キュービクル 耐用 年数。 キュービクルの寿命

三菱電機 受配電設備 更新推奨時期・点検ポイント

キュービクル 耐用 年数

キュービクル・高圧受変電設備の法定耐用年数とは? キュービクル・受変電設備を構成している電気部材には法定耐用年数が決められています。 ですが、取り換え・新品に交換にはかなりの費用がかかってしまします。 資格者による点検で不備個所があると言われ改修工事か新品に交換を迫られるお客様からのご相談を数多く頂きます。 予算がある会社様は良いのですが、今期予算が無いお客様には改修工事費用が出ない、、、 『どうにかなりませんか?』の声に対応する為に、リースなどのご提案も可能となっております。 キュービクル・高圧受変電設備の寿命ってどれくらい?法定耐用年数とは? 20年実際には少し短めに設定がされています。 毎月の点検で改修工事が必要と言われた、、、どうすれば? 有資格者による点検業務が法律で決められています。 そこで改修が必要と言われたお客様は 一度、ご相談ください。 事故の危険性 キュービクルの故障で一番恐いのが、波及事故です。 これはお客様のキュービクルが原因で 近隣の電気設備が故障し停電になってします事です。 設備の老朽化によりこのような事故が 起こらないように点検業務が義務づけれられています。 20年以上、キュービクル・受変電設備をご使用のお客様は一度、ご相談ください。 電気設備年次報告書などをご用意頂きご相談頂ければ、最善のプランをご提案致します。

次の

キュービクルの基礎知識

キュービクル 耐用 年数

キュービクルの交換費用はどのくらいかかるの? キュービクルを交換するにあたって、やはりみなさんが一番気になるとことは費用の問題ではないでしょうか。 新規に設置するときもそうですが、その設備を交換するにあたってもそれ相応の出費がでることは避けては通れません。 その出費をできるだけ抑えて設備を交換できればそれに越したことはありません。 キュービクル交換の流れとおおよその費用 キュービクルを交換する手順としては、まず第一に依頼する業者を見つけて申込みをします。 次に業者が訪問してキュービクルの調査、点検をします。 そこでどんな工事が必要か、交換の必要性があるかを判断します。 調査が終わると見積もり所が届き、そこには工事費用本体費用が記載されます。 その後にはキュービクルや 絶縁油・UGS・PAS・VCB・高圧ケーブルなどの関連部品を交換します。 工事後にはきちんと作動するか検査をし、異常がなければ作業完了です。 尚、 交換工事にかかる諸費用は約2,600,000円ほどが相場となっております。 総額では新規で小容量型のキュービクルを設置する場合とほぼ変わらない金額になってしまいますが、これはあくまでも全てを交換した場合の一時的な負担額です。 キュービクルの部品別価格 場合によってはキュービクル全体を交換しなくても、各部品のみの交換ももちろん可能です。 ここではとあるキュービクル業者の価格表をが紹介いたします。 PAS交換工事(戸上電機製 7. 月々の点検や年一回の法定点検等でその時の状況を知ることはできますが、最終的に交換するしないは使用者自身の判断に委ねられます。 キュービクルの交換にもそれ相応の費用がかかりますのでキュービクルの状態を把握しておくことで必要な経費を準備する目安にもなってきます。 キュービクルの法定耐用年数と実用耐用年数 キュービクルには法定で定められた耐用年数というものがあります。 一般的には15年~20年といわれています。 ただし法定耐用年数は実際に使用できる実用耐用年数と比較するとやや短めに設定されています。 耐用年数は内部機器項目ごとに設定されています。 その内容は以下の通りです。 そうすると、キュービクルの耐用年数も15年から20年くらいと考えても過言ではないと思います。 だとすれば、キュービクルの交換の時期もおおよその目途がつけやすくなります。 例えば法定年数の15年を経過する頃からキュービクル交換のプランを立てて費用等の準備を徐々に始めていき、実用年数には交換が完了するといった具合に考えることもできるのではないでしょうか。 老朽化したキュービクルを使用することで電力も余計に消費しやすくなるばかりか故障の原因にもなりかねません。 正しい交換時期を把握しておくこともキュービクルと電気を有効活用する方法のひとつでもあるとも言えるのです。 新型のキュービクルを導入で電気代が下がる? 新型キュービクルと旧式の電気料金の差額 では新型キュービクルと旧式とではどれだけ電気料は違うでしょうか。 キュービクル交換によってどれだけの省エネができるのか、またどれだけ電気料を削減できるのか、その差額を見ていきましょう。 キュービクルの交換費用は実質新品を導入する時とほとんど変わらない金額になりますが、こういったデータを見てみると、やはり相当な金額の削減になっていることがわかります。 キュービクルの交換更新補助金制度 北海道札幌市などで市町村の補助金がキュービクルの交換に適用した例もあります。 「省エネルギー投資促進に向けた支援補助金」という名目で補助上限額が510. また「複数事業者間でのエネルギー使用量削減」の支援ということでも設備費が補助されています。 こういった制度の背景には、「省エネをした結果、エネルギー使用量の改善はされたものの、生産量が増えたことでエネルギー使用量も同時に増えてしまった」といった現状があった訳でエネルギー使用量を生産単位で割った「エネルギー原価単位改善」という方針が生まれました。 その他にも省エネに関する補助金情報は随時更新されています。 キュービクルを交換するともなると少なからずの費用が発生してきますが、それを補助する制度も少なからずあるということです。 補助金制度の他にも、中古キュービクルの買い取り制度のある業者も存在します。 現在使用中のキュービクルが耐用年数を迎える前にそういった業者に相談してみることもひとつの方法ではないでしょうか。 「省エネ」は今や国の目標でもある 一般家庭はさておき、今やキュービクルを設置していない企業はないのではないでしょうか。 キュービクルは現在の電気社会の土台を支える大切な存在です。 ただし、キュービクルにも寿命があります。 同じ機械をいつまでも使い続ける訳にもいきません。 耐用年数の過ぎたキュービクルを使用し続けることは事故の危険性も出てきます。 キュービクルを使いこなすにはキュービクルを知ることです。 自身が使用しているキュービクルのメーカーや耐用年数、寿命などがわかれば交換の時期に経費を準備しやすくもなると思います。 また、今や「省エネ」は国にとっても最大の目標でもあります。 そういった名目で 国の補助金を利用して交換更新の費用を作ることも有効な手段ではないでしょうか。 現在の日本は電気がなければ成り立ちません。 つまり電気は「国」をつくっています。 その電気をつくるために「国」の税金も、その協力のために費やされることがあってもよいのではないでしょうか。

次の

三菱電機 受配電設備 更新推奨時期・点検ポイント

キュービクル 耐用 年数

はじめに ビルの屋上や駐車場などに設置されている高圧受電装置キュービクル。 一度に多くの電力を使う工場やオフィス、大型店舗やコンビニなどあらゆる場所で活躍しています。 しかしながら、高圧電流を扱う設備であるにもかかわらず、そのままにしているケースもあるため、耐用年数を経過したキュービクルが数多くあるようです。 そこでこの記事では、キュービクルの安全面や経済面を考えた更新の必要性と、更新(交換)費用についてについて紹介していきたいと思います。 電力ロスと消費電力の削減について キュービクルは、6,600Vもの電気を発電所から変電所を経て受け取り、100Vから200Vに小分けして各所に配電する設備です。 しかし、この受け取った電気が使われることなく、消費されてしまうケースがあることをご存じでしょうか? これを「電力ロス」といいます。 原因として考えられるのが、契約時と現在の100Vと200Vの仕様のバランスなどです。 電力ロスが発生することで、ビルオーナーは月々の消費電力に加えて、電力ロスで消耗された料金も合わせて支払うことになります。 キュービクルそのものの消耗とともに、消費電力の配分もきちんと計算して、適切に更新することで、電気料金が約8%から10%削減された事例もあるようです。 このことからもわかるように、経費節減のためにもキュービクルの更新時期を把握していくことが重要です。 法定耐用年数と実用耐用年数について 償却資産であるキュービクルには、法定耐用年数が決められています。 法定耐用年数と、実用の耐用年数はどう違うでしょうか? キュービクルの法律で定められた耐用年数は15年となり、実用耐用年数よりも短いスパンで設定されています。 しかし実際キュービクル内には、変圧に必要なあらゆる機器が装備されていて、それぞれに耐用年数が異なるため、キュービクルの更新時期の目安は、15年から20年というのが一般的です。 新型キュービクルへ更新するメリットとは? キュービクルを新しくすることで、どのような効果が得られるのか気になるところですね?ここでは、更新によるメリットについて、見ていきたいと思います。 キュービクルを新しくすることで、気になるのが省エネ効果と電気料金。 1999年にJIS規格で制定された機種(油入変圧計)では、基準負荷エネルギー消費率は2,450Wとなり、電気料金258,000円でした。 その一方で2006年から2013年では消費電力が1,370Wで電気料金144,800円に変化しています。 さらに2014年から現時点では、消費電力が1,250W電気料金が131,000円となっています。 つまり消費電力が50%の省エネ効果、月々の電気料金が127,000円の削減ということになります。 まとめ ビルに設置されているキュービクルは、時代の変化とともにどんどん改良され、省エネ効果や電気料金の削減など、更新によるメリットも見込まれます。 さらに2019年度「省エネルギー投資促進に向けた支援補助金」など、キュービクルの更新に伴う助成金制度もありますので、使用されているキュービクルの更新時期を把握し、さまざまな情報を得て更新・交換作業を検討されることをおすすめします。

次の