ストレス 湿疹。 ストレスからくるかゆみ・湿疹-仕組みや薬、対処法

ストレスで湿疹が出来てしまった時に、まず行ってほしい9つの事

ストレス 湿疹

そのため、 蕁麻疹の原因は、その人がどんなアレルギーを持っているかによって異なります。 例えば、りんごアレルギーを持っている人がりんご果汁の入った食品を誤って食べたとき、アレルギー症状として蕁麻疹が出ることがあります。 同様に、ある特定の抗生物質に対してアレルギーを持っている人が知らずに抗生剤を服用し、蕁麻疹が出るケースも。 また、 血管が拡がると出やすいため、お酒を飲んだときやお風呂に入ったとき・運動した後は悪化しやすいと言えます。 すると、外部からの刺激に対する抵抗力が弱まるため、アレルギー反応が起きやすく、蕁麻疹が出やすい状態に。 つまり、 ストレスや疲労・体調不良は、それ自体が蕁麻疹の直接的な原因になるわけではないものの、蕁麻疹が出やすい状態を作り出してしまうのです。 いつ症状が出たのか• どこにいるときに症状が出たのか• 何をしているとき• 何をした後に症状が出たのか• どの部位に症状が出たのか こういった項目をヒアリングし、蕁麻疹が出たきっかけや原因を探していきます。 例えば、食事をした後に全身に蕁麻疹が出たのであれば、その食事に含まれていた食品が原因である可能性が強くなります。 首など、衣服が直接肌に触れていた部位にのみ出たのであれば、衣服の繊維が原因ではないかと予測できます。 ただし、血液検査をしても、結論が出ないケースも多々あります。 蕁麻疹は アレルギー体質や物理的な刺激・ストレス・体調不良などさまざまな要因が重なって症状が出るため、原因をひとつに絞るのはとても難しいのです。 蕁麻疹の皮膚症状に対しては、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤(かゆみを抑える薬)の飲み薬の処方を行います。 炎症がひどい場合は、ステロイドの塗り薬を処方することもあります。 なお、ステロイドの塗り薬の使い方については以下の点に留意してください。 強い薬のため少量を長期間塗り続けるのはNG。 必要な量をしっかり塗って短期間の使用に抑える• 子供への使用は1週間未満に• 大人の場合も1カ月以内以上は使わない• 例えば、肝機能疾患では蕁麻疹と似たような皮膚湿疹が出ることがあります。 一般の方が自己判断するのは難しいので、気になる症状がある方は医師の診察を受けてみましょう。

次の

ストレスからくる湿疹とは?

ストレス 湿疹

ムズムズ、チクチク・・・カラダがかゆくて仕事に集中できない!気になって眠ることもままならないなんてこと、ありませんか?「このかゆみ、この赤み我慢できない!」「引っ掻きたい衝動にかられるけれど、掻けば広がって、またかゆみが出て後悔することも頭ではわかっている・・・」と、どうにもならないそのかゆみ、もしかして「 じんましん 蕁麻疹 」かもしれません。 じんましんの原因、じんましんの予防策、また、じんましんにおすすめの漢方をご紹介します。 これって、じんましん? 湿疹や虫刺されによく似ている、じんましんの症状をまずは知りましょう。 地図状に広がる大きいものから虫刺されのようなものまで、発症する箇所や大きさ、時間帯などにも個人差があります。 いてもたってもいられない、我慢できないほどのかゆみを伴うことや、熱を持ち焼けるような痛みを感じる場合などもあります。 どうして、じんましんになるの? じんましんの7割は原因不明?!実はじんましんが発症する原因の多くがはっきりとはわからないとされていますが、発症する可能性として以下のようなことが考えられます。 食べ物による原因 えび・蟹などの甲殻類、青魚などの魚介類、牛乳・チーズなどの乳製品、穀類、卵、食品添加物、豚肉などの肉類。 (小麦、ソバ、乳製品、卵、落花生は、五大アレルギー成分といわれています。 乳製品や肉・魚・卵などに含まれる動物性のタンパク質や、油などはすぐにカラダの外に排出されにくいものなので、普段食べているときはなんともなくても、その日の体調が優れなかったり、疲れていたりするとアレルギーとして反応することもあります。 精神的な原因 人のカラダは本来、カラダに毒素が溜まったとき発汗や排泄でカラダの外に出そうとする機能が備わっているのですが、その機能がうまく働かない時に皮膚疾患として症状があらわれやすくなります。 ストレスもカラダの毒素のひとつと捉えられます。 現代のストレスフルな社会に起こりやすい症状の一つかもしれません。 その他の要因 犬猫などの動物・金属などの接触・薬の副作用・寒暖差・太陽光や汗などでも起こる場合があります。 ありとあらゆるものが原因になる可能性があるのですね。 どんな予防ができるの? 原因がはっきりしないことの多いじんましんですが「打つ手なし」とあきらめるのはまだ早そうです。 大事なことは じんましんの出にくいカラダづくりをしていくことが予防につながります。 ストレスや疲れをためこまない じんましんに限ったことではありませんが、ココロが不調になればカラダにも不調が現れてきます。 ストレスを発散する、受け止める、受け流すなど自分なりのストレス解消法をうまく活用しましょう。 でも、ヨガやハーブティなどストレス発散のためのアドバイスをご紹介していますので、是非試してみてくださいね! 2. 食事の改善 じんましんの原因となりうる 動物性のタンパク質や油を避けるのはもちろん、チョコレートや辛いもの、アルコールなどの刺激物もじんましんを助長してしまう可能性があります。 症状が出ている時は摂取を控えたほうが良いでしょう。 睡眠・生活習慣の改善 不規則な生活や睡眠不足が与えるカラダへのダメージは、自分が思っている以上に大きいもの。 疲れをうまく解消できておらず、気づかないうちに慢性疲労になっていることもあります。 また、 睡眠は自律神経や免疫力にも多くの影響を与えていると考えられています。 良質な睡眠をとることも大切です。 もし、じんましんが出たときには「何をしていた時に発症したのか」「どのような状況だったのか」を自分でよく考えてみましょう。 原因不明のじんましんには、自分自身に気づくということも重要です。 (例:アクセサリーをつけたら出た 日光浴をしていたら出たなど) 生活習慣を見直してみることで、かゆみがなくなることもあるかもしれません。 また、 未病を治すことは漢方の得意分野です。 漢方も力になってくれるかもしれません。 漢方から見たじんましんとは 漢方では、人のカラダは「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」の3つで構成されていると考えています。 じんましんは、そのうち、「 水(=血液以外の水分や体液を指すもので、飲食物中の水分を消化吸収によってカラダに必要な形にし、カラダをうるおしているもの)」と 熱のバランスが崩れたとき、風邪(ふうじゃ)という邪気が皮膚から侵入することによって起こると考えられています。 また、 「水」が滞ると全身の組織や器官に栄養を与える「血」も滞り、本来あるべき栄養補給や排出の働きにも影響を与えるとされています。 じんましんにおすすめの漢方薬 腫れて痛みや膿のある皮膚疾患、じんましん、化膿しやすい皮膚炎、水虫には 十味敗毒湯(じゅうみはいどうくとう)という 漢方薬が効果的です。 漢方薬の名前にも入っている通り、配合されている10種類以上の生薬が相互に働いて、解毒を促します。 十味敗毒湯は何らかの原因で肌がふさがることで正常に排出されない 「水(すい)」と熱のバランスを整えます。 患部がじゅくじゅくしている時に、 肌をふさいでいる余分なものを出すとともに、「水」や熱を発散させて肌を正常な状態に導きます。 生薬パワーを借りてじんましんを繰り返さないカラダを目指しましょう。 カラダの中に生じた余分なものを排出させるのにとても良い漢方薬です。 ただし、症状がひどかったり、原因が分からない時には、お医者さんにご相談ください。 お近くの漢方医の検索や漢方専門の先生をご紹介。 どの漢方薬が合っているか、分からない方は是非!.

次の

by Kracie

ストレス 湿疹

頭皮がかゆい、フケが出る、湿疹が…そんな悩みはストレスのせいかもしれません。 かゆみを感じることでさらにイライラし、余計に悪化してしまうなんてことも。 日常生活等で抱くストレスはホルモンバランスや血行不良などを引き起こし、頭皮へも悪影響を与えます。 この記事では、ストレスがもたらす頭皮への影響と、その改善方法についてご紹介していきます。 今起こっている症状を改善、またストレスに負けない頭皮環境をつくっていきましょう。 頭皮トラブル、ストレスが原因!? この章では、ストレスが原因で起こりうる頭皮トラブルを、トラブル別に説明していきます。 もちろんストレスだけの原因で起きる事ではありませんが、ストレスも大きな1つの原因で頭皮とストレスは密接に関係しています。 どんな事が頭皮にあらわれるのか、ピックアップした中でも大きな問題を詳しく説明していきます。 1-1. ストレスが原因で起きる頭皮の問題 まず、ストレスは自律神経のバランスを乱します。 それにより、体の緊張状態が続き血行不良を起こします。 血行不良になると頭皮への栄養が行き届きにくくなり、頭皮環境が悪くなることで、以下さまざまなトラブルが起こりやすくなります。 ・頭皮が固くなる ・抜け毛が増える ・白髪が増える ・頭皮のかゆみ ・頭皮にニキビや湿疹ができる ・髪にハリツヤがなくなる ・フケがでる ・頭皮の臭い ・頭皮神経痛 1-2. かゆみ・頭皮湿疹 ストレスによりに頭皮が乾燥したり、過剰に皮脂が分泌したり、弾力が低下し頭皮が赤くなってかゆみが起こります。 頭皮環境が乱れ、頭皮表面が十分な水分と皮脂で整っていないと、外部からの少しの刺激でも知覚神経に刺激を与えて、かゆみを感じさせます。 頭皮湿疹は、かゆみが発症し我慢できず掻きむしった後に、炎症等が起き湿疹につながります。 体はストレスが溜まると交感神経が過剰に働き、皮脂のバランスが崩れターンオーバーが上手くいかなくなり頭皮が乾燥します。 その結果、刺激から頭皮を守るバリア機能が低下し、少しの刺激でも敏感になりかゆみの原因に。 また、過剰に乾燥しすぎると今度は体は皮脂が足りないと補おうとし、余計に皮脂を分泌させます。 その結果、過剰に出た皮脂が頭皮に残り、かゆみの原因になります。 引用元: 1-3. フケが出る 皮膚や頭皮の奥底では、新しい細胞がどんどん作られており、古くなった細胞は少しずつ剥がれています。 通常は目に見えない程なのですが、新陳代謝 ターンオーバー が乱れると未熟な角質がごっそり剥がれ目に見えるフケとなります。 ストレスは自律神経の乱れ・免疫力低下・血行不良・ビタミン不足等を引き起こします。 これらが起こると、頭皮は皮脂と善玉菌であるマラセチア菌とのバランスを保っていますが、免疫機能が弱まったり血行不良になることで、このバランスが崩れてしまい、新陳代謝が乱れる=角質が剥がれるサイクルがおかしくなる フケ となります。 引用元: 1-4. 頭皮の臭い 頭皮の臭いは、過剰に分泌された皮脂が酸化したことによるものです。 ストレスを受けると、体内で活性酸素が大量に作られます。 通常は、活性酸素はウイルスなどと戦うものなのですが、攻撃対象がいないと体内の細胞を攻撃してしまいます。 この活性酸素が体内の脂質と結びついて出来た過酸化脂質が、主な頭皮の臭いの原因となっています。 過酸化脂質はストレスが増えれば増えるほど増加するため、頭皮の臭いもひどくなります。 引用元: また、ストレスによりホルモンのバランスが崩れる事によっても、頭皮の皮脂や活性酸素の分泌量を増加させるので、普段よりも毛穴が詰まりやすくなって、皮脂が酸化してニオイを発してしまうようになります。 1-5. 抜け毛・薄毛 ストレスによって緊張状態が続くことで、血行不良になりやすいという事が大きく関わっています。 血行不良は頭皮への血液からはこばれる栄養が毛根に行き届きにくくなってしまい、頭皮環境が悪くなることから、健康的な髪の毛の成長も阻害してしまいます。 そのため、ストレスによって抜け毛が増えたり、細い髪の毛が増えてきたりといった症状が進み、薄毛となってしまう可能性があります。 引用元: 1-6. 頭皮神経痛 頭痛とは違い、頭皮がピリピリしたりジンジン・チクチクしたりする症状です。 頭の頭頂部や後頭部、耳の奥が痛くなってしまう症状で激しい痛みが突然襲ってきたりと私生活に大きな支障をきたします。 神経痛は一般的には身体の不調を知らせるシグナルです。 精神的ストレス、疲労や風邪などで体調がすぐれない時の肉体的ストレスがある場合にあらわれやすいです。 ストレスで神経を圧迫され、頭皮の血液の流れを悪くしてしまい頭皮神経痛が起こりやすくなります。 頭皮のストレス解消に効果的な方法4選 この章では、ストレスで起こりうる頭皮トラブルの改善方法、頭皮トラブルを発症させない為にも、頭皮のストレスを軽減する改善方法をいくつかご紹介していきます。 是非参考にしてみて下さい。 ・頭皮マッサージ まずは心身共にリラックスも出来る頭皮マッサージです。 シャンプーをしながらでも、テレビを見ながらでもどこでもできるマッサージ方法です。 頭皮はとてもデリケートな部分です。 頭皮マッサージは爪を立てず、手のひらや腹で優しく丁寧に行うことが大切です。 詳しい頭皮マッサージのやり方やマッサージ商品は以下リンクを参考にしてみてください。 頭皮のコリはコレで解決!簡単なほぐし方とコリの原因を教えます ・シャンプーの見直し 頭皮トラブルがあるなら尚更、毎日使用するシャンプーの見直しもおすすめです。 ダメージを受けている頭皮は刺激に敏感になっていますので、頭皮に優しく皮脂を取り除きすぎないシャンプーがおすすめです。 ハーブガーデンシャンプーに入っているオーガニックハーブの成分には頭皮の健康を促進してくれる効果があり、フケ・かゆみのある方におすすめです。 低刺激で安全性の高いシャンプーです。 各種天然成分には消炎作用や抗炎症効果がありますので、頭皮のかゆみをしずめてくれます。 ・アロマでリラックス これは頭皮トラブルが出ない様リラックスさせる方法の1つですが、アロマテラピーは緊張した脳をリラックス・リフレッシュする効果があると言われています。 脳のストレス解消をして、ホルモンバランス、自律神経、免疫などを整える効果もあります。 寝る前やお風呂の時などに使用してみるのも良いかもしれません。 不安と緊張を和らげるラベンダーやホルモンバランスを整えるアロマの匂いでリラックスを。 引用元: ・お店でヘッドスパ 自分で行う事が難しい場合や、誰かの手をかりたい時は美容室のヘッドスパや、専門店などの本格な頭皮マッサージも良いです。 人にやってもらう気持ち良さ、プロからのアドバイスもうけられますよ。 ヘッドスパ以外に、水を使用しないドライヘッドマッサージ店も増えてきており、そちらは頭皮をマッサージする事での癒し効果が期待されます。 すでにかゆみやフケなどが過剰に出ている場合はドライヘッドマッサージではお断りされる場合もあるので事前に確認しましょう。 頭皮のトラブルが悪化してしまっている場合は自己判断せずに皮膚科に行きましょう。 皮膚科で処方される薬は、外用薬のステロイド剤や、内服薬の抗ヒスタミン剤が処方されることが多いです。 頭皮ニキビや湿疹が悪化してしまい、薬では治療困難な場合はレーザーを使用しての治療法もあります。 まとめ ストレス自体を取り除く事は難しいですが、現在トラブルが出ている方も、日々の頭皮ケアを見直したり手を加えたりする事で頭皮トラブルは改善出来ます。 頭皮ケアも面倒臭い気持ちや無理をして行うとそれもまたストレスとなり悪循環です。 自分に無理のない範囲で行える改善方法を見つけ、健康な頭皮を取り戻しましょう!.

次の