テラリア バナー。 【テラリア 攻略】1.3.5.3エキスパートハードモード序盤攻略にオススメなアイテムはコレ!【エキスパート攻略Part6】|Synapse:ゲームやアニメ等・好きなことをやるサイト

モンスター

テラリア バナー

Terrariaのバニラボス「Eater of Worlds」戦です。 リベンジェンスモード以上だと頭部分がCursed Flameを発射してくるようになり接触ダメージも増加。 全ての行動が速くなり強化されています。 ドロップ品紹介• Worm Scarf Eater of Worldsのエキスパートドロップ。 元は17%のダメージ軽減アイテムだったがCalamity Modのバランス調整によってダメージ軽減率が10%に弱体化されている。 The Corruption(Lore) Eater of Worlds初回撃退時にドロップするアイテム。 CalamityにおけるCorruptionのストーリーが語られています。 その小さな微生物はテラリア人が生まれるずっと前に長寿の種族が実験で作ったと伝えられています。 The Eater of Worlds(Lore) Eater of Worlds初回撃退時にドロップするアイテム。 代わりにライフリジェネは減少します。 不浄で時折スポーンする Hive Cystを破壊するか召喚アイテムの Teratomaを使用する事で召喚することが出来ます。 スポーンした時点ではほぼ受動的で時折敵を召喚したりして地面の上にいるだけですが、HPを削りきると中央の目が光りフェーズ2に移行します。 フェーズ2では空を浮かびプレイヤーに対して攻撃的になり、テレポートや体当たり攻撃をしてくる様になります。 この段階でデスモードの場合は上空でスライドし雨雲を連続して配置する攻撃をしてきます。 この雨雲攻撃が結構厄介で雨雲に囲まれると身動きが取れなくなりハメ殺される様なパターンになりやすいため雨雲攻撃には注意しましょう。 ご多分に漏れずBGMは素晴らしいので是非聴いてください。 (戦ってる時は余裕ないと思うので) ドロップ品紹介 The Hive Mindのドロップ品を軽く紹介します。 ()内はエキスパートでのドロップ率• Rotten Brain Hive Mindのエキスパートドロップ。 HPが75%以下の時全ダメージが10%上昇、HPが50%以下の時移動速度が5%減少。 ダメージを受けた時にShade rainを降らせる。 上位アクセの素材になるので取っておきましょう。 Filthy Glove ステルスストライクが敵の防御を10無視し、ダメージも10%上昇させるアクセサリー。 ローグプレイのお供に。 The Hive Mind(Lore) 微生物に侵された肉塊の巣…… こいつを倒した所で不浄の汚染が止まることは無いだろう…… 的な事が書かれるアイテムです。 インベントリにある間不浄にいる時に全てのプロジェクタイルにカースドインフェルノを与える様になります。 ストーリー翻訳(Lore) The Hive Mindは不浄の深淵から生まれたグロテスクな存在ですが、その実態は多数の微生物のコロニーであり、このコロニーは不浄の拡大と維持を担当する存在として君臨しています。 そして不浄はそのコロニーを更に大きくする繁殖地となっています。 このMod一つで壁や家具等600個を超える装飾に役立つアイテムが大量に追加されます。 Printerはいまいち何に使ったら覚えてませんが3D Printerは石像やゲーム内のオブジェクト等を作るのに使用します。 Wall-O-Maticは特殊壁の作成、Cultivation Boxは植物系オブジェクトの作成にそれぞれ使用します。 キャビネット• エンドテーブル• 壁掛けシャンデリア• 壁掛け時計• クローゼット• ミラー• ボスフィギュアと亀(トロフィーから作成可能)• 背景オブジェクト• 植木鉢• 配置できるポーション等• 吊るせる魚• 居酒屋のアイテム• 美容室のアイテム• ガーデン系のアイテム• キッチン系アイテム• お金の袋• 白色家具• ポスター• チームカラーのカーテンとバナー• タペストリー• ステンドグラス• 鍛冶屋の炉• ミスティック家具類• サンドストーン家具類• ロイヤル家具類• プリンセス家具類• ペインターの追加販売物• トラベリングマーチャントの追加販売物• 石灰岩系建造物• 柱 梁の様にすり抜けられます• その他のタイル• カーペット類• その他のアイテム.

次の

テラリア

テラリア バナー

Terrariaのバニラボス「Eater of Worlds」戦です。 リベンジェンスモード以上だと頭部分がCursed Flameを発射してくるようになり接触ダメージも増加。 全ての行動が速くなり強化されています。 ドロップ品紹介• Worm Scarf Eater of Worldsのエキスパートドロップ。 元は17%のダメージ軽減アイテムだったがCalamity Modのバランス調整によってダメージ軽減率が10%に弱体化されている。 The Corruption(Lore) Eater of Worlds初回撃退時にドロップするアイテム。 CalamityにおけるCorruptionのストーリーが語られています。 その小さな微生物はテラリア人が生まれるずっと前に長寿の種族が実験で作ったと伝えられています。 The Eater of Worlds(Lore) Eater of Worlds初回撃退時にドロップするアイテム。 代わりにライフリジェネは減少します。 不浄で時折スポーンする Hive Cystを破壊するか召喚アイテムの Teratomaを使用する事で召喚することが出来ます。 スポーンした時点ではほぼ受動的で時折敵を召喚したりして地面の上にいるだけですが、HPを削りきると中央の目が光りフェーズ2に移行します。 フェーズ2では空を浮かびプレイヤーに対して攻撃的になり、テレポートや体当たり攻撃をしてくる様になります。 この段階でデスモードの場合は上空でスライドし雨雲を連続して配置する攻撃をしてきます。 この雨雲攻撃が結構厄介で雨雲に囲まれると身動きが取れなくなりハメ殺される様なパターンになりやすいため雨雲攻撃には注意しましょう。 ご多分に漏れずBGMは素晴らしいので是非聴いてください。 (戦ってる時は余裕ないと思うので) ドロップ品紹介 The Hive Mindのドロップ品を軽く紹介します。 ()内はエキスパートでのドロップ率• Rotten Brain Hive Mindのエキスパートドロップ。 HPが75%以下の時全ダメージが10%上昇、HPが50%以下の時移動速度が5%減少。 ダメージを受けた時にShade rainを降らせる。 上位アクセの素材になるので取っておきましょう。 Filthy Glove ステルスストライクが敵の防御を10無視し、ダメージも10%上昇させるアクセサリー。 ローグプレイのお供に。 The Hive Mind(Lore) 微生物に侵された肉塊の巣…… こいつを倒した所で不浄の汚染が止まることは無いだろう…… 的な事が書かれるアイテムです。 インベントリにある間不浄にいる時に全てのプロジェクタイルにカースドインフェルノを与える様になります。 ストーリー翻訳(Lore) The Hive Mindは不浄の深淵から生まれたグロテスクな存在ですが、その実態は多数の微生物のコロニーであり、このコロニーは不浄の拡大と維持を担当する存在として君臨しています。 そして不浄はそのコロニーを更に大きくする繁殖地となっています。 このMod一つで壁や家具等600個を超える装飾に役立つアイテムが大量に追加されます。 Printerはいまいち何に使ったら覚えてませんが3D Printerは石像やゲーム内のオブジェクト等を作るのに使用します。 Wall-O-Maticは特殊壁の作成、Cultivation Boxは植物系オブジェクトの作成にそれぞれ使用します。 キャビネット• エンドテーブル• 壁掛けシャンデリア• 壁掛け時計• クローゼット• ミラー• ボスフィギュアと亀(トロフィーから作成可能)• 背景オブジェクト• 植木鉢• 配置できるポーション等• 吊るせる魚• 居酒屋のアイテム• 美容室のアイテム• ガーデン系のアイテム• キッチン系アイテム• お金の袋• 白色家具• ポスター• チームカラーのカーテンとバナー• タペストリー• ステンドグラス• 鍛冶屋の炉• ミスティック家具類• サンドストーン家具類• ロイヤル家具類• プリンセス家具類• ペインターの追加販売物• トラベリングマーチャントの追加販売物• 石灰岩系建造物• 柱 梁の様にすり抜けられます• その他のタイル• カーペット類• その他のアイテム.

次の

家具類

テラリア バナー

1作目 ウサギバナー:Bunny Banner 記念すべき第一作目です。 3色で作っています。 ステン線のカラーワイヤーで編んでいます。 まだ終わりのワイヤーの処理が甘めでドットにもそんなにこだわっていない感じ。 途中からplacedじゃなくてアイテム化されたほうのバナーを見てしまったので、左上の黒いポチも忘れてしまいました。 くやしい。 2作目 スターセルバナー:Star Cell Banner Item 前回の日記にも載せたやつですね。 こいつに泣かされた人も多いのではないでしょうか。 青いいくらちゃんです。 まだ端のほうは透明なビーズを使わずに、白いビーズを使っていました。 このころはまだ黒いビーズが一色しかなくて、泣く泣く真ん中を妥協したのはいい思い出です。 3作目 イカバナー:Squid Banner この編み方にもなれて、1時間くらいで作れるようになりました。 頭のほうの若干紫がかった色がビーズで表現できなかった。。 4作目 ダンジョンスピリットバナ-:Dungeon Spirit Banner 表情がなんともいえないですな。 かぼちゃメダル作成のためにこいつを乱獲した人も多いのではないでしょうか。 あとすぺくたー武器つおいよね。 頭のほうは透明度の高いビーズを混ぜたけれど、写真にすると微妙にわからないですね。 このころからドットを意識するようになりました。 さて、ここまで作っていて気になることが出てきてしまったのです。 問題、とは 写真だとわかりづらいのですが、一段ごとにでこぼこしているのです。 まったいらでなく、若干立体的なバナーになってしまいました。 後はワイヤーで編んでいるので失敗ができなかったり、横のワイヤーが目立ったりエトセトラetc… いろいろと調べた結果、ビーズをあむ手法のが有効そうだとわかりました。 (今までの編み方とスクエアステッチの編み方の違いは次の記事にでも…) そこで迎えた第5作目。 リアル生活がいろいろとあって一週間あいてしまいましたが、 5作目 バードバナー:Bird Banner ワイヤーを使わず、透明なナイロンの糸で1粒1粒編む方式にしたところ、断面のでこぼこは減り、限りなくバナーに近づきました。 ただ、 難易度が爆上がりの、 製作時間驚きの4倍に・・・。 とりバナー作るだけで4時間かかりました。 あと針で指刺しました。 めっちゃ痛い。 横の糸が見えにくくなったのもバナーに近づいたっぽい感じがします。

次の