タスクビュー ショートカット。 Windows10のタスクビューの活用方法と使い方を紹介

Microsoft Office Outlook のショートカットキー一覧

タスクビュー ショートカット

仮想デスクトップで何ができる? 仮想デスクトップを使用することで疑似的にマルチディスプレイのように表示画面ごとに各アプリケーションまたはウィンドウを振り分けることができる。 使用してない起動中のアプリケーションを別画面に移動することでそれらを隠すことができるし、個人と仕事といった感じで画面を分けるのに役立つこともある。 また、タスクバーに表示したくないアプリケーションを隠すのに便利。 バックグランドで処理させたいバッチファイルなどでコマンドプロントウィンドウを表示するものなど、メインのデスクトップ画面にそれらを表示したくない場合に別の仮想デスクトップに割り当てることで通常作業の邪魔にならないようにできる。 誤解しやすい点は、ソフトウェアが仮想デスクトップごとに起動されるわけではなく、あくまで作業画面が切り替わっている点。 なので、常駐アプリケーションなど、一部のアプリケーションはすべての仮想デスクトップに表示されます。 仮想デスクトップ管理画面(タスクビュー)の呼び出し• タスクバー上のアイコン 起動中アプリケーションウィンドウを別の仮想デスクトップへ移動• 仮想デスクトップ管理画面(タスクビュー)で起動中アプリケーションウィンドウを右クリックすると移動先を指定可能• または、起動中アプリケーションウィンドウを移動先の仮想デスクトップへドラッグ&ドロップする 仮想デスクトップ間の切り替え• 仮想デスクトップ管理画面(タスクビュー)にて切り替え 起動中アプリ間の切り替え• 仮想デスクトップ管理画面(タスクビュー)にて切り替え• なお、切り替えの対象範囲を「使用中の仮想デスクトップ」または「すべての仮想デスクトップ」に設定できる。 Windows10の仮想デスクトップの基本機能ではできない• VirtualDesktopManager(フリーソフトウェア)を利用することで可能 仮想デスクトップごとにショートカットアイコンを振り分ける• Windows10の仮想デスクトップの基本機能ではできない• 仮想デスクトップソフトウェア「Dexpot」なら可能 個人的な感想 ちょと使いにくいと感じる面があります。 Windows10の仮想デスクトップの基本機能ではデスクトップに表示されるショートカットは共通であり、マルチディスプレイのように画面ごとに別々に振り分けることができないので、やや利便性が良くない印象。 また、使用にあたっては仮想デスクトップの数が増えるごとに消費メモリーも増加するので実メモリーが少ないマシン場合には注意を払ったほうがいいのかもしれない。 なお、アプリケーション(ウィンドウ)をショートカットキーを使用してタスクを切り替えることの多い人にとってはあまり必要を感じられないかもしれない。 デスクトップや起動中のアプリケーションを隠すなどの必要がない人なら、なおさら必要ないかもしれないと思う。 仮想デスクトップが活用できる環境としては画面の小さな端末(タブレットやA4サイズのノートPC)など、画面表示の作業スペースが狭い場合においてではないだろうか。 正直、私には使う機会は少ない機能なのかもしれない...。

次の

便利なWindowsのショートカットキー一覧

タスクビュー ショートカット

タスクアイコンにはサムネイルが表示される しかし、切り替えたいウィンドウを目で確認してマウスで操作するというステップになるので、どうしても少し手間がかかります。 もっと スピーディに切り替えたいならやっぱりキーボードショートカットに限りますね。 キーボードショートカットでのタスク切り替え キーボードでタスク切り替えを行う場合、やり方は大きくふたつあります。 ひとつは 【Alt】+【Tab】キーを使う方法。 もうひとつは 【Alt】+【Esc】キーを使う方法です。 このとき【Tab】キーのほうはいちどリリースするのがポイント。 そこで【Alt】キーは押したまま、【Tab】キーを押すとそのたびに 縮小イメージを囲む枠が移動していき、【Alt】キーから指を離すとそのとき枠で囲まれていたウィンドウにタスクが切り替わります。 Tabキーを押すたびに枠が移っていく 左手だけの操作で切り替えできて、縮小イメージでの確認もできるのでパソコン初心者にも比較的なじみやすい方法です。 切り替えの順番は、 ウィンドウの並び順です。 そしてもういちど押すとExcelがいちばん下へ移動して、アクティブウィンドウはWordへ、というように切り替わっていきます。 そんなときはたぶん、最小化されたウィンドウがあるはずなのでタスクバーのほうで確認してみましょう。 つまりウィンドウが切り替わるように見えるのはそのウィンドウが開いているからなんですが、タスク切り替えのほうはウィンドウが開いているか/最小化しているかに関係なく切り替わっていきます。 ウィンドウの切り替えとタスク切り替えの微妙な違いを覚えておいてください。 もちろんミスタイプではありません。 【Alt】キーを押しっぱなしにしません。 すると、直前に選択していたウィンドウ、重ね順でいうと 上から2番めだったウィンドウにタスクが切り替わってそれがいちばん上に出てきます。 そしてさきほどまでアクティブだったウィンドウは入れ替わりに上から2番めへ。 つまり開いているウィンドウの中の上から 1番めと2番だけを交互に入れ替えます。 もうわかりますね。 これは ふたつのウィンドウを行ったり来たりしながら作業を繰り返すのにぴったりです。 いちいち縮小イメージを確認するといった必要がないんで、よそ見しながらでも作業できます。 これは覚えておくと便利ですよ。 タスクビューでの切り替えもあるけど 実はもうひとつ タスクビュー での切り替えという方法もあります。 タスクビューでのタスク切り替え しかし私の場合、タスクの切り替えにはあまり使いません。 なぜかというと、肝心のタスクの選択が片手でできないからです。 【Tab】キーを押すだけでウィンドウを切り替えることはできず、マウスを併用するか矢印キーを使う必要があるので、結局両手の操作になります。 なので、私はタスクの切り替えには名前に反して「タスクビュー」を使いません。 その代わり、 仮想デスクトップの確認やデスクトップ履歴の操作には使っています。 臨機応変にタスク切り替えできるようになろう 以上、キーボードショートカットを使ったタスク切り替え方法の紹介でした。 マウスに手を触れずに左手のキー操作だけで切り替えられるので便利です。 Fukuzumiの場合、ウィンドウを切り替えてデータを確認/比較しながらメモをとったり、コピー&ペーストを繰り返すことがよくあります。 皆さんもぜひキーボードショートカットでのタスク切り替えを使いこなしてください。

次の

使いこなしてスキルアップ! [Windows]キーを使ったショートカットのまとめ

タスクビュー ショートカット

ウィンドウズ10ではタスクビューが強化。 複数のデスクトップを切り替えることができるので作業効率もアップします。 タスクビューを使うには? タスクバーにはタスクビューボタンがあります。 これをクリックすると、下に利用可能な デスクトップが一覧されます。 クリックして、利用したいデスクトップが利用されます。 また画面上部にはそのデスクトップで利用されているアプリケーションを切り替えることができます。 タスクバーで右クリック。 「 タスクビューボタンを表示」をクリックしてチェックを外すと表示されなくなります。 タスクバーにいろいろいとアプリが追加されるので少しでも置き場を長くとっておきたいときなどにはタスクビューボタンをオフにしていてもよいでしょう。 タスクビューが開かない場合は? タスクビューボタンが非表示になっている場合、タスクバーを右クリック。 メニューから「 タスクビューボタンを表示」を実行します。 するとタスクバーボタンが表示されます。 タスクバーでのタスクビューボタンが効かない!という場合にはショートカットキーを試してみましょう。 apicode.

次の