パワプロ ペナント 攻略。 パワプロ2016ペナントモードをレビューする

ペナント攻略|パワプロ2018 攻略

パワプロ ペナント 攻略

先日、こんな記事を書きましたね。 今日の記事を読む上でちょっとは参考になると思うので良ければ読んでみてください。 この2つは大事。 マジで。 これで特能と変化球が成績に大きな影響を及ぼしている事がわかったんじゃないでしょうか。 で、ここからが本題。 (海外留学やアイテムの使用をしない前提です) た その1. 青特多めなベテラン選手の獲得 AIは功労者とかお構い無しでクビにしていくので、だと格安でベテラン選手が獲得できます。 バーゲンセールみたいなもん。 それなりの戦力になるだけでなく、35歳以上、若しくは32歳以上でプロ12年目以上の選手は他選手に特能の指導をすることができるので貴重な存在です。 その2. 的確な練習設定 私の場合は選手の成長タイプによってどういう練習をさせるかを大まかに決めてます。 微成長期・衰退期 小矢印 の選手にミートやスタミナなどの基本練習を割り当てても効果が低く、時間の無駄なので大抵は 青特の取得や赤特の克服、弾道・登板適性アップ練習を優先してます。 個人的には最低限「一発」は消したほうがいいと思いますよ。 もちろん、成長期が来た選手 大矢印 には基本練習を割り当てます。 て言ってもコーチ・選手特性等によって変わりますが。 その3. ノリノリの選手を積極的に起用 当たり前のことですね。 単純に好成績を残すというだけでなく、2軍でノリノリになった選手は1軍で起用するとそれなりの確率で覚醒します。 投手の場合は先発よりも登板機会の多い中継ぎとして起用するほうが良いでしょう。 野手の場合はスタメン起用のフル出場設定にしてます。 が、中には1,2試合で覚醒しちゃう選手も。 覚醒の条件については…書くと長くなるので攻略本買ってください。 あっ、回し者じゃないですよ。 その4. なるべく若手選手を2軍に幽閉しておかない これも当たり前ですね。 て言いながら5,6年間2軍に漬けっぱなしにしたりしちゃうんですが。 1軍と2軍では得られる経験値が違います。 1軍に登録できる人数は28枠 現実は29枠 と、一見多そうに感じますが、実際に当てはめていくと割と少ないと感じるのではないでしょうか。 その中で、主力ならまだしも、これから衰えていく選手を1軍で中途半端な使い方をするぐらいなら、少しでも枠を若手選手の成長に充てるのもアリでしょう。 ちなみに私は春季キャンプ〜オープン戦の期間は衰退期に入った選手を2軍に下げ、シーズン中はなかなか1軍で使う機会のない、微成長期,成長期の選手を1軍に上げてなるべく経験値を稼ぐようにしてます 実際どれほど効果があるのかは分かりませんが。 その5. FA補強はなるべく控える ここまで読めば理由はなんとなく分かるでしょう。 FA選手は年俸が高額なうえ、A,Bランクの選手を獲得した際は相手球団へのか金銭補償、もしくはその両方を行わなければなりません。 更に、FA宣言するのは中堅〜ベテランの域に入った選手なので、数年すると能力の衰退が始まり、化してしまう可能性があります。 H柳田やG坂本のようなチームの大きな核となるであろう選手であれば獲得する価値はあるでしょうけど。 その6. ドラフト選手の見極め 「自前で選手を育てる」といっても、素材が悪ければいくら知識があっても強い選手は育ちません。 例えば、投手だと1球種しか持っていない選手はまず厳しいでしょう。 最低でも2球種。 3球種あれば十分でしょう。 初期に持っている球種が少なければ少ないほど無駄な時間を過ごす確率は上がってしまいます。 野手だと弾道1の選手と肩力が取り柄の選手は殆ど選択肢から消去。 この2つは個人的に論外だと思ってます。 それを打ち消すほどの能力があったり、将来性を感じたのであれば話は別ですが。 弾道1の選手に大した人はいませんし、肩力はオーペナにおいて最も影響の少ないものと言っても過言ではないでしょう。 あと、ごく稀に二刀流ではないものの、高い野手能力を持った投手が出てくるので、そこもしっかりと確認しておくべきです。 ざっと思いついただけでこんなもんです。 ウトウトしながら書いてるので意味不明なところもあると思いますが許してね。 もう限界なので寝ます。

次の

【パワプロSwitch】取りあえずペナントをオートで回してみた結果

パワプロ ペナント 攻略

Contents• チーム選択と初期設定 チームはどこでも良かったのですが、山田選手を育てたかったのでヤクルトにしました。 ちなみに、ここで選ぶチームは栄冠ナインで作ったチームでもアレンジで作成したチームでも可能です。 また、OB選手を後から追加することもできるので、遊びの幅は本当に広いと思います。 普段やれること 日程表 日程をスキップできます。 オーナー感覚でプレイしたければ試合に一切関与せず、見所(CSや日本シリーズなど)だけプレイするということも可能です。 早送り設定で豊富な条件(交流戦まで早送り~とか)が用意されているので、チマチマ遊びたい人もざっくり楽しみたい人も非常に楽しみやすいと思います。 采配 1軍登録をしたり、それぞれの選手に対して練習指示を出すことができます。 コーチやスカウトの契約や解雇もここで行います。 細かな起用設定もできるので、監督プレイをする場合はイジり倒してニヤニヤすることが可能です。 相手ピッチャーの利き腕やDH制のありなしを考慮してのスタメン、それから中継ぎ~抑えの勝利の方程式を作成できるのも「楽しみ方の幅を広げてくれているなぁ」と思いました。 新戦力• トレード• ドラフト選手発掘• 外国人選手発掘• オリジナル選手参加• 実在選手の入団・移籍反映 スカウトに指示を出すことで、目的に沿った選手を発掘することが可能です。 私はドラフトの目玉を探すのが地味に好きなので、ちょこちょこイジってました。 スカウト自身にも能力があるので最初のうちはイイ選手を見つけてこないことも多いですが、ドラフロ候補を見つけたときのドキドキ感はたまりませんよ。 上記の画像は開始して数年で引退してしまった石川投手のものですが、ポスティングでコリアリーグに行って帰って来た直後に殿堂入りでした。 銅像がブロンズなので、恐らくシルバーとゴールドが控えているのではないかと思われます。 ショップ 練習機材を導入したりファングッズを作ったりできます。 練習機材は購入することで練習効率が上げられ、ファングッズは選手の調子を上げることができます。 ただし、ファングッズを作った選手が活躍できないとファンが減るという謎の仕様・・・。 あとはプレイすることで獲得したポイントを使って、メインメニューでアイテムを手に入れることができるので、それを使うことも可能です。 アイテムには選手覚醒などのチートアイテムがありました。 通常試合• 出番プレイ• なりきりプレイ• 高速試合• 監督試合• 観戦試合• スキップ 以上の7パターンから選べます。 「特定の選手の打席だけプレイする」ということも可能ですし、チーム全体を動かすことも可能です。 私がオススメするのは 監督プレイですね。 監督プレイをすると試合の最後に采配レベルを評価してくれるので、試合後が楽しみです。 思うようにいかないもどかしさも楽しく感じるはずですよ。 また、上記画像では暗くなっていますが、オプションで『出番設定』や『なりきり設定』をセットしておくことで、特定の選手でのプレイをすることもできます。 マイライフの試合と同じ感じでしょうかね。 試合をプレイ 実際に試合をしてみると栄冠ナインとほぼ同じでした。 ただし入力時間に制限があるので、ゆったりと考えずにポンポン選んでいくようなカタチでしょうかね。 説明書も読んでないので感覚でプレイしていましたが、コマンドを選んだ結果どのとうに有利・不利になったのかが一目瞭然なので、監督として指示を出してる感があり、プレイしていて楽しいです。 たまに必殺技を出されたりして・・・。 面白いポイント 選手の能力を把握 選手によって成長パターン(早熟~晩成)が異なるため、この辺がわかってくるのも楽しいです。 第一線で活躍している選手の能力が劣化してきたときのFAなどは駆け引きの大きなポイントだと思います。 ドラフト会議 ペナントの醍醐味の1つが『ドラフト会議』です。 ここから、あえての番場選手を指名して・・・。 この瞬間がメチャクチャ楽しいです。 ちなみに番場選手は海外留学させて、そこそこ強い選手になりました。 やりこみ要素 ミッションのようなカタチで、ある一定の条件を達成するとメダルが貰えます。 これらは記録室で確認ができますが、なかなか鬼畜の香りがしますねぇ。 特に何も考えずに監督プレイを5年ほどで30~40%くらいだったので、やりこみ要素として楽しめるポイントの1つだと思います。 最後に 個人的な感想としてはペナントモード、大当たりです。 これは結構長く遊べる予感がします。 最初は「山田選手を殿堂入りさせる」という目的でもって始めましたが、プレイしているうちに「大谷選手での二刀流もいいなぁ」と目移りしてしまいました。 球団経営の要素もあって、資金のやりくりなんかも面白いので、ぜひオススメしたいモードです。

次の

【パワプロ2016】ペナント攻略まとめ!MLB選手・野球殿堂・収録選手情報・アイテム│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

パワプロ ペナント 攻略

カテゴリー• 351• 17,500• 5,731• 106• 1,840• 104• 133• 157• 199• 718• 3,565• 207• 142• 209• 695• 236• 131• 208• 172• 250• 122• 383• 102• 261• 173• 152• 123 Twitter パワプロ速報.

次の