状況で、みなさん「コロナ疲れ」も感じられているときだと思いますが、ここで油断してしまうとさらに状況が悪化する可能性が。 日頃から3密(密閉、密集、密接)は避け、外出自粛を心掛けながら、どうしても外出が必要な場合はマスクをし、外出から戻ったら手洗いを徹底するしかありませんね。 あともう少しの辛抱と信じ、みんなで頑張りましょう! 取材・文/JUNKO.

次の

使い捨てマスクは洗える!不織布の専門家がオススメする洗い方とは?

不織布マスク

2020年4月1日、新型コロナウイルス感染症対策本部は、経済対策として全国5000万世帯に布マスクを配布する方針を明らかにしました。 店頭でのマスクが不足しているため、新たな素材でマスクを制作したり、身近なものでマスクを手づくりするなど、さまざまな試みがされています。 その一方で 「ガーゼ等でできた布マスクは効果があるの?」「不織布製のサージカルマスクじゃなきゃ意味がないの?」などの意見も挙がっています。 医療従事者を、医療用マスク(不織布製のサージカルマスク)をしたグループ、布マスクをしたグループなどに別けて行ったランダム化比較試験では、インフルエンザ様症状の患者さんがいる病棟やウイルス感染が確認された病棟においては、 布マスクは医療用マスクよりも、統計学的にリスクが高くなる。 このため、感染リスクが高い場合には、布マスクは医療従事者に推奨しないという論文があります。 WHOの資料においては、新型コロナウイルス感染症のヒトからヒトへの感染を防ぐ観点から、 様々な看護状況において感染予防を考えた場合、布マスクは推奨しない、という内容もあります。 以上からすると、布マスクは効果が無いと思われ、不安になると思います。 そこで今回は、マスクの基本的な役割と効果について、北里大学 医療衛生学部 公衆衛生学研究室の伊与亨氏に話を聞きましたので、以下、その内容をご紹介します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 前述の論文などは、いずれの内容も、患者さんがいる医療機関で感染している人や、自宅で病気になった人を看護する場合の指針となっています。 改めてマスクの目的を 「空間に浮遊するウイルスを吸わないようにする」と「相手を感染させない」に分けて説明します。 目的1 空間に浮遊しているウイルスや花粉等の粒子を吸わないようにする これは、 患者さんからの感染を医療従事者が防ぐための手段としてマスクを使用することになります。 この視点で考えると「N95マスク」は、かなり効果があります。 ただし、効果がある反面、空気を吸うことが大変になります。 日常生活で使用することはまずありません。 「不織布でできたサージカルマスク(以下、サージカルマスクと称します)」は、マスクは顔との間に隙間ができるので、N95のような効果は期待できません。 一般的には、風邪の予防をしたい、花粉症対策として、皆さん使われていると思います。 なお、「N95マスク」も「サージカルマスク」も、いずれも洗って再利用するものではありません。 使用したら捨てるものです。 なんとか使おうと思い、エタノール消毒をすると、ウイルス等の粒子捕捉効果は低下すると製造メーカは説明しています。 最後に「布マスク」ですが、ウイルスや花粉等の粒子を吸わないようにする「N95マスク」や「不織布マスク(メディカルマスク)」には明確に性能が劣ります。 ウイルス等の粒子はガーゼを簡単に通過しますので。 前述の論文のとおり、医療従事者などには布マスクの使用をすすめないという考えで良いと思います。 では、 なぜ「布マスク」の装着が、最近推奨されるようになったかについて説明します。 目的2 相手を感染させない これは、 感染経路の遮断の目的で、咳やくしゃみの飛散防止・低減のためにマスクを使用することになります。 自分が感染している場合、または、感染している可能性がある場合、咳やくしゃみが頻繁にある場合、ひょっとしたら気がついていないけど感染しているかもしれない場合など、咳やくしゃみ・つばの飛沫飛散を防止・低減するために使用します。 相手を感染させないためのマスク使用です。 飛散防止によって相手を感染させないことを目的とした場合、「N95マスク」までの高性能は不要です。 逆に一般の人がこれを使うと医療用が不足してしまいます。 そもそも呼吸が苦しくなり生活には不向きです。 つぎに、「不織布マスク(メディカルマスク)」も、相手を感染させないという目的で使用できます。 ただし、現在は品不足となっていまので、消毒用アルコールなどで消毒してなんとか繰り返して使うとするように考える人もいるかと思います。 この場合、ウイルス捕捉効果は低下しますが、相手を感染させないという目的ならば、なんとか代用可でしょう。 ただし、本来の使用方法である1回使ったら捨てるという使用方法が良いことには変わり有りません。 最後は、「布マスク」です。 「サージカルマスク」よりも濾過機能は明らかに落ちますが、飛沫飛散の防止・低減では有効です。 しかも、洗って何回も使えるので、大変リーズナブルです。 界面活性剤である洗剤で洗いますと、ウイルスも落ちやすくなります。 このように「布マスク」は、相手に感染させないという目的なら効果的に使えます。 昔、マスクといったらガーゼでできたマスクだったという記憶のある方もいるでしょう。 サージカルマスクであれ、布マスクであれ、感染経路の遮断などのため、咳、くしゃみ、つばなどが飛ばないようにするという目的を良く理解して、使用する必要があります。 布マスクは自分のためではなく人のため。 他人を思いやる感染症対策。 まさに「情けは人のためならず(人に情けをかければ、それが回り回って自分に良い報いとして返ってくるという意味のことわざ)」です。 とくに、 学校では、相手を感染させないという目的、すなわち咳エチケットでマスクを使用することが必要でしょう。 マスク以外では、咳やくしゃみが出るときハンカチなどで口を押さえる、腕で口を覆うなども咳エチケットとなります。 極端なことをいうと、タオルを使って、鼻から下、口の部分まで覆面するということでも良いのです。 でも、このような方法だと、いつ外れるかわかりませんし、使い勝手もよくありませんので、マスクの推奨となるわけです。 特に、くしゃみはいつ出るかわかりません。 ハンカチを探している間に「ハックション」では、咳エチケットに反します。 なお、布マスクは1日使ったら必ず洗浄し、清浄な状態にする注意を怠ってはいけません。 繰り返し洗って使えると申しましたが、それにも限度があるという常識も必要です。 きれいな状態で繰り返し布マスクを使うためには、それなりの努力・注意をしましょう。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー.

次の