仁 完結編 最終回 動画。 ドラマ『JIN

【JINー仁ー】完結編(1話~最終話)見逃し動画を無料フル視聴する方法!キャスト/全話あらすじ/大沢たかお・綾瀬はるか・中谷美紀

仁 完結編 最終回 動画

ドラマ「JIN-仁-」完結編 第11話(最終回) 感想のその2でございます。 龍馬と再会する仁。 「先生はいつかわしらんことを忘れるぜよ。 けんど悲しまんでえい。 わしらはずっと先生と共におるぜよ。 見えんでも、聞こえんでも、おるぜよ。 いつの日も」 龍馬はそう言って笑って海へ入って行ってしまうのだった・・・。 そして------- 現代へ戻って来た仁。 あの患者は・・・仁だったのだ!! 自分に手術してもらった仁。 だが、咲のために 「戻るんだ。 今度は俺が絶対に!!」 戻るぜよ、あん世界に!! あの時と同じように転がり落ちた非常階段。 だが・・・やはり消えたのは・・・ 現在の仁。 そして次の日・・・目を覚ました仁は、自分が元いた世界と少しだけ違う世界にいることを知る。 自分が自分に手術をした事実は消え、仁の腫瘍も普通の良性だったというのだ。 そこで野口と共に、この体験を整理することに。 龍馬の血を浴びたことで、脳の中で腫瘍と胎児と仁が一体化したのではないのか。 だから龍馬の声が聞こえたのではないかという野口。 だが・・・それではループする世界では、自分は結局何もしていないのと同じだったのではないのか。 同じ時間系列の中、ずっとあの日の間だけ世界を行ったりきたりしているのではないのか。 咲がどうなったか。 江戸で自分が生きてきた日々がどうなったか。 確かめようと心に決める仁。 そこでまず ペニシリン製造の事を調べる仁。 そこには医学会では反逆者扱いされた者がいたという。 それは・・・ 仁友堂と言う。 だがそこにあるべき 仁と咲の名前がないのだ!! そこで、今度は仁は、橘家があったと思われる通りへ行くことに。 その通りの景色。 忘れない、あの景色。 そこにあったのは------- 橘の名を掲げた病院の看板!! そこへやってきたのは--------- 野風そっくりの女性!! どうしても話が聞きたいと、咲の名前を出してみる仁。 どうやら咲はそこに存在したよう。 医学史を習っているという彼女。 咲はどうやら明治初頭にここに病院を開いたという。 長生きしたという彼女は、一度、生死の境をさ迷ったとき、ガラス瓶に入った薬を恭太郎が拾い、咲に使った所、奇跡的に治ったという。 どうやら薬だけがあの時代に戻ったよう。 恭太郎は、 船中九策に感銘を受け、医療費負担が安くなるように奔走したという。 そのおかげで、この世界では治療費ゼロ円ってのが実現しているよう。 彼女は、咲にまつわる色んな手紙や写真を見せてくれる。 そこに写された知った顔。 だが・・・ 龍馬と一緒に写した写真には・・・仁の姿はない。 そして、 咲の娘で養女だったという写真を見せられる仁。 そこに書かれてあった名前は・・・ 安寿。 咲は結婚しないでひとりでいたよう。 そこで友人から子供を受け継いだというのだ。 これは、 咲と野風が起こした奇跡!! 「そうなんですか」 その言葉しか見つからなかった仁。 帰りがけ、仁に尋ねる彼女。 「揚げ出し豆腐は好きですか?」 はいと答えた仁に、満足そうな笑みを浮かべる彼女。 「ずっとあなたを待っていた気がします」 医学史に進んだ原点だという彼女が差し出したのは・・・ 一通の手紙。 彼女の名前は・・・橘未来----------。 なんという運命!! なんという奇跡!! そこにしたためられたのは・・・咲の純粋な想い。 生死の境から戻った咲は、仁友堂には「先生」と呼ばれた人がもうひとりいたはずだったことをおぼろげに思い出す。 だが、誰に聞いてもそのようなものはいなかったというのだ。 ここは咲が開いた診療所だというのだ。 だが、ある日見つけた10円玉。 それを見て、やはりここにはもうひとり先生がいたということを思い出した咲。 そして、その方に、 「この世で一番美しい夕日をいただきましたことを、思い出しました」 だから、忘れてしまわないよう、この思いを記すことにしたよう。 「橘咲は、先生をお慕い申しておりました---------」 咲の告白に、涙を流す仁。 「私もですよ、咲さん」 この思いを忘れない。 たとえ歴史の修正力が働いたとしても!! 「いつの日も、先生と共に」 そういってくれた龍馬の言葉を思い出す仁。 それでも 俺はもう忘れることはないだろう。 この日の美しさを。 当たり前の この世界は、誰もが戦い、もがき苦しみ、命を落とし 勝ち取ってきた無数の奇跡で編み上げられていることを、俺は忘れないだろう。 そして、さらなる光を与えよう。 今度は俺が、未来のために。 この手で----------!! そして・・・運ばれた急患。 それはなんと未来。 自ら執刀を挙手する仁。 今度こそ、彼女を助けるために・・・。 ここまで長々ありがとうございました。 いやぁ。 本当すごい作品だったわ。 こんなにのめりこんで必死に見たドラマって久しぶり。 結末がどうなるのか。 そして、謎は解明するのか。 ずっと心配してたけど、最後はまだ色々考えることが出来る世界でしたね。 咲の願いも、仁の願いも叶った世界。 ただ、ふたりは一緒になることはできなかったけれど・・・。 咲には仁を想って書いたこの手紙があれば、生きていけたんだろう。 未来へ、そして、きっといつか仁と出会う未来(みく)に託して---------!! 歴史に残る軌跡。 自分が残したもの。 そして、これから未来に託すもの。 本当に、がっつり歴史の勉強もしながら、パラレル世界を楽しませてもらいました。 主題歌の「いとしき日々よ」の歌詞にまつわる話を聞きました。 忘れはしない この体が消えても あなたに吹く風よ(野風) あなたに咲く花よ(咲) あなたと追いかけた明日よ(龍馬) また会う日まで--------。 ここまでメッセージが込められた主題歌だったんだと、改めてこの作品に関する力を知らされた感じです。 すごいドラマだった。 間違いなく今期NO.1作品でございます。 スタッフの皆様。 そして、熱演されたキャストの皆様。 そのため、 こちらからのTB送信は本宅とTB用と、基本2箇所からさせていただく形になりますので、ご了承くださいませ。 送信確認は下のタイトルで該当ページにリンクしております。 goo.

次の

JIN-仁-:きょう「レジェンド」第6回(最終回)放送 龍馬斬られる! 仁が大手術 タイムスリップの結末は…

仁 完結編 最終回 動画

もくじ• JIN-仁-完結編・最終回の簡単なあらすじ 西郷隆盛(藤本隆宏)率いる官軍に反旗を翻すべく、 上野の寛永寺には徳川幕府につかえていた旗本達が集結。 ついに江戸で官軍と旧幕府軍の戦が始まってしまう。 旗本として戦に向かった恭太朗 (小出恵介)を引き戻すべく、 咲(綾瀬はるか)は戦場に向かい無事恭太朗を見つけるも 咲は官軍に撃たれてその場に倒れ込んでしまう。 その傷が原因で緑膿菌に感染し生死の境を彷徨う咲。 咲を救おうと必死に翻弄する仁は、とある重要なことを思い出し… 詳しいあらすじはこちらの記事をチェック! ネタバレ:仁は現代に戻れたのか? さてここからが本題です! JIN-仁のテーマであるタイムスリップの仕組み、 仁が戻った後の世界はどうなっているのか、ネタバレ要素を含みます。 仁は現代の東京に戻れたの? 結論から言うと仁は現代の東京に戻ります。 咲の緑膿菌の治療薬、ホスミシンを探す途中で 現代の東京に戻る方法に気づき無事「あの日」の東京に戻って来るのです。 どうやって現代に戻ったの?? 高いところから落下する、というのがタイムスリップの引き金になっていることには気づいていた仁。 これまでは「入り口」である自分の勤務先の病院から現代に戻ろうとしていたものの、 脳内の「あの声」で「入り口と出口は別」ということに仁は気付きます。 あの日、自分が手術したあの人物は「錦糸公園から救急搬送」されたのです。 つまり江戸時代からの出口は錦糸公園。 仁は江戸時代の錦糸公園から現代に戻ることができたのです。 ネタバレ:仁が戻った現代はどんな世界? 現代に戻った後の仁はどうなった? 錦糸公園から救急搬送され手術を受けた仁は、 そのあと6年前のあの日と同じことを経験します。 医務室の棚から摘出された胎児様腫瘍と医薬品を持ち出し 階段でもうひとりの自分自身と押し問答に。 そしてもう一人の自分が江戸にタイムスリップしてしまいます。 なにか違う?仁が戻った現代の東京 そのまま気を失って翌朝病院のベッドで目を覚ました仁は、 ある衝撃的な事実を知ることになります。 それは仁が戻った現代の東京は、 仁がもともといた東京とは異なる世界だということです。 ・自分を手術したのは自分ではなく同僚医師だった ・自分の脳内にあったのは胎児様腫瘍ではなく良性腫瘍だった ・入院していたはずの未来は存在していない ・西洋医学ではなく東洋医学が主流になっている ・患者の治療費負担がないという事実…etc 仁は元いた世界とは異なる世界にタイムスリップしてきたのです。 ネタバレ:タイムスリップの仕組みとは?? タイムスリップの仕組みは? どうやらタイムスリップの仕組みは以下のようです。 後輩医師の野口(山本耕史)に「入院中に小説を書こうと思う」と嘘をつき、 自身が経験したタイムスリップの話を小説のストーリーとして伝える仁。 信憑性を持たせるためにどういったロジックにすべきか相談したところ、 野口が提案した一つの案が「パラレルワールド」だった。 Aの世界にいた仁がBの江戸時代にタイムスリップ Bの江戸時代にいた仁がCの現代に戻ってくる Cの世界の仁がDの江戸にタイムスリップ… と無限に異なる世界にタイムスリップを繰り返す、という考え方だ。 パラレルワールドの証明 その証拠に、仁が戻ってきた現代ではこんな内容が歴史書に刻まれていました。 ・ペニシリンはイギリスのフレミングによって1928年に発見された。 日本ではすでに土着的に生産されていた。 ・ペニシリンを開発し、それまでの日本の医療と、 江戸時代に入ってきた西洋医学を融合させ、日本独自の和洋折衷の医学を作り上げた 医学界の反逆者とみなされた医療結社は「仁友堂」という。 そこには仁がタイムスリップした江戸時代で医学を伝えた、 佐分利、福田、山田らの写真が紹介されていた。 ただ2つだけ、仁の名前と咲の名前だけは見つからなかった。 仁は間違いなく自分が元々いた現代とは異なる世界に来てしまったのです。 ネタバレ:胎児様腫瘍や龍馬の声はどういうこと? 胎児様腫瘍のネタバレは? 脳内にあった胎児様腫瘍は何なのか? 野口の答えは「バニシングツイン」。 双子の胎児の一方が、もう片方の胎児に吸収されてしまう現象。 仁の場合は片方の胎児を脳内に吸収したまま成長し、 それが腫瘍化してしまったと考えるのはどうかというのが野口の考えです。 ドラマ内で真相は語られませんが、仁はこの説に納得しているようです。 脳内で聞こえた坂本龍馬の声はどう説明する? では脳内で聞こえた坂本龍馬の声はどういう理屈なのか? これに対する野口の答えは 「心臓移植を受けた患者が、手術後にドナーに性格や好みが似る現象がある」 これと同じだというもの。 移植は受けていなくても、血とか何らかの細胞を浴びて、 頭の中の胎児と龍馬が一体化した、ということだと説明。 こちらも胎児様腫瘍と同様、ドラマ内で真相は語られてはいませんが、 仁はこの説に納得しています。 ネタバレ:咲はあの後どうなったのか? 咲はあの後どんな人生を送ったのか 橘の屋敷があった場所に向かうと、そこには「橘医院」の看板がありました。 驚き立ちすくむ仁の前に現れたのは、未来の姿をした女性だった。 先祖に橘咲という人物がいないか、話を聞きたいと懇願し、 橘医院の中に入る仁。 そこで女性から咲のその後の足取りを聞く。 ・橘咲は明治維新のあとに実家を改造して橘医院を設立した ・明治初期の女医なんてかなり珍しいのに咲は注目されていない ・小児科、産科が主だったので「色々やってる産婆さん」位に思われていた ・一度生死の境を彷徨うも奇跡的に助かり長生きする ・兄の恭太朗が林の中でガラスの小瓶を見つけ、それを投与したら助かったらしい ・咲と関わった人物の名前に「仁」は無かった ・龍馬と撮った写真にも仁の姿は残っていなかった ・恭太朗は龍馬の「皆が等しく医療を受けられる保険なる制度をつくる」という策に感銘を受け実現のために尽力した ・日本の医療費負担は世界で最も低い、それは龍馬のおかげ ・咲は友人の子を引き取り養女として育てた、名は安寿(あんじゅ) ・咲は生涯独身だった そう、咲は緑膿菌から無事回復し、女医として活躍したのです。 仁が現代に残った後も、自分のことを知ってもらうには 現代まで残るモノを作れば良いと語っていた咲。 まさにそれを実現したのですね…(号泣) ネタバレ:橘未来から手渡された手紙の内容は? 未来の姿をした女性から仁に手渡された手紙 仁が橘医院を去ろうとした時、未来の姿をした女性に一つの質問をされる。 「揚げ出し豆腐は好きですか?」 即答する仁に未来の姿をした女性は 「ずっとあなたのことを待っていた気がします」 と伝え一つの手紙を手渡した。 女性に名を尋ねる仁。 彼女の名前は「橘未来」だった。 咲からの手紙の内容とは そこには緑膿菌に侵され生死の境をさまよった後に 咲が経験したことが綴られていた。 生死の境をさまよいながらも一命をとりとめ目を覚ました咲。 この時すでに「仁」の名前が思い出せ無くなっているが、 医者がいたことだけは覚えている咲。 仁友堂の他の医師に「もう1人いた医者はどこか」と尋ねるが、 誰に聞いても ・そんな医者はいない ・仁友堂も自分たちが立ち上げたものだ と答えたという。 だがある日、実家の引き出しで「10円玉」を発見する。 そして ・「先生」と呼ばれた人がいたこと ・その先生は揚げ出し豆腐が好きだったこと ・涙もろい人物だったこと ・神の如き手をもち ・けれど決して神ではなく迷い傷つき懸命に治療をする「仁」を持った人であったこと ・その人物に一番美しい夕陽をもらったこと ・その人物に恋をしていたこと を思い出し、その思いを忘れてしまうことだけはしたくない、 だから手紙に書きとめておくと記されていた。 手紙の宛先は「〇〇先生」。 咲は仁の名前を思い出せない。 そして手紙の文末にはこう書かれていた。 「橘咲は先生をお慕い申しておりました」 自分も同じ気持ちだったと手紙に答える仁。 仁は再び前を向いて歩いて行くことを決めたのだった。 そして歴史は繰り返される 病院内での打ち合わせ。 昨晩救急搬送された女性は脳に腫瘍があり、しかも脳幹部に食い込んでいるという。 女性の名前は橘未来。 仁は「自分に執刀させてくれ」と迷わず手を挙げた。

次の

仁 完結編 最終回 動画

ドラマ「JIN-仁-」1話〜最終回の動画を見逃したあなたへ! ドラマ「JIN-仁-」を見逃した方へ! ドラマ「JIN-仁-」は 動画配信サービスの「hulu」 で期間限定で無料視聴が可能になります。 配信状況は時期によって変わりますので、見逃し配信で無料視聴できるタイミングを逃さないようにしてくださいね! FODプレミムの登録の流れがよくわからない方はこちらを確認してください。 配信が終了している、または見放題・無料期間が終了している場合がありますので、現在の配信状況についてはhuluの公式ホームページを確認してくださいね。 ドラマ「JIN-仁-」1話〜最終回の動画のあらすじ ・ドラマ1話〜最終回「時空を超えた愛と命の感動物語〜現代の脳外科医が激動の幕末へ…歴史の針が今、動き出す!! 落ち込む橘咲(綾瀬はるか)の様子が気になり、咲の実家を訪ねた仁は、咲の兄・橘恭太郎(小出恵介)から、咲の母・栄(麻生祐未)が脚気であることを明かされる。 恭太郎によると、数日前、栄の身を心配する咲が橘家を訪れ、医師に診てもらうよう進言したのだが、縁談を破談にしてしまった咲をいまだ許していない栄は、咲が橘家の敷居を跨ぐことさえ認めず追い返してしまったというのだ。 何とかして栄を助けたいと考えた仁は、甘いものが好物だという栄のため、とあるお菓子をこしらえて脚気治療を行おうとするのだが・・・。 そんなある日、仁に助けを求め、京から坂本龍馬(内野聖陽)がやって来る。 聞けば、勝海舟(小日向文世)の師である佐久間象山(市村正親)という人物が何者かに襲われ、ケガをして瀕死の状態に陥っているというのだ。 時代に影響を与えている重要な人物を助けることで、「歴史を大きく変えてしまうのではないか」と悩みつつ、龍馬と共に京都入りする仁。 そこには、生きているのが奇跡といえる程の重症を負った象山の姿があった。 仁の必死の治療の甲斐もあって、なんとか一命を取り止めた象山。 その時、意識を取り戻した象山の口から、驚きの言葉が…! その後、京都に留まり、長州と薩摩の戦いによって怪我をした人々の治療に専念する仁は、突然現れた新撰組によってどこかへ連れ去られてしまう。 仁が連れて来られたのは、薩摩藩邸にいる西郷隆盛(藤本隆宏)のもとだった。 「hulu」は人気映画やドラマ40,000本が見放題のオンライン動画配信サービスで、基本料金は月額933円 税抜 ですが 現在2週間の無料お試しトライアルを実施中です! つまり、期間限定で全ての動画を見放題で楽しむことができるんです! テレビやPCだけでなく、スマホやタブレット、ゲーム機を使っても視聴可能。 もし試してみて、観たいものが観れたら無料期間内に解約することで料金は一切かかりません。 配信が終了している、または見放題・無料期間が終了している場合がありますので、現在の配信状況についてはHuluの公式ホームページを確認してくださいね。

次の