風邪 腰 が 痛い。 本当にただの風邪? それ、肺炎かもしれません

風邪をひいて背中が痛い!早くスッキリさせたい時にはどうすればいいの?

風邪 腰 が 痛い

インフルエンザで腰痛とはどんな症状?どんな痛み? 周りでインフルエンザが流行っているときに微熱や関節痛が出てくると、「まさか自分もインフルエンザ!?」と心配になってしまいますよね。 インフルエンザで起こる腰痛は「体を動かすときにギシギシと痛む」ということが多く、また、体を動かしていなくてもじっとして寝ているだけで腰に痛みがあるということもあります。 実際に私もインフルエンザにかかったときにつらい腰痛に悩まされたのですが、寝ているだけで腰が痛く仰向けでは寝られなかったので、腰にクッションをあててずっと横向きで寝ていました。 なぜ関節痛が起こる? インフルエンザウイルスが体の中に入ると、体内では「プロスタグランジン」という物質が発生し、血管を広げて発熱します。 そうすることで身体の免疫反応を高め、インフルエンザが重症化するのを防いでくれるといわれているのですが、このプロスタグランジンは関節の痛みの原因にもなるそうです。 発熱や腰痛などの身体の痛みは身体の中でインフルエンザウイルスと戦っているという合図なんですね。 腰痛 風邪とインフルエンザの時との違い インフルエンザのときと風邪の時では腰痛の出方に違いがあるのでしょうか。 インフルエンザのときには先ほどお伝えしたようにプロスタグランジンという物質がインフルエンザウイルスに反応して現れ、痛みを発生させますので、腰痛、首、肩、腕、足などの関節痛、筋肉痛などの痛みが出ることが多くありますが、風邪の時にはこういった痛みの発生はほとんどありません。 腰痛以外のインフルエンザと風邪の違い インフルエンザの症状には関節痛、筋肉痛以外にも38度以上の急激な発熱、悪寒、全身がだるい、痛いなどの「全身症状」があります。 風邪は全身症状ではなく、鼻水やくしゃみ、鼻ずまり、のどの痛みなど「部分的な」「呼吸器系症状」が出ます。 このような症状の違いがインフルエンザか風邪かの判断材料になります。 万が一インフルエンザにかかってしまった場合は周りへの感染を防ぐため自宅安静が必要になりますので、自己判断は決してせずに、おかしいな?と思ったら病院に行って検査を受けることが大切です。 スポンサーリンク インフルエンザ 腰痛の対処法は?簡単に改善できる方法 インフルエンザの治療中はほとんどが布団で横になっているため、重力でだんだん腰や体に負担がかかってきます。 それが長引くと腰痛が耐えきれないほど悪化してしまう場合がありますので、そうなる前にきちんと対処していきましょう。 腰痛などの関節や筋肉の痛みにはしっかりと冷却材を使って部位を冷やしてあげることが大切です。 急に冷やすとあとで痛みが出る場合がありますので、ゆっくりじんわりと冷やしましょう。 また鎮静剤を使う方法もありますが、インフルエンザ時には服用してはいけない薬がありますので、必ず医師に相談したうえで使用するようにしてください。 また、腰痛があるときは寝るときにあおむけになると腰に負担がかかりますので、横向きになって寝ると症状が緩和されることがあります。 私はまさに仰向けがつらい状態だったのですが、横向きになるととても楽でした。 ずっと同じ方の腰を下にすると血流が滞る?と病院の先生に言われたので、できるだけ右左と交互に下にして寝ると良いと思います。 寝返りなどが辛い場合は1日おきでも大丈夫です。 このようにして少しでも腰痛を悪化させないよう対処していくことが必要ですね。

次の

「腰が痛い」ときの自己診断~あなたの腰痛はどのタイプ? どうすれば治る?:「腰が痛い」ときの対処法 ~この方法で痛み解消:日経Gooday(グッデイ)

風邪 腰 が 痛い

インフルエンザで腰痛とはどんな症状?どんな痛み? 周りでインフルエンザが流行っているときに微熱や関節痛が出てくると、「まさか自分もインフルエンザ!?」と心配になってしまいますよね。 インフルエンザで起こる腰痛は「体を動かすときにギシギシと痛む」ということが多く、また、体を動かしていなくてもじっとして寝ているだけで腰に痛みがあるということもあります。 実際に私もインフルエンザにかかったときにつらい腰痛に悩まされたのですが、寝ているだけで腰が痛く仰向けでは寝られなかったので、腰にクッションをあててずっと横向きで寝ていました。 なぜ関節痛が起こる? インフルエンザウイルスが体の中に入ると、体内では「プロスタグランジン」という物質が発生し、血管を広げて発熱します。 そうすることで身体の免疫反応を高め、インフルエンザが重症化するのを防いでくれるといわれているのですが、このプロスタグランジンは関節の痛みの原因にもなるそうです。 発熱や腰痛などの身体の痛みは身体の中でインフルエンザウイルスと戦っているという合図なんですね。 腰痛 風邪とインフルエンザの時との違い インフルエンザのときと風邪の時では腰痛の出方に違いがあるのでしょうか。 インフルエンザのときには先ほどお伝えしたようにプロスタグランジンという物質がインフルエンザウイルスに反応して現れ、痛みを発生させますので、腰痛、首、肩、腕、足などの関節痛、筋肉痛などの痛みが出ることが多くありますが、風邪の時にはこういった痛みの発生はほとんどありません。 腰痛以外のインフルエンザと風邪の違い インフルエンザの症状には関節痛、筋肉痛以外にも38度以上の急激な発熱、悪寒、全身がだるい、痛いなどの「全身症状」があります。 風邪は全身症状ではなく、鼻水やくしゃみ、鼻ずまり、のどの痛みなど「部分的な」「呼吸器系症状」が出ます。 このような症状の違いがインフルエンザか風邪かの判断材料になります。 万が一インフルエンザにかかってしまった場合は周りへの感染を防ぐため自宅安静が必要になりますので、自己判断は決してせずに、おかしいな?と思ったら病院に行って検査を受けることが大切です。 スポンサーリンク インフルエンザ 腰痛の対処法は?簡単に改善できる方法 インフルエンザの治療中はほとんどが布団で横になっているため、重力でだんだん腰や体に負担がかかってきます。 それが長引くと腰痛が耐えきれないほど悪化してしまう場合がありますので、そうなる前にきちんと対処していきましょう。 腰痛などの関節や筋肉の痛みにはしっかりと冷却材を使って部位を冷やしてあげることが大切です。 急に冷やすとあとで痛みが出る場合がありますので、ゆっくりじんわりと冷やしましょう。 また鎮静剤を使う方法もありますが、インフルエンザ時には服用してはいけない薬がありますので、必ず医師に相談したうえで使用するようにしてください。 また、腰痛があるときは寝るときにあおむけになると腰に負担がかかりますので、横向きになって寝ると症状が緩和されることがあります。 私はまさに仰向けがつらい状態だったのですが、横向きになるととても楽でした。 ずっと同じ方の腰を下にすると血流が滞る?と病院の先生に言われたので、できるだけ右左と交互に下にして寝ると良いと思います。 寝返りなどが辛い場合は1日おきでも大丈夫です。 このようにして少しでも腰痛を悪化させないよう対処していくことが必要ですね。

次の

風邪を引くと腰が痛いのはなぜ?その腰痛をスッキリ改善するには?

風邪 腰 が 痛い

風邪の時には肺や気管などの呼吸器を守るために、外から入ってきた風邪のウイルスを気道から取り除こうとする生体防御反応で咳やくしゃみが起こります。 実際に風邪の時に咳やくしゃみが止まらない…なんて経験をお持ちの方もいるでしょう。 咳やくしゃみは一度行うだけでもかなりのエネルギーを消費するほど、体にとっては負担の大きなもので、これを風邪で繰り返し行うことで腰痛を起すことがあります。 咳やくしゃみというのは一瞬のことですが、その瞬間口から勢いよく空気を出すためにお腹にものすごい力が入り、それによって腹圧が急速に高まることで、腰の関節や椎間板に強い衝撃が加わり腰痛を発症してしまうことがあるんです。 また急速に高まる腹圧の抵抗を少なくしようと、身体は思わず前かがみになります。 これは多くの方が経験しているとはずです。 この急に前かがみになる際に腰の筋肉が伸ばされ微小な傷を作ってしまい、咳やくしゃみが繰り返されることによってその傷が深くなって腰に痛みを出してしまうことがあります。 ここまでお伝えしてきたように、確かに風邪は腰痛を引き起こす原因になることがあります。 ですが風邪をひくと必ずしも腰痛になるか?というとそんなこと有りませんよね。 これは普段の日常生活によって腰周辺の筋肉がどれほど疲労が溜まり、柔軟性を失っているかが大きくかかわるからです。 もちろん風邪によって起こる熱の高さやウイルスの種類なども影響しますが 普段から疲労が溜まり柔軟性を失った筋肉では、咳による負担に耐えられなかったり、長時間寝ることの負担に耐えられなかったり、炎症の影響を大きく受けてしまいます。 なので大切なのはもちろん風邪をひかないように予防し、早く回復することもなんですが、普段の生活から腰の筋肉のケアを行ったり生活習慣を見直し、腰の筋肉の柔軟性を保っておくことです。 そうすることで風邪をひいたときにも腰痛に苦しむことがなくなります。 風邪をひいて寝込んでいたらだんだんと腰が痛くなってしまった…なんて方もいると思います。 これは風邪によって腰で炎症が起こってしまったり、咳やくしゃみで腰や背中に瞬間的に大きな負荷がかかったり、寝すぎることで筋肉が硬くなり血液の巡りが悪くなることなどで起こります。 また安静にしていることで筋肉が萎縮し弱ってしまうと、風邪が治っても腰痛が続いてしまうことも有ります。 それらの対策としては、風邪で安静に休むことは大切ですが、合間で寝たままでもいいので軽くストレッチで筋肉を伸ばしてあげたり、仰向けやうつむせでなく横向きで寝るようにすることです。 また普段から腰の筋肉の柔軟性を保っておくことで、風邪になった時にも腰痛に悩むことがなくなるので、腰痛になってから悩まないで済むようにケアを行ってくださいね。

次の