サンドラッグ 事業。 サンドラッググループ【薬剤師職】の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

サンドラッグに関するトピックス:朝日新聞デジタル

サンドラッグ 事業

給与・ボーナス・福利厚生 ・年収は「350万円~500万円」 ・残業代も込みで考えれば給料は悪くない ・交通費は全額支給、子ども手当や、転勤手当、資格手当があり キャリア・自己成長 ・休日研修の中身が充実、自己の成長に繋がりやすい ・忙しい日が多いので仕事が好きでないと厳しい ・作業をミスると始末書を書かされるのがプレッシャーという意見も 社風・社員の雰囲気 ・1店舗の社員数が減ってきており、その分団結力が上がっている ・体育会系の側面が強い ・店舗によって雰囲気に違いはある 事業の評価 ・多くの事業を展開しているため、1つが悪くても他でカバーできる ・人件費削減に力をいれている ・ディスカウントストア事業は医薬品も売れることで他店舗と差別化をはかれている 残業の多さ・休暇の取りやすさ ・全体的に残業時間は多め ・年末年始や夏季に休みたい場合は、他のスタッフとうまく調整する必要あり ・休日出勤が発生することもある 子育て・女性向けの制度 ・育休・産休などの制度は整っている ・力仕事もあるため体力的に厳しくなる人も多い ・最近では女性が働きやすい会社を作っていこうとする姿勢はある 給与・ボーナス・福利厚生 年収は残業・賞与込みで「350万円~500万円」という意見が目立ちました。 基本給は低いものの、店舗勤務だと残業代が多くつため、トータルの給料はそこそこになる人が多いようです。 年齢が上がっていけば、能力によっては評価され昇給が期待できます。 特に店長にあがると、大幅な増加はないものの少しずつ上昇するケースが多いとのことでした。 交通費は全額支給で、子ども手当や、転勤手当、資格手当もあります。 ただ、口コミを全体的に見るかぎり、給与に関しては不満を抱いている人が多いようです。 キャリア・自己成長 休日研修ではあるものの内容が充実しており、自分の成長に繋がりやすいという口コミがありました。 研修の詳しい内容は明かされていないですが、仕事をしていく上でプラスになるものばかりで、有り難かったという声が多いです。 さらに、経験とともに知識も増えていき、お客様の悩みにきちんと対応できると自信に繋がるとのことです。 ただ、忙しい日が多いので、仕事が好きでないとストレスがかかってしまう人も多いようです。 作業ミスをすると始末書を書かされるので、緊張感を保った勤務が必要になります。 社風・社員の雰囲気 サンドラッグは人員削除に力をいれており、1店舗の社員数が徐々に少なくなっています。 1店舗の社員数が少ないと、助け合って仕事をせねばならず、その分団結力が上がっていきやすいとのことでした。 反面、どうしても1人の負担が多くなってしまい、残業時間が増えてしまっているようです。 店舗によって雰囲気は異なりますが、全体的にはやはり体育会系の側面が強いようです。 根性や気力で乗り越えていくような社風はあると思われます。 事業の評価 大手企業で必需品を販売しているため業績は安定しています。 ドラッグストアだけでなく調事業やフランチャイズ、ディスカウントストアも運営しているため、1つの業績が悪くても他でカバーできるのが強みです。 特にディスカウントストア事業は、医薬品も売れることで他店舗と差別化をはかれています。 近年は人件費の削減に力を入れており、ライバル企業よりもコスト管理を徹底しているのも特徴です。 結果、コスト削減にはなっているものの、スタッフ1人の負担が多くなってしまっているようです。 スタッフの定着率も高くないため、今後は以下に社員満足度を向上させていくかが課題となると思われます。 残業の多さ・休暇の取りやすさ 店舗によって差はあるものの、全体的に残業時間は多いとのことでした。 休日出勤が発生することもあり、休みの調整が難しいという意見が多数ありました。 年末年始や夏季休暇といった特別休暇がないため、休みたい場合は他の人と相談して、うまく調整する必要があります。 ただ、残業代は全額支給されるため、その分残業代で多く稼げるとポジティブに考えている意見もありました。 子育て・女性向けの制度 大手企業のため、育休や産休などの制度はしっかりしており復帰時期も自由のようです。 ただ、業務上力仕事が多いため、体力的に厳しい女性も結構いるようでした。 重いものを持つこともあるため、力に自信がない人は入社すべきか考えた方が良いかもしれません。 残業時間も長くなる場合もあるため、子育てと両立させるのが難しいという意見もありました。 最近では女性のオペレーション社員のみの店舗を作るなど、女性が働きやすい環境を作っていこうとする方針はあるようです。 サンドラッグの将来計画と事業展開 ドラッグストア事業では、自然災害や天候などのマイナス要因がここ最近多くありました。 反面、店舗改装や品揃えの拡充、販売促進強化をはかった結果、トータルの売り上げは少し増えたようです。 ディスカウントストア事業も同じく マイナス要因があったものの費増税前の駆込み需要もあって売上を伸ばしました。 サンドラッグは今後も「安心・信頼・便利の提供」をキーワードに事業を運営していきます。 お客様のニーズに応えられるようサービスレベルの向上、プライベートブランド商品の開発、店舗改装などに取り組んでいくことを公言しています。 サンドラッグの転職者向け求人情報・待遇 「サンドラッグに転職したい」と思っている方向けに、求人情報を紹介します。 サンドラッグで募集中の職種や平均年収、残業時間などについてみていきましょう。 募集職種 サンドラッグが中途採用を行っている主な職種です。 薬剤師• 店舗運営職 年収 年収の記載内容は情報元によってさまざまです。 年齢や経験によっても変わるため、一律に〇万円とは言い切れません。 公式HP記載の月給:400万円• 口コミでの年収:350万円~500万円• 全体の平均年収(四季報より):534万円 労働時間 2019年の残業時間(平均)は約30時間でした。 残業時間や休日日数は以下の通りとなります。 年間休日数:116日• その他:有給休暇、特別休暇あり 選考フロー サンドラッグの転職(中途採用)の選考フローは以下の流れになります。 Webエントリー• 会社説明会・面接• 内定 サンドラッグの面接対策・質問の傾向 「なぜサンドラッグなのか?」「サンドラッグに入ったらなにをしたいか」などの一般的な質問が多いようです。 ひねった質問は少ないようですが、「なぜですか?」「どうしてですか?」という質問に備えて自己分析や面接対策をしっかりやっておきましょう。 また、接客業の場合は応えの内容だけでなく応える姿勢や態度もみられます。 基本的には明るく笑顔で話すことを心がけましょう。 圧迫面接などはなく、面接官は緊張しない雰囲気を作ってくれるとのことでした。 落ち着いてありのままの自分を出せるように努めましょう。 サンドラッグの企業情報を解説 企業情報 会社名 株式会社サンドラッグ 本社住所 〒106-6231 〒183-0005 東京都府中市若松町1-38-1 代表 代表取締役社長 貞方 宏司 従業員数 6,882名 2019年3月末 パート、アルバイト含む 売上高 4,643億 設立 1965年4月 上場 1994年8月 事業内容 サンドラッグはドラッグストアを全国展開している企業です。 サンドラッグの独自スタイルに「1店舗2ライン制」というものがあります。 ドラッグストアには「店舗を運営する能力」と「カウンセリングを行う能力」が必要ですが、どちらも高い専門性を持った人材は少ないです。 そこでサンドラッグでは、スタッフを「販売職」と「カウンセリング職」に分断し、1店舗に2ラインを引くことで、専門性の高い人材がお客様の悩みに応えられるようになっています。 また、サンドラッグはディスカウントストア「ダイレックス」の運営も行なっています。 日用品や衣料品などの生活必需品を低価格で販売できるよう工夫した経営をしています。 ディスカウントストア事業も現在売上を伸ばしています。 経営理念 ここでは、サンドラッグの経営理念を紹介します。 私たちはドラッグストア・調剤薬局・化粧品店・バラエティストアとして、 国民の『健康で豊かな暮らし』の実現を目指し、"毎日が明るく楽しい生活"の創造に貢献します。 経営の理念・一隅を照らす。 私たちは、 理想を高く持ち、まずは自分達で今できる事からすぐ始め、ひとりひとりが生き生きと輝く事で、 たとえ世の中の一隅でも照らす事ができればと考えています。 仲間が増え小さな灯りが集まって、より大きな灯りになれるようにと願っています。 経営の姿勢・三方良し。 私たちは、 顧客、社員、株主、ビジネスパートナー、コミュニティ、社会・地球環境のすべてにとって 最善の判断をし、こころ配りを忘れずに行動します。 経営の使命・安心、信頼、便利の提供。 私たちは、 顧客を中心に考えることを第一義とし、安心・信頼・便利を提供すること、すなわち 常に顧客の満足に視点を置き行動します。 経営の手段・一歩先を考え、半歩先に行動する。 私たちは、 環境の変化に適応すべく、現状に満足せず、 準備を怠らず、最適の時期に実行します。 3億円 277億円 282億円 2018年 444. 8億円 269億円 274億円 2017年 528. 3億円 340億円 348億円 グループ会社・関係会社 サンドラッグのグループ会社・関係会社は以下になります。 ・(株)星光堂薬局 ・(株)サンドラッグプラス ・ダイレックス(株) ・(株)サンドラッグ・ドリームワークス サンドラッグに転職するためのポイントを整理 サンドラッグの事業内容・特徴・転職のポイントをまとめます。 転職ポイント• 薬剤師、店舗運営職を現在募集している• 勤務時間などは店舗によって異なる場合がある(基本は1日平均8時間) サンドラッグの転職情報を扱っている転職エージェント・サイト リクルートエージェント リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです。 25万件という膨大な求人数を保有しています。 全国展開しており、日本の主要な都市に事業所があります。 近くに事業所があるか調べたい人はリクルートエージェントの公式サイトで確認ください。 もし近くに事業所が無くても電話での面談・相談が可能です。 働きたい場所、希望する職種を面談時に伝えれば、希望条件に合致した求人を紹介してくれます。 トップクラスの転職支援の実績があり、蓄積された転職ノウハウが充実しています。 ノウハウを活用した面接対策、職務経歴書の添削サービスも行なっています。 キャリアアドバイザーの質もよく、全体的にバランスの良い転職エージェントです。 公式サイトで登録する マイナビエージェント マイナビエージェントは20代〜30代前半の若手に強い転職エージェントです。 リクルートやdodaのような10万件を超える求人数は扱っていませんが、マイナビエージェントだけに掲載している独占求人があります。 優良なベンチャーや中小企業の求人を多数取り揃えているのが特徴です。 「キャリアアドバイザーが親身に対応してくれた」という口コミが多く、「おかげで書類通過率がアップした」という意見もありました。 転職が初めてで書類の作り方が分からない人、20代から30代前半の人におすすめの転職エージェントです。 公式サイトで登録する 転職エージェントの選び方・利用時の注意点 1つの転職エージェントに依存しない。 複数社に登録してリスク分散する 転職に成功した人達のエージェント利用数は平均で2. 33社でした。 転職活動している人は大体2〜3社利用しているということですね。 まずは気軽に何社か登録して、それから絞り込みする方法を取られているようでした。 逆に転職エージェントを1社だけ利用するデメリットは以下の通りです。 キャリアアドバイザーとの相性が悪いとストレスになる• 紹介できる求人が無くなった時に手詰まりになる• キャリアアドバイザーの言う事を鵜呑みにする可能性がある• 転職エージェント自体の比較ができない このような状況を回避するためにも、転職エージェントは2〜3社登録しておきましょう。 複数の転職エージェントから同じ求人に応募しない 転職エージェントが違っても同じ求人案件に応募してはいけません。 求人案件そのものは1つだからですね。 違う転職エージェント経由で応募すればチャンスが2倍になるという訳ではありません。 仮に重複して応募してしまった場合はどちらかの応募を辞退しましょう。 キャリアアドバイザーも人間(合わない人、仕事が遅い人も中にはいる) 転職エージェントの口コミ・評判を見ていると「キャリアアドバイザーが良くなかった」「キャリアアドバイザーに感謝!」など色んな意見が見られるかと思います。 これは「色んな意見があるのが正解」と捉えるのが一番良いかと思います。 キャリアアドバイザーも1人の人間です。 喋り方やアドバイスも人によって異なるでしょう。 仕事ができない人も中にはいるかもしれません。 なので相性やハズレは稀にあります。 「これでは転職できない」と思ったらキャリアアドバイザーを変更してもらいましょう。 もしくは、他のエージェントを頼るのも1つの手です。 このようなことがあるため、最初から転職エージェントを2〜3社登録しておくと良いでしょう。 学歴、職歴、スキルは嘘を書かない 転職・就職時は学歴、職歴、スキルの詐称はしないようにしましょう。 上記の詐称は刑事責任を追求されることは多くないようですが、民事責任(損害賠償など)を追求される可能性は大いにありえます。 転職したい!という気持ちが先走っても、法律に触れるような行動はしないようにしましょう。 不本意な求人を勧められた、転職を急かされたら勇気を持って断る 転職エージェントは営利企業です。 求職者と求人企業を繋ぐ仲介事業者です。 仲介(内定)が成立したら求人企業から手数料がもらえるビジネスモデルですので、仲介(内定)を成立させた分だけ、売上が大きくなります。 なので、中には「希望しない求人」や「転職を急かす」キャリアアドバイザーもいたりします。 ただ、転職はご自身の人生のターニングポイントであったり分岐点であったりします。 一大決心が必要な人生の大イベントですね。 自分の中でよく考え、納得のいく転職を念頭に転職活動しましょう。 もし、転職を急かされたり、興味の無い求人を紹介されたら勇気を持って断るようにしましょう。

次の

ドラッグストアのサンドラッグが通販強化へ物流拠点を拡大

サンドラッグ 事業

ここがポイント!• 『1店舗2ライン制』売上や利益にとらわれず、カウンセリング業務を中心に薬剤師の専門性を活かせます。 『OTCと調剤の業務が選べます』経験・未経験問わずやりたい業務が選べます。 『充実の研修カリキュラム』集合教育と現場教育を連動させ着実に知識・技術を身につけられます。 株式会社サンドラッグ 採用担当からのメッセージ 『OTC』でも『調剤』でも薬剤師が活躍できる会社です。 業界トップクラスの充実した研修制度で皆さんをしっかりとフォローいたします。 専任の担当講師による集合教育(勉強会)をはじめ、一人 一人の経験、実力に応じた現場教育を用意していますので、安心してご応募ください。 ドラッグストアのOTC販売では、若い方から年配の方まで 未経験でも、集合教育と現場教育を経験したうえで自信を持って薬剤師として活躍されています。 調剤薬局でも、充実のバックアップ体制で、ブランクなどのある方でも安心して調剤業務を行えます。 1980年7月に(有)サンドラッグを株式会社に改組し、(株)サンドラッグを設立。 代表者プロフィール 代表取締役社長 貞方 宏司 1989年03月 当社入社 2005年04月 当社 執行役員営業第二部長 2008年6月 当社 取締役営業第二部長 2009年12月 当社 取締役 2009年12月 ダイレックス(株)代表取締役副社長 2014年6月 同社代表取締役社長 2019年5月 当社代表取締役社長(現任) 2019年5月 ダイレックス(株)取締役(現任) 売上高 6,177億6,900万円(2020年3月期・連結決算) 資本金 39億3,120万円 従業員数 14,127人(2020年3月末時点) 薬剤師数 1,300名(2019年3月末現在) 施設エリア 青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,新潟県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県,鳥取県,広島県,山口県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県.

次の

【11/15】ドラッグストア事業をFC展開するサンドラッグが決算を発表

サンドラッグ 事業

医薬品知識教育(どの月からも参加可) ほぼ毎月1日7時間の知識教育を行います。 テキストはサンドラッグオリジナル教材を使用し、店頭でよく出会う症例別に知識習得できます。 参加すると、翌日から学んだ分野に関して自信を持ってカウンセリング販売業務に取り組めるようになります。 集合教育で学んだ"知識" を現場で"実践"しながら"生きた知識"に変えていくのがサンドラッグの教育の特長です。 勤務地 原則、居住地より規定通勤範囲内で通いやすい店舗に配属いたします。 雇用形態・職種に関してはご相談させていただきます。 試用期間、雇用期間、手当、福利厚生、制度、就業時間、休日休暇等の勤務条件等は、雇用形態、週労働時間により異なります。 は1965年4月に設立し、現在の住所は〒183-0005 東京都府中市若松町1-38-1です。 は青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,新潟県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県,鳥取県,広島県,山口県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県に事業所を1,168店舗(2020年3月末現在)運営しています。 の売上高は6,177億6,900万円(2020年3月期・連結決算)、資本金は39億3,120万円、従業員数は14,127人(2020年3月末時点)です。

次の