にゃんこ ぶんぶん先生。 【ネコスイマーの評価と使い方】ぶんぶん先生にも使える進化させるべきキャラの育成論

【にゃんこ大戦争】ぶんぶん先生(敵キャラ)の対策とステータス|ゲームエイト

にゃんこ ぶんぶん先生

編成(名前は左から右の順番)• 1ページ目:狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ、ゴムネコ、ネコモヒカン、ねこふんど師• 2ページ目:ネコジェンヌ、狂乱のネコドラゴン、ネコせんじゅ、狂乱のネコムート、タマとウルルン• にゃんコンボ:なし• アイテム:ネコボン• 壁役:狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ、ゴムネコ、ネコモヒカン• 範囲攻撃キャラクター:ネコジェンヌ、狂乱のネコムート、タマとウルルン• 遠距離攻撃キャラクター:狂乱のネコドラゴン、狂乱のネコムート、タマとウルルン• ねこふんど師:ガチャ限定のレアキャラクター「ねこ占い師」の第2形態。 ごくたまに浮いてる敵をふっとばす能力を持っている。 コストが低く、生産速度も早いのがメリット。 量産することでふっとばす確率を上げていける。 このステージの場合、進攻を遅らせるだけでは、ジリ貧になる可能性が高い。 ふっとばして前線を押し返す必要があったため採用した。 ネコせんじゅ:ガチャ限定の激レアキャラクター「ネコぼさつ」の第2形態。 浮いてる敵の移動をたまに遅くする特殊能力を持っている。 範囲攻撃でもあり、比較的射程も長め。 ぶんぶん系3体を同時に遅らせることができるのが最大の魅力だ。 同じく激レアで浮いてる敵を止める「ネコ番長」も有用だが、今回は攻撃速度と射程で勝るこちらを選択した。 このパーティーでの戦術 壁は即投入:前半は「シャドウボクサー」の集団、後半はぶんぶん系3体と、突破力が強い敵が多数出現する。 壁役4体の生産を全力で行うことはもちろん、生産可能になり次第すぐに投入していく。 プレイヤーのタップのタイミングも重要だ。 あせるあまり、生産し損ねないように注意しよう。 早々に高火力キャラクターを投入する:前述のとおり、敵の進攻を止めるのがかなり難しい。 壁役の生産に全力を尽くしても、ネコムートやウルルンが倒されてしまう可能性が高い。 そのため、早い段階で生産しておくことで、終盤にもう一度両者を投入できるようにしておく。 大事な場面でお金が枯渇しないように:終盤の勝負どころでネコムートらを生産できないという事態を避けるため、攻撃役の生産にはメリハリをつけたい。 たとえばネコジェンヌなどは、壁役と同等のペースで生産できるが、これを常時やってしまうと当然お金が足りなくなる。 壁役の生産を2回+ネコジェンヌ1体生産といった具合に、組み合わせや生産タイミングを決め、残金や戦況によって生産数を増減させていくと調整しやすくなるはずだ。 ぶんぶん先生:もはや紹介がいらないレベルでおなじみの強敵。 剛腕をひたすら振り回しながら近づいてくる。 ほかの2体も同様だが、分厚い壁で進攻を遅らせながら、遠距離から削っていくのがもっとも有効。 浮いてる敵なので、妨害できると楽に立ち回れるだろう。 このステージの場合、ほかのぶんぶん系2体と比べると体力は低め。 早く倒せると展開が楽になるので、赤井ブン太郎合流前の攻撃しやすいうちに、できるだけダメージを与えておきたい相手だ。 ブラックブンブン:ぶんぶん先生の黒バージョン。 攻撃モーションは変わらないが、体力が3種の中でもっとも高い。 このステージでも最後まで立ちふさがる。 浮いてる敵属性のほか、黒い敵属性も持っている。 黒い敵を妨害できるキャラクターがいると効果的だ。 赤井ブン太郎:ぶんぶん先生の赤バージョン。 浮いてる敵と赤い敵属性を持ち合わせている。 こちらも攻撃モーションは変わらないが、ほかの2種よりも攻撃力が高い。 赤井ブン太郎が合流したときが、このステージで一番きつい瞬間となる。 壁役でできるだけ粘って、少しでもダメージを与えておくことが勝利につながるはずだ。

次の

ぶんぶん先生

にゃんこ ぶんぶん先生

ぶんぶん先生の情報 キャラ名 ぶんぶん先生 属性 浮いてる敵 備考 クマ先生の恩師。 体罰は愛情だ! と 叫びながら、すれ違うだけで殴ってくる 危険な先生。 容赦ない拳はモンスター ペアレントキラーとして期待されている。 初登場ステージ 日本編 第3章 西表島 主な登場ステージ 日本編 第3章 西表島 移動速度 少し早い 特殊能力 — 攻撃の種類 範囲 ノックバック 準備中 攻撃モーション 準備中 ぶんぶん先生の倒し方 日本編最後のボスとだけあって、 非常に強い敵です。 基本の戦い方をマスターしていれば、 何とか勝てる相手です。 強キャラを生産するだけでは、 倒すことは難しいので、 壁役のキャラを意識して生産していきましょう。 では、基本的な倒し方としては、 壁役を常に生産し続けます。 その壁の後ろから射程の長いキャラで ダメージを与えていきます。 壁役のキャラが倒されてしまうと、 後方の攻撃役のキャラが 倒されてしまうため、 壁が途切れないように生産し続ける必要があります。 壁でぶんぶん先生を止めることができれば、 十分倒すことができます。 反対に、壁で前線を維持できない場合は、 壁役のキャラのレベルを上げるか、 壁役の数を増やして対処しましょう。 このぶんぶん先生を倒すことができたら、 基本的な戦術が身に付いたと思っていいので、 この後のステージも攻略していけるでしょう。 おすすめキャラ 壁役のキャラを2体以上編成しましょう。 3~4体いると前線を維持しやすいかと思います。 後は、攻撃力が高く射程の長いキャラを 編成しましょう。 無課金キャラ キャラ名 備考 ネコ 前線維持のための壁役として使用しましょう。 タンクネコ ネコキリン 生産コストは少し高めですが、壁役して使用 することができます。 ただし、生産は、 お金に余裕がある時だけにしましょう。 キモネコ 後方から攻撃できますので、前線の壁を維持できれば、 攻撃し続けることができます。 ネコトカゲ ネコヴァルキリー.

次の

【にゃんこ大戦争・攻略動画】みんなのトラウマ“ぶんぶん先生”完全攻略 [ファミ通App]

にゃんこ ぶんぶん先生

序盤 序盤からいきなりカンガリュがやってきて、その後にゴマさまとか強敵が結構出てくる。 ネコカベ、ネコビルダー、勇者ネコを出しまくる。 序盤は強力なアタッカーは控えめにして 働きネコのLVを上げつつ、美脚ネコ、ネコドラゴンを出していこう。 美脚ネコとネコドラゴンをある程度出していくと 戦線をじわじわ切り上げていくので、働きネコのLVをMAXにしてしまおう。 序盤から戦線を押し下げられて負けてしまう場合は キャラLVが足りていない、お宝を集めきれていないと思われる。 城到達後 城到達手前あたりにネコヴァルキリーを投入。 この間もネコカベネコビルダーを投入しながら、美脚ネコ、ネコドラゴンも交互に入れていく。 城の体力が63000くらいまでいくと 西表島のボス、ぶんぶん先生が登場する。 ぶんぶん先生の倒し方 ぶんぶん先生が登場したと同時ににゃんこ砲を撃つ。 ぶんぶん先生は壁役であるネコビルダー、ネコカベ、勇者ネコは基本1発でやられてしまうため 3匹の壁役は基本的に常に出し続ける。 資金に余裕があれば、ネコキリンも投入して行った方が良い。 もしくは3匹の壁役を出している間にお金がたまらず ネコドラゴンを生産できない場合は、お宝の取得率不足が考えられる。 キャラ強化、お宝・働きネコのお金生産量アップ(九州の男らしさ)キャラクターの生産スピード短縮(中国の伝統)がしっかりと100%近くまでいっていれば 戦線をキープしつつ、壁3匹を出しつつアタッカーである美脚ネコやネコドラゴンを投入できる。 お宝100%でも、じわじわと戦線を押されていく為、どこかでノックバックしないとならない。 ネコドラゴンの攻撃がぶんぶん先生にヒットすれば、ノックバックしてくれるので ぶんぶん先生が出現する前にネコドラゴン5匹以上は出しておきたい。 ぶんぶん先生撃破後 ぶんぶん先生撃破後は、もう出てこないので楽チン。 勝利確定したようなものである。

次の