ミリオン ライブ まとめ。 【ミリオンライブ】劇場(シアター)の進化と改築の歴史まとめ

ミリオン7thの当落結果まとめ!日程・出演者・チケット申し込みも!|もちっとぷらす

ミリオン ライブ まとめ

当サイトについて 「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」()の非公式攻略情報・交流サイト Wiki です。 ネタバレ情報などもございますので、ご観覧の際はご注意ください。 メニューのコメント数表示は吹き出しボタンから非表示にできます。 ページ上部の四角く囲まれたマイナスボタンを押すと、ページ内の折りたたみを全て閉じることができます。 どなたでも編集可能となっておりますのでぜひ編集にご協力ください。 テンプレート等も自由に変更していただいてかまいません。 誤った情報を発見された方は修正、又はへ報告をお願いいたします。 項目荒らしを繰り返した場合、Wikiの編集及び閲覧を禁止にする場合があります。 当サイトの内容の転載は禁止ですが、引用としてリンクを張っていただける場合は可です。 当サイトで使用している画像の著作権はバンダイナムコエンターテイメントに帰属します。

次の

グリマス日和

ミリオン ライブ まとめ

当サイトについて 「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」()の非公式攻略情報・交流サイト Wiki です。 ネタバレ情報などもございますので、ご観覧の際はご注意ください。 メニューのコメント数表示は吹き出しボタンから非表示にできます。 ページ上部の四角く囲まれたマイナスボタンを押すと、ページ内の折りたたみを全て閉じることができます。 どなたでも編集可能となっておりますのでぜひ編集にご協力ください。 テンプレート等も自由に変更していただいてかまいません。 誤った情報を発見された方は修正、又はへ報告をお願いいたします。 項目荒らしを繰り返した場合、Wikiの編集及び閲覧を禁止にする場合があります。 当サイトの内容の転載は禁止ですが、引用としてリンクを張っていただける場合は可です。 当サイトで使用している画像の著作権はバンダイナムコエンターテイメントに帰属します。

次の

アイマス ミリシタ攻略まとめwiki【アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ】

ミリオン ライブ まとめ

アイドルマスターオンラインコールガイド このサイトはアイドルマスターの「コール」の紹介を行うために有志によって運用されている期間限定サイトです。 現時点では2020年3月末まで、このURLでの運用を予定しています。 さて「ライブは初めて、でもコールには興味があります」というP各位。 はじめまして。 そして「ようこそ、我らがクラブへ」。 もしよろしければ、上から順にお読みいただければと思います。 復習がてらいらっしゃった歴戦のP各位。 相変わらずの何かです。 今回もよろしくお願いいたします。 どうぞ、下のショートカットをご活用ください。 曲については作業が完了したものから順次追加していく予定です。 本サイトはバンダイナムコゲームス、日本コロムビア、ランティスやモバゲー、サイゲームズ、グリー、オルトプラスほかの各社とは無関係に運営されています。 お問い合わせについてはフッターの連絡先へ。 また掲載曲目は予想と願望に基づいております。 また、定番の組み合わせだけで対応可能な曲などは歌われることが確実と思われても掲載しなかったりします。 お知らせ・更新履歴 ・楽曲を追加(20200215) ・楽曲を追加(201901108) ・楽曲を追加しページ構成を修正(201901018) ・バンナムフェス仕様に(201901013) ・ミリオンライブ!6thSPECIAL公演仕様に(20190915) ・シンデレラガールズ7th仕様に(20190901) ・シャイニーカラーズサマーパーティ仕様に(20190817) ・ミリオンライブ!6th福岡向け楽曲の追加(20190622) ・ミリオンライブ!6th神戸向け楽曲の追加(20190513) ・ミリオンライブ!6th仕様に(20190422) ・シャイニーカラーズ1st仕様に(20190306) ・シンデレラ6thナゴヤドーム向け楽曲の追加(20181127) ・ミリオン5thアンコール上映向け楽曲の追加(20181118) ・楽曲を追加(20181110) ・シンデレラ6th仕様に(20181107) ・アニサマ2018向けの楽曲を追加(20180822) ・Pミーティング2018仕様に(20180802) ・シンデレラ台湾仕様に(20180404) ・2018年4月以前のお知らせについて整理(20170122) コールとは何か? コールとは何か。 これを大雑把に定義すると、ステージで演じられる楽曲に対して、客席からある程度の統制をもって返す掛け声や拍手の総称でしょうか。 アイドル系やアニメ・ゲーム系(声優系を含む)のステージイベントで広くみられるものです。 とはいえ「ライブに参加したからには、必ずそうしなければならない」というものではありません。 歴史的にも、コールそのものへの賛否はファンコミュニティで何度となく語られてきました。 (個人的な体験としては、90年台中頃のとある声優さんのFC会報上での論争が一番古い記憶です)。 しかし僕としては、会場全体の一体感を感じられたり、アンプなどに頼ることなくステージへと反応を返すことが出来る「コール」には、現場ならではの他に代えがたい楽しみがあるとも思っています。

次の