デリカ キャンピングカー。 DELICA D:5 D:POP

キャンピングカー バンコン デリカD5キャンピング仕様 FFヒーターインバーター 新潟ミニバン・キャンピングカー専門店取り扱い詳細|フジカーズジャパン

デリカ キャンピングカー

「キャンピングカーに興味があるんだけど、種類がいっぱいありすぎてよくわからない…」 「最新のキャンピングカーってどんな設備がついてるの?」 車1台で複数の大人が寝泊まりできる、遊びに便利なキャンピングカー。 タイプがいろいろありますが、コスト・広さ・車体の大きさといったように、何を重要視するかによってえらぶ車が変わってきます。 そこで、ジャパンキャンピングカーショー2019で展示されていた、最新モデルのキャンピングカー・デリカD:POPを紹介します。 内装や設備について写真つきで解説しますので、キャンピングカーえらびの参考にしてください。 なおこの車種については、ジャパンキャンピングカーショー2019で展示されていたのを取材しました。 展示の様子は以下の記事でまとめているので、詳細が知りたい方はこちらもご参照ください。 バンコンとは、ワンボックスタイプのバンやワゴン、ミニバンにキャンパー架装をした車のことです。 車体が比較的小さめのキャンピングカーなので、高さ制限のある駐車場にも入ることができ、街中でも乗りやすいというメリットがあります。 キャンピングカーをキャンプ専用ではなく、普段用の車としてもつかいたい場合はバンコンタイプがオススメです。 また、小さいだけに就寝人数が少なめなので、少人数でキャンプに行きたい場合に適しています。 なおバンコンタイプのキャンピングカーは以下の記事でも紹介しているので、こちらもあわせてご参照していただき比較してみてください。 デリカD:POP(メーカー:西尾張三菱自動車販売)の内装写真 西尾張三菱自動車販売社のデリカD:POPです。 三菱・デリカD:5をベースにしたキャンピングカーで、主要スペックは以下のようになっています。 乗車定員:8人• 就寝定員:4人• 全長:4,730mm• 全幅:1,795mm• 全高:1,990mm• ベース車:デリカD:5• 排気量:2,200cc• 燃料:軽油• 最高出力:148ps• 駆動方式:4WD• ミッション:6AT• 乗車定員は8人ですが、就寝定員は4人だけです。 8人でキャンプに行ってしまうと4人は車内で寝られなくなってしまうので、注意してください。 ポップアップルーフが開いていることで、キャンピングカーらしい見た目になっていますね。 閉じてしまえばふつうの乗用車と変わらないので、街中でも目立たないでしょう。 運転席ドアにいろんな会社のロゴマークが入っていますが、個人的にはこれはないほうがいいかな、と思います。 それではさっそく内装を見てみましょう。 居住スペースの全体の様子。 サードシートを折りたたんで、できたスペースにベッドを設置していますね。 この写真では右側だけベッドになっていますが、左側もつなげてベッドにすることも可能。 寝ないときは、ベッドをテーブル代わりに使うこともできます。 ベッドを横から見た様子。 こうやって見ると、壁に収納したサードシートが出っ張っていて、かなりせまそう。 この写真から見て右側の席をシートアレンジしてベッドにしたとしても、大人1人がやっと寝られる程度の幅しかありません。 ちなみにデリカD:POPは車内入場禁止だったので、ベッドに寝てみることはできませんでした。 サードシートのアップ。 このように壁にくっつけることもできますが、「D-BED」というオプションをつければ、フルフラットにしてサードシートの上にベッドボードを置くことも可能です。 ベッドを反対側から見た様子。 やはりサードシートが出っ張っていて、せまそうですね。 サードシートの上の、エアコン吹き出し口と、アシストグリップ。 セカンドシート用の、エアコン吹き出し口とアシストグリップです。 なおキャンピングカーのエアコンについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。 天井についている、マルチユースフック。 前部座席の様子です。 オプションの回転シートをつければ、このように前部座席を後ろ向きにして、車内でテーブルを囲むことができます。 ダイネットテーブルのアップ。 ドリンクホルダーが2つ付いています。 居住スペースの天井です。 ポップアップルーフが付いているため、天井が高くて開放感がありますね。 デリカD:POPの就寝人数は4人なので、理論上は車内に2人・ポップアップルーフの中に2人寝ることになりますが、どちらも大人2人で寝るにはせまいですね。 MEMO もしデリカD:POPを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。 このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。 詳しく知りたい方は、下記の『』のページをご覧ください。 デリカD:POPの価格と標準装備・オプション デリカD:POPの車両本体価格は、税込みで4,492,000円です。 種類が多いので、下の表に価格をまとめました。 見てください。 駆動 乗車人数 グレード 価格 2WD 8人 M 3,362,000円 8人 G-Power Package 3,713,000円 7人 4WD 8人 M 3,817,000円 8人 G-Power Package 4,136,000円 7人 8人 G-Premium 4,688,000円 7人 8人 D-Power Package 4,492,000円 7人 8人 D-Premium 5,012,000円 7人 グレード名の最初に「M」もしくは「G」とついているのがガソリンエンジンモデル、「D」とついているのがクリーンディーゼルモデルです。 Mグレード以外は7人乗りと8人乗りがえらべ、どちらをえらんでも価格は変わりません。 2WD仕様よりも4WD仕様のほうが価格が高くなっています。 バンコンのキャンピングカーとしては、高くもなく安くもない価格設定じゃないでしょうか。 標準装備として架装されているのは、ポップアップルーフのみ。 また、オプションで以下のものがつけられます。 サブバッテリー・走行自動充電システム・デュアル電圧計付・ナビ オーディオ電源切り替え(12Vソケット増設・105Ah・6PヒューズBOX付)(156,600円)• ツインサブバッテリーシステム 105Ah 最大容量210Ah(86,400円)• 走行自動充電器変更 CTEK製 D250SA(ソーラーパネル対応・最大20A)(27,000円)• POPルーフ用薄型ソーラーパネル発電システム 154W 8. 5A・サブバッテリー・CTEK製走行充電システム・デュアル電圧計付・ナビ オーディオ電源切り替え(12Vソケット増設・105Ah・6PヒューズBOX付)(361,800円)• ノーマルルーフ用ソーラーパネル発電システム・単結晶パネル 150W 8. 1A・サブバッテリー・CTEK製走行充電システム・デュアル電圧計付・ナビ オーディオ電源切り替え(12Vソケット増設・105Ah・6PヒューズBOX付)(351,000円)• 1A ポート付・100Vコンセント増設(サードシート左 肘掛け)(102,060円)• 外部電源取り入れ リヤソケット・ACコード・ブレーカー(43,200円)• 100Vバッテリーチャージャー(外部電源100Vでサブ充電)(43,200円)• インバーター100V 自動切り替えシステム(100Vコンセント付)(27,000円)• エバスペッヒャー製 FFヒーター(暖房効率改善のため、取り付けを新方式へ変更)(259,200円)• 高標高センサー(37,800円)• デリカD:5専用 D:BEDキット(118,800円)• デリカD:5専用 D:BED 2キット(135,000円)• デリカD:5専用 「Swivel Seat」 回転シート 一脚 左右共通(86,400円)• デリカD:5専用 ダイネットテーブル(27,000円)• オリジナルバックドアスイッチ(室内からバックドアが開けられるスイッチ)(15,120円)• サイドオーニング(FIAMMA 2. 5m 専用ブラケット付)(162,000円)• 純正フロアマット(66,968円)• 純正エクシードバイザー(25,876円)• JAOS サイドステップ ポリッシュ(127,440円)• JAOS サイドステップ ブラック(95,040円)• JAOS リヤラダー2 ハンドレール付(66,960円)• JAOS リヤラダー2ハンドレール無(60,480円)• 防寒・遮熱マルチシェード(フロント用シルバー 5面)(12,960円)• 防寒・遮熱マルチシェード(フロント用ブラッキー 5面)(15,120円)• 防寒・遮熱マルチシェード(リヤ用シルバー 5面)(18,900円)• 防寒・遮熱マルチシェード(リヤ用ブラッキー 5面)(21,060円)• ポップルーフワンタッチロックフック 左右(5,400円)• デリカD:5専用レーザーシェード リヤ用5面(28,080円)• 防虫ネット(スライドドア用2枚・リヤドア用1枚セット)(37,800円) 先ほど写真で紹介したベッドは、D:BED2というオプションでした。 対して、D:BEDはサードシートを倒してフルフラットにし、サードシートの背もたれをベッドの一部として使います。 実車を見た限り、D:BED2は壁のサードシートのせいでかなりせまそうに見えたので、ベッド下の収納スペースを使わないならD:BEDをえらんだほうが良いでしょう。 デリカD:5専用回転シートとダイネットテーブルをつければ、車内でテーブルを囲みながらみんなで食事ができます。 総評:4人で寝るにはせますぎるキャンピングカー デリカD:POPの内装をズバリいえば、「4人で寝るにはせますぎるキャンピングカー」。 先ほどスペックのところで解説したとおり、デリカD:POPの就寝定員は4人です。 定員いっぱいで寝るとしたら車内のベッドで2人、ポップアップルーフの内部で2人寝る計算になりますが、大人だとどう見ても1人ずつしか寝られないですね。 幅的には1人が限界ですし、長さも1,800mmしかないので、身長180cm以上のひとは身体を曲げないと寝られず、1人でもキツいでしょう。

次の

デリカD5でキャンピング!D5は究極のキャンピングカーになるのか!?

デリカ キャンピングカー

このところ、気軽な旅やアウトドアの人気もあり、すっかり定着した車中泊。 キャンプやクルマ旅だけでなく、小さな子供を持つファミリーには、目的地への前乗りが可能となることも好評のようだ。 車中泊人気を裏付けるデータのひとつに、国内のキャンピングカー保有台数が挙げられる。 一方で、設備が充実したキャンピングカーまでは望まず、ミニバンやワゴンを中心に、さまざまな車中泊グッズを活用し、車中泊を行うユーザーも多い。 しかし、通常のクルマで、家族全員が快適に就寝するには、スペース的には厳しい。 その悩みを解決すべく、立ち上がった三菱の新車ディーラーがある。 同社が独自開発したデリカD:5の車中泊仕様車「デリカD:5 D:POP」を紹介しよう。 開発のきっかけは、同社の社長のクルマ旅が好きに始まる。 自由な移動が楽しめる反面、標準車では、快適な就寝が難しく、疲れやすいことを実感していた。 世の中のクルマ旅の広がりを受けて、2010年から手軽な軽キャンパーをビルダーと共同開発して販売するように。 この軽キャンパーが好調だったことから、第2弾モデルの開発がスタート。 それがデリカD:5ベースとした車中泊仕様車だった。 車中泊に便利なサブバッテリーやFFヒーターなどのオプションを揃えるが、基本的に車内は、D:5のままなので、使い勝手は、ベース車と同等を維持する。 最大の秘密兵器は、隠し部屋となる「ポップアップルーフ」だ。 女性でも簡単に開閉できるポップアップルーフ。 防寒用の断熱生地が内部をしっかりガードしていおり、暑い時期にはそれを外して防虫ネットのみにすれば、風通しのよいルーフテントに早変わりする ポップアップルーフを立ち上げると、隠し部屋であるテントが出現。 車内のシートもフルフラットとすれば、全体で大人4人が快適に就寝できるというわけだ。 テント部は、3ウェイ構造となっており、断熱生地の内側に、防虫ネットも装備。 ルーフには、テントへ車内からアクセスできる開口部が設けられているが、ここにも三菱ディーラーとしてのこだわりが光る。 唯一のクロカンミニバンでもあるデリカD:5は、その走りを支えるべく、モノコックボディに、「リブボーンフレーム」と呼ぶ環状骨格構造を持つ。 この骨格を避けて、開口部を設けることで、走破性と安全性を維持しているのが、大きな特徴だ。 また日常使いの配慮として、テント部格納時の全高を、プラス130mmの2000mm(4WD 車)に収めているので、ハイルーフ対応の駐車場ならば、問題なく利用できる。 独自オプションでは、サブバッテリーシステムとソーラー発電システム、そして後席側向きにできるフロント回転シートが人気だという。 ポップアップルーフに装着されるフレキシブルソーラーパネルは薄くて軽量だが154W、8. 5Aの発電量を持っている。 サブバッテリー(CTEK製)やナビ・オーディオ電源切替もキットになって37万4000円 後席側向きにできるフロント回転シート(標準シート用 1脚8万8000円、パワーシート用 9万3500円)をオプション設定。 セカンドシートをフラットにして、ベッドボードを置くだけで簡単に設営できるベッドキット(12万1000~13万7500円)も用意されている 気になるD:POPの価格だが、ベース車のプラス100万円だ。 新型では、車両価格が上がったこともあり、平均購入価格は、約600~700万円とのこと。 なかなかいいお値段である。 D:POPの年間販売台数は約30台で、これは同社によるデリカD:5の年間販売台数の1割前後を占めるものだ。 要となるポップアップルーフは、国内でハンドメイドされてもので、月産は3~4台分が限度だという。 この点を考慮すると、D:POPの好評ぶりが伺える。 購入者は、30代のヤングファミリーからシニアまで幅広い。 車中泊機能の活用の場は、キャンプではなく、趣味のベース基地や家族での車中泊、ペットを連れた旅行などが中心。 やはり、子供たちには、秘密基地的なルーフテントが大人気だそうだ。 同社では、同じコンセプトの車中泊車としてポップアップルーフを装備した「アウトランダーPHEV E:POP」を用意するのもユニークなところ。 全国販売にも対応しているそうなので、三菱車で車中泊を楽しみたいなら、一度相談してみるといいだろう。 災害時にも存在感を示したアウトランダーPHEVにポップアップルーフを採用した「アウトランダーPHEV E:POP」。

次の

デリカD:5のキャンピングカー内装や値段【バンコン】デリカD:POP

デリカ キャンピングカー

(1)高い走破性能と頑丈なボディが走る道を選ばない デリカといえば、ワンボックスカーの世界でも、ひときわ個性的な地位を独走してきた世界的に見ても稀な車です。 三菱自動車伝統のRV車デリカは、何よりもクロスカントリー競技に登場するような悪路や起伏を乗り越える走破性能と機動力が持ち味ですが、新型のD:5では、その走破性に加えてシティー・クルーズでの巡航性能の高さと快適性が注目されているのです。 似たような車格のワンボックスカーとしては、セレナ、ノア、ボクシー、ステップワゴンなどが挙げられますが、すべてファミリーカー・ユースで、デリカD:5のような悪路も突き進む高い走破性能を備えてはいません。 また、デリカD:5のお家芸であるリブボーンフレームのように、車体全体を包み込む頑丈な骨格に保護された圧倒的な安心感は、他の車種には見当たりません。 外からの衝撃にも強く、安全性を高めながら、急な山道や凹凸の激しい悪路を走破しても車体が拠れない強靱な体躯。 むしろ、それらファミリーユース・ワンボックスカーと同列に論じてはいけない独自のジャンルに君臨するのが、デリカD:5であるといえるでしょう。 伝わってくるのは路面を走るタイヤのわずかなノイズだけ。 シティークルーズの快適性を謳うのは、決して嘘ではありません。 (2)クリーンディーゼルで環境に優しく燃費向上 2013年からは、クリーンディーゼル車が投入され、デリカお得意のディーゼル・エンジンが復活。 ヨーロッパでは当たり前に普及しているディーゼル車ですが、近年のディーゼル車は厳しい排ガス規制をクリアして燃費も飛躍的に向上しています。 街乗りや山道などを加えた実際走行でも、平均燃費はリッター13㎞以上というユーザーレポートが、詳細なデータとともに数多く報告されています。 ガソリンに比べれば安価なディーゼル燃料はたいへん経済的ですし、排ガスをクリーンにするディーゼル仕様のデリカD:5は、エコロジーへの配慮も進み、ミニバン・ワンボックスカーとは思えないパワフルな駆動力を楽しみながらも安心して運転できるのです。 ヨーロッパでは当たり前に普及しているディーゼル車ですが、近年のディーゼル車は厳しい排ガス規制をクリアして燃費も飛躍的に向上しています。 街乗りや山道などを加えた実際走行でも、平均燃費はリッター13㎞以上というユーザーレポートが、詳細なデータとともに数多く報告されています。 ガソリンに比べれば安価なディーゼル燃料はたいへん経済的ですし、排ガスをクリーンにするディーゼル仕様のデリカD:5は、エコロジーへの配慮も進み、ミニバン・ワンボックスカーとは思えないパワフルな駆動力を楽しみながらも安心して運転できるのです。 (1)車体がコンパクトで運転しやすい まず、どうしてもハイエースでは大きすぎる、という車格に抵抗があるお客様がいらっしゃいます。 とくに、キャンピングカーでふたり旅はしたいけれど、できれば運転に気を遣わない小回りのきくベース車がいい…という年配のご夫婦の需要に応えるには、デリカD:5の車格はうってつけです。 デッキの高さもハイエースよりも低いので、ご年配の方々にとっては、乗り降りが楽です。 また、女性でも運転しやすい大きさのキャンピングカーですから、キャンプや車中泊というレジャーのみならず、普段使いもこれ1台ですべてOK。 女性の場合、ファミリーカーとしての用途も兼ねていれば安心して使えます。 ハイエースのような車格では入りにくい城下町の路地や、ぬかるみ、深い雪道など道路条件の悪い場所にも迷わず入っていけるのが、デリカD:5ならではのアドバンテージ。 車のフットワークを活かして、行きたいところに自由に行きたい…という行動派のクルマ旅にこそ向いています。 行く道を選ばないというのは、自由な旅には心強い味方となるでしょう。 急な天候変化による路面変化にも対応する走破性。 運転に自信のない方へ• 定年退職後のご夫婦ふたり旅の最適なお供として• 野や山へフットワークよく飛び出していきたい遊び心満点のご家族に• 足回りの良さを生かして、普段使いの乗用車感覚で使いたい女性のみなさんへ• 気の合う友人と車中泊をしながらカメラ機材を載せて狙い定めた撮影スポットへ• 雪山や寒冷地を走りながら車中泊もお考えのウインター・アドベンチャーに• 悪路やちょっとしたぬかるみも厭わずにアウトドアを存分に楽しみたい方に• キャンピングカーは欲しいけれどマンションの駐車場が狭いと悩んでおられる方へ• 燃費や排ガスが気になるエコロジストのあなたへ• ペットといっしょに気軽なクルマ旅を楽しみたい方へ.

次の