鬼 滅 の 刃 夢 小説 ランキング。 私は幹部に好かれました【鬼滅の刃】【我々だ】

「鬼滅の刃」小説版が1、2位 オリコン上半期ランキング | 共同通信

鬼 滅 の 刃 夢 小説 ランキング

【あらすじ】 これは、最強の剣士を目指すための物語 これは、最愛の人と共に在りたいと願う物語 もし宮本武蔵が鬼殺隊にいたら? もし胡蝶さん大好き人間がいたら?そんなif物語です。 始まりは時系列で言うと那由多蜘蛛山に行く直前からです この時代での宮本武蔵は初代宮本武蔵が直々に育て宮本武蔵たり得ると判断された弟子が宮本武蔵という名を襲名。 二代目も同じように弟子を取り鍛え上げ、宮本武蔵たり得ると判断されたら襲名。 それを繰り返し8代目まで来ています。 初代もほかの鬼殺隊の呼吸法を教わっており独自の呼吸法・二天の呼吸を編み出しています。 だいたい宮本武蔵の生きていた年代から三百年弱なのでだいたい8代目あたりかな、と思っています。 初代のみは鬼殺隊ではありませんでしたが二代目からは鬼殺隊に入りました。 ちなみに、宮本武蔵を襲名している人、まっったく血の繋がりがありません。 そして、養子にしている弟子には宮本伊織の名を与えています。 今回出てくる武蔵は、FGOの武蔵の黒髪バージョンをイメージするといいと思われます。 要素は本当にそれくらいでFGO宮本武蔵はほっっとんど関係ありません。 毒露シノエについて。 ひょんなことから胡蝶家に転がり込んだ眼が特徴的な男。 元々胡蝶家とは交流があり胡蝶しのぶとは同年代。 薬学に強い興味を持っていてしのぶと知識の競い合いをする毎日を送ってたごく普通の男。 蟲柱であるしのぶの継子 柱の後継者みたいなもの であり、蟲の呼吸と花の呼吸から毒の呼吸という独自のものを編み出した。 剣を毒液に漬けており、そこからしのぶ考案の鞘の中に毒を複数入れていて調合を変えている。 しのぶは藤の花由来の毒だがシノエは生物由来の毒を使っている。 貿易の場にツテがあり、海外産のものも使っている。 本人のお気に入りは蜂の毒である。 アンチヘイトは念のためです のんびりまったり投稿していきます 【オリキャラの簡易紹介】 8代目宮本武蔵の簡易プロフ 宮本伊織の簡易プロフ 毒露シノエの簡易プロフ pixivにも掲載しています 2019年08月26日 月 00:02 改 2019年08月31日 土 03:14 改 2019年09月01日 日 13:00 改 2019年09月05日 木 20:23 改 2019年09月11日 水 14:44 改 2019年09月13日 金 23:47 改 2019年09月15日 日 22:44 改 2019年09月19日 木 02:28 改 2019年09月22日 日 12:15 改 2019年09月30日 月 04:52 改 2019年10月15日 火 13:51 改 2019年11月29日 金 20:34 改 2020年03月26日 木 17:12.

次の

本気で抱きつぶされる話【鬼滅の刃】

鬼 滅 の 刃 夢 小説 ランキング

鬼滅の刃の短編集となっております。 【注意】 *R-18にて、そういう表現が苦手な方はお引き取りください。 *作者の推しなどにより、キャラクターの物語数に差が出ると思いますがそこはご了承ください。 *キャラ崩壊、原作無視は付き物かつキメツ学園の現パロもあります。 *1日3ページ程度ののんびり更新です。 *最強主人公、死ネタ、女体化はでません。 【デフォルト名】 猪坂 雅 いのざか みやび *適当に名付けたので、個々でドリーム機能使って自由に楽しんでください。 【小話】 *ちなみにこの小説のタイトルのゴム下駄は調べると分かると思いますが大正時代の流行語で、ぱっとしない男と言うのを指すらしいです。 【御礼】 《2019. 27》新作1位 《2019. 01》100万PV達成 《2019. 02》殿堂入り 《2020. 03》10000000PV達成 *エモ投票やレビュー、拍手、リクエストありがとうございます!リクエストの消化は随時行っています。 アニメ勢の方は「*」のついてるお話ならネタバレにならないと思います。 じゃんじゃんしてくれて構わないですがレビューでのリクエストは御遠慮ください。 *金曜日は休載日にしました。 少し忙しくて体力的にもやられているので3月まで毎週金曜日は休載させてください。 ご理解いただけると嬉しいです😢 《レ ビ ュ ー で の リ ク エ ス ト は ご 遠 慮 く だ さ い。

次の

「鬼滅の刃」タグ関連作品

鬼 滅 の 刃 夢 小説 ランキング

人を喰う鬼たちを相手に、刀を振るい戦う鬼殺隊の活躍に魅了された吾峠呼世晴のマンガ『鬼滅の刃』。 異能を操り鬼を封じる戦士たち『筺底のエルピス』 2014年から刊行中のオキシタケヒコ『筺底(はこぞこ)のエルピス』(ガガガ文庫)シリーズもそのひとつ。 人類に害をなす鬼を相手に、封伐員と呼ばれる異能の持ち主たちが挑むストーリーには、『鬼滅の刃』から感じられたバトルものの面白さが詰まっている。 加えて『筺底のエルピス』は、第3回創元SF短編賞で優秀賞を獲得した作者らしく、宇宙人や異次元といった概念が絡み、時間移動という設定も入った本格SFとしても楽しめる。 鬼という存在が、昔話に出てくるようなモンスターとは違っている点が『筺底のエルピス』の特徴だ。 『鬼滅の刃』では、鬼舞辻無惨が血を分け与ると人間が鬼になったが、『筺底のエルピス』で人間を鬼や悪魔に変えてしまうのは、異次元で発生して地球へとやって来た殺戮因果連鎖憑依体と呼ばれるもの。 これに取り憑かれた者は、同族を殺さなくてはいけないという強い衝動に襲われ殺戮を始める。 首を切ったり日光を浴びせたりしなくても、バラバラに刻めば鬼は倒せる。 だが、殺戮因果連鎖憑依体は宿主を倒した人間に乗り移り、新たな鬼を生み出して殺戮を続けさせる。 人間たちはこの殺戮因果連鎖憑依体と戦うため、世界各地に組織を作った。 日本には、宮内庁の管轄下に《門部》という名の組織が置かれた。 スカウトしてきた人間に、改造眼球《天眼》を与え、時を自在に止める停時フィールドの能力も使えるようにして、鬼との戦いに送り込んでいた。 まさに鬼殺隊。 そこで竈門炭治郎のような主人公に当たるのが百刈圭(ももかり けい)という青年で、炭治郎と同じように家族を鬼に殺されたのをきかっけに《門部》に入った。 『鬼滅の刃』では、呼吸法や型の違いが剣士たちの戦い方に特色を与える。 『筺底のエルピス』では、停時フィールドという異能の違いが封伐員たちの戦い方を変える。 圭は3秒間だけ対象の時間を完全停止させる《朧箱》という力を使う。 同僚の乾叶(いぬい かなえ)という少女は、何でも切り裂く刀《蝉丸》を作りだして振るう。 戦いの場面では、誰の力なら敵を上回れるのかといった能力の相性や、戦い方を考えながら読む楽しみがある。 そんな2人の前に、とてつもない難敵が現れた。 有史以来、6体しか現れていない《白鬼》だ。 何百万何千万人という大量殺戮の原因になったと見なされている鬼で、絶対に倒さなくてはならなかったが、その《白鬼》に憑依されたのが、叶の親友の少女だったことから、2人は少女を生かしたまま《白鬼》も倒す方法はないのかを追い求める。 鬼になった妹の禰豆子を、人間に戻す方法を探しながら鬼と戦う炭治郎のような葛藤が浮かぶ展開だ。 もっとも、世界は鬼殺隊のお館様や柱たちのようには優しくはない。 バチカンに本拠を置いて殺戮因果連鎖憑依体と戦っている《ゲオルギウス会》は、《白鬼》の即時滅殺を求めて《門部》と対立する。 北米に拠点を置き、不死身の軍団を繰り出して戦っている組織《i》も蠢動。 目的は同じでも、方針の違いから対立する組織が送り込んでくる戦士たちによって、《門部》の封伐員たちがひとりまたひとりと倒されていく。 主人公の圭すらも討たれ《門部》全滅といった状況に陥りながらも、驚くしかない展開で物語が再開されて、第6巻まで来たシリーズ。 そうした設定に驚き、バトルシーンの迫力に感嘆し、近づくクライマックスの興奮をリアルタイムで堪能するために、今から追いかけて損はない。

次の