子供 エプロン 作り方。 エプロンとおそろいでキュート!こども三角巾の作り方(製図あり)

子供用エプロンの簡単な作り方(2~3歳用)。自分で着れるゴムタイプ。

子供 エプロン 作り方

こんにちは。 今回は、保育園や幼稚園、そして小学校でも、年間を通して使う機会の意外と多い、子ども用エプロンの作り方を紹介します。 サイズは今回、90で作りますが、服と違ってエプロンは、あまりかっちり採寸しなくても大丈夫。 布をカットするときは周囲のぬいしろ1cmをとってくださいね。 ひもを縫う 図を参考に、ひもは先に縫っておきます。 2本とも、片方の端だけ上図のように処理しましょう。 (もう片方は、後ほど本体に縫いこんでしまうので、端の処理はしなくてよいです) こうなります。 見返しを縫う まずは見返しの端を処理します。 ミシンのジグザグ縫いで十分です。 (見返しには、あらかじめ薄手の接着芯を張ると、よりきれいに仕上がります。 ) ここがポイント!-ジグザグミシン- ジグザグミシンをかけるときは、カットした布端に糸を引っ掛けるよりも、先に少し内側を縫っておいて、後から端っこを少し残してカットした方がきれいに仕上がりますよ。 間に、[3]で縫ったひもの短い方を挟みましょう。 端の処理をしていない側を挟みます。 マチ針で刺して、前身頃・ひも・見返しの3つのパーツを一緒に留めましょう。 このときマチ針は、ずれないように垂直に留めますよ。 だーっと縫います。 はい、前身頃に見返しとひもが付きました。 ここがポイント!-ぬいしろの処理- ぬいしろは、角になる部分はちょん、と落としてしまいましょう。 にぎにぎなども よね。 それと同じです。 ここもひっくり返すので、ごわつかないために、ぬいしろをカットします。 もうひとつおまけに、きれいに仕上げるコツを。 ひっくり返す前に、アイロンで折りじわをしっかりとつけてあげましょう。 いきなりひっくり返してしまって表からアイロンを当てるよりも、直線ラインも美しく出るのでおすすめです! 腰ひもを縫い付ける&エプロンの周囲を縫う 首部分以外の、本体周囲を縫っていきます。 基本的にすべて3つ折り縫いです。 ここもアイロンをしっかりと。 腰ひもを本体脇に縫い込みます。 処理をしていない方の端を、前見頃の脇に縫い込みます。 三つ折りにした脇の部分とひもを、一緒に内側に巻き込むように…。 あとから一気に周囲を縫うので、ひとまずここではマチ針で留めておくだけでよいでしょう。 ひもを表に出して、腰のあたりでダダーっと縫います。 ひもの上と下とで2本縫いましょう。 周囲を一気に縫ったら、、、本体完成〜! 留め具を付ける いえ、まだですよね。 ひもを留めるところが残っていました! 装着するところ(留めるところです)をマジックテープに、と冒頭で紹介したのですが、もしかしたらマジックテープだと、衣類にくっついたりして嫌がるお子さまもいるかもしれないなあ、ということでこちら。 当店のでもキットに同封している、イージースナップボタンに変更してみました。 マジックテープを縫うよりも、スナップボタンを手縫いで付けるよりも、イージースナップボタンの簡単さといったら…!一度使うとやみつきになってしまいますよ。 イージースナップボタンは、目打ちでぐいぐいっと一気に穴を開けましょう。 開ける箇所は、腰ひもの端っこと本体の脇のひもの上です。 首ひもも同じく。 合計2セットのイージースナップボタンを使うことになります。 手作り子ども用エプロンが完成! これで子ども用エプロンが完成です。 (クリックすると大きな画像が見られます) 90サイズは、幼稚園の入園を控えたお子さまにちょうどよいサイズです。 子どもエプロン(90サイズ)で使った生地はこちら コットン100%のオックス生地を使いました。 薄手の生地にも関わらず、強度があり、エプロンにぴったりなんです。 また、生地の目が細かくて「軽い」というのが大きなポイント。 何よりもこの軽さが一番の魅力です。 小さな子どもでも嫌がらずに付けてくれますよ。 子どもって少しのストレスを結構敏感に察知しますよね(笑)。 今回使ったグレーと色違いの、。 6〜7歳向けです。 布をカットするときは周囲のぬいしろ1cmをとってくださいね。 作り方は上記の90サイズと一緒です。 元気な男の子向けに、明るいグリーンをポイントに使ってみましたよ。 5㎝を2本用意してください。 お子様に合わせて紐の長さは調整してみると良いですね!(クリックすると大きな画像が見られます) 120サイズは、小学校入学を控えたお子さまにちょうどよいサイズです。 ポケットはお好みでつけてくださいね。 手作りエプロンを着てみました! 120サイズ モデル身長:126cm(9歳) 子どもってポケットにいろいろ入れたくなるみたいです!ひと手間ですが、きっと喜んでくれますよ。 工作に使うハサミ、のり、カッターなどなど。 お料理実習のときの三角巾なんかも入りますね。 ドラえもんのポケットみたいに下を丸くするとかわいいですね。 「ちょっとみじかーい!お尻が出ちゃうよ(笑)」 基本の一枚ということで、最小限の布で作れるエプロンのパターンゆえに、もしかしたらちょっと見頃が足りなく感じる方もいらっしゃるかもしれません。 少しカーブを付けて見頃を伸ばしてあげてもよさそうですね。 子どもエプロン(120サイズ)で使った生地はこちら こちらは男の子の大好きなミニカー柄の布です。 バッグにも使えるぐらい、しっかりとした張りのあるオックスフォード地ですので、一枚でもエプロンとしての形がきれいに出せます。 お料理や工作のときに大活躍してくれそうですね!。 アイロンをかける必要のなく、そしてすぐに乾くもの。 コットン100%の中でも、オックスやシーチングなど、生地の目の細かいものがベストです。 大人用であれば、贅沢にリネン100%のエプロンなんかも風合いが出て素敵です。 子ども向けなら、コットンかコットンリネンで十分です。 という方には、キットがオススメです! 新しく発売したは、とても簡単におしゃれなこども用エプロンが作れるキットです。 明るくて楽し気な柄を12種類ご用意しました! 90~110サイズ程度まで対応できるから、お得で嬉しいですね。

次の

子供用エプロンの作り方!型紙なしで簡単に手作りする方法は?

子供 エプロン 作り方

新学期がスタートして、そろそろ子どもたちも保育園・幼稚園、または小学校の新しいクラスにも慣れてきたころですね! 4月までにそろえるべき必要最低限のアイテムが終わって安心、、なのも束の間。 追加でちょこちょこと、あれが必要、これも必要、というお達しが園や学校から届くのもこの時期なんですよね(笑) そんな追加アイテムの代表?が、意外と持ってそうで持っていない、こどもエプロンと三角巾。 エプロンは、がおすすめなのですが、こちらには三角巾はついていません。 ですが、ときどきお客様よりいただく「三角巾の作り方を教えてほしい」との声にお応えして、今回は作り方を紹介します。 大人の場合はもう、真四角の布(バンダナでもいいですね)を頭に巻いて後ろで結べば三角巾、なのですが、子どもの場合は一人で結ぶことが難しいので、ゴム仕様にしてあります。 ポイントは 三角の布の角度と長さ。 子どもの頭をすっぽり覆えるだけの布が必要です。 (足りないと、三角がピーン!って立って幽霊みたいになるのご注意です…) 角度を説明するのが難しいので、製図をご用意しました!ぜひお役立ていただけたら、とおもいます。 こども三角巾の作り方 こども三角巾の作り方(製図) 仕上がりサイズは製図を参考にしてください。 3歳~6歳ぐらいまでの平均頭囲で採寸しています。 お子さまに合ったサイズへの微調節は、本体ではなくゴムの長さでしていただくのが良いとおもいます! 今回は、こどもエプロンと柄おそろいにしたかったので、を使いました。 横幅ギリギリですね。 1.型紙を作って布を裁断する 上記の製図に記載してある寸法を参考にして、型紙を作りましょう。 周りにあるどんな紙、不要なチラシなんかでも構わないので、かならず型紙を取ってください。 ここを省いてしまうと、布がゆがんだり、あれれ?あれれ…?と、どんどん布をカットしていく羽目になります。 (よくなりました) 型紙はぬいしろ込みで作ってくださいね。 型紙が作れたら、「わ」に注意して布の上に置き、布を裁断しましょう。 1cmだとちょっとごわつくので、8mmがおすすめです。 この2mmが大きい…! 3.周囲を縫う アイロンで折り目をかけておけば、三つ折り縫いもしやすいです。 両サイドはゴムを挟んで縫います。 まずは片側から。 手芸用クリップが大活躍!厚手の生地やゴムなんかは、まち針よりもクリップが便利ですよ~。 一度、ゴムを内側に向けて縫ったら、もう一度、外側に向きを変えて縫います。 反対側も同様に。 完成! できました。 こんなに簡単なら、手ぬぐいをかぶらせるよりも早いかもしれませんよ。 ゴム仕様なのですっぽりかぶるだけ! お子さまが一人でもかぶることができたら、お母さんも先生も、そして子ども自身もとっても嬉しいですよね。

次の

子供用エプロンの作り方!型紙なしで簡単に手作りする方法は?

子供 エプロン 作り方

手作りのいいところは、小さなアレンジで子供を喜ばせることができることです。 一緒にお好みの柄の布を探してもいいですが、ママのセンスを大事にしたいという場合は、ママ好みのシンプルなエプロンを子供と一緒にアレンジする作り方がおすすめです。 男の子の場合は、一緒に選んだハギレで大きなポケットをつけてあげたり、ワンポイントのワッペンをつけてあげると喜ばれます。 ワッペンは手縫いならばブランケットステッチで縫い付けますが、ミシンがあればより簡単です。 ミシンでのワッペンの縫い付け方はこちらの動画を参考にしてください。 女の子には胸元や裾にグログランテープかレースを縫い付けてあげると一気にフリフリエプロンになります。 少しお値段がかかりますが、腰ひもを太いサテンリボンにしてあげるだけでも大喜びされるはずです。 レースの縫い付け方はこちらのサイトを参考にしてください。 マジックテープ 背中でひもを結ぶのは、小学校低学年になった子供でも難しいものです。 保育園・幼稚園や小学校で、準備に時間がかかり遅れてしまうとかわいそうですなので、まだ小さいうちは肩ひもや腰ひもを面ファスナー(マジックテープ)で留めるタイプのエプロンがおすすめです。 こちらは首の後ろ、腰の後ろでマジックテープで留める作り方です。 年少・年中さんであれば、左右紐の長さを変えて首の横、腰の横で留めるようにアレンジするとすぐに一人で着られるようになります。 小学生になればちょう結びの練習を兼ねて、肩ひもや腰ひもを大人用のような紐にするのも一案ですが、保育園生や幼稚園生の子供にはまだ難しいことが多いです。 また園のお料理実習では先生の手を煩わせないようにゴムタイプのエプロンを指定されていることもあります。 肩ひもや腰ひもをゴムタイプにするには、平ゴムをそのまま使う方法と、平ゴムを布で覆う方法があります。 平ゴムをそのまま紐にしたエプロン 平ゴムをそのまま紐にする作り方ならば簡単に手作りエプロンが作れます。 単なるカラーのゴムだけでなく、最近では水玉やストライプなどかわいらしいデザインの織ゴムも売っていますので、これを使えばワンポイントにもなります。 平ゴムを布で覆って紐にしたエプロン 布で覆う方法は、ゴムよりも20センチほど長い布を用意し、布を筒状にした後にゴムを通し、両端から2センチあたりを縫い合わせることでひもにする、という作り方です。 平ゴムをそのまま紐にする方法よりは手間がかかりますが、ゴムが縮まると周りの布がくしゅくしゅしてかわいらしいデザインになります。 作り方はこちらのサイトが参考になります。 写真はありませんが、細かいイラストで丁寧に説明がされていますので、文字通り「エプロンくらいは」というミシン初心者にぴったりの解説本です。 「ポケットの作り方、紐の端の始末、など、つい適当になってしまう部位の説明が詳しく記載されており、助かります。 お洒落なエプロン本に行く前に、まずはこちらの本が手元にあると、とても便利です。 」 「本に載っているそのままではなく、ちょっとアレンジしたい。 そんな時に役立つことがしっかり載っています。 詳しい部分縫いの解説。 より丈夫に作る工夫、紐の縫い代の向きの意味まで。 イラストなので、布の重なり方やステッチの様子、エプロンの物としての構造がつかみやすいです。 」 世界に一つの手作りエプロンを子供に贈ろう ミシン初心者にも簡単なエプロンを子供の好みにあわせて作ってあげましょう。 世界にたった一つのエプロンは、たとえ縫い目が曲がっていても子供の宝物になるはずです。 男の子にはワッペンや大き目のポケットが、女の子にはフリル・フレアやリボンが人気ですが、学年が上がるにつれてシンプルなデザインを好む子供が増えてきます。 同じ型紙を使っても選ぶ布や色合わせによって大きく雰囲気が変わるので、お子さんの好みにあわせてアレンジしましょう。 未就学や低学年の子供には着脱がしやすいように、ゴム式やマジックテープ式のエプロンがおすすめです。 中・高学年の子供には結ぶタイプが人気ですが、不器用さんや面倒くさがりさんには前で結べるように腰ひもを長くしたり、結ぶ必要のないバッククロスタイプのエプロンを選んであげます。

次の