宮本から君へ ネタバレ。 映画「宮本から君へ」 ネタバレあり感想 評価 とにかく熱量が凄すぎる宮本の生き様を見よ|はまはまブログ

宮本から君へ最終回ネタバレ!原作漫画の結末は?見逃し無料動画配信もチェック!

宮本から君へ ネタバレ

どーも、スルメ です。 『宮本から君へ』ドラマ版をイッキ見しちゃいましたよ~! 1話20数分とは言え、全12話をイッキ見するのはなかなか疲れましたよw 面白かったんだけど。 本来であればドラマも観てなかったし、完全にノーマークな映画だったんですが、予告が無性に頭に焼き付いていまして。 宮本が 「結婚!結婚!結婚!」って言って、蒼井優さん演じる靖子が 「やかましい!!」と叫ぶヤツね。 『宮本から君へ』というタイトルも秀逸だし、これは気になるぞと。 それから始まって先日ドラマ版を観まして、改めて映画への期待が高まることとなりました! 俺サラリーマンやったことないし、ましてや営業なんて絶対できないんだけど、なんか惹かれるんだよなぁ。 ちょっとジャンルが違うんですが、花沢健吾原作の 『ボーイズ・オン・ザ・ラン』に似ているなと。 確か映画もありましたね。 会社の先輩である神保の仕事仲間、中野靖子と恋に落ちた宮本は、靖子の自宅に招かれるが、そこに靖子の元彼である裕二がやってくる。 靖子は裕二を拒むために宮本と寝たことを伝えるが、激怒した裕二は靖子に手を挙げてしまう。 そんな裕二に、宮本は「この女は俺が守る」と言い放ったことをきっかけに、宮本と靖子は心から結ばれるが……。 監督 メガホンを取ったのは『ディストラクション・ベイビーズ』の 真利子哲也監督。 今作では脚本も兼任していますね。 ドラマ版を観る限りでは、かなり特徴的なオープニングが印象に残っているんだけど、あのシーンは写真家の佐内さん演出によるものみたい。 オープニングは挿入されるタイミングも良いよね。 大体1話の中盤くらいに差し込まれるイメージ。 キャスト 主演は『ラストサムライ』に子役として出演していた 池松壮亮さん。 あの子役がこんな成長するなんてなぁ…。 『ラストサムライ』観たのは最近だし、俺より全然年上なんだけどw それにしても宮本役めっちゃ合ってますよね。 原作読んでないからイメージ通りかはわからんけども、『セトウツミ』とか『デスノート』で見せたクール系よりもこっちのが好きかも。 ヒロインの靖子役は最近結婚を発表した 蒼井優さん。 正直お笑い芸人さんと結婚するとは思いませんでしたわ。 ドラマでも顔出し程度で出演していたんですが、映画ではメインキャストになるのかな。 彼女の「やかましい!!!」の一言でこの映画に興味を持ったと言っても過言じゃない。 映画版から新たに参加するのは 井浦新さん、 ピーエル瀧さん、 佐藤二朗さんなどなど。 ポスターにハッキリと「ピーエル瀧」の名前があった時には少しだけ嬉しくなりましたね。 日常生活を送る上であんなに大声出すこともないからね。 俺もしばらく大きな声出してないな。 とにかくまっすぐで、自分勝手で、熱血で。 こんなヤツ近くにいたら絶対友達にならないだろうな~と思う宮本だけど、どこか愛せるところがある。 自分の近くにいないタイプの人間っていうか、そもそもこんな真っすぐな人間に会ったことないよ!普通そんなに一生懸命になれないぜ!? そんなウザったいところもある宮本、を映画が終わった後もずっと応援したくなるような映画でした! ここから先は『宮本から君へ』のネタバレを含みます! まだご覧になっていない方はご注意を!! 感想 ネタバレ 池松壮亮 宮本を演じる池松壮亮は喧嘩によって折られた歯を表現するために、 本気で自分の歯を抜くつもりだったとか。 確かに前歯がないと話し方とかも全然変わってくるし、演技ではどうしても賄えない部分もあるんでしょう。 自分より強い男に手も足も出ず無様に散っていく宮本を表現するために自らの歯を捨てようとした役者魂。 本気で尊敬します。 演技のために歯を抜いた俳優と言えば『ファイトクラブ』の ブラッド・ピット、10本抜いたとの逸話も残る 三國連太郎さんなどなど。 やっぱ役者ってスゲェなぁ。 結局は共演した蒼井優さんに止められて抜かなかったみたいだけど、それでも彼の表現力はハンパじゃないよね。 それが一番出ていたのが今回の映画ではなく、 ドラマのオープニングだと思うのよ。 いきなり始まるオープニングと池松壮亮演じる宮本がアップで映るヤツ。 その時の宮本の表情とエレカシの「Easy Go」がバーンとテレビに映った時は衝撃だったね。 それまで 「何だかよく分からん主人公だな」と思っていた宮本に目が釘付けになりました。 それはもちろん音楽も演出も良かったから頭に焼き付いたんだろうけど、やっぱり池松壮亮による無言で語るオープニングは凄かった! 映画の話に戻りますと、まず蒼井優演じる靖子とのシーン。 ラスト間際にあった結婚を申し込む場面は完全に宮本でしたね。 ピエール瀧に啖呵を切るシーンもそうか。 前歯がなくて何て言ってるか分からないセリフも敢えて作ったんだな。 そこに宮本の真っすぐな気持ちが出ている気がします。 ハードな場面の方が多いのに、二カっと笑うと愛らしさが出てくるし…。 うーん、俺の言葉じゃ宮本は語れねぇ。 正直言って『デスノート』の時は微妙かなぁとか思っちゃってたんだけどね。 完全にハマるところにハマったと言いますか、原作読んでないけど池松壮亮が宮本を演じて本当に良かったなと思える演技でした! 蒼井優 そしてもう一人の主役の靖子を演じた蒼井優。 もともと演技上手い人ですからね。 たぶん同世代の人の中では一番なんじゃないだろうか。 『リリイ・シュシュのすべて』と 『花とアリス』なんかの岩井俊二監督作のイメージが強いんだな。 未だに。 さすがにもう女子高生とかは演じないんだろうけども、今でも変わらず心が擽られる笑顔をしていらっしゃるw 私の印象に残ったシーンとしましては、 やっぱり宮本とのベッドシーンかな。 不純だと言われても脳裏に焼き付いたんだからしゃーない。 「蒼井優がここまでやるんだ!」という感じと 「山ちゃんはこれ観て何か言うのだろうか」と言う謎の疑問が湧いてくる濡れ場でしたね。 詳しく書くと俺が恥ずかしくなってしまいそうなんですが、まぁエロい。 『彼女がその名を知らない鳥たち』でも阿部サダヲとの結構際どいシーンがあったけど、それ以上かもしれんね。 全裸になって色んな体制になるのに乳首だけは頑なに見せない。 そこは守るんだなぁと。 でも、これだけのベッドシーンを演じるなんて『リリイシュシュ』を観ていた時には思わんかった。 さっきの歯の話もそうなんだけど、やっぱ役者って凄いよ。 もちろんベッドシーン以外にも演技力の光る場面があって、予告編にもあったオフィスでのシーンはやっぱり最高でした!あそこは宮本じゃなくて靖子のシーンだったね。 「やかましい!!」と怒鳴ってから、 「そういうワケでオメデタなんです」と同僚に説明するまでの間、ほとんど息もできずに引き込まれました。 靖子も宮本と同じくらいの声量で叫ぶからなぁ。 これはカラオケに行きたくなるわけだ。 ドラマとはちょっと違う 本作は時系列を交差させて 「決闘後、出産するまで」の時間と、 「靖子と付き合い、決闘するまで」の二つの時間軸が交互に展開していきます。 映画始まってすぐは既に靖子との仲が出来上がっていたんですよね。 だから「実は2クール目があったんじゃ…!」と不安に陥ったんですw 確かに靖子と宮本ってビンタされたのと、二人乗りしたくらいで恋仲に発展しそうな感じはありませんでしたからね。 何で靖子の家で飲むことになったのかは今でも謎ですし。 それとですね。 映画はもちろん面白かったんですが、 ドラマとはちょっと違った印象を抱きまして。 ドラマだと前半は宮本の恋愛観を描いてましたが、後半は契約採るための営業がメインだったんですよ。 で、俺としては後半の営業部分に面白さを感じていまして。 土下座までしてでも営業を取ろうとする全力宮本が好きだったのよね。 それと彼をいつも支える松山ケンイチ演じる神保とか、柄本時生の田島とか、ほっしゃんとかとの絡みをもっと観たかったというが結構ありまして。 俺サラリーマンやったことないから、実はこういう会社内の目立たない頑張りにスポットライトを当てる映画とかドラマが結構好きで、その分宮本が務めるマルキタは理想の会社だったのよ。 それなのに映画では会社はほとんど登場せず、岡崎部長、田島、小田の関西弁組にも出番があまりなかったのか残念でならない。 いや、靖子との恋愛と拓馬との決闘もそれはそれで楽しめたんだけどさ。 やっぱり『ボーイズ・オン・ザ・ラン』感があるよね。 サラリーマン同士が女がらみで決闘とか。 先にラグビー組との出会いも少しやってくれれば、宮本の営業シーンやマルキタのメンバーも映画で観られたんじゃないかと。 あの怖そうなラグビー組に飛び込み営業したらしいっすからね。 どんなドラマがあったんだろう。 まとめ 最後にキャスト関係でもう少し。 福田監督作品ではおどける役が多い佐藤二朗は良い役だったな。 完全なアドリブでやる面白キャラも好きですが、意外と真面目な役でも様になる。 そして時折ふざける方の佐藤二朗が顔を出すのもまた一興w それと批判もあるかもしれんけど、やっぱりピエール瀧は良い俳優だわ。 あの目力はなかなか出せないと思うぜ。 まぁその目力を出したのはドーピングした結果なのかもしれないけど。 エンドロールでもしっかり最後に名前が出てきて、変なところで感動した私でした。

次の

【ネタバレ考察】『宮本から君へ』ジョーカーよりも怖い!愛なき森で叫べと観客を殴打する怪作チェ・ブンブンのティーマ

宮本から君へ ネタバレ

超不器用人間ながら誰よりも正義感の強い宮本浩は、文具メーカーで営業マンとして働いていた。 会社の先輩である神保の仕事仲間、中野靖子と恋に落ちた宮本は、靖子の自宅に招かれるが、そこに靖子の元彼である裕二がやってくる。 靖子は裕二を拒むために宮本と寝たことを伝えるが、激怒した裕二は靖子に手を挙げてしまう。 そんな裕二に、宮本は「この女は俺が守る」と言い放ったことをきっかけに、宮本と靖子は心から結ばれるが……。 蒼井優さんの役どころは普段の蒼井優さんよりも少しもうすこし厳しい感じの蒼井優さんだと思うのでその役どころも見たいという点でも注目しています。 蒼井優さんが最近山ちゃんと結婚されたという事でも興味がありますし、蒼井優さんを見ていると気持ちが和やかになるので良いかなと思っています。 もしこれから色々なことをしていくに当たって蒼井優さんのような感じで過ごして行けたら良いなと思いこの映画を観に行きたいなと思っています。 後は原作を読んだのですが原作では私が住んでいる近くが舞台になっていたので興味がわきました。 私は営業マンの方と関わることはないですが、営業マンの大変さを池松壮亮さんの体当たりの演技で感じることができるだろうだろうなと思います。 蒼井優さんのお母さん役って結構いいのではと感じます。 子供が沢山いて6男4女を育てるお母さん。 私も子育てをしているのでやっぱり大変だろうなと思います。 この映画で蒼井優さんのほっこりした感じのお母さん像が観れると期待しています。

次の

映画「宮本から君へ」 ネタバレあり感想 評価 とにかく熱量が凄すぎる宮本の生き様を見よ|はまはまブログ

宮本から君へ ネタバレ

テレビドラマ化もされた新井英樹の人気漫画を池松壮亮主演、 ヒロイン役を蒼井優のキャストで実写映画化。 「ディストラクションベイビーズ」の真利子哲也監督がメガホンをとった。 超不器用人間ながら誰よりも正義感の強い宮本浩は、文具メーカーで営業マンとして働いていた。 会社の先輩である神保の仕事仲間、中野靖子と恋に落ちた宮本は、靖子の自宅に招かれるが、そこに靖子の元彼である裕二がやってくる。 靖子は裕二を拒むために宮本と寝たことを伝えるが、激怒した裕二は靖子に手を挙げてしまう。 そんな裕二に、宮本は「この女は俺が守る」と言い放ったことをきっかけに、宮本と靖子は心から結ばれるが……。 宮本役を池松、靖子役を蒼井、神保役を松山ケンイチらドラマ版のキャストが顔をそろえるほか、裕二役を井浦新が演じる。 なので、理不尽で暑苦しく、パワハラ上等な社会人生活を悪魔になりながらサバイバルしていく宮本浩の勇姿を期待して観に行ったブンブンは、最初の1時間困惑でした。 蒼井優演じる中野靖子との幸せな日々と、どん底に陥り肉欲・本能あるがままに啀み合い、罵り合う二人を映した場面が時系列バラバラに提示されるのだから。 「あれっ? 私の知っている『宮本から君へ』はどこへ? 」と思ってしまいました。 しかし、ジョーカーよりも凶悪・極悪非道な宮本浩と、彼を超越するモンスターたちの血みどろな仁義なき戦いは、スクリーンを突き破り、客席にその巨大な手を差し出し、観る者をボコボコに殴打する。 そして嫌が応にも、我々は血を流しながら、そこから滲み出るアドレナリンによって興奮していくのだ。 そこには今テレビで放送されているラグビーの試合以上の高揚感がありました。 さて、掘り下げていこう。 本作は、宮本が中野と結ばれたものの、突然現れたラガーマン裕二にカノジョがレイプされてしまいその復讐に燃えるというプロットになっている。 まるで西部劇、それもマカロニ・ウエスタン的な放蕩無頼・無法地帯っぷりな世界観に、Is here Japan? と目を覆いたくなる。 レイプによって気が狂い、愛を失った靖子を取り戻すために、宮本は立ち上がる。 そして裕二と対峙するのだが、彼はピエール瀧のような屈強強面であっても全治数ヶ月の大怪我を負わせる恐ろしい魔物。 彼に良心なんて存在しない。 ライオンが荒野で生き抜くために必要な本能だけを研ぎ澄ました男だ。 当然ながら、彼にヘナチョコ宮本が勝てるわけもなく、前歯を折られてしまう。 しかし、彼は諦めない。 しつこく、裕二にまとわりつき、マンションの階段で死闘を繰り広げるのだ。 このアクションが、ハリウッドのようにスタイリッシュなものではなく、醜くかっこ悪いもの故、本当に死んでしまうのでは? と思うぐらいに怖い。 階段から体のほとんどを外に突き出し脅す裕二。 反撃に出る宮本。 階段から転げ落ち、地上に落ちそうになる裕二に馬乗りとなり、そのまま共に死のうとする宮本、指折り、金タマ潰し、道徳を超えた死闘に、目を覆いたくなるものの、その異常すぎる死闘に笑いが込み上げ、興奮してくる。 その自分もまた怖い。 通常、俳優が叫ぶだけの映画は低評価になりがちだが、本作は違う。 閉塞感ある社会、野生として生きていくしかない世界において弱者が生き残るためには《叫び》しかないことをしっかり描いているから、説得力を持っている。 妙に納得してしまうのだ。 そして前半、ごちゃごちゃ時系列を弄って、よくわからなかった、乗れなかった自分も最後には宮本を応援していた。 「宮本ガンバレーーーーーーーーーーー! 」 と叫んでいた。 愛なき森で叫び続けることで失われた世界に再び彩を取り戻す大人の寓話に大満足でした。 佐藤二朗に注目 余談ですが、本作の佐藤二朗はとてもいい演技をしている。 通常、佐藤二朗は暑苦しい顔でつまらないギャグをするためだけに映画に配置される。 それだけに佐藤二朗が出てきただけで映画の評価が-50点ぐらいになりがちなのですが、本作の佐藤二朗はここ数年で最も素晴らしい演技をしていた。 ピエール瀧演じる、ラグビーOB集団の右腕として立つ彼は、体格のデカさからも暑苦しさが滲み出ている。 そこに輪をかけて、セクハラ・パワハラ上等な表情、飄々ニヤリとした表情を崩さない気持ち悪さがムカつき度をアップさせる。 暴力で支配された世界を、狡猾に切り抜けてきた歴史を語らずとも体現する佐藤二朗を観ると、如何に福田某とか某雄一が彼の才能を潰しているのかがよくわかります。 佐藤二朗、やっぱりちゃんと演技できるんじゃん、良い役者なんじゃん! と見直しました。

次の