アトレー バン。 ライバル対決:エブリイワゴンvsアトレーワゴンを比較。

【公式】ハイゼット カーゴ トップページ|ダイハツ

アトレー バン

今回の記事では、燃費至上主義の軽自動車の中では最悪な立場になっているアトレーワゴンとハイゼットカーゴの燃費、実燃費、年間ガソリン代が理解できますので、最後まで是非お読みください! その1. アトレーワゴン・ハイゼットカーゴのカタログ燃費(JC08モード)を検証! 出典:daihatsu. カタログ燃費、JC08モードとは? 国土交通省指定の1リットルの燃料で何キロメートル走行できるかを、いくつかの自動車の走行パターンから測定する国内メーカー共通の燃費測定方法の一つ。 メーカーが発表している燃費はこの値になります。 実際の燃費よりも かなり良い結果になる場合がほとんどです。 8 17. 8 17. 8 上記のように検証すると、まず同じエンジン「KF型」を使用している両車ですが、アトレーワゴンの燃費が非常に悪いことがわかります。 乗用タイプのアトレーワゴンは、車両重量が軽自動車では最重量級の1,000kg~1,100kgという重さになっていますが、この車両重量は、一般軽自動車では最重量クラスのスーパーハイトクラスの更に一番重い「ウェイク」を 約40kg上回っています。 さらに、全車ターボ仕様の後輪駆動で4ATとなっていますので、燃費が良いわけがありません。 参考 ハイゼットカーゴに関しては、やや検討はしているものの、この燃費は商用車としての燃費の値での話であり、軽自動車全体から見ると、やはり、 最下位クラスと言っても良い燃費の悪さです。 では、これだけメーカー発表のカタログ燃費の値が悪いアトレーワゴンとハイゼットカーゴですが、実際に運転した時の実燃費はどうでしょうか? 次項で詳しく検証してみましょう。 その2. アトレーワゴン・ハイゼットカーゴの実燃費を検証! メーカー発表のカタログ燃費(JC08モード)での値は軽自動車の中では最悪の部類に入ってしまったアトレーワゴンとハイゼットカーゴですが、実際に運転した時の実燃費はどうでしょうか? 続いては、アトレーワゴンおよびハイゼットカーゴの気になる実燃費について検証していきましょう。 ここでは、数多くのユーザーレビューが寄せられているネット上の燃費サイトや口コミサイトに投稿されているレビューや実測データなどから、両車の実燃費の平均値データを算出していきます。 64 10. 0Lのターボ車のSUV「ハリアー」並みの値となってしまっています。 さらに、上記の実燃費の値では、車両重量が重すぎることと、走行性能を優先したアトレーワゴンはいずれのグレードも実燃費面で苦戦していることが伺えます。 広い室内空間のある乗用ワゴンを検討しているのであれば、アトレーワゴンよりも同じダイハツの ウェイクの購入を強くお勧めするところです。 参考 では、次に、実際の燃費を年間ガソリン代に計算した時の金額について検証、評価してみましょう。 その3. 地方在住で足代わりに使う機会の多い方には、かなり金額的に大きな値になってしまい、税金が普通自動車よりも安い軽自動車でも維持費としてはかなり負担増になります。 ただ、仕事で広い荷室が必要な方は、ハイゼットワゴンを仕方なく購入するかもしれませんが、同じ軽自動車の商用ボックスタイプでしたら、 スズキのエブリィの方が年間ガソリン代で約2万円安くなりますので、エブリィを検討すべきです! 参考 ユーザーレビューを見てみても、やはり燃費面に不満をお持ちの方や割り切っている方などが見受けられます。 私の一言 軽自動車の主流はFFベースの経済面と乗り心地を重視したハイトワゴンとなっていますが、まだまだアトレーやハイゼットのような荷室の広いワンボックスカーの便利さも捨てがたいものがあります。 ただ、商用タイプということで低燃費の努力を怠ると、いずれ見向きをされなくなります。

次の

ダイハツ ミラアヴィ(L250S L260S) MAX マックス(L950S L960S) アトレーバン(S120V S130V) ウォーターポンプ 16102

アトレー バン

概要 [ ] もともとはの乗用版として1981年に誕生した。 後に独立した車種となっているが、現在まで車体(ホワイトボディー)はハイゼットとほぼ共通である。 車種は長らく4人乗りのだけであったが、2000年には7人乗り1,300ccのとなるが登場し、1,500cc以下の7人乗りとしては、以来となった。 一時期、にもとして供給されていたが、2004年で販売を終了した。 アトレーシリーズはハイゼットシリーズとともにダイハツ唯一の圏工場であるので生産されていたが、現在は前橋工場を完全閉鎖し、アトレーシリーズはので生産を継続している。 初代S65系の半数と、アトレー7は本社で生産されていた。 55L 直2 AB55型 0. 4月 - 5代目ハイゼット(トラック・バン)と同時登場。 当時はハイゼット・アトレーの名で発売された。 グレードはLタイプ、Eタイプの2グレード。 ボディスタイルはハイルーフを基本としているが、Eにはロールーフモデルが用意され、Lは平床、Eのロールーフは低床となる。 軽1BOX初の、フルファブリックシート、フロアカーペットなどの装備で、ながら乗用ユースを想定している。 はLが200kg積で、リアも2枚に減らすなど、乗り心地を重視している。 ボディーカラーに合わせ内装色はグレー系、ベージュ系などがあった。 エンジンは4代目以降のハイゼットと共通の・のを搭載していた。 3月 - 5代目ハイゼット同様、を追加。 フロアはすべて平床となる。 4WDはタイヤサイズが12インチとなり、パートタイム方式でを装備。 軽自動車初ののオプションが用意されていた。 10月 - マイナーチェンジ。 車名からハイゼットの冠名が外れ、単に アトレーとなる。 グレードは、LX、L、Eとなり、それぞれ2WDと4WDを用意。 タイヤサイズは2WDでもLXは12インチとなった。 すべてハイルーフのみとなり、LXのみサンルーフを選択できた。 内装色はパークグリーンメタリック車のみグレー、他はレッドとなる。 2WDに5MTを追加し、軽1BOX初の車が追加されたが、は装備されていない。 ターボグレード(LX-TURBO)は孤立しておりカタログも専用カタログだった。 外装はアトレー専用フロントグリルとなり、がホワイト、ターボがシルバーを採用し、ハイゼットとの差別化が行なわれた。 リアフロアが2WD車のみ2段フロアとなり、足元の高さが低床と同じ位置となった(4WD車は平床のまま)。 リアシートが及びアームレスト付でクッションサイズが厚いシートへ変更。 シートアレンジが多彩となり、オプションのクッションと合わせフルフラットも可能(5ウェイマルチシート)。 12インチホイール装着車両にはフロントがメーカーオプションとして設定されている。 なお、ターボ車にはフロントディスクブレーキは標準装備だった。 4WDにを採用し、燃費を改善している。 またPTOウインチまたはPTO発電機どちらかを4WD車にメーカーオプション設定。 4WD-LXにPTO発電機付ハイルーフグレードを設定。 2WDにはエンジン直結式発電機をメーカーオプション設定した。 - グレード見直し。 LX-TURBO、LX、Gの3グレードとなる。 G以外すべてグレードでサンルーフの選択が可能。 4WDに5MTが追加され、G以外すべて5MTとなる。 タイヤサイズはG-2WD以外すべて12インチとなる。 内装色はボディカラーに合わせ、ブルー、ブラック、レッドを設定。 4WD車のリアフロアも2段フロアを採用した。 ELR式シートベルトがオプションで選択可能となった。 またターボ車にターボインジケーターおよびラジアルタイヤを標準装備した。 - AT車を追加。 グレードはLX-TURBO、LX、G、ATとなる。 ATはハイルーフのみでサンルーフは選択できず、2WDのみ。 サイドストライプやフルファブリック5ウェイマルチシートなど装備されているものの、ウレタン巻きステアリングや内装トリムなどを省略し、コストアップに配慮した。 55L EB70型 0. 55L ターボ EB71型 0. 55L ターボ EF-ES型 0. 66L 直3 EF-GS型 0. 66L 直3 (1992年以降のAT車用) EF-XS型 0. 66L 直3 SOHC ターボ EF-TS型 0. 660 cc化された際に、EB型をベースにしたに変更された。 エンジン位置は先代からの継続で、フロントシート下(レイアウト)となるが、をシート下からフロント裏へ移動し、エンジンを前寄りとしたことでリア足元のエンジンルーム張り出しを少なくしている。 4WDは付きのパートタイム4WDを採用した。 パートタイム4WDはオートを採用し、利便性を向上した。 ボディデザインは見栄え重視の、流麗なスタイルを採用している。 リアドアウィンドウは小型車を含めた1BOXで初の下降式を採用、窓の上下幅を広げており室内の開放感は高かったが、スタイル重視が仇となり、室内は先代より狭くなっている。 大型ガラスのコスミックルーフ、フロントガラスサンルーフを装備した車種もある。 大型のガラスサンルーフは軽1BOXで初めて採用された。 後に電動スライド化される。 (昭和61年)5月 - フルモデルチェンジ。 後退灯をリアランプから分離してリアバンパー右側に、リアのナンバープレートの位置をテールゲートからリアバンパーにそれぞれ移設。 (昭和62年) - オールタイム4WDのSXターボが登場する。 オールタイム4WDは付きパートタイム4WDで、副変速機能はないが、センターデフロック機能を有している。 現在この4WDシステムは2WD化機能を省いてテリオスキッド、ビーゴに装備されている。 (昭和63年) - マイナーチェンジを行い、異型ヘッドランプを採用。 4MTモデルが消滅。 MT車は全て5MTとなる。 エンジンはのままであったが、出力が向上したほか、オートに変更された。 内装色はボディカラーに合わせたブラウン系とブルー系の2色から、グレー系に纏められた。 (元年) - 電動ガラスサンルーフを装備したターボFX、スポーティグレードのターボXXが登場。 フロントバンパーとステアリングホイールのデザインが変更される。 外板色はツートーンの選択が可能となった。 (平成2年) - 660cc新規格化される。 (平成3年) - ターボ車が化された。 クルーズ系はカラードバンパーなどを装備し、通常グレードよりも安価であったため、販売の主力となった。 としてが登場した。 ボディはデッキバン同様で、装備はターボFXと同様である。 (平成4年) - 4WDの車に車を追加。 350kgのが可能なGXが消滅し、全車200kg積へ統一された。 特別装備グレードがカタログモデルへ昇格し、グレード構成が整理された。 平成5年 12月 -生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 平成6年 1月 - 3代目と入れ替わる形で販売終了。 66L 直3 SOHC EF-ES型 0. 66L 直3 SOHC EF-GS型 0. 66L 直3 EF-ZS型 直3 EF-TS型 0. 66L 直3 SOHC ターボ EF-RS型 0. 内装は乗用車と遜色ないレベルまで向上している。 スポーティグレードのSRにABSを標準装備。 片側スライドドアの「リバーノ」が追加される。 エンジンはNAとターボエンジンを用意し、ボディは5ドアと4ドアのリバーノで幅広いユーザーを対象としている。 4WDモデルは、SRとターボに、ABS装備時は2WD、4WD切替可能なセンターデフ付きマルチセレクト4WD、他はパートタイム4WDを採用した。 は全グレードで5を採用し、一部のグレード以外は3を採用した。 5MT(製)はアウトプットリダクション方式を採用している。 安全対策として、ダイハツ軽自動車で初採用となるABSがSRとRTターボ系に標準装備され、一部のグレードでオプション設定。 リアシートベルトがリバーノ系に標準装備、全グレードでオプション設定されている。 ブレーキはABS装備モデルで8インチの採用と強化され、全車LSPV()の装備により、積載状況による後輪ブレーキ圧コントロール機能を持っている。 リバーノシリーズにはリアシートスライド機能とリアを装備し、リアシートの快適性と安全性をアピールしていた。 リアシートは左右個別にスライドし、後席の居住性ととしての荷室スペースを両立させている。 これにより、型式(かたしき)はハイゼットのS100系とアトレーのS120系に大別された。 - フルモデルチェンジ。 これに伴い、リアのナンバープレートの位置を初代と同様のテールゲート中央に戻した。 CM出演者は。 - 全グレードでAT車選択可能となる。 RTシリーズ追加。 NAエンジンがツインカムエンジンとなる。 1月 - ターボエンジンがツインカムエンジン(EF-RS型)となる。 一部のシリーズは特別装備グレードへ統合。 エアコンがほとんどのグレードで標準装備となったが、装備の簡略化なども実施されている。 軽自動車初のアクティブ(電動式)を一部グレードに装備した。 10月 - とシートをクラス初採用したクラシックシリーズを追加、リバーノターボは廃止。 - ボディサイズの変更に伴う軽自動車の新規格への移行、ならびに4代目モデルへのモデルチェンジに合わせる形で3代目モデルの販売終了。 66L 直3 DOHC EF-DET型 0. ボディデザインはイタルデザインが担当し、軽1BOXながら流麗なスタイルを持っている。 フロントタイヤが前方に移動したセミキャブデザインを採用するが、エンジン搭載位置は運転席下であり構造上はキャブオーバーを継承する。 標準のCL系とドレスアップモデルのカスタム系の二本立て体勢となる。 カスタム系は、初代アトレーの初期モデル以来、17年ぶりの採用となったロールーフに、ルーフレールを組み合わせた。 カスタム系は納車待ちが3か月となり、CM放映を一時中止するほどの人気となった。 CL系にはハイルーフを採用し、先代リバーノ譲りのリアシートスライド(交互スライド)、電動サンルーフのオプションがあった。 全車ABSが標準装備されていた。 大型ブレーキ、ブレーキアシストが装備され、自動車アセスメントの試験ではクラス最短の停止距離を誇る。 なおボディのは 0. 36(カスタム以外のグレードでの場合)と一連の軽1BOX車としてはかなり低いものとなっている。 - フルモデルチェンジ。 リアランプは3連タイプを採用。 CM出演者は。 6月 - 5ナンバー(乗用車)登録の「アトレーワゴン」を追加。 乗用登録ということで、リアシートにスライド機能を追加し、180mmのスライド量を生かした広さはライバルを圧倒した。 貨物モデルとの価格差は無かったが、リアシートスライド、リアシートベルトが装備される代わりに、ABSがオプション扱いとなっていた。 4ナンバー車は5ナンバー登場後もそのまま併売され、1999年末にCL以外消滅した。 2月 - 一部改良。 4ナンバー車には助手席に乗降グリップを追加。 5ナンバー車は「カスタム」と「カスタムターボ」に大型電動ガラスサンルーフ付車を追加。 同時に廉価仕様のターボ車「CLターボ」を追加。 5月 - 5ナンバー車の「アトレーワゴン」にアメリカンビレットスタイルの「エアロダウンビレットターボ」を発売。 7月にはNAエンジン仕様の「エアロダウンビレット」を追加。 7月 - 普通車登録の「アトレー7」の発売を記念し、公認の「アトレーワゴン 高橋由伸バーション」を発売。 電話・インターネットによる事前受付を行い、8月4日に抽選で50名に成約を行う特殊な販売方法を行った。 9月 - 「アトレーワゴン」にオーディオを充実させた特別仕様車「Sエディション」を発売。 1月 - マイナーチェンジ。 「アトレーワゴン」のCLはCX、CLターボはツーリングターボにクレード名が変更になる。 ツーリングターボはアルミホイール、リアスポイラーなどを標準装備。 2001年末に4ナンバーのアトレーは生産終了。 以降はアトレースローパーなどの福祉仕様以外はアトレーワゴンのみとなる。 CM出演者は。 1月 - 一部改良。 ツーリングターボがロールーフ化、エンジンをマイナーチェンジ。 カスタムターボとエアロダウンビレットターボは4ATのみとなる。 NAのエアロダウンビレットは消滅。 初代アトレーより搭載されていた交流発電機のオプション設定、ツートーンカラーオプションが消滅した。 エンジンは排ガス規制に対応したものとなりカタログ上のスペックは若干向上している。 7月 - 「カスタムターボ」をベースに装備を一部見直し、お買得価格に設定した特別仕様車「カスタムターボ スターエディション」を発売。 6月 - 一部改良。 装備面の見直しが行なわれ値下げが実施された。 グレード体系を「CX」、「ツーリングターボ」、「カスタムターボ」、「エアロダウンビレットターボ」の4グレードに整理。 「カスタムターボ」ではフォグランプ、「ツーリングターボ」ではリアスポイラー、アルミホイールなど装備面が省かれている。 5月 - 「カスタムターボ」をベースにスライドドアイージークローザー(左側のみ)、マルチリフレクターハロゲンフォグランプ(角形)、2DINオーディオ(CD・MD・ラジオ)、リアヒーター(温度調節コントローラー付)を装備した特別仕様車「G Selection」を発売。 年末 - 仕様変更。 5MTが消滅しATのみの展開となる。 「エアロダウンビレットターボ」と「カスタムターボ」が消滅し「CX」、「ツーリングターボ」、「カスタムターボ G Selection」の3グレードに集約された。 工場移転前に生産された在庫車両販売のためメーカーオプションもほとんどなくなっている。 また、サンルーフの装着オプションが消滅した。 他社軽1BOXのサンルーフも既に消滅していたことから、軽1BOXで初採用及び最後までサンルーフを装備していたのがアトレーであった。 また、2004年12月にハイゼットカーゴがフルモデルチェンジをするがアトレーは前記のとおり在庫車両により2005年5月まで4代目を継続販売した。 4月 - 生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 5月 - 5代目にバトンタッチして販売終了。 販売期間 5月 — 4名 5ドアセミワンボックス EF-VE型 0. 66L 直3 DOHC DVVT(2005年5月販売型福祉車のみ) EF-DET型 0. 66L 直3 DOHC ターボ(2005年5月販売型) KF-DET型 0. 歴代モデル同様ハイゼットカーゴと基本構造を同一とする。 年表 [ ]• 5月10日 - フルモデルチェンジ。 CMキャラクターにと(元)を起用。 キャッチコピーは「家族でヨロシク、あそボックス! エアロパーツ装着のターボ車のみ(遅れて追加された福祉車両のみ自然吸気エンジンを搭載した)のラインアップとなり、軽1BOX車で初のを「カスタムターボRS」に標準装備された。 ハイルーフのみで「カスタムターボR」と「カスタムターボRS」の2グレード体制とシンプルな構成に変更。 荷室はユースフルホールやナットなどアレンジ可能になっている。 リヤのナンバープレートの位置がバックドア上からバンパー上に変更された。 9月 - 7インチHDDナビゲーションを追加した特別仕様車「HDDナビエディション」シリーズを発売。 同時に「カスタムターボR」にスライドドアイージークローザー(左)をメーカーオプションに追加。 4月 - インパネやシート表皮などの内装色をブラックに統一しスポーティ感を演出すると共に、専用スポットメタル調クラスターや新デザインのメーターパネル、人気の高いスライドドアイージークローザー(左)を装備した特別仕様車「ブラックエディション」を発売。 12月 - 仕様変更。 外装カラーにパールホワイトが追加され、マフラーがバンパー下に隠れるものへ変更された。 2007年9月 - マイナーチェンジ。 フロント周りを一新し、インパネは専用の2トーン仕様に変更。 新ターボエンジン「型」を採用。 新グレード「カスタムターボRS Limited」を設定し、やパワースライドドア(左側のみ)などを装備する。 同時に福祉車両についてもマイナーチェンジ前の自然吸気エンジンから同様のターボエンジンに変更された。 9月 - (現・)へ「」としてを開始。 8月 - 一部改良。 9月から始まるJC08コールドモード排出ガス基準をクリア。 「カスタムターボRS」、「カスタムターボRS Limited」に荷室アクセサリーソケットが、「カスタムターボRS Limited」に荷室蛍光灯が標準装備された。 - 一部改良。 安全面に対する法規の強化に伴う対応を実施。 「オフホワイト」を廃止し、「ホワイト」が現行型としては初設定された。 - 一部改良。 後部座席ヘッドレストが大型タイプに変更。 - 一部改良(仕様変更扱い)。 全車に対応となった。 - 一部改良。 電子制御式4ATと電子制御の採用により燃費を向上。 「カスタムターボRS」と「カスタムターボRS Limited」に装備されているトップシェイドガラスをグリーンからブルーに変更した。 - 一部改良。 ボディカラーの入れ替えを行い、「プラムブラウンクリスタルマイカ(オプションカラー) 」と「ブルーマイカメタリック」を廃止する替わりに、新色として「トニコオレンジメタリック」、「アーバンナイトブルークリスタルメタリック(オプションカラー)」、「タングステングレーメタリック」の3色を追加し、7色展開とした。 純正ナビ装着用プリワイヤーハーネスを追加した。 2016年5月10日 - 福祉車両「スローパー」を一部改良。 電動BOXやスロープ形状の変更によって車いす乗車スペースや乗車可能な車いす幅を拡大し、従来型よりも大きなサイズの車いすの乗車が可能となった。 また、電動ウインチ用のベルトを引き出す際のベルトフリー操作をワンアクション化した。 2017年11月13日 - 2度目のマイナーチェンジを発表し、同日より販売が開始された。 フロントフェイスが新意匠に刷新されたほか、リアのコンビネーションランプとライセンスガーニッシュの意匠も変更され、テールランプとストップランプをLED化。 ヘッドランプとフォグランプにもLEDを採用した(グレードにより、「LEDパック」での設定或いは標準装備)。 ボディカラーは「トニコオレンジメタリック」と入れ替えで、「プラムブラウンクリスタルマイカ(オプションカラー)」が2年ぶりに復活した。 福祉車両の「スローパー」と「リアシートリフト」においては、ベース車同様のマイナーチェンジ内容を適応するとともに、「スローパー」は車いす乗車用の3点式シートベルトが採用され、スロープのアシスト機構が一新された。 なお、マイナーチェンジに伴ってグレード体系が整理され、「カスタムターボRS"SA III"」と「カスタムターボRS"リミテッド SA III"」の2種類となり、以前は全グレードで搭載されていたタコメーターは「カスタムターボRS"リミテッド SA III"」のみに縮小された。 2019年11月1日 - 一部改良。 「カスタムターボRS"SA III"」において、従来は「LEDパック」での設定だったLEDヘッドランプが標準装備化され、LEDフォグランプの単体オプションに変更された。 ボディカラーはメーカーオプション設定色の一部が入れ替わり、「アーバンナイトブルークリスタルメタリック」に替わり「レーザーブルークリスタルシャイン」が設定された。 リクルート株式会社 2020年1月5日. 2020年1月5日閲覧。 リクルート株式会社 2020年1月5日. 2020年1月5日閲覧。 PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2015年4月3日 , 2015年4月3日閲覧。 PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2015年11月30日 , 2015年11月30日閲覧。 2017年11月のマイナーチェンジで「トニコオレンジメタリック」と入れ替えで復活している。 PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2016年5月10日 , 2016年5月10日閲覧。 PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2017年11月13日 , 2017年11月13日閲覧。 PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2019年11月1日 , 2019年11月1日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 -ベース車• - 4代目の派生車種(普通車版)• - アトレー7のOEM車種• -OEM車種 外部リンク [ ]•

次の

ダイハツ・アトレーワゴン、仕事と趣味に使える実力派「軽バン」が勢揃い「箱型」軽自動車カタログ

アトレー バン

660 LX ハイルーフ• 660 MX ハイルーフ• 660 MX ハイルーフ 4WD• 660 MXターボ ハイルーフ• 660 MXターボ ハイルーフ 4WD• 660 RT ハイルーフ• 660 RT ハイルーフ 4WD• 660 RTターボ ハイルーフ• 660 RTターボ ハイルーフ 4WD• 660 RTリミテッド• 660 RTリミテッド 4WD• 660 RTリミテッド ターボ ハイルーフ• 660 RTリミテッド ターボ ハイルーフ 4WD• 660 RTリミテッド ハイルーフ• 660 RTリミテッド ハイルーフ 4WD• 660 RTリミテッドターボ• 660 RTリミテッドターボ 4WD• 660 SR ハイルーフ• 660 SR ハイルーフ 4WD• 660 アッパレ ハイルーフ• 660 アッパレ ハイルーフ 4WD• 660 アッパレ・ターボ ハイルーフ• 660 アッパレ・ターボ ハイルーフ 4WD• 660 クラシック ハイルーフ• 660 クラシック ハイルーフ 4WD• 660 クラシック・ターボ ハイルーフ• 660 クラシック・ターボ ハイルーフ 4WD• 660 リバーノ アッパレ ハイルーフ• 660 リバーノ アッパレ ハイルーフ 4WD• 660 リバーノ ターボ ツインコスミックルーフ• 660 リバーノ ターボ ツインコスミックルーフ 4WD• 660 リバーノ ツインコスミックルーフ• 660 リバーノ ツインコスミックルーフ 4WD• 660 リバーノ ハイルーフ• 660 リバーノ ハイルーフ 4WD• 660 リバーノG ハイルーフ• 660 リバーノG ハイルーフ 4WD• 660 GX ハイルーフ• 660 LX コスミックルーフ• 660 LX コスミックルーフ 4WD• 660 LX ハイルーフ• 660 LX ハイルーフ 4WD• 660 クルーズ ターボ ハイルーフ• 660 クルーズ ターボ ハイルーフ 4WD• 660 クルーズ ハイルーフ• 660 クルーズ ハイルーフ 4WD• 660 クルーズG ハイルーフ• 660 クルーズG ハイルーフ 4WD• 660 クルーズリミテッド コスミックルーフ• 660 クルーズリミテッド コスミックルーフ 4WD• 660 スーパークルーズ スーパーコスミックルーフ• 660 スーパークルーズ スーパーコスミックルーフ 4WD• 660 ターボEX コスミックルーフ• 660 ターボEX コスミックルーフ 4WD• 660 ターボFX スーパーコスミックルーフ• 660 ターボFX スーパーコスミックルーフ 4WD• 660 ターボLX ハイルーフ• 660 ターボLX ハイルーフ 4WD• 660 ターボXX ハイルーフ• 660 ターボXX ハイルーフ 4WD• 550 EXターボ コスミックルーフ• 550 EXターボ コスミックルーフ 4WD• 550 G ハイルーフ• 550 G ハイルーフ 4WD• 550 GX ハイルーフ• 550 LX コスミックルーフ• 550 LX コスミックルーフ 4WD• 550 LX ハイルーフ• 550 LX ハイルーフ 4WD• 550 LX フロントサンルーフ• 550 LX フロントサンルーフ 4WD• 550 LXターボ ハイルーフ• 550 LXターボ ハイルーフ 4WD• 550 SXターボ コスミックルーフ 4WD• 550 ターボEX コスミックルーフ• 550 ターボEX コスミックルーフ 4WD• 550 ターボFX スーパーコスミックルーフ• 550 ターボFX スーパーコスミックルーフ 4WD• 550 ターボLX ハイルーフ• 550 ターボLX ハイルーフ 4WD• 550 ターボXX ハイルーフ• 550 ターボXX ハイルーフ 4WD• 550 ティンパニ ターボ ハイルーフ• 550 ティンパニ ターボ ハイルーフ 4WD• 550 ティンパニ ハイルーフ• 550 ティンパニ ハイルーフ 4WD.

次の