妊娠超初期便秘。 【妊娠初期症状】いつもは便秘がちじゃないのに…便秘は妊娠の兆候?!

【妊娠初期症状】いつもは便秘がちじゃないのに…便秘は妊娠の兆候?!

妊娠超初期便秘

妊娠がわかると気になる症状や体の変化。 妊娠超初期症状の1つとしておならがよく出るようになることがあります。 妊娠したという喜びもある反面女性としては気になりますよね。 妊娠するとどうしておならがよく出るようになるのか、対策はあるのか調べてみました。 妊娠超初期におならがよく出るのって普通なの?その原因は? 妊娠しているかもしれないと思ったり、実際に妊娠検査薬で陽性が出る頃の妊娠超初期に おならが出るようになったという人は多い ようです。 だけど、あまりに出る量が多いと赤ちゃんに何か問題があるの?と気になったりしますよね。 妊娠超初期のおならはなぜ出るのでしょうか。 妊娠超初期でおならが止まらない 実際に妊娠初期におならに悩んだ人の体験談を見てみましょう。 職場の人に異常だよと、心配もされ申し訳なかったです。 おならが異様に出たことにより妊娠に気づいたという人も。 どちらにしても初期の症状としては多いことのようですね。 女性ホルモンの1つで妊娠すると増える 黄体ホルモンは、腸の蠕動運動を鈍くしたり消化器系の働きを鈍くする と言われています。 なので妊娠すると便秘や下痢になることが多く、 便秘になるとガスが溜まりやすくなっておならが出る原因 に。 つわりで胃の不快感があったり嘔吐しやすくなるのも、消化器系の働きが弱くなるから と言われています。 妊娠超初期のおならやげっぷ、下痢、便秘などを軽くするには? 妊娠の症状の1つなので仕方がないとはいえ、おならやげっぷ、下痢、便秘は女性にとって人目を気にしたり、ストレスを感じてしまうことも。 特にお仕事をしていると職場で症状に悩まされるという人も多いようです。 対策としてはどんなことができるのでしょうか。 水分補給をこまめに おならの原因の1つでもある 便秘は水分不足で起こる こともあります。 なのでまずは水分補給をしっかりしましょう。 喉が渇いていると感じる時にはすでに体がかなり水分を欲している状態と言われているので、 家事や仕事がひと段落したり、トイレに行った後 などこまめに水分補給をすることが大切です。 食物繊維や発酵食品を積極的に摂取する 便秘対策や消化器系の働きを整えるのには、食物繊維や発酵食品などの以下の食品がおすすめ。 プルーン• ヨーグルト• 味噌汁• 玄米 妊娠すると体重管理も気にしなくてはならないので、今後の妊婦生活や出産後に備えて 食生活の見直しもこの時期に一緒にできるといい ですね。 また、早食いをすると空気を食べ物と一緒に飲み込む量が増えおならも増えてしまうので、 ゆっくりと良く噛んでたべることを心がけましょう。 油分の多い食べ物や肉食に偏るとおならが臭くなる傾向が おならの匂いは腸の中で食べ物を分解する時に生まれるガスによって発生するので、食べたものによって違います。 特に以下の食品はおならが臭くなりやすいと言われています。 甘いもの• 揚げ物などの脂やたんぱく質が多いもの• ニンニクなどの匂いが強いもの また、腸の中で悪玉菌が増え腸の働きが弱くなると、おならが臭くなる傾向にあります。 軽く体を動かす 妊娠初期のおならの改善には軽い運動も大切です。 だけど、お母さんや赤ちゃんの体が不安定な時期であったり、急にめまいや貧血を起こす場合もあるので無理をせず、できる範囲でやりましょう。 妊娠超初期におりものはどう変化する? 妊娠超初期におりものが変化することもあります。 量が増えた場合は下着をこまめに変えたりおりものシートを使ったりして清潔に保ち、あまりに気になる場合は産婦人科医で相談ましょう。 妊娠中のおりものの変化 妊娠超初期はまだ、おりものの変化が現れる時期じゃないようだけど、個人差があるので 人によっては量や粘り気に変化を感じることも。 色は透明であることが多い といわれています。 痛みがあったり出血量が多い、おりものに出血が混ざるなどの場合そのまま生理となることもあるので様子を見る必要があります。 少量の血が混じるのは着床出血の可能性も 受精卵が子宮内膜に着床し、胎盤の元となる絨毛という組織を作り子宮内膜の奥深くへ入っていく時に出血することを着床出血と言います。 色は鮮血であったり、茶色だったりと様々。 生理予定日の1週間前から生理予定日ごろに起こり、量は気づかない程度の少量 であることが多いとされています。 着床出血はある人とない人がいるので、なかったからといって妊娠していないとは限りません。 逆に着床出血があっても、受精卵に先天性の異常があったなどの理由で妊娠へと繋がるとは限らないようです。 妊娠超初期|気になるそのほかの症状 妊娠超初期はおならやげっぷ、下痢、便秘、そしておりものの変化以外にも色々な症状が起こります。 個人差があるので複数の症状がある人もいれば、1つもなかったという人も。 妊娠超初期の症状で赤ちゃんが元気かどうかを図ることはできないと言われているので、 症状の多い少ないは気にしすぎないように しましょう。 頭痛がする 妊娠をするとお母さんの 体の血管が拡張して頭痛が起こる ことも。 でも、頭痛が辛いからといって 自己判断で市販薬を飲んではいけません。 症状がひどい場合は妊娠中でも飲める薬もあるので、医師に妊娠中であることと頭痛の症状を伝えましょう。 産婦人科にすでにかかっている場合はその病院で相談する と安心ですね。 体がだるい プロゲステロンという女性ホルモンの影響 で、体がだるかったり熱っぽく感じることも。 また、つわりの影響で眠気が増し、だるさを感じる人もいるようです。 慣れない妊婦生活や不安などで知らずしらずのうちに ストレスがたまって、体のだるさに現れることも あるようです。 熱っぽい 妊娠していない時は生理予定日ごろに基礎体温が下がりますが、妊娠をするとホルモンの影響で体温が高温のままになります。 なので妊娠初期症状として 体が火照っていた 、 汗をかきやすかった など 風邪で熱がある時に似たような症状 を感じる人も多いようです。 でも、体が熱いからといって薄着をしたり冷たいものの取りすぎは妊娠時には厳禁です。 特に お腹周りや足元は冷やさないように しましょう。 吐き気や胃の不快感がある 妊娠超初期の段階からつわりの1つでもある、吐き気や胃の不快感がある人もいます。 中には食べるたび、または食べ物の匂いを感じただけで嘔吐してしまう人も。 胃に圧迫感を感じる人はこの時期から 締め付けの少ない下着や洋服を選んだり、食事は食べられるものを食べられる時にとる ようにしましょう。 下腹部痛やチクチクする感じがする 妊娠をすると赤ちゃんの成長に合わせて 子宮が大きくなったり 、子宮を支えている 円靭帯という靭帯が引っ張られる 関係で、下腹部にチクチクした痛みを感じたり、皮膚が引っ張られているような感覚や生理痛のような痛みや不快感を感じることも。 妊娠時の下腹部痛や不快感はよく起こることですが、 出血を伴う痛みであったり、我慢できない痛みがある場合は子宮外妊娠や切迫早産など赤ちゃんやお母さんの体に危険が迫っている可能性もある ので、産婦人科を受診しましょう。 排尿の回数や尿の色に変化がある 妊娠超初期に排尿の回数が増えるのは、 妊娠をすると血液量が増える ためです。 初期以降も子宮が大きくなり膀胱や骨盤が圧迫されて、排尿回数が増えます。 排尿回数が増えたからといって我慢は厳禁です。 また、尿の色が濃くなった場合はお母さんの体が脱水症状を起こしている可能性があるので、 排尿回数が増えたからといって水分を控えずしっかり水分補給をしましょう。 水分補給をする時は、糖分の多いものやカフェインが含まれているものは避けるのも忘れずに。 水が飲みづらい場合は、カフェインレスの麦茶やルイボスティーなどを選びましょう。 イライラする・気分にムラがある 生理前症状でもイライラや気分の上がり下がりが激しくなることがあるけれど、妊娠超初期の症状としておこることも。 特に妊娠が判明している場合は、 不安やちょっとしたことでも敏感になり気分が落ち込んでしまったり気にしすぎて眠れないということも。 気分がすぐれない時は 無理をせずに休息をとったり 、出産後はできない映画鑑賞やショッピングなど 体調の許す範囲で気分転換をすることも大切 です。 妊娠超初期っていつ頃のこと? 妊娠超初期の症状や時期はいつのことを指すのでしょうか。 週数や時期を把握し今自分がどの時期にいるのか、この時期は どんな体の変化が起きるのか知ることはとても大切 です。 最後に来た生理の最初の日を0週0日とし、7日ごとに1週、4週で1ヶ月です。 妊娠をした場合、着床するのが3週目ごろ、生理予定日が4週目ごろ、生理予定日1週間後に妊娠検査薬で妊娠反応が出たり、 妊娠したかもと思う頃には既に5週であり妊娠2ヶ月目に入っていることになります。 妊娠超初期について 「妊娠超初期」という言葉は医学的な用語ではなく、時期もそれぞれですが俗に 妊娠1週から3週ごろの時期 について言われている表現です。 妊娠発覚前後を指すことが多いので症状も人によって違いが大きく、 妊娠に気づかない人も多い時期 です。 妊娠チェックのタイミングを知りたい 妊娠したかも?と思うと妊娠チェックはいつ頃からできるのか、いつからの結果が信用できるのかなど気になるところ。 妊娠している可能性があるときはいつチェックし、 病院へはいつごろ行けばいいのでしょうか。 妊娠検査薬はいつごろから使うべき? 妊娠検査薬は hCGというホルモン が尿の中に含まれている場合に反応し、陽性になります。 hCGは受精卵が着床すると、徐々に分泌しはじめ 生理予定日ごろから分泌量が多くなっていく と言われています。 なので、市販で売られている妊娠検査薬は生理予定日の1週間後から使用できるものがほとんどです。 生理予定日前からも陽性が出ることもありますが、hCGの分泌量が少ないと妊娠していても陰性になってしまうこともあるので、 生理予定日1週間後以降 に使うのがおすすめです。 私は不妊治療をしていたので毎回生理予定日に敏感になり、1日でも遅れると検査薬を使いたい衝動に駆られていました。 だけど生理予定日に陽性が出たものの生理が来てしまう化学流産を何度か経験しました。 生理予定日1週間後に使うように、と言われているのにはきちんとした意味があるんだと身をもって感じました。 産婦人科を受診するタイミングはいつごろ? 生理予定日1週間後は妊娠5週の時期にあたり、妊娠していれば エコーで胎嚢が見え始めます。 だけど個人差があるので排卵日が遅れていたなどの理由でエコーで確認できず、また1週間後に再診となる場合もあります。 妊娠の診察は保険適用外となり診察料もかかってしまうので、妊娠検査薬で陽性が出ても焦って早くいくと無駄足になったり、不安を感じたまま次の診察を待たなくてはならなくなることも。 産婦人科の受診は早くても 妊娠5週以降 にしたほうが良さそうです。 ただし、激しい腹痛や出血など気になる症状があれば受診しましょう。 妊娠超初期の過ごし方について 妊娠がわかってもまだ赤ちゃんはエコーでも見えるか見えないかくらいの大きさであることや、母子手帳ももらっていないので 実感がわかない人がほとんど かと思います。 だけど赤ちゃんは毎日大きくなり、日に日に出産へ近づいてます。 この時期は赤ちゃん、そして自分の体のためにはどのように過ごすべきなのでしょうか。 自己判断での服薬は気をつけましょう 妊娠の可能性がある場合は 市販の風邪薬や整腸剤などの服用はやめましょう。 赤ちゃんの成長に影響が出てしまったり、最悪の場合流産へ繋がることも。 もし薬を服用したいときは 医師に相談 しましょう。 タバコやお酒は早いうちから控えるのがベスト タバコやお酒は赤ちゃんの健康や成長を阻害したり、奇形の原因や時に流産や早産、死産の原因に なることも。 妊娠発覚と同時に きっぱりと断酒喫煙を しましょう。 もし家族で喫煙者がいる場合は 副流煙も赤ちゃんに良くない ので控えてもらうか、別の部屋で吸ってもらうようにしましょう。 妊娠前の喫煙や飲酒は赤ちゃんへの影響はないとは言われていますが、妊娠をするとすぐに赤ちゃんの体は作られ始めるので、 妊娠を希望している人や妊娠する可能性がある人は先に禁煙断酒 をしておきましょう。 妊娠超初期症状のおならは気にしなくて大丈夫 妊娠超初期はまだ妊娠に気づかない人も多いですが、実はこの時期が赤ちゃんの体を作るのに1番大切な期間と言われています。 妊娠超初期症状の1つであるおならも、妊娠による体の変化の1つなので大切なこと。 気にしすぎてストレスを溜めてしまうと赤ちゃんにも良くないので、自分にあったリフレッシュ方法を見つけ、赤ちゃんとの貴重な時間を体に気をつけて過ごしましょう。

次の

便秘妊婦ですがトイレでいきんでも大丈夫?妊娠中の便秘、いきみ方3つのコツ

妊娠超初期便秘

2005年 山梨医科大学(現 山梨大学)医学部卒。 沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターを経て、板橋中央総合病院に勤務。 産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救急診療、分... 妊娠したいと考えている女性は、生理前のちょっとした体調変化にドキドキしてしまうものですよね。 妊娠検査薬で陽性反応が出る前に「この症状ってもしかして妊娠かも?」と気になることもあるのではないでしょうか。 今回は、妊娠検査薬が使える前の時期である「妊娠超初期」に現れやすい15個の妊娠初期症状についてご説明します。 妊娠初期症状はいつから現れるの? 妊娠初期症状が現れる時期には個人差がありますが、早い人だと生理予定日の1週間前くらいから現れます。 これは、性交渉などで受精が起きてからおよそ1週間~10日後にあたります。 生理開始予定日の約2週間前に排卵が起こり、そのあと精子と卵子が受精すると受精卵が誕生します。 受精卵は1週間ほどかけて卵管を通って子宮に到着し、子宮内膜に着床すると妊娠が成立します。 関連記事 妊娠初期症状はなぜ現れるの? 「つわりを感じてはじめて、妊娠したかも…と思った」という話を聞いたことがあるかもしれませんね。 これらは、妊娠を継続させるために重要な役割を果たすホルモンです。 つわりなどの妊娠初期症状が起こるのは、これから約10ヶ月間、赤ちゃんをしっかりと育てるために体が変化している証拠といえますね。 関連記事 「妊娠超初期」とはいつの時期? 妊娠初期症状のうち、早い時期に見られるものは俗に「妊娠超初期症状」と呼ばれることもあります。 この「妊娠超初期」について医学的な定義はありませんが、一般的には「妊娠0~4週頃」を指します。 妊娠週数は、最後に生理がきた初日を「妊娠0週0日」と数えるため、まだ妊娠していない(受精卵が着床していない)時期も妊娠超初期に含まれます。 生理周期には個人差があるため、一概にはいえませんが、だいたい「前回の生理開始日から、次の生理予定日直前まで」が妊娠超初期にあたります。 妊娠初期症状で現れる15個の特徴 妊娠初期症状のうち、主な15個の症状をご紹介します。 ほとんどの人が妊娠初期症状を体験していることがわかりました。 続いて、どのような症状を感じたかを聞いたところ、次のような結果になりました。 ひとつひとつの症状について、以下で詳しくみていきましょう。 「妊娠したかも?」と気になっている人は、参考にしてみてくださいね。 妊娠初期症状1. だるさ、眠気 アンケートによると、妊娠初期症状を体験した妊婦さんのうち、70. 妊娠すると基礎体温が高い状態が続くことによって、体のほてりやだるさ、眠気を感じることがあります。 また、ホルモンバランスが大きく変化することで、情緒不安定になり、やる気が出ないことも。 鼻水や咳などの風邪症状があるわけではないのに、体がだるくて仕事や家事に身が入らない、少しでも横になりたい、などと感じることもあります。 関連記事 妊娠初期症状2. 気持ち悪さ・吐き気 妊娠初期症状を体験した人の67. 性交渉から1週間くらい経ってから、何も食べていないのに吐き気がして、生理開始予定日を過ぎても気持ち悪さが続く場合、いわゆる「つわり」の可能性があります。 つわりには様々なタイプがあり、症状にも個人差があります。 よく知られている症状は、吐き気や嘔吐がある「吐きつわり」ですが、自分のよだれで気持ち悪くなってしまう「よだれつわり」、何か食べていないと気持ち悪くなる「食べつわり」、特定の匂いを嗅ぐと気持ち悪くなる「匂いつわり」などもあります。 気持ち悪さを感じるきっかけや症状が続く長さ、症状の重さも人それぞれです。 なかには、妊娠期間中一度もつわりがない妊婦さんもいます。 体験談 私の場合、1番最初に現れた妊娠初期症状。 顎ラインににきびがブツブツできてなかなか治りませんでした。 基礎体温が高い状態が続く 妊娠していないときの基礎体温は、排卵後に「高温期」が2週間程度続いたあと、生理がくる頃に低くなり、しばらく「低温期」が続きます。 しかし、妊娠が成立すると、プロゲステロンが大量に分泌され続け、高温期のまま体温が維持されます。 この妊娠初期症状は、妊娠すると全ての人に現れるものですが、普段から基礎体温をつけていないと見逃してしまうこともあります。 体験談 生理予定日の次の日から37度オーバーが連日続きました。 もしかして… と思い一週間後に検査をしてみたら陽性反応が! ゆのさん(30歳) 妊娠初期症状9. 妊娠初期症状の腰痛には、排卵後に分泌される「リラキシン」というホルモンが影響しています。 ただし、リラキシンは排卵後から分泌されるホルモンなので、結果的に妊娠していなくても、生理予定日の2週間前~生理前の時期に腰の痛みを感じる人もいます。 体験談 生理予定日を過ぎたあたりから腰に痛みが…。 立ち続けたり、歩き続けたりしたときに、ピキーンと刺すような痛みがありました。 みゆさん(25歳) 妊娠初期症状10. おりものが多く、水っぽくなる 通常、生理前のおりものは「量が多くてベタベタとしている」状態です。 妊娠が成立すると、ホルモンバランスが変わることにより「量が多く、水っぽい」おりものが見られることが多くなります。 妊婦さんのうち、35. ただし、おりものの状態には個人差があり、よほど普段から意識していない限り、こうしたおりものの変化には気づきにくいかもしれません。 体験談 妊娠超初期に頭痛が。 生理予定日が近かったので、生理前の症状だと思って頭痛薬を飲んでしまいました。 ちはるさん(39歳) 妊娠初期症状12. 涙もろくなる 妊娠して「涙もろくなった」と感じた妊婦さんは、妊娠初期症状を感じた人の28. 妊娠すると、ホルモンバランスの変化を受けて、情緒が不安定になることもあります。 まだ妊娠を自覚していない時期に、なんだか落ち着かなかったり、普段は泣かないテレビで涙を流したりと、いつもの自分と違う感じがしたという人もいます。 体に症状が現れるよりも早く、本能が変化を感じ取っているのかもしれませんね。 人間も動物なので、こういう一種の「カン」のようなものは、案外当たることが多いのかもしれません。 体験談 高温期のはずなのに、突然基礎体温が0. 3度くらいダウン。 その日は不安に思いましたが、次の日には何事もなかったかのように体温は戻っていました。 のんすけさん(34歳) 妊娠初期症状がないこともある? 妊娠によってホルモンバランスが変わるとはいえ、妊娠初期症状の現れ方には個人差があり、まったく自覚しない人もいます。 先に紹介したように今回のアンケートでも、4. また、腹痛やだるさ、情緒不安定など、月経前症候群(PMS)として現れる症状と似ているものも多いため、妊娠初期症状だと認識しないまま過ごし、あとで振り返って初めて妊娠初期症状だったと気づく人もいるかもしれません。 前述の15個の症状のうち、妊娠しているかどうかの判断を確実にできるものは、基礎体温の変化です。 妊娠している場合、高温期が続き、生理が近づいている場合は体温が下がって低温期に入ります。 妊娠検査薬を使う前に、いち早く妊娠兆候をキャッチしたい、という人は、普段から基礎体温を記録しておくといいですね。 関連記事 妊娠初期症状が出たら、妊娠検査薬を使える? 妊娠初期症状がいくつか現れると、早く結果を知りたくて妊娠検査薬を試したくなりますよね。 一般的な妊娠検査薬は「生理開始予定日の1週間後以降」に使用できるので、妊娠初期症状が出ても、もう少し辛抱する必要があります。 早期妊娠検査薬であれば、生理開始予定日の3日前頃から判定可能なものもあるので、早く知りたい方は試してみるのも手です。 ただし、判定結果は確実とは言い切れないので、参考程度に使ってくださいね。 また、検査薬が有効な時期より前に「フライング検査」する人もいます。 体に悪影響があるわけではありませんが、陽性と陰性の判定が正確に出ず、結果に振り回されてしまう可能性もあるので、あまりおすすめできません。 もしフライング検査をして陽性が出た場合も、陰性が出たのに生理が来なかった場合も、生理開始予定日の1週間後以降にもう一度検査薬を使ってみてくださいね。 関連記事 妊娠初期症状が出たら、注意したいことは? 妊娠初期症状と思われる体調の変化があったら、お腹に新しい命が宿っている可能性を考えて、下記2つのことを守って生活しましょう。 お酒とタバコをやめる 妊娠初期症状が現れたら、アルコールとタバコはやめましょう。 妊活をしている人や、妊娠している可能性が少しでもある人は、妊娠初期症状の自覚がなくても、禁酒と禁煙をする方が安心です。 ただし、自分が妊娠していることに気づかず、妊娠超初期に飲酒や喫煙をしてしまったという人もいるかもしれません。 少量であれば赤ちゃんに影響が出ることは少ないと考えられるため、あまり心配しすぎず、妊娠が分かった時点でお酒とタバコをやめてくださいね。 関連記事 また、アンケートでは、妊娠を機にやめたものとして、他にも「コーヒーなどのカフェイン飲料」や「激しい運動」、「自転車通勤」や「刺身などの生もの」という意見もありました。 妊娠初期症状は人それぞれ 今回は、15個の妊娠初期症状についてご説明しましたが、すべての症状が現れるわけではありませんし、症状の程度は人それぞれです。 基礎体温の変化以外は、風邪や生理前の症状と似ていて判断が難しいので、参考程度に考えておきましょう。 また、妊娠検査薬が使用できるのは、生理予定日の1週間後です。 生理が遅れている人や気になる症状がある人はぜひ調べてみてくださいね。 お腹のなかに芽生えたかもしれない赤ちゃんの命のためにも、妊娠検査薬で陽性反応が出たら、できるだけ早く産婦人科を受診しましょう。

次の

妊娠初期の便秘と生理前の便秘の違いとは?妊娠初期の便秘について

妊娠超初期便秘

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 妊娠すると体に様々な変化が現れます。 便秘や下痢など胃腸のトラブルもそのひとつ。 妊娠中は便秘になりやすく、特に妊娠初期はつわりの症状とあわさって毎日悩まされている人も多いと思います。 今回は便秘でお悩みの方のために、妊娠中に便秘になりやすい原因と妊娠中の便秘解消法をご紹介します。 妊婦が便秘になりやすい原因は? 女性は男性に比べて便秘になりやすいといわれますが、妊娠すると今までは悩まされたことのなかった人でも便秘になることがあります。 妊娠によって体内で様々な変化が起こるのが原因で、主に以下の5つが挙げられます。 ホルモンバランスの変化 妊娠すると体内のホルモンバランスが変化します。 その1つが女性ホルモンの「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の増加です。 プロゲステロンは妊娠状態を維持する作用があるのですが、体が栄養を蓄えようとするために体全体の代謝が低くなります。 摂取した栄養を逃がさないようにするために、胃や腸などの筋肉を緩めて腸のぜん動運動を鈍くさせ、便秘を引き起こすのです。 また、体内に水分も蓄えようとするので、便に水分が行き渡らなくなって硬くなり、排便しづらくなるのも影響しています。 つわりによる食生活の変化 排便には食べたものが大きく影響します。 妊娠初期はつわりが苦しいために食欲がわかなくなり、食べられるものだけ食べるという偏りが生まれます。 その結果、排便をスムーズにしてくれる食物繊維や水分が不足して便が硬くなり、便秘になります。 疲労やストレス 妊娠初期は、体調や生活の変化で疲れやすく、ストレスも感じています。 身体的・精神的に過度なストレスがかかると体の各機能を調整している自律神経が乱れ、腸の動きにも悪影響を与え、便秘になりやすくなるのです。 運動不足 適度な運動には腸の活発な動きを促す働きがあるため、運動量が減ると便秘になることも。 妊娠中は体を動かすのがおっくうになり、妊娠初期はあまり運動もできないため、日常的に運動不足になってしまいます。 妊娠後期になってお腹が大きくなるとさらに運動量が減るので注意しましょう。 子宮の大きさ 子宮が大きくなると胃や腸などの消化器官を圧迫します。 腸が圧迫されると便がスムーズに進まなくなって便秘になります。 大きくなればなるほど圧迫が強くなるので、妊娠週数が進むに連れてひどくなるケースが多いようです。 妊婦におすすめの便秘解消法は?妊娠初期の注意点は? 具体的に妊娠中の便秘を解消するために、8つの対策をご紹介します。 ぜひ日頃の生活に取り入れてみてくださいね。 水分補給をする スムーズな排便には十分な水分が欠かせません。 妊娠中は水分の排出が鈍くなるので、積極的に摂取することが大切です。 朝起きたらまず、コップ一杯の水を飲むようにましょう。 起きてすぐに水を飲むと、睡眠中に消費した水分不足が解消できるだけでなく、胃腸が刺激されて動きが活発になり、排便が促される作用もあるからです。 つわり中は食事を満足に食べられないかもしれませんが、水を飲むのが難しければ、お茶やスポーツ飲料など、飲みやすいものを試してみましょう。 便秘に効果を発揮するお茶もおすすめです。 関連記事 2. 食物繊維を摂取する 食物繊維は排便を促す作用があるので、積極的に食物繊維を摂取しましょう。 ただ、食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類あり、それぞれ役割が異なるので、できるだけバランスよく摂取してくださいね。 いんげん豆、あずき、えんどう豆、おからなどの豆類、とうもろこしや大麦、ライ麦などの穀類に多く含まれています。 腸内環境を整えてくれる作用もあります。 主に昆布などの海藻類、納豆や大豆などの豆類のほか、こんにゃく、ごぼう、にんじん、おくら、エシャロット、切干大根、アボカド、いちじく、洋ナシ、キウイ、パパイヤ、プルーンなどに多く含まれています。 関連記事 7. トイレに行く習慣をつける 排便がなくてもトイレに行く習慣もつけてください。 生活習慣を見直していけば、トイレに行くタイミングで便意をもよおすようになってきますよ。 毎日決まった時間にトイレに座る習慣を始めてみましょう。 トイレに行くと自然と体が反応して便意が促されるようになることも。 トイレに行く時間は便意を催しやすい朝食のあとがおすすめですよ。 普段の姿勢に気をつける お腹が大きくなってくると姿勢が悪くなり、骨盤が歪んできます。 骨盤の歪みは内臓の位置もずらすので、消化器官の働きを悪くさせることがあります。 立つときや座るとき、歩くときなど体が正しい姿勢になるように注意しましょう。 関連記事 妊婦の便秘がつらいときは便秘薬を飲んでもいいの? 食事内容や生活習慣に気をつけると便秘が解消される人もいますが、まったく改善されない人もいます。 改善が見られない場合には便秘に悩まされ続けるのはつらいので、我慢せずに産婦人科の担当医に相談しましょう。 妊娠中でも使える便秘薬や漢方などを処方してもらえますよ。 便秘薬を使いながら生活改善を続けていれば、いずれ薬に頼らなくてもすむようになることもあるので根気強く解消法に取り組んでくださいね。 様々な便秘薬が市販されていますが、自己判断で飲むのは止めましょう。 なかには妊娠に悪影響を与えることもあります。 まずは医師に相談して便秘薬を処方してもらい、市販薬を飲む際には事前に確認を取っておくと安心ですよ。

次の