シャッター ストック。 【シャッターストックとは?】ほとんどの有名ブロガーが使う理由(料金とメリット・デメリットも解説)

Shutterstock

シャッター ストック

私はブログと投資だけに飽き足らず、華麗なる複業を目指して もう一つの副業を探していた。 この世に副業は山ほどあるがその中でもひときわ興味を惹かれたのが「 フォトストック」だ。 スマホやカメラで グッドな写真を撮ってアップロードし、それがダウンロードされれば 報酬が入るというカメラマンな副業である。 惹かれた理由はズバリ、本業で撮影の業務をしているのでその スキルを活かせるかもしれないと思ったからである。 調べて見ればわかるが1ダウンロード数十円という世界で 山ほどの写真を登録しないと到底稼げるような副業ではないのだが。 会社員として培った技術をフル活用できるならある 程度は稼げるかもしれないと思い、善は急げとフォトストック大手3社を調査し比較してみた。 興味を持っている人は参考にしてほしい。 スポンサーリンク 目次• フォトストック界の大手3社 どうやらフォトストック業界というのはブームが過去に来ており、今ではもう 飽和状態に近いらしい。 確かに私も記事に使う画像を色んなフォトストックサイトからダウンロードしている身なので、フォトストックサイトは 腐るほどあるなという印象を持っている。 ちなみにこれから紹介するフォトストックサイトも既に知っていたサイトだ。 大手3社というのは独自調査ではあるが、業界人のブログを 読み漁ってGETした情報なのである程度の信頼性はあると思う。 また大手とした基準だが1番の指標として 業界でのシェア数を採用している。 最後の1社に関しては日本国内のみに限った話になるが。 この3社が最も報酬が高いわけではないが、 物が集まる場所 シェア に人が集まるのでこの3社に登録しておけば売りやすいだろうということで紹介する。 シャッターストック Shutterstock• 知名度は業界No. 世界150カ国以上で世界で最も多数の人が利用• 作品点数1億4000万以上 2018年度調べ• 定額1枚で0. 25ドル 為替変動有りだが約25円• 報酬振込最低額は35ドル こちらも変動有りだが約3500円• 累計報酬獲得額でランクが上がる制度• アップロード審査は厳しめ まずは最大手の米国会社 シャッターストック。 2017年6月調べで作品点数が 1億2500万以上を抱えており圧倒的なコンテンツ量、そして様々な国に認知されておりアクセスや会員も多種多様豊富に集まっている。 フォトストック界の報酬体系は聞き慣れないものが多く、写真のサイズやライセンスによっても変わってくるので写真のサイズやライセンスによっても変わってくるので私も完璧に理解してるわけではないが、 シャッターストックの報酬は定額制会員のダウンロード1回で約25円になる。 月額制で安いのは1枚33円だが、月25,000円もの費用が発生する。 月額制でなければ、1枚1,200円にもなる。 シャッターストックのメリットと言えば、 大きなシェアを誇ることが1番である。 先程も言ったが 最も物が集まる場所に人が集まるので、とりあえずシャッターストックにフォトストックしておけば、業界で1番大きい所に商品を並べられるということになるので販売における最適化が何にもしなくてできてるということになる。 もう一つのメリットと言えば、 累計報酬額で報酬利率が変わってくることだ。 一番安い額で25セント。 およそ25円(1ドル100円とすれば)になる。 他のフォトストックサイトもランク制度があるが、月間や年間での 販売数でランク付けされてくる。 言い換えれば利益を上げるためにノルマがあるわけだが、シャッターストックは 累計額で見てくれるのでこのノルマが非常に緩い。 通常、フォトストックで稼ごうと思えば非常に長い期間コツコツやることになると思うので、そういった 積立カメラマンにとってShutterstockは大きな味方になってくれる。 世界最大のサイトと言える内容は ・20言語に対応している。 ・9種の通貨に対応している。 ・150か国以上、180万人にのお客様に利用されている。 また、Shutterstockアフィリエイトパートナーでは画像、動画、または音楽素材を購入されると売上高の20%が報酬として支払われる。 おススメの写真を紹介したら 売上の20%がもらえる仕組みだ。 シャッターストックのクリエイター登録方法 「シャッターストック」のクリエイター登録は、公式ウェブサイトの右上にある。 「素材の販売」という場所をクリックする。 次の画面で「 今すぐ登録」をクリックして、手続きをする。 次の画面はこんな感じだ。 アルファベットしか入らないので注意が必要だ。 次にメールの認証確認ができたら、住所などを入力する形となる。 登録にあたって注意点がある。 パスポートが必要である。 写真を提供する側が どのような人物か把握するのは企業にとって義務である。 犯罪になればなおさら 責任は重くなる。 ここで注意点が、 運転免許証や健康保険証・マイナンバーなどはNGである。 海外からしたら、日本の証明書は証明にはならない。 あくまでも日本での証明である。 パスポートを持っていなければ、 ここで終了となってしまう。 パスポートの発行は 有効期間5年のパスポートで11,000円 10年で16,000円である。 少しの努力で 11,000円の回収はできると思う。 PayPal口座の登録も必要となる。 月末時点で報酬合計が 35ドルに達していると自動的にPayPal口座に報酬が振り込まれる仕組みになっている。 この口座登録は入力するだけなので、簡単だ。 審査は厳しめになっているので、自分の写真の技術がどれくらいなのか、力試しには良いと思われる。 Shutterstockと並ぶ業界地位を持つ• 利用者数はShutterstockに次ぐ世界• 販売コンテンツ数は約1億点• Adobe Creative Cloudとの提携• Adobestockとfotoliaの2サイトでの販売になる• 最低報酬額は1点0. 33ドル 33円• 最低振込額は50ドル 5,000円• ランク制度に加え独占販売や専属販売など利率を上げやすい 次はシャッターストックと並ぶ 大手アドビストック。 名前からわかるようにフラッシュプレーヤーと編集ソフトで有名な アドビが展開するフォトストックサービス。 2大巨頭の一社で世界展開しておりこちらもShutterstockとほぼ並んで 販売力は強い。 fotoliaは元々ある程度の規模があるフォトストックサイトだったが アドビストックに買収されて現在の形となっている。 提供サービスがAdobestockとfotoliaで変わってくるが、販売者はアドビストックに登録して 2サイトに同時で販売する形になっている。 特徴としては、通常のフォトストックサービスを展開するfotoliaでの販売に加えて、Adobe Crietive Cloud内で素材としても販売するという 独自のルートを切り開いていること。 他のサービスは大きい屋台を開いて待つタイプであるが、こちらは Adobeのサービス内で営業をかけてくれることだ。 知名度と利用者数はわずかにShutterstockよりも劣るが、その分を販売力で補完している形となっている。 またShutterstockとの報酬を比較する際に必ず覚えていて欲しいのが、 独占販売といった契約で報酬利率を上げられるという点だ。 販売の契約種類は、Shutterstockと同じ 非独占販売、Adobestockのみで販売する契約を作品別に設定できる 一部独占販売、自分の作品を全てAdobestockで販売する 完全独占販売 専属 、の3種類になっている。 もちろん、この中で1番報酬利率が高いのは 完全独占販売だ。 この販売契約を上手に駆使することによって他のフォトストックサイトよりも 高い利益率を上げる可能性がある。 買う側の料金はこちらになる。 一番安いプラン3,480円では1枚1,160円になる。 一番高いプラン29,980円では1枚40円となる。 登録方法 まずはトップページの下にある「画像の販売」をクリックする。 次にアドビのID登録を行う。 他のソフトで登録していれば、それを使い回しはもちろんできる。 これだけで登録完了である。 身分証明書のアップが必要だが、 シャッターストックと違って、 アドビは運転免許証でもパスポートでも可能である。 多分マイナンバーカードでもOKだ。 アドビは日本に支社があるから可能なのであろう。 ピクスタ PIXTA• 日本のフォトストックでは最大手• 23万人のクリエイターからなる2500万点の作品• アジア、欧米などにも着々と世界展開• 日本独自の作品を多く抱えている• 完全日本語なのでサイトは使いやすい• 最低報酬0. 25クレジット 1枚27円• 単体購入されると利益が大きい• 最低振込額10クレジット 1080円• 1年間の販売実績でランク付される• Adobestockと同じく専属契約がある• 審査は緩め こちらは世界レベルの大手ではないが 日本限定で言えば最大手のPIXTA。 日本国内からの需要はもちろん、日本独自の作品を多く抱えているため海外からも需要が見込める。 そのため日本国内で撮った写真などはやはり売れやすい傾向にあるので、撮影してる写真によっては世界規模の フォトストックで売るよりもこちらの方が売れやすい可能性もある。 利益に関して、世界レベルでは小さいので利益も上げにくいかと思いきや、単品購入される機会が多いので 1ダウンロード当たりの利益は上がりやすい傾向にある。 単品購入の価格は 580円〜と大きい金額で売っているので、定額プランかの購入だと 1ダウンロード27円だが、単品購入を含めれば高単価になりやすいフォトストックサービスなのだ。 上記の画像は実際にPIXTAが載せているクリエイターへの ロイヤリティ表。 縦軸が販売実績に基づいたランク別のロイヤリティで、横軸は契約形態別のロイヤリティとなっている。 Adobestockでも説明した同じ契約形態に加えて、人物専属の契約もあり、それが 最も高いロイヤリティを獲得できる契約となっている。 ストックフォトでよく売れる写真は、商用利用に使いやすい 人物の顔などがハッキリ写っている写真なので、よく売れる写真を専門に撮る人はその分を優遇されている。 日本国内という安心感と言語による使いやすさ、日本で撮る写真との相性の良さ、1枚当たりの利益は上がりやすく、率を上げるためのランク制度や契約も豊富、これがPIXTAの特徴だ。 気軽に始めるにはうってつけかもしれない。 後は、お馴染みの月額制である。 登録方法 こちらから登録することが可能である。 スポンサーリンク この3社であればどこから始めても良い 上記3社であれば どこから始めても初心者にはあまり変わらないと私は思った。 理由としてはどこも報酬が 大して違いはないこと、そして初心者はどれが自分にベストなのか想像も予測もつかいないこと。 カメラマンによってどれがベストかは変わってくる。 得意としている写真などの違いで売れるサイト売れないサイトも出て来るだろうし、併売や専属などの契約形態も変わってくるだろう。 真剣にやるなら他のストックフォト会社も実際に試してみて、その上で 契約形態まで加味して決めるべきだろう。 私の個人的な考えだが、人物写真を多く撮れる環境にあるならばPIXTAで 専属としてアップロードする、 それ以外であれば3社とも登録して最初は併売してみる、もしくは慣れるためにも Adobestock一本に絞り、上手く行きそうならそのまま専属に変える、 この3つぐらいでしか入り口が変わらない気がする。 また今回は「写真」のみで話を進めてきたが、動画やイラストなど別のストックを作成できるのであればもっと重視する点が違ってくると思うので、 写真オンリーじゃなくても各個人はよくサイトとにらめっこして利益を上げやすい選択をして欲しいと思う。 業界大手三社でこれぐらいなのか・・・と落胆してしまった人には他の副業も検討してみてほしい。 副業はフォトストックだけではなく、何なら他の副業の方が良いだろう。

次の

Shutterstock(シャッターストック)とは|サービスの特徴・評判・メリット・デメリット

シャッター ストック

初収入は56ドル そんなわけで、 初収入は56. 73ドルでした。 Shutterstockの場合、支払い方法はWeb決済サービスであるPayPalかSkrill、もしくは小切手での受け取りが可能です。 ぼくはPayPalアカウントを持っていたので、こちらに支払ってもらうことに。 Shutterstockの場合、最小支払金額を自分で指定することができます。 PayPalの場合、 最小支払金額は35ドルから。 ぼくは50ドルに指定していたところ、ちょっと上回って56ドルの支払い、ということになった感じですね。 7ヶ月で56ドル 約7ヶ月で56ドルの支払いだったので、だいたい 月平均8ドル 890円程度 の収入という感じです。 チリも積もれば山となる。 1ダウンロード0. 25ドルぐらいなので、224枚ほどダウンロードされるとこの金額に達する計算です。 一度寄稿した写真はそのまま継続的にShutterstockにて販売され続けることになるので、今後も気長にアップロードを続けていれば、少しずつ収入額は上昇していくだろう、と見ています。 ちなみに、今まで一番多くダウンロードされていたのは2016年2月でインドネシア・バリ島を訪れた時のこの写真。 ウブドという小さな街の、有名な散歩道です。 日本円に交換すると手数料がかかる… PayPalで受け取った場合、直接米ドルのまま受け取りが可能です。 が、 日本円に交換しようとすると、ちょっとばかし割の悪いレートで交換することになってしまうので、少々不便。 元々決済サービスであるPayPalへの入金なので、どうせなら米ドルのまま使いたいところです。 海外のWebサービスなどでPayPalに対応しているものも沢山あるので、そのサービスを利用して日本円にすることなく使うことにしようかな、と思案中であります。 こうしたフォトストック、Shutterstock以外にもいくつか種類があります。 国内サービスであるなども有名で、ここでも上手くダウンロードされるようになればなかなかの収益になるだろうと言われてます。 フォトストックごとの報酬体系などをまとめました。 こちらもどうぞ。 どんな不労所得もコツコツとした地道な作業の先に生まれるものですね。 以上、ご参考までに。 それでは!.

次の

【秘密の副業】写真で稼げるフォトストック大手3社を比較してみた。登録の方法を紹介。

シャッター ストック

無料素材サイトも便利だけど、他のサイトとかぶるし、見たことある画像だなと感じてしまう ブログを続けていくと• 他のサイトと画像かぶり• 同じ画像しかない そんなことがあります。 シャッターストックは、毎週新しい画像が追加されます。 という事は… 他のサイトと画像かぶりは、ほぼしないです。 実際、シャッターストックのサイトで下の表記があります。 313,736,863点以上のロイヤリティフリー画像。 1,559,855点におよぶ新しいストック画像が毎週追加されます。 のサイトより引用 毎週これだけの画像が追加されるのですから、滅多にかぶる事はないでしょう。 素材のシチュエーションが豊富 無料画像サイトだと• 欲しい画像が見付からない• 探すのに時間がかかる• 「検索キーワードの画像はありません」と言われる• 勝手に他のワードで検索される こんな事ありますよね。 わざわざヒットする検索ワードを考えるのも大変ですし、手間も時間もかかります。 シャッターストックは、自分のほしい写真がすぐ見つかります。 検索窓にキーワードを入れるだけで、凄い量の画像が出てきます。 例えば、• 料理名 カルボナーラ、マルゲリータ、インドカレーなど• 食材名 カマンベールチーズ、ホワイトアスパラガス、マグロなど• 人物 子供、家族、夫婦など• 喜怒哀楽• ビジネス関係• SNSアイコン など。 珍しいシチュエーションや食材・料理などでも検索してもヒットします。 画像検索で悩むなら、一度どんな画像があるかチェックしてみよう! シャッターストックの料金 プランは全部で3つあります。 まずは、年間プランと月極プランをご紹介します。 では、詳しく見ていきましょう。 ここに• 自分のメールアドレス• 好きなパスワード を入力し、【続ける】を押します。 この時に、今回のお支払金額が0円になっている事を必ず確認しましょう! 【購入を完了】をクリックすると上の画像【ご注文内容】が表示されます。 これで登録はすべて終わりです。 検索すると、検索窓の下に更に詳しく調べられるキーワードが出てきます。 これは、とっても便利だよ!! もし、キーワードを入れても欲しい画像が無い場合は検索窓の下のキーワードを再び検索してみましょ。 きっと、希望の画像が見つかります。 すると【ダウンロードを確認】というボタンが出てくれるので、クリックしたらダウンロード完了です。 実際やってみると、とても簡単です。 簡単に、ササっと、シャッターストックで画像をダウンロードして、探す時間を減らしましょ! 公開枚数が多いので、他の人とかぶらない画像をゲット出来るところもポイントですね。 ちなみに、画像を検索しダウンロードすると【あなたへのおすすめ】というコーナーが出来ます。 【あなたへのおすすめ】コーナーが出来る事で、さらに欲しい画像が見付けやすくなりますよ。 まずは、無料で1ヶ月10枚ダウンロードが出来るので試しに登録してみませんか? 使ってみたら、気に入る事間違いなし。

次の