次 亜 塩素 酸 水 コロナ ウイルス。 次亜塩素酸水の除菌有効濃度ppmと市販の原液からの希釈率

次亜塩素酸水は新型コロナウイルスに効果があるのか?【随時更新】

次 亜 塩素 酸 水 コロナ ウイルス

日本でもコロナウイルスが猛威を振るっています。 コロナウイルスの対策にはマスクが大事ということで、外出時はマスクを着用されている方も多いと思います。 しかし、 マスクはあくまでも、外でウイルスを吸い込まないようにするための対策。 体に付着して家に持ち込んだウイルスの対策については、気にかけていない方がほとんどではないでしょうか。 ウイルス感染は吸い込む以外にも、 ドアノブ等に付着したウイルスを触り、体内に取り込むことでも感染する可能性があります。 そのため、 室内のウイルス対策も実はとても大事なのです。 この記事では、家の中でのコロナウイルス対策について紹介しています。 家の中でのコロナウイルス対策は次亜塩素酸水が効果あり コロナウイルス対策は家の中でも大事 コロナウイルスの感染者が日に日に増えている中、コロナウイルスへの対策をされているかと思います。 コロナウイルスの感染を防ぐためには、• 外出先ではマスクを着用する。 手洗い・うがいを行う。 触った場所はアルコールなどで消毒を行う。 といったように、 基本的にインフルエンザと同じ方法となっています。 外出中はマスクをすることで、体内にウイルスを取り込むことは確かに少なくなります。 ただし、外出先では様々な場所を触るため、ウイルスが体中に付着している可能性もあります。 そのため、帰宅したら手洗い・うがいを行うかと思いますが、 洗面所に行くまで何処もさわらずに移動することは不可能に近いかと思います。 そう考えると、実は家の中でもウイルス対策が必要になってくるのです。 コロナウイルスには次亜塩素酸ナトリウムが効く ドアノブや壁などに付着したコロナウイルスを取り除くためには、ウイルスが付いていると思われる場所をふき取りする必要があります。 コロナウイルスの拭き取りには、次亜塩素酸ナトリウムが効果があることが、厚生労働省のホームページに記載されています。 参考: このホームページの記載を以下に抜粋して掲載します。 手などの皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコール(70%)を、 物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0. 1%)が有効であることが分かっています。 この様に、次亜塩素酸ナトリウムがコロナウイルスに効果があることがわかりました。 けれども、次亜塩素酸ナトリウムを知らない方がほとんどだと思うので、簡単に説明します。 次亜塩素酸ナトリウムとは何か では、簡単に次亜塩素酸ナトリウムについて説明したいと思います。 次亜塩素酸ナトリウムは、家庭用に販売されている液体の塩素系漂白剤、殺菌剤(洗濯用、キッチン用、ほ乳瓶の殺菌用など)に使われています。 例をあげると、キッチンハイターにも次亜塩素酸ナトリウムは使われています。 キッチンハイターは、使うと鼻につくにおいがありますが、あのにおいは次亜塩素酸ナトリウムによるものです。 では、毎回ドアノブや壁に次亜塩素酸ナトリウムを使えば良いかと言うと、正直とても使いづらく、人体にも悪影響があります。 そのため、 次亜塩素酸ナトリウムを使いやすくするために作られたのが、次亜塩素酸水になります。 次亜塩素酸水とは何か 今度は、次亜塩素酸水について簡単に説明したいと思います。 次亜塩素酸水とは、塩酸または食塩水を電気分解することにより得られる次亜塩素酸を主成分とする水溶液のこと。 次亜塩素酸ナトリウムより低い濃度でも、殺菌力が高いことが特徴です。 次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水の殺菌力効果は80:1と言われ、圧倒的に次亜塩素酸水の方が効果が高くなっています。 参考: また、次亜塩素酸ナトリウムは強アルカリ性なのに対し、 次亜塩素酸水は肌にもやさしい弱酸性。 ボディソープでお馴染みの「ビオレu」も、弱酸性だからお肌にやさしいと宣伝していますよね。 このように、次亜塩素酸水は人体にもやさしく、使いやすくなっています。 次亜塩素酸水のウイルスへの効果 それでは、次亜塩素酸水のウイルスへの効果について説明したいと思います。 下の図は、次亜塩素酸水のウイスル除去効果を示したグラフです。 何もしなければ、はほとんど除去されないウイルスが、 次亜塩素酸水を使うことで、付着したウイルスが60分で99%以上も除去されていることがわかります。 このように、次亜塩素酸水がウイルス除去に効果的なのが良くわかるかと思います。 次亜塩素酸水のおすすめはこれ 次亜塩素酸水はその名の通り水溶液なので、吹きかけて使う方法が主になりますが、人が出入りするたびに毎回吹きかけるのも大変です。 そこで便利なのが、 今ならキャンペーン中で、無料で超音波加湿器がもらえちゃう 除菌水ジーアという次亜塩素酸水です。 加湿器に入れて噴霧すれば、部屋中に行き渡って、部屋の隅々まで勝手にウイルスを除菌してくれます。 除菌水ジーアの詳細は、「」を参照してみてください。 外出先での感染を防ぐことはもちろんのこと、持ち込んだウイルスへの対策も大事です。 マスクは品薄ですが、次亜塩素酸水が有効なことは知らない方も多いはず。 除菌水ジーアで、家の中もしっかりコロナウイルス対策してみませんか? 今なら、超音波加湿器が無料でもらえてお得です。 除菌水ジーア公式ページ:.

次の

次亜塩素酸水で手の消毒できる?アルコール除菌より強力でウイルスにも効果ある?

次 亜 塩素 酸 水 コロナ ウイルス

製品評価技術基盤機構 NITE は5月29日、新型コロナウイルスの感染拡大対策として、アルコール以外の消毒方法の有効性に関する検証試験の結果、次亜塩素酸水については、2020年5月29日時点では有効性が確認できていないことを明らかにした。 次亜塩素酸水は、除菌用のアルコールが不足している事業者などが代替品として利用することが増えてきているが、NITEでは液体の販売においては、製法や原料、次亜塩素酸以外の成分などが明記されていないものが多いほか、製造日および使用可能期間、使用可能期間中における次亜塩素酸濃度の低減なども明記されていないものが多いことが確認されたという。 また、安全性については、食品添加物や医薬品としての次亜塩素酸水と同等の液性・濃度であることだけを根拠として安全性をうたっているものがあったり、人がいる空間での次亜塩素酸などの噴霧によるウイルス対策について、新型コロナに関してはWHOや米国疾病予防管理センター CDC 、中国国家衛生健康委員会などの複数の衛生当局が推奨しておらず、また国際的に確立された評価方法が見当たらないこと、次亜塩素酸水の噴霧が新型コロナ対策として有効とされる換気やソーシャルディスタンスなどの手法よりも有効とされる分析も発見されていないこと、噴霧によって生じた液滴中の遊離次亜塩素酸そのものの人体への安全性に関する確立された評価方法が存在していないこと、実際に空間噴霧を行った結果による健康被害と思われる事例が事故情報データバンクに届いていることなどが指摘されている。 NITEが公開している次亜塩素酸水の販売実績、空間噴霧に関するファクトシートの一部。 随時更新が行われていく予定となっている 出所:NITE Webサイト なお、NITEではら国立感染症研究所ならびに北里研究所と共同検証試験を行っており、その結果として、5月29日時点で、以下の7種類の界面活性剤が新型コロナウイルスに対して有効であるとしている。 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム 0. アルキルグリコシド 0. アルキルアミンオキシド 0. 塩化ベンザルコニウム 0. 塩化ベンゼトニウム 0. 塩化ジアルキルジメチルアンモニウム 0. ポリオキシエチレンアルキルエーテル 0. ただし、これらについては、あくまで身近なものの消毒用としており、手指や皮膚には使用しないようにNITEでは呼び掛けている。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

次亜塩素酸水の新型コロナウイルスに対する殺菌効果と安全性

次 亜 塩素 酸 水 コロナ ウイルス

全国的な消毒液不足で、地方自治体でも家庭用の漂白剤などを用いて消毒液を作る方法を説明したりしていますので、皆様も家庭用漂白剤などを用いて消毒液を作る方法はご存知だと思います。 でも、この方法で作った消毒液は万能ではありませんし、使い方を間違えると 危険な場合もあるんです。 次亜塩素酸ナトリウム消毒液は手指消毒に使えない? 自治体などで説明している「次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方」の説明には 家庭用の塩素系漂白剤(ハイター、キッチンハイター、ブリーチ、ピューラックスなど)には、次亜塩素酸ナトリウムが含まれ、「次亜塩素酸ナトリウム消毒液」を作ることができます。 この消毒液は、ドアノブなど「 物の殺菌消毒に有効」で、ノロウィルスなどの感染対策に使われている手法です。 直接手で触れないよう注意しながら、ご活用ください。 と言った説明が書かれています。 ここから読み取れることは• 手の消毒には、絶対に使用しないでください。 使用するときは、十分な換気を行ってください。 ということになります。 家庭用漂白剤を販売している「花王」でも、次のように注意書きをしています。 「ハイター」「キッチンハイター」が目に入ると、薄めた液でも失明のおそれがあります。 十分な注意が必要な製品ですので、必ず使用方法や使用上の注意をよくお読みください。 「ハイター」「キッチンハイター」は非常にアルカリ性の高い製品であり、薄めた液でも皮膚を傷めるおそれがあります。 手指などへのご使用はおやめください。 皮膚についた時はすぐに水で充分洗い流してください。 薄めた液をスプレー容器に入れて噴霧することはおやめください。 スプレーした時に霧状の液を吸い込むことがあり、せき込んだり、呼吸器に異常をきたしたりするおそれがあります。 薄めた液を他の容器などに入れて保管することはおやめください。 薄めた液は、次亜塩素酸ナトリウムが分解されやすく効果が持続しません。 使用の都度、必要な量をつくるようにして下さい。 ご使用の際には十分な換気を行い、ご使用後は十分に水ですすいでください。 いずれの商品も漂白効果がありますので、衣類などの色落ちにご注意ください。 金属製品、繊維製品、木工製品などに使用すると、腐食や変色する場合があります。 つまり、あくまでもドアノブなど「 物の殺菌消毒に有効」であり、人体には危険性を伴うということです。 となると、家庭で安易に使うのは危険だと思います。 医療施設や介護施設のように、 きちんと管理できる環境下での使用を前程としていると思ったほうが良いです。 家庭での消毒液の確保には、人体への影響が少ない「 次亜塩素酸水」を使用するのが望ましいです。 次亜塩素酸水とは 次亜塩素酸水とは 厚生労働省が定める次亜塩素酸水とは、殺菌科の一種であり、食塩水(塩化ナトリウム水溶液)や塩酸 いわゆる酸 を電気分解する事により作られる「次亜塩素酸」を主成分とする水溶液の事を示します。 次亜塩素酸水の特徴は• 次亜塩素酸はウイルスや菌に対しては高い殺菌力を示す。 食品に対しては 無害。 となっています。 ただし、厚生労働省は次亜塩素酸水が新型コロナウイルスに有効だとは認めていませんが、従来のコロナウイルスには有効なので、おそらく有効だろうという認識らしいです。 次亜塩素酸水は、有機物と反応すると水に戻るという性質があるんです。 つまり、手指についた菌に反応して除菌をしている間に、ただの水になっちゃうということです。 人体に害が少ない消毒液として使えるのは、 家庭で使うと考えたら使い勝手いいと思います。 400ppm希釈 この濃度の希釈液は、嘔吐物の処理が必要な場合や緊急消毒が必要な場合に有効な濃度です。 他の有機物と反応しやすい浴室やトイレなどでは、このくらい高い濃度のほうが有効になります。 ノロウィルスでの嘔吐物の処理などの緊急事態事態には必要ですが、通常の家庭での消毒には使用することがない濃度になります。 200ppm希釈 この濃度は、まな板や包丁の除菌にも使えます。 また、排水溝や三角コーナーのヌメリ取りにも使えます。 日常的に台所で使える濃度なので、家庭でも用意しておいて良いでしょう。 100ppm希釈 一般の消臭剤としても使える濃度で、室内の除菌や消臭にも適しています。 室内以外にも、車のエアコンフィルターや下駄箱や靴にも使えます。 使える範囲が幅広く、 一番使いやすい濃度だと言えます。 50ppm希釈 この濃度だと、野菜を洗ったり、手指の消毒やうがいなどにも使える濃度になります。 空間除菌にも向くので、超音波加湿器との併用も良いでしょう。 家庭で次亜塩素酸水を用意する場合は、50ppm~100ppmあたりの希釈液を用意すると、使い勝手が良さそうです。 Amazonの情報を掲載しています 私は、この方法でやりました。 用意したもの• 次亜塩素酸水(通販で購入)• スプレーボトル200mLサイズ(100均で購入)• 計量カップ(100均で購入)• 詰替え用ボトル600mLサイズ(100均で購入) この4つです。 次亜塩素酸水は、濃度500ppmで2L入のものを購入しました。 保存期限は開封後1年で、水で希釈したものは希釈後1ヶ月と書いてありました。 次亜塩素酸水は紫外線に弱く徐々に効力が減少するので、スプレーボトルも遮光性の高いものがおすすめなんですが、日々使うのですぐ無くなるためにそのへんは気にしないことにしました。 流石に100均でも、スプレーボトルは手に入りにくいですが、それは空のスプレーボトルの場合です。 知恵を使えば、いまでも簡単に手に入ります。 私は、お風呂用洗剤のスプレーボトルを買い、中身は詰替え用ボトルに移しました。 計量カップは、上から見てメモリが見えるタイプが便利です。 最初は、希釈液をペットボトルで作ろうと思ったのですが、スプレーボトルに移す時に面倒なので、詰替え用ボトルで作りました。 100均さまさまですね。 作り方 超簡単です。 希釈する濃度を決める• 計量カップで、電解液の量を測って、詰替え用ボトルに入れる。 計量カップで、水道水の量を測って、詰替え用ボトルに入れる。 適度に撹拌して、スプレーボトルに移す。 これだけですね。 詰替え用ボトルに、前もって作っておけば、スプレーボトルに注ぐ時にも便利です。 使い方 私は、• 玄関の外に1つ• 玄関の中に1つ• 各部屋に1つ• 食卓と台所に1つ 用意しました。 それぞれ、次の用途に使っています。 玄関の外のは、帰宅時に手とドアノブに使います。 玄関の中のは、帰宅時に衣服にかけたりします。 各部屋のは、マスクや空間除菌に。 食卓と台所は、食事前や調理前の手指の除菌に。 あとは、外出時ように50mL程度の小型のスプレーボトルを用意すると、外出先で気になった時にも使えますよね。 電解液は、コロナウイルスが流行する前より値段は高くなっています。 恐らく2倍位になった気もします。 それでも、スプレーボトルに入って売っている除菌スプレーを買うよりも、コスパは抜群に良いと思いますよ。 だって、500ppmの2Lの電解液を、50ppmに希釈するとしたら10倍希釈だから、20L相当になりますからね。

次の