有本 ツイッター。 桜ういろうログ: 【有本香・百田尚樹】靖国問題巡り橋下徹氏に論破される

百田尚樹が最新ツイッターでバカタレント発言!2つの理由を解説!

有本 ツイッター

安倍応援団・有本香は、表向き杉田批判する一方、ネトウヨ番組では本音開陳 実際、火の粉が降りかかるのを避けようとしている杉田のお仲間は、百田センセイだけではない。 たとえば、安倍応援団の自称ジャーナリスト・有本香氏も、このところTwitterでは〈杉田さんの雑な発言を擁護はしないが〉などと一線を引いている風のアピールをしている。 しかし、実のところ有本氏は、ネトウヨ番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』(7月26日)でこんなふうに主張していた。 『この人、爆弾発言するね』ぐらいの話でしかないから」 「こんなことであんまり足元を掬われるのはよくない」 「杉田さんに辞めろなんてデモするとか、そういう示威行為なんてとんでもない」 念のため確認しておくが、本サイトでも先日の記事()で詳細に指摘したように、杉田のLGBTヘイトは、〈LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。 彼ら彼女らは子供を作らない、つまり、「生産性」がないのです。 そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか〉という部分だけではない。 寄稿した文章は冒頭から一貫して、LGBTに対する偏見と蔑視、差別感情にまみれた代物だった。 ゆえに、全体の論旨は間違っていないとする有本氏の評価は、まさにLGBTや社会的弱者に対する差別や蔑視を肯定するものに他ならない。 そのうえで言うが、有本氏は「杉田議員の議論は雑」とか「抜き出された部分は私もどうかなとは思う」などと批判風のポーズを取り繕っている一方、実際には、LGBTヘイトに対して「こんなこと」「『この人、爆弾発言するね』ぐらいの話」なる扱いをして、問題を矮小化しながら、当たり前の抗議デモに対しても「そういう示威行為なんてとんでもない」とバッシングしているわけである。 これだけでも呆れてしまうが、さらに有本氏は番組内で、杉田が〈先日、自分はゲイだと名乗る人間から事務所のメールに「お前を殺してやる!絶対に殺してやる!」と殺人予告が届きました〉とツイートしたことに関して、「もう殺しに来るなら来てみろっていうぐらいのことを言ってもらいたかったな、私はせめて」と口走っていた。 もはやその本性がだだ漏れとしか言いようがないだろう。 つまるところ、有本氏にしても百田センセイにしても、杉田発言の差別性や悪質性をまったく理解することなく、単に表面的に批判する風を装っているだけなのだ。 それは、LGBTだけでなく社会的弱者への想像力にかけた、極めてグロテスクな杉田発言と同根の本性を隠しているにすぎない。 逆に言えば、杉田のお仲間である百田たち極右文化人が、今回、本音をひた隠して、ポーズだけでも杉田を批判せざるをえなかった理由があるとすれば、ひとつしかないだろう。 それは、杉田一人に問題の全てを背負わせることで、大好きな安倍首相と自民党に問題が波及するのを、なんとしてでも食い止めるためだ。

次の

検察庁法改正案~黒川氏と安倍総理の本当の関係は

有本 ツイッター

有本さんと橋下氏の靖国神社について、 どうあるべきか(橋下氏は国立にすべきと主張)と議論していて長島議員も入って論争。 そこに百田氏も参戦。 多少、きつい言葉などもあったが、いきなり橋下信者の維新足立康史が入ってきて、ただの暴言連発。 しまいには有本さんに「有本のバカ、レベルが低い、私人と国会議員では話ししても仕方ない」など散々。 百田氏ブチギレ。 後に撤回するが松井、「吉村さんには悪いが都構想ぶっつぶす 」まで。 最終的には色々収まるが、 「この足立議員、次の選挙で落としてやりたい筆頭になったわ」と二度と許さないと怒り心頭。 側から見ても足立康史、何様なんだと。 こいつによって 維新と統一教会の関係性も暴露。 有本氏のいうように「辻元を抱きかかえて沈むとかいっておきながら何もできない」と痛いところつっこまれる。 足立康史は保守でも愛国者でもない。 単なるナルシスト。 タマキンと似たり寄ったり。

次の

有本香の若い頃の経歴や画像を調査してみた!結婚相手(夫)や彼氏も気になる件

有本 ツイッター

Twitterは日本でも若者中心に人気の根強いSNSです。 企業がマーケティングに活用する事例も多くあります。 今回はマーケターなら抑えておきたい、Twitterの基礎知識や基礎用語をまとめてみました。 Twitterとは• Twitter関連の用語解説• まとめ Twitter基本用語データのDLはこちらから! 1. Twitter とは 現在、国内では約4,500万人が利用しているTwitter。 世界全体の利用者数でいえば3億人を超えており、利用者の多いSNSのひとつとなっています。 主な機能は1回につき140文字までのテキスト(=ツイート)を投稿するというシンプルなもの。 しかし、「リツイート」という機能によって最初に発信したツイートがほかのユーザーへ次々に拡散されていくという特性を持っているため、FacebookやInstagramに比べるとより拡散性が高いといえます。 また、アカウントを承認し合うことでつながるSNSとは異なり、好みのツイートをしてくれるユーザーを一方的にフォロー(お気に入り登録のような機能)することも多いのが特徴です。 趣味や興味でつながるため、まったく知らない人とも交流しやすのは魅力のひとつでしょう。 Twitter関連の用語解説 ここではTwitterでよく使う用語を簡単な解説とともにご紹介します。 トップ画面上の長細い入力欄にテキストを入力できます。 1回の投稿で140文字まで投稿でき、ツイート数はホーム画面の右側に表示されます。 日本では「つぶやき」と呼ばれることもあります。 他人のツイートも自分のツイートも時系列で表示されます。 気に入ったアカウントをフォローすると画像のように優先的に表示されるようになります。 そうすることで、自分がフォローしたツイートが画面中央のTLに表示されるようになります。 新聞・雑誌の定期購読者に似た考え方で、フォローを行うと相手方にもフォロワーが増えたことがわかるようになっています。 鍵付き(非公開)アカウントをフォローする場合のみ、承認が必要。 補足:フォローバック フォローしてくれた人をフォローし返すこと。 略して「フォロバ」と呼ばれています。 「リプ」と略して呼ばれることもあります。 自分が「いいね」したツイートをあとからまとめて見ることもできるので、お気に入りリストのように利用することもできます。 ハートマークを押すだけで「いいね」は完了です。 仲間(フォロワー)と共有したいときなどに使います。 操作はリツイートマークをクリックするだけです。 多くのユーザーにリツイートされることで、ツイートはどんどん拡散していきます。 これがTwitterの「拡散力の高さ」を象徴する機能です。 関連記事: 引用リツイート 他人のツイートにコメントを付けてツイートする機能です。 リツイートと同じダイアログで、引用リツイートの場合は、自分のコメントを追加してリツイートします。 Twitter画面上部にある「メッセージ」をクリックすると、ダイレクトメッセージ画面が立ち上がります。 基本的に「DM」を送信するには受信者からフォローされていなければ送れませんが、プライバシー設定で「全てのユーザーから受信する」に設定していれば、フォローなしでも1対1のダイレクトメッセージが可能になります。 モーメント機能 モーメント機能を任意のツイートに設定すると、タイムライン上部でまとめて閲覧できるようになります。 モーメントは自分のツイートでも、ほかのユーザーのツイートでも設定できます。 また画面右側にある「モーメント作成」で自分のオリジナルモーメントを作り、それをツイートすることも可能です。 企業や商品のプロモートによく活用されています。 関連記事: カルーセル機能 — Twitter Marketing TwitterMktg 一回の投稿で複数の写真や動画が投稿できる機能です。 横にスライドすることで、複数の関連画像を表示するので、一貫性のあるプロモツイートが可能になります。 アンケート機能 みなさんのアカウントには新しい投票機能が入りましたでしょうか?まだの方は、数日中に追加されるはずですので、もう少々お待ちください。 投票機能はこんな風にご利用いただけます。 好きなのは… — Twitter Japan TwitterJP ユーザーに質問を投げかけ、その答えをすぐに集計できる機能です。 関連記事: 投稿時の操作について タグ付け Twitterで写真を投稿する際、写真に写っているユーザーをタグ付けすることができます。 タグ付けして投稿された写真では、写真上部の人物名をクリックするとそのユーザーのプロフィール画面が表示されます。 ハッシュタグ を単語の前に付けたテキストのことです。 ハッシュタグ投稿内容を端的に表すキーワードであり、リンクになります。 ハッシュタグをクリックすると、同じハッシュタグが付いた投稿の一覧を見ることができます。 ハッシュタグで検索しても、同じように投稿を一覧で見られます。 この機能はTwitterで生まれたものですが、現在ではInstagramやFacebookでも検索のための分類や目印として使われています。 関連記事: インサイトについて インプレッション インプレッション数は、ツイートがユーザーに表示された回数を表す指標です 関連記事: エンゲージメント率 エンゲージメント(クリック、リツイート、返信、フォロー、いいね)の数をインプレッションの合計数で割って算出した指標のことです。 まとめ Twitterの利用者は20代を中心に、利用頻度が上昇しているSNSです。 そのため若年層にアプローチするのに最適なメディアだといえます。 気軽さゆえに更新頻度が高く、情報がリアルタイムで動いていくSNSなため、時流に合ったプロモーションが求められます。 拡散性が高く、ユーザーにウケるツイートができると一気に広がるのもおもしろいポイントです。 特に若年層をターゲットとしている企業は、ぜひTwitterでのプロモーションに挑戦してみてください。 他のSNSの用語集も合わせてご覧ください。 関連記事: 合わせて読みたい記事 ・ ・ ・.

次の