カード 現金化 仕組み。 クレジットカード現金化とは|現金化の仕組みやリスクを解説|あなたの弁護士

【クレジットカード現金化の仕組み】簡単!明日から現金化!

カード 現金化 仕組み

クレジットカード現金化の仕組みと3つの方法 クレジットカード現金化の方法は、次の3つがあります。 現金化の優良業者を利用する• 自分で買ったゲーム機・ブランド品を売る• 新幹線チケットを買い、金券ショップに売る 1つずつ解説していきます。 現金化の優良業者を利用する 1つ目は、ショッピング枠の現金化を専門に行っている業者を利用するという方法です。 形だけの価値のないものを買う 「買い物」をしているのに「キャッシュバック」を受けられるのには秘密があり、買い物をするのは「形だけの価値の無いもの」だからです。 これはパチンコの景品交換と同じ仕組みです。 パチンコ玉を一度「形だけの景品」に交換したあと、その景品を「買い取ってもらう」という形を取ることで現金が手に入るのです。 初心者でも大丈夫な優良業者の選び方 初心者でも安全にクレジットカード現金化の手続きをするには、事前に口コミ評判などをチェックして、優良業者の情報を得ることが大事です。 専門業者を利用する場合でも、悪徳業者を選んでしまうと取引金額などの面で詐欺にあうリスクがあります。 もし悪徳業者で取引をしてしまうと、事前の案内とは違う法外な手数料を取られたり、個人情報だけ抜き取られるといった被害に合う恐れがあります。 優良業者と悪質業者の見分け方や、おすすめの現金化業者は以下のボタンからご確認ください。 自分で買ったゲーム機・ブランド品を売る 1つ目は、クレジットカードでゲーム機・ブランド品を買い、買ったゲーム機・ブランド品を買取業者やネットオークションで売る方法です。 買取業者に売る ゲーム機であればや、ブランド品であればといった買取業者があります。 ゲーム機・ブランド品は値崩れしにくく、高く買い取ってもらえます。 しかし、買い取りの際に、その店の品揃え状況によってはあまり高い値が付かない可能性があります。 ネットオークションで売る 買った商品をネットオークションに自分で出品するという方法もあります。 買取業者や中古品店で買い取ってもらうのに比べて、買い手を見つけるまでの時間と手間がかかります。 しかし、業者・お店に手数料を取られるといったロス(損失)を減らすことができます。 ネットオークションに出品するなら、やがおすすめです。 利用者数も多い分、買い手も見つかりやすいでしょう。 自分で新幹線のチケットを買い、金券ショップに売る 2つ目は、金券ショップで新幹線のチケットをクレジットカードで買い、また金券ショップで売るという方法です。 現金化のロス(損失)が3%ほど 買うときは定価の98%ほど、売るときには95%ほどというのが平均的です。 つまり現金化のロス(損失)が3%ほどしかないのです。 分かりやすい数字で考えると、10,000円のチケットを9,800円で買って、9,500円で売るということになります。 ちなみに大手デパート商品券・クオカードなど、利用範囲が広いものであれば、新幹線チケットと同様の高い換金率になります。 なお金券類にはクレジットカード現金化の防止策として、図書カードやクレジットカードで購入できないものが多くあります。 Amazonギフト券も金券類の一つですが、もし手元に不要なAmazonギフト券をお持ちなら、専門の買取業者があります。 メリット=審査なしだから多重債務者・自己破産者でも大丈夫 融資よりも簡単にできる クレジットカードの現金化はお金を借りるわけではないので、現金を用意するのに審査がありません。 多重債務者または自己破産の経験がある人であれば、銀行や消費者金融からの借入は難しいでしょう。 そんな人でも即日でお金を作るのに便利なのが、クレジットカードの現金化です。 お金の借入をしたくない人 クレジットカードの現金化を考えている人の中には、単純にお金を借りたくないという人もいるものです。 クレジットカードの現金化は、カード決済さえできればすぐに現金を作れますし、ローン審査のような面倒臭さがありません。 お金を作るのにいちいち収入を調べられるのが嫌な人も多いでしょう。 信用情報に借入の履歴も残らないので、ローンよりもお手軽に現金調達ができます。 銀行の窓口や消費者金融のお店に行きたくない人にとっても、自宅を出ずにPC・スマホで手続きができる現金化は、魅力的に感じるサービスです。 デメリット=必ずロス(損失)が生じる 決済金額から手数料が引かれる クレジットカード現金化は、カードで決済した金額から手数料が引かれた金額の振込となるので、必ずロスが生じます。 ロスの例を見てみましょう。 一括返済の場合でもこの年利ですから、リボ払いで返済するとさらに法外な利息を払うことになります。 悪用されるリスク もし悪徳業者でクレジットカードの現金化をしてしまった場合、個人情報やカード情報が盗まれ、悪用される恐れがあります。 手続きの上である程度の情報は差し出す必要がありますが、カードの画像やセキュリティコードの提出まで求められた場合は応じないようにしましょう。 自己破産ができなくなる 自己破産の原因がクレジットカード現金化の場合、免責不許可事由となり、自己破産ができなくなります。 自己破産は返済できない借入や支払いを帳消しにできる法的制度ですが、理由によっては救済が認められないことがあります。 クレジットカード現金化はカード会社の規約違反となるため、自己破産の理由としては認められないのです。 クレジットカード現金化の危険性・問題点 すぐに現金が欲しいときは便利なクレジットカード現金化ですが、その行為には危険性(リスク)と問題点があります。 カードが利用停止になるリスク クレジットカード現金化は違法(犯罪)ではありませんが、カード会社の規約に反するグレーゾーン行為です。 カード会社にクレジットカード現金化がバレると、カードが利用停止になる可能性があります。 クレジットカード現金化の法的な問題点について、詳しく見てみましょう。 明確な法律がないグレーゾーン行為 クレジットカードの現金化は、カード会社の規約には違反しますが、それを取り締まる法律はないという「グレーゾーン行為」です。 明確な法律はないものの、2011年・2017年には現金化していた者が逮捕された例があります。 しかし事例はこれしかなく、警察が現金化を防ぐ「見せしめ逮捕」だったという見方が一般的です。 違法行為(犯罪)にならない理由 例えばクレジットカードで10万円のパソコンを買ったとします。 これを1年間使ったあと、リサイクル店で2万円で買い取ってもらったとします。 結果として、ショッピング枠を使って2万円の現金を得たことになりますが、「ショッピング枠の現金化だから違法だ」とは誰も思わないはずです。 目的の判別が難しい では10万円のパソコンを買って、翌日にリサイクル店に持っていき5万円を得た場合はどうでしょう? たまたま買ってしまったあと、気に入らなかったからすぐに手放したのか、現金化が目的だったのかの判別は本人にしかできません。 「何日なら現金化ではないのか」という問題 そして「1年ならOK。 1日ならダメ」というのは人が印象で決めている、いわゆる「程度問題」なので、「何日なら現金化ではないのか」と決めることもできません。 これがショッピング枠の現金化がグレーゾーン行為になる理由です。 東京弁護士会による意見書の提出 東京弁護士会は、クレジットカードの現金化は違法行為だとして政府に意見書を提出しています。 専門家によれば、詐欺罪または電子計算機使用詐欺罪が成立するか否かの検討が必要とされています。 しかし現金化の取引について詐欺罪の成否を判断した判例・裁判例は存在しません。 現金化は、その行為が現金化に当たるかどうかの判断が難しいため、実際には法律を制定するのが難しい状況です。 現状、現金化業者も営業を続けています。 参照: クレジットカード現金化は実際にバレる? カード会社にバレる可能性は低い カード会社が個人の売買を、現金化にあたるかどうかを判断するのは困難なため、バレる可能性は低いでしょう。 しかし万が一、カードの現金化をしたと判断されれば、カード利用停止などの措置が取られます。 カード会社の対応 カード会社の対応としては「換金性の高いものの購入を禁じる」という抽象的な規制しかできていないのが現実です。 事実、図書カードなどなどお金の代わりとなるものは、現金で買えないことが多くなっています。 現金化の判断基準が曖昧 クレジットカード現金化は、その行為が現金化にあたるかどうかは判断基準が非常に曖昧です。 なぜなら、実際に現金化がカード会社にバレるということは、カード会社に現金化だと判断されることになるからです。 現金化をバレないようにするには、疑わしい行為をなるべく避けるしかありません。 バレやすい方法とバレにくい方法 現金化がバレやすい方法の例は、新幹線チケットのような換金性の高いものをショッピング枠ぎりぎりまで大量に購入することです。 換金性の高いものを大量に購入するのは、疑わしい行為にあたります。 疑わしい行為は、カード会社に現金化と判断される可能性が非常に高いのです。 現金化がバレにくい方法としては ・なるべく換金性が低いものを選ぶ ・ショッピング枠ぎりぎりまでの大きな現金化を避ける ということが考えられます。 初心者でもリスクなし 現金化業者の利用は、初心者でもカード会社に現金化がバレるリスクが限りなく低いというメリットがあります。 現金化業者を利用したことでカードの利用停止などになれば、業者の評判がガタ落ちになって、リピーターも生まれません。 そのため、現金化業者は「きちんとした商品を買った」という明細になるように一番気を配っており、カード会社で現金化を把握するのは困難です。 ゲーム機・ブランド品を買い、すぐに売る• 新幹線チケットを買い、金券ショップに売る• 現金化業者を利用する クレジットカードのショッピング枠の現金化は「グレーゾーン行為」です。 違法行為ではないので各自の判断で行うことになりますが、カード会社の判断によっては肝心のクレジットカードが使えなくなってしまう可能性もあることに注意してください。

次の

【クレジットカード現金化の仕組み】簡単!明日から現金化!

カード 現金化 仕組み

目次でポイントをチェック• クレジットカードの仕組み クレジットカードは主にショッピングをするときの決済に利用し、その代金を後払いにすることができる便利なものです。 この買い物代金を後払いにする仕組みには、カードを作る段階で一定の条件をクリアしたという信用が関係しており非常に重要な役割を担っています。 普段から現金がないときに使うカード、高い商品を分割払いにするためのカードとして認識していることもありますが、その仕組みを紹介します。 クレジットカードでショッピングするときの流れ カードの利用者は、クレジットカード会社の加盟店で商品を購入するとき、カードで決済を行います。 クレジットカード会社は決済があった加盟店に対して代金を利用者の代わりに支払います。 利用者は商品購入代金を後払いでクレジットカード会社に支払うという流れが一般的なクレジットカードの大まかな仕組みです。 利用者が後払いにした代金は、決済を行うときに支払い方法を選ぶことができ、一括か分割、リボ払いなどを設定することができます。 支払い方法の選び方によっては1回の支払い金額やトータルでの支払い期間などが違ってきますが、商品購入代金を利用者の責任の元で支払っていることは共通します。 利用者が購入した商品を現金化業者に転売すると、商品購入金額の総額の8割程度を現金化することができます。 しかし、通常は現金化することを目的として商品を購入することはありません。 クレジットカードの支払い方法 クレジットカードの支払い方法は、利用者はしっかりと把握しておく必要があります。 一般的なのは一括払いで、商品の代金を分割にしないで後払いする方法です。 このほかにも便利な支払い方法があり、分割払いやリボ払い、ボーナス払いなどもあり、自分のライフスタイルに合わせて決めることができます。 クレジットカードでの支払いの種類と手数料 クレジットカードの支払い方法には、一括払い、2回払い、分割払い、ボーナス併用払い、ボーナス一括払い、リボ払いがあります。 分割払いとリボ払いはよく似ているように見えますが、どちらも手数料がかかる支払い方法で、分割払いは支払う回数をメインに、リボ払いは支払う金額をメインに決めた方法です。 支払い方法の中で、一括払いは基本ともいえるもので後払いにはするが利用代金のすべてを1回で払うスタイルで、手数料がかからないことが魅力です。 では2回払いはどうなのかというと、文字通り利用代金を2回に分けて半額ずつ2か月かけて支払う方法です。 ほとんどのクレジットカードは手数料がかからずに2回払いができ、あまり知られていない裏技的な存在のため、うまく使いこなせるようにしておきたい方法です。 分割払いは3回からの利用が基本で、分割回数についてはカード会社が設定している回数の中から選択して利用します。 大抵は3回、5回、6回、10回、12回、15回、18回、20回、24回が共通していて、24回払いが上限となる事が多いです。 近年では楽天カードが最大36回、イオンカードでは60回など、分割回数を多くしているカード会社もあります。 分割払いを利用すると月々の支払金額を抑えることができますが、手数料が発生し毎回手数料も一緒に支払うことになります。 ボーナス併用払いは分割払いにプラスする支払い方法で、分割払いをしているがボーナスが入る月は支払う金額を多めにするというものです。 ボーナス月に加算できる金額は利用金額の50%までで、通常は、総額100万円の支払いを月々5万円ずつ支払うとしたらボーナス月にはプラス20万円を支払う、といった支払い方をします。 加盟店によっては利用不可なこともありますが、ライフスタイルに合わせて回数や金額をカスタマイズできるメリットがあります。 ボーナス一括払いは、ボーナス月に利用料金のすべてを一括で支払う方法です。 通常の一括払いと同じように手数料がかかりません。 利用しているクレジットカード会社、加盟店によっては、利用期間、支払い月、最低利用額が違い、各自設定されていますので利用するときは事前の確認が必要です。 リボ払いは利用金額に関係なく一定額を毎月支払う方法で、手数料がかかりますが、固定費のように扱うことができます。 カードの利用残高に応じて月々最小支払い元金が決められていることが多く、それとは関係なしに1万円、5000円と設定できる場合もあります。 事前に支払金額を登録するか、利用後に変更手続きを行うか、店頭で指定するか、リボ専用のカードの使用で利用できます。 クレジットカードは利用特典にも注目! クレジットカードには利用額に応じたポイントサービスや、自動で加入となる保険などの特典があり、国内外でクレジットカードを利用すると特典も利用できます。 ポイントサービスはコツコツ貯めて商品や金券、その他のサービスに利用でき、保険に関してはクレジットカードで購入した商品の保証をしてくれるなどの使い方があります。 クレジットカードを支払うためだけに利用するのではなく、賢く利用すればお得な特典もついてきます。

次の

クレジットカード現金化の仕組みと方法を初心者でもわかりやすく解説

カード 現金化 仕組み

いざという時に最短即日で現金を調達出来る手段としてクレジットカード現金化がありますが、仕組みを理解しないまま利用すると、リスクに巻き込まれてしまいがちです。 なぜなら、クレジットカード現金化には複数の仕組みがあるので、どの手段を使うかという選択は各個人の責任において行う必要があるからです。 一見すると同じに見えてしまうクレジットカード現金化には、どのような種類とリスクがあるのでしょうか。 クレジットカード現金化には3つの方式が考案されている クレジットカード現金化は、細かく分ければ数多くの手法があるものの、現金化業者を使った方法としては3つの仕組みが考案されています。 商品の売買契約が有効に成立しない限りは、どの方法を取ってもクレジットカード現金化は出来ません。 また、自分で現金化しようとするとカード会社の自動チェックシステムに引っ掛かりやすくなり、目視チェックとなればすぐにクレジットカード現金化を行った事実がバレてしまいます。 クレジットカード現金化は、一部を除いて違法行為では無いもののカード会社の利用規約には明確に違反するので、発覚に伴い強制解約となるリスクを抱えているわけです。 このため、クレジットカード現金化の仕組みを理解して安全性と換金率のバランスを見ながら、実行するクレジットカード現金化手法を決める必要があります。 実際に3つの仕組みにはどのような違いがあるのかチェックしてみましょう。 商品買取方式はクレジットカード現金化する際に誰でも理解できるシンプルな仕組み クレジットカード現金化が行われるようになった当初から存在する仕組みとして、商品買取方式があります。 クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、キャッシング枠は誰にも設定されているわけではありません。 さらに、仮に設定されていても金額は少なく金利は利息制限法で定められた上限金利ギリギリという状態が珍しくありません。 そこで、低金利で分割払いが可能なショッピング枠を使って商品を購入してすぐに買取してくれたら現金を手に入れられると考えるわけです。 即時買取方式ならクレジットカード現金化初心者でもすぐに理解出来る仕組み クレジットカード決済により購入した商品を古物商の所へ持参すれば、査定の上で買取してもらえます。 商品買取方式によるクレジットカード現金化では、商品を販売する業者と買取する古物商が同じとなるために、即時買取を行えるわけです。 店舗運営しているクレジットカード現金化業者ならば、現金化したい金額に応じた商品購入手続きをその場で行い、すぐに現金を渡してくれます。 販売と買取が同じ業者ですから、査定に時間を掛けること無く商品すら手にする必要が無いというシンプルさが魅力です。 クレジットカード現金化によるカード利用停止に注意 商品買取方式によるクレジットカード現金化では、基本的に売買契約と買取契約を一気に進めるために、クレジットカード現金化業者は短期間の取引を望みます。 このため、基本的にクレジットカード決済では一括払いしか選べないという点に特徴があります。 手持ちのクレジットカードで分割払いやリボ払いをしたい場合には、クレジットカードの締め日前迄にカード会社へ電話連絡または会員サイト経由で分割払いまたはリボ払い変更手続きをしなければなりません。 クレジットカード現金化業者との関係は、売買契約後に買取契約を行うことで現金化した時点で全ての取引が完了しているという認識です。 カード会社へ連絡して分割払い出来るかどうかは、基本的に本人が自由に行って下さいというスタンスを現金化業者は貫きます。 カード会社へ電話連絡した時点でカード会社からの質問に答えられないと、現金化業者利用がバレてしまいカード利用停止となるリスクがあるわけです。 所有権移転問題が残されている 商品買取方式を行うクレジットカード現金化業者に老舗が少ない理由として、所有権移転問題の存在が挙げられます。 クレジットカード現金化の多くは明確に違法行為とはならない仕組みが多いものの、商品買取方式については所有権者に黙って他人の所有物を勝手に売却したと考えられる点が問題です。 所有権移転時期はカード会社への立て替え払い代金完済時となるので、完済前に売却すると他人物売買としてカード会社が訴えると摘発対象となりかねません。 実際にカード会社が訴えた例は悪質な場合以外は無いために、グレーゾーンと考えられているもののリスクが高い仕組みだと分かるはずです。 こうした事情から、老舗の現金化業者は次に説明するキャッシュバック方式へと移行が完了しています。 現在でも買取方式による現金化を行っているのは、質屋が店舗型で副業として現金化業者を兼ねている場合と、短期間だけ営業して姿を消す短期営業の現金化業者です。 キャッシュバック方式はクレジットカード現金化方法として安全性重視な仕組み 他人の所有物を勝手に売却する他人物売買が問題となった商品買取方式は、老舗のクレジットカード現金化業者を中心としてキャッシュバック方式へ移行しています。 では、なぜキャッシュバック方式ならば、カード会社に気づかれることなく安全に現金化出来る仕組みとなっているのでしょうか。 キャッシュバック方式なら所有権移転問題を回避出来る仕組み キャッシュバック方式は、クレジットカードのショッピング枠を利用して通常通り通販を行い、商品を自宅へ配送して受け取ることで引き渡しまで完了させます。 届いた商品は、カード会社への完済が終わるまで自宅で保管しておけば良いので、完済後は捨ててしまっても構いません。 ポイントとなるのは、カード会社に所有権がある間に転売や廃棄処分を一切せずにしっかり自宅で保管する点にあります。 キャッシュバック方式によるクレジットカード現金化では、家電量販店でよく行われている商品購入特典としてポイント還元が行われる代わりに現金還元を行う仕組みです。 一部の人だけに特別に高い特典を与えると景品表示法違反として摘発対象になりますが、誰にも等しく商品購入特典として公平に付与しているならば罰則規定はありません。 老舗のクレジットカード現金化業者は既にキャッシュバック方式へ移行済み 3年以上営業を継続しているクレジットカード現金化業者は、カード会社のチェックに引っ掛からないようにキャッシュバック方式へ既に移行しています。 なぜなら、商品買取方式とは異なり設定金額を細かく出来るために、意図的に端数を計上した取引が可能となっているので、安全性の確保が出来るからです。 例えば、80,000円の現金化を希望している場合には、85,000円だけでなく85,500円や86,220円といった端数を含む細かい金額設定を自在に行なえます。 カード会社はシステムチェックに引っ掛かった取引について目視チェックを行うので、商品買取方式でありがちなブランド品の価格が同じために同一品を複数回購入したと思われてしまうリスクを減らせます。 また、キャッシュバック方式ならば、クレジットカード現金化業者は商品発送と受け取りのみを確認出来れば取引終了となるので、以後はカード会社への返済を依頼人が行うだけで取引は完結しています。 ノウハウといった当事者同士にとって有益な情報を商品として受け取ろう クレジットカード現金化の中でもキャッシュバック方式を採用した方法は、契約自由の原則により当事者同士で価値があると認めた商品については価格設定が自由です。 第三者から見た時の価値とは関係無く、当事者間で有益な情報ならばそれだけで価値がある情報として取引対象となります。 具体的にはある種のノウハウ集を情報として取引商品とすれば、特定の指南書を宅配することで売買契約が完了するわけです。 キャッシュバック方式では、商品は配送完了後にカード会社へ完済するまでの間は依頼者の元に残り続けるので、最初から分割払いやリボ払い決済が可能です。 クレジットカード現金化業者は、商品引渡し完了をもって取引終了とみなすことが出来るので、通常通り売買契約と引き渡しを完了した結果としてキャッシュバック特典を付与したという形のみが残ります。 カード会社からの問い合わせに対しても、商品発送と受け取り履歴により引き渡し完了の回答を行えるので、安全性が確保出来ているわけです。 デジタルギフト買取方式はクレジットカード現金化の新しい仕組み 近年新たなクレジットカード現金化の仕組みとして、デジタルギフト商品の買取という手法が開発されています。 従来の商品買取方式やキャッシュバック方式とは異なり、クレジットカード現金化業者は買取に特化することが出来るので、あくまでも買取をしたという古物商営業許可のみで開業可能です。 クレジットカード現金化業者は、希望額に応じて依頼者からamazonギフト券を買取するというだけの取引に専念出来るので、買取額を指定の預金口座へ振込完了すれば、それだけで取引完了となります。 amazonギフト券買取率が高い理由は手数料の負担者が異なるから クレジットカード現金化を行う際には、売買契約に基づき現金化業者が手にする金額から利益と手数料を引いた金額が現金化されます。 このため、現金化業者に入る金額の多少で現金化割合が大きく変わるわけです。 クレジットカード現金化では、次の4つの手数料や税金が控除対象となります。 一方、amazonギフト券買取では、amazonギフト券の販売はamazonが自ら行うのでカード決済手数料と消費税はamazon負担となります。 つまり、クレジットカード現金化業者の事務手数料と儲けを差し引いた金額をそっくり現金化出来るからこそ、amazonギフト券買取は高還元率となるわけです。 クレジットカード現金化は3つの仕組みから最も適した手法を自分で選択する クレジットカード現金化は、必ずしも法律違反とはならないものの、カード会社の利用規約には抵触するので発覚するとクレジットカードが利用停止及び強制解約となります。 このため、単にクレジットカード現金化が出来れば良いというだけでなく、カード会社から見た時に一般的なショッピングと変わらない使い方を心掛ける必要があるわけです。 クレジットカード現金化業者は、独自のノウハウによりなるべく現金化をカード会社に悟られないように工夫していますが、それでも3つの現金化方法の違いとリスクを把握した上でどの手法を使うか決める必要があります。

次の